リュー・デ・ゾー(Rue des Eaux)|パリ観光の写真 Photo of Paris

パリ観光|パリの通り案内

リュー・デ・ゾー(水通り)|Rue des Eaux

地図にも載らない狭い坂道

パリ16区といえば、近寄りがたい高級住宅街のイメージがあります。どんな人が住んでいるのか分からない、人の気配のない「沈黙の地区」です。そしてそれ故に、見所の何もない地区と思われがち。しかし、いざ散策してみると意外に面白い風景に出会えます。この写真はパリ16区パッシーにある急な坂道リュー・デ・ゾー。「水の通り」という意味で、かつてここで鉄分を含んだ湧水がありました。道の高低差は20メートルもあり、まるで崖の間の道のよう。上はパッシー地区のレイヌアール通り(rue Raynouard)から始まり、狭い階段を下っていくと、セーヌ河近くに出ます。狭いところでは道幅は2メートルほどです。ちなみに19世紀末のパリの法令ではパリの道路の幅は6メートル以上と定められており、この通りが地図に載っていないのもそのせいかもしれません。

近くにはバルザックの家がある

リュー・デ・ゾーは途中にワイン博物館(Musee du Vin)がありますが、ここは崖の下に作られた洞窟の中に入っています。借金取りから逃れたバルザックの家(Maison de Balzac)もこの通りのすぐ近くです。バルザックの家は、フランスの作家オノレ・ド・バルザックが1840年から1847年にかけて住んでいた建物。急斜面に建てられていた彼の住居は2つの通りに面している独特の構造だったため、借金取りから逃げるときに便利で重宝したといいます。

水源のあった通りの歴史

水通りは1650年頃に開かれました。この場所の採掘の際に鉄分を含んだ湧水(パッシーの鉄分水源)が見つかりました。その水源は1770年頃に消滅してしまいましたが、当初は「水のパッサージュ(抜け道)」という意味のパッサージュ・デ・ゾー(Passage des Eaux)と呼ばれていました。その後今のリュー・デ・ゾー(Rue des Eaux)という名前になりました。また1981年にはジャン=ポール・ベルモンド主演の映画"Le Professionnel"の撮影がリュー・デ・ゾーで行われました。坂道が魅力のパッシー付近のこの界隈。パリの坂道はモンマルトルやメニルモンタン以外にもあるんですね。どこにつながっているのか、つい歩いてしまいたくなるのがパリの坂道の魅力ですね。

リュー・デ・ゾー(水通り)(Rue des Eaux)
パリ16区にある通り。
最寄りメトロ:パッシー(Passy)

パリ観光の写真Homeへ / パリ旅行TOPへ

リュー・デ・ゾー(水通り)近くのパリ観光