カルーゼル橋|パリ名所案内

パリ観光|パリの名所案内

カルーゼル橋
Le Pont du Carrousel

ルーヴル美術館へ続く橋

カルーゼル橋はルイ・フィリップの時代に造られたパリの橋です。1832年に工事が始まり、2年後の1834年に完成しました。当時はルーヴル橋と呼ばれ、名前通りルーヴル美術館へと続く橋でした(現在も場所は同じ)。サンジェルマン・デ・プレから続くサン・ペール通りの延長線上にあったため、サン・ペール橋と呼ばれたこともありました。
現在の名前であるカルーゼルとは、馬術形態を表す言葉で、「騎馬パレード」を意味します。何故そんな名前がついたのかというと、1662年にルイ14世による王子生誕の騎馬パレードが行われたことから橋の右岸側にある広場がカルーゼル広場と呼ばれ、その前にできたこの橋もカルーゼル橋と呼ばれるようになったからです。ちなみにカルーゼル広場には1806年にカルーゼル凱旋門がナポレオンによって建てられました。

当時は珍しかったアーチ橋

吊り橋が主流だった当時、カルーゼル橋の建築家アントワーヌ=レミ・ポロンソーは鋳鉄と木材でできたアーチ橋を採用し、多くの非難を浴びたそうです。当時の最新技術を駆使して造られましたが、新しいものというのはいつの時代でも非難されるものですね。現在は3径間のコンクリートアーチの橋で、元々幅が12メートルでしたが、1939年に架け替えられ現在は33メートルになっています。長さ168メートル。橋の四隅にはルイ・プティトーによるパリ・セーヌ・豊穣・産業を表す4つの彫像が立っています。

ボナールの絵にも描かれた橋

カルーゼル橋は19世末から20世紀初頭にかけて多くの画家によって描かれました。主な作品にはピエール・ボナールの『カルーゼル橋にて』(1903)、マクシミリアン・リュースの『ルーヴルとカルーゼル橋、夜の効果』(1890年)、ジャン・テクシエの『カルーゼル橋の再建』(1936年)、ジャポニズムに影響を受けたアンリ・リヴィエールの『サン・ペール橋とルーヴル』、ロベール・ドローネーの『1860年頃のサン・ペール橋』などがあります。アンリ・リヴィエールは油絵ではなく版画家です。特に葛飾北斎の『冨嶽三十六景』に感銘を受け、様々な場所から見たエッフェル塔のある風景を描いた連作『エッフェル塔三十六景』を制作しました。

カルーゼル橋
ルーヴル美術館の前にあるパリの橋
完成:1834年
最寄りメトロ:パレ・ロワイヤル・ミュゼ・ドゥ・ルーヴル(Palais Royal-Musee du Louvre)

カルーゼル橋の写真
カルーゼル橋近くのパリ観光
パリの橋

パリの観光地所案内