コンコルド広場|パリ名所案内

パリ旅行|パリの名所案内

コンコルド広場|Place de la Concorde

パリ都市美の十字路
ルーヴルと凱旋門を結ぶ有名な広場。パリの広場といってここを思い浮かべる人が多いかもしれません。ルイ15世の時代に造られた「パリ最後の国王広場」で、1775年に建築家アンジュ=ジャック・ガブリエルの設計によって完成しました。現在では交通の要所となっているこの広場も、建設当時はパリの端で、西側には後にシャンゼリゼ大通りとなるただの野原(エリゼの野)が広がっていました。中央には現在ナポレオンがエジプト遠征のときに戦利品として持ち帰ったオベリスク(クレオパトラの針)が建っています。当初はルイ15世広場と呼ばれ、ルイ15世紀の騎馬像が建っていた。革命期には革命広場と名を変えてルイ16世やマリー・アントワネットの処刑も行われた歴史的な場所でもある。国王の権力を誇示するために造られたコンコルド広場で、国王がギロチンにかけられたことは皮肉としかいいようがない。

この広場に立つと、他の広場とは決定的に異なるあることに気づく。それはこの広場が建物に囲まれていないことだ。東にはチュイルリー公園とルーヴル美術館があり、西にはシャン・ゼリゼ大通りが伸びている。大通りの先の緩やかな丘の上には凱旋門が見えている。そして北に目を向ければマドレーヌ寺院、南にはコンコルド橋のかかるセーヌ川越しに国民議会(ブルボン宮)が見える。これほど開放的な空間をもった広場は他になく、パリにいることを一番実感できる場所かもしれない。東西南北にパリの主要な建造物があるこの広場は、まさにパリの黄金ルートの「交差点」といえるだろう。昼間は交通量が多く単に疲れるだけの広場だが、夜になるとその美しさは格別で、パリの夜で一番美しい眺めとさえ言われている。

*最寄メトロ:Concorde(コンコルド)



コンコルド広場の写真
コンコルド広場近くのパリ観光