銀次の部屋

笠井トレーディングの「銀次 200N」

20Cm F6ニュートン鏡筒を使った天体写真

銀次iの紹介のページへ!

9月25日(日) 久しぶりの銀次

 今日は久しぶりに銀次を使った。台風接近で銀次を架台から下ろして、2階の部屋に持っておりていたからだ。何とか復旧を終えて、ようやく今夜が再会第一夜だった。何はともあれめでたしめでたし!色収差がないのがいいな。今夜のお題はM33。詳しくはD70の部屋をご覧あれ!  

 

3月14日(月) 久しぶりの休み

 本当に久しぶりに休みが取れた。しかも、夕方から晴れてきたので、東方最大離角になっている水星の撮影をしようと準備を進める。しかし、いろいろやっているうちに、水星の高度が下がりふにゃふにゃの画像しか撮れず断念する。そこで、天頂付近にある土星に望遠鏡を向けてみる。すると、なかなかよさげな画像が撮れそうなので、頑張ってみることにした。いろいろとToUcamの設定を変えながら撮影してみた。今回のテーマは、色をしっかりとのせることである。たくさん撮った中の今日のベストはこれかな?

 

  

 

2月3日(木) 仕事から帰っての撮影(その2)

  久しぶりにすっきりと晴れそうだったので、急いで家に帰る。夕ご飯もそこそこに、すぐに撮影準備。今夜もNikon D70とToUcamで撮影する。さらに、今夜は新しく仕入れた Meade DSI というカメラのテストをする。あれこれやっているうちに日が変わり、しかも薄雲が出始めたため撮影中止。やはり、いくつも欲張るとろくなことはない。マックホルツも撮ったのだが、処理が追いつかない。DSIは、付属のUSBケーブルが硬くて撮影中に突っ張って、カメラが動いてしまう。そのため、失敗作の連続だった。ケーブルを買ってこなければ!

土星M42

2月5日(土) マックホルツ彗星追加 やっと処理を完了...。

マックホルツ彗星

 

1月28日(金) 仕事から帰っての撮影

  やっと、少し晴れ間が見える。早速屋上に上って撮影準備。火曜日に少し覗いた星像は思いの外コントラストが良く、気持ちのいい見え方だったので、少し期待する。最初はマックホルツ彗星を見てみる。よく見える。しかし、雲が近づき撮影は断念する。次にこの時期の定番、M42をねらってみる。何とかピントを合わせて撮影開始。100秒あまりの露出で撮ったところで、またしても雲が!そこで、今度は土星に向けToUcamで撮影してみる。25mmのアイピースで拡大してみるが、モニター上の土星はなかなかよく見える。撮影しようとするが、長いこと使っていなくて使い方を忘れてしまっていて、手間取っているうちにまたも雲が!!!結局この土星は2ファイルしか撮れなかった。その時の土星とM42をご覧下さい。薄雲の中なので今ひとつですが、結構いい写りでしょう?これからが楽しみです。

土星M42

 

2005年1月24日(月) 銀次到着

  銀次が到着! あまりの箱の大きさに嫁さんがびっくり!大憤慨の様子。暗い夕食となる。夕食後早速箱から出してみると、いろいろと想像していたのとは違うところに気がつく。しかし、いろいろいじくり回してみる。何とか、タカハシEM-200に取り付けられそうなので、一安心。そのまま寝ることに。