ブルボン宮|パリ名所案内

パリ観光|パリの名所案内

ブルボン宮|Palais Bourbon

国会議事堂として使われている18世紀の宮殿

コンコルド広場からセーヌ河を眺めると、対岸にギリシャ風の神殿のような建物が見えます。セーヌ沿いに立つ立派な建築物はブルボン宮と呼ばれており、現在は国会議事堂(下院の国民議会)として使われています。

ルイ14世の愛妾モンテスパン夫人の子供が建てた

もともとブルボン宮はルイ14世の愛妾モンテスパン夫人の子供ルイーズ・フランソワーズ・ド・ブルボンによって1728年に建てられました。その後ブルボン宮は時代によって増改築され、ファサードを飾る古代ギリシャ風のコリント様式の建物はナポレオン時代のものです。内部にはドラクロワの絵画や彫刻などが飾られているそうですが、原則非公開。毎年9月のヨーロッパ文化遺産の日のみ公開され、豪華な食事の間や会議室、図書館を見ることができます。セーヌ川を挟んでコンコルド広場の向かいですので、パリ右岸観光の合間に訪れてみるのもいいかもしれません。

ブルボン宮
ルイーズ・フランソワーズ・ド・ブルボンの元宮殿(現在は国会議事堂)
完成:1728年
住所:33 quai d'Orsay 75007 Paris
最寄りメトロ:アサンブレ・ナショナル(Assemblee Nationale)、コンコルド(Concorde)

ブルボン宮近くのパリ観光

パリの観光地案内