⊂TOP⊃


 Citroen

 Driver

 Exterior

 Interior

 Diary

 Trouble

 Goods


 Material




Web・雑誌を含めて語り尽くされた感のあるC3のエクステリア
個人的にイイ!と思うとこなど好き勝手にご紹介したいと思います

外装
押し出し感があってイイ!のでは?(広角28mm撮影)

まずは顔

プジョーほど攻撃的でなく
ルノーほど奇をてらっていない

良く言えば中庸
悪く言えば凡庸

馬鹿デカイ「へへ」マークが
嫌味な気もしますが
管理人はイイ!と思います



クルマの目ん玉ヘッドライト

下部に横一文字に伸びる
ターンシグナルランプがイイ!
リモコンキーでドアを開けると
ビカビカ光って居場所をアピール☆

前車のレガシィから乗り換えて
一番に感じたのは
ライトの照射範囲の広さ☆
角度の微調整もできるし
夜のドライブでも快適です♪


ちょっとタレ目気味

「へへ」マークはグリルの上部に堂々と鎮座

管理人は昔っから
横スリットのグリルが好きなのです☆
ハリアーやジープのような
縦割りはどうも苦手…

スポーティなハニカムグリル
アウディ&ボルボSシリーズのような
細かい格子グリルも好きですけどね

C3は近くで見ると
グリル部分がライトからボンネットに
かけて内側にめり込んでる感じ

こういう微妙な造型がイイ!

ボディサイズにしては
大柄なタイヤをはくC3

それを強調するように
ぐるりと弧を描くフェンダーもイイ!

全幅1,670mmでこれだけ
立派なフェンダーがついてるとは
潔くてイイじゃないか
(その分、室内は狭いのかねぇ?)


夕焼け空が身に染みるぜ・・・

エルメス仕様はシルバー塗装☆カーボン調とかもイイかも

ドアの開閉は
グリップハンドルがイイ!

力が入りやすいですからね☆

事故など緊急時の脱出用にも
グリップ型の方が外部からの
救助がし易くて良いそうです

最近は小型の国産車でも
採用するクルマが増えてますね

しかし黒の剥き出しはどうか?
汚れは目立たなくてイイ!けど…


クルマのお尻は意外と重要

道走ってる時なんか
後続車にケツを見られてる
時間の方が長いわけですから

個人的には上から下まで真っ赤な
▲テールランプがイイ!

普段は背の高さを
感じさせないC3ですが
後ろから見るとやや縦長に見えるのが
難点ではないかと思います


お尻は第2の顔!(なんかイヤだな…)








ステッカー&エンブレムの数々☆

「Citroen Japon」はもう少し
控えめでもイイ!んでないの?
透明地&白フチ取り文字にするとか

ど〜もダーク色のボディには
白がスコーンと浮いてる感じ

「C3」「Citroen」のエンブレムは
アーモンドというかレモンというか
ラグビーボールというか
現行Cシリーズのロゴデザインが
結構イイ!と思います

C3にも「VTR」とか「GT」とか
あればイイ!のになぁ



FMアンテナも後頭部から
ニョキっと伸びてるタイプでイイ!
(なんかヨーロッパっぽい!)

レガシィはラジオの電源を入れると
ウィ〜ンと出てくる電動タイプで
結構うっとおしかったのだ

ちなみにこのアンテナを見ると
ボンバーマンを思い出すのは
オレだけでしょうか?



やらなきゃハドソン♪



純正アンテナは長すぎる!




ショートアンテナに交換!(根元の色は紺色)



ハロウィンのカボチャみたいだなぁ


▲がローソクの炎のようにユラ〜リと


上にも取り上げた
▲テールランプですが
ちゃんと隅まで▲に光るのがイイ!

テールランプって
意外とダミーの部分が多くて
カタチ通りに光らないクルマが
多いんですけど

これなら夜道でも
あ!C3!とすぐに気付いて
もらえるかも♪

子どもの頃
スカイラインのテールだけは
他のクルマと区別できたように
特徴のあるテールランプって
「おや?なんだあのクルマ?」
って思わせる要素がありますよね


※絶対に気になる!マセラティのニヤけたケツ


以上

レガシィワゴンからの乗り換えで
ハッチバックじゃ不便でしょ?
なんて言う人もいるけど
意外と十分な大きさなのですよ

むしろレガシィの頃の方が
余計な荷物を積みっぱなしで
燃費にも地球環境にも
悪かったのかも・・・
(^_^;)

っちゅうわけで
シトロエンC3は
デザインもボディサイズも
今の管理人の生活には
ちょうどイイ!クルマなのです☆



街で見かけたらどうぞよろしく