ロジエ通り(Rue des Rosiers)|パリ観光の写真 Photo of Paris

パリ観光|パリの通り案内

ロジエ通り|Rue des Rosiers

ファラフェルが名物!ユダヤ街の中心へ

ロジエ通りは観光で人気のマレ地区にある小さな通り。通りの名前であるロジエは「バラの木」という意味で、ここがまだパリ郊外だった13世紀頃につけられたと言われています。パリのユダヤ街の中心的な界隈で、ユダヤ移民たちの日常を垣間見ることができます。通りにはイスラエルの名物料理ファラフェルのお店が幾つかあり、日本の雑誌や書籍でも取り上げられて人気のスポットになっています。ヴォージュ広場にも近いので、人気のイスラエル料理ファラフェルをロジエ通りで買って広場で休憩というのもいいですね。パリで一番有名なユダヤ料理レストラン「ジョー・ゴールデンベルグ」もこの通りにあります。ポンピドゥー・センターまでも徒歩圏内。

かつてのユダヤ街の痕跡を求めて

19世紀末に迫害を恐れたユダヤ人がこの地に住居を構え(当時は地価が高くありませんでした)、1900年には約6000人の東欧移民がロジエ通り界隈にやってきました。そのあとさらにユダヤ人の数は増え、今でもユダヤコミュニティがこの地に根付いています。その間にはナチスによるアウシュビッツでのユダヤ人殺害があったことを忘れるわけにはいきません。

しかしユダヤ人街の中心地といっても、中華街のような目に見えるランドマークがあるわけではありません。そのため観光としてマレ地区を歩いていて気がつかないままこの通りを歩いている人も多いかもしれません。しかしロジエ通り界隈をゆっくりと歩くと、他のパリの地区にはないユダヤ的な痕跡やスポットが多くあることに気付きます。ロジエ通りと交差するフェルディナン・デュヴァル通りは、かつては「ユダヤ通り」と言われていましたが、ユダヤ人迫害の際にこの通りが反ユダヤ主義者たちのはけ口の的になったため、名前が変更されました。ロジエ通りと交差するもう一つのエクッフ通りは、昔のフランス語で「猛禽」といった意味で、ユダヤ人の高利貸しを指していたと言われています。またこの辺りに肉屋はユダヤ教の戒律に則った製法で肉が処理されています。近くの書店ではユダヤ文化に関連した書籍やユダヤ教の祭具が売られています。ロジエ通りの近くにあるパリ発の石畳の通りであるパヴェ通りには、シナゴーグ(ユダヤ教会)があり、黒い帽子を被った敬謙なユダヤ教徒の人々が歩いています。またパリでは珍しく日曜日にお店が開いているのもこの地区の特徴です(ユダヤ教の安息日が土曜のため)。パリの寂しい日曜日には、ロジエ通りを散策というのもオススメプランです。

そして現在。北アフリカ文化も混ざった複雑なユダヤ街

ユダヤ教と言えば東欧のイメージですが、最近ではロジエ通りの半分は北アフリカのお店が増えています。1950年代から60年代にかけてモロッコ、チュニジア、アルジェリアなどの北アフリカ系のユダヤ教徒がロジエ通り界隈にやってきたためです。先ほど紹介した中東の料理ファラフェルを出すお店も北アフリカ系のレストランが多く、ジョー・ゴールデンベルグのような東欧系のレストランは少数であると言えるかもしれません。北アフリカ出身のユダヤ教徒たちが、今日のロジエ通りのエネルギーとなり、活気溢れた街にしていることも見逃せません。

最寄メトロ:サン・ポール(Saint-Paul)

パリ観光Home / パリ旅行TOP


ロジエ通り(Rue des Rosiers)近くのパリ観光
ロジエ通り(Rue des Rosiers)に関するパリ文化