モンモランシ通り(Rue de Montmorency)|パリ観光の写真 Photo of Paris

パリ観光|パリの通り案内

モンモランシ通り/パリ3区 モンモランシ通り|Rue de Montmorency

パリ最古の家が残る通り

ポンピドゥーセンターの北、パリ中華街の近くにあるこのモンモランシ通りは何の変哲もない普通の通り。しかしこの通りの51番地には、パリ最古の家があります。作家で錬金術師であったニコラ・フラメル(1330頃-1418)が1407年に建てた家で、彼はそこでパリへやってきた食べるもののない貧しい人々に部屋を提供していました。家賃はなくとも毎日1回主への祈りと聖母マリアを唱えれば、だれでも面倒を見たといわれています。ニコラ・フラメルはパリの北にあるポントワーズの生まれで、パリ大学書記やサン=ジャック通りの書店主などをしていたこともあり、教会や施療院に多額の寄付をしていました。裕福だったことから、錬金術によって貴金属を生み出していたのではないかと噂が立ちました。中世の雰囲気が漂う家の壁や門柱にはニコラ・フラメルの頭文字や不思議な文様が薄浮彫で刻まれています。現在この家はレストランとなっていて美味しい料理が食べられます。パリで一番古い家で食事をするというのもパリ観光にいいかもしれませんね。

モンモランシという通りの名前は1402年から1627年までモンモランシ一族が所有していた旧邸宅に由来します。ちなみに最後のモンモランシ公(第4代)は、トゥールーズで処刑された国王アンリ2世(1595-1632)です。


パリ観光Home / パリ旅行TOP

モンモランシ通り周辺のパリガイド
モンモランシ通り近くの散策:マレ地区ボブール地区(ポンピドゥーセンター)
モンモランシ通り近くの観光:パリ最古の家

最寄メトロ:ランビュト(Rambuteau)/パリ3区