2005年7月3日(日) 無雪期遭対訓練(竹田川)         

メンバー:ベルグラ山の会 (Noji さん担当)


よろしくお願いします。


午前中は、竹田川上流 こうちだに橋下にて行いました。

-内容-
※自己脱出
  フリクションヒッチ×2
  フリクションヒッチとガルーダ
  フリクションヒッチとポローネ
  フリクションヒッチとインクノット 等
 
※懸垂下降中の固定〜自己脱出 

講習会の資料を見、レスキューで使用する結びと用具の使い方について、???でいっぱい。
え〜?え〜?これはどうなっているんだろう・・・!?


プルージックをつくる
フリクションヒッチ×2セット中

フリクションヒッチ×2で登ります

上流を眺めてみた(癒されるのだ・・)

登り方は、@バランスをとりながら立ち上がる A上の結び目を押し上げる
Bハーネスに体重をかけてぶら下がる C下の結び目を押し上げる @〜Cを繰り返す。 

フリクションヒッチ×2をセットし、登ってみました。
プルージックとポロネでもやってみました。
そうか〜・・・ふむふむ。


○の部分はポロネ(ポーランド結び)

講習会の様子

確保時のセット状況
(ガルーダヒッチ)


途中固定
イージーブロック方式

イージーブロック方式で
やってみましょう!

ロープでの固定
・・・見ても???だった・・・

イージーブロック方式、私もやってみました。
ロープでの固定方式は、見学させてもらいましたが、・・・???でござんした。


講習会の様子

ぶらりんこ〜
楽しそう・・!

懸垂下降中にトラブルを起こした者に
近付く下降器のセット
安全環付カラビナと8環の組み合せで

懸垂下降中にトラブルを起こした者に近付く下降器のセットをやってみました。
安全環付カラビナと8環の組み合わせです。
セットしたあと、徐々に降りて近付いていきます。

お昼は、焼きそばとチヂミを頂きました。
ナメ・ナメ 綺麗だなあ・・・!
滑りた〜い!

午後からはこの滝の上で、講習会です

午後からは、竹田川だべ谷出合付近のナメ滝にて
きれいなところなんですよ・・・〜(^-^)

−内容-

背負っての場合と歩いて降りる場合のカウンターラッペル
半マストのロワーダウン、仮固定
結び目の通過


カウンターラッペル

背負ってのカウンターラッペル

半マストのロワーダウンと仮固定

※背負ってのカウンターラッペル
ロープの末端を負傷者(想定)のハーネスに結び、支点を経由した反対側ロープに救助者(想定)が
下降器具をセットして降りる。

※半マスト結びと仮固定
確保、懸垂下降、ロープの仮固定時とその用途は広い。
今回は、トップが登った後で、半マストをセットしてのセカンドのビレーとか、
懸垂下降する人のビレーや仮固定を想定して行いました。
まずは、見学をし、やってみました。
半マストをセットし、仮固定(ミュールノット)します。
仮固定をセットするときに、ロープが上にいくのか、下へいくのかとか、なぜこれはこうなんだ?と??・・、
結び方を習い、何回か繰り返しました。


山あじさい
滝の上で
歩いて降りる場合

傾斜が緩い場所でなおかつ負傷者が歩ける場合は、救助者の下側に位置するようにスリングをセットし、
一つの下降器具で降りる。


イワムラさん、運転お疲れ様でした。

今日の無雪期遭対訓練、いろいろと勉強になりました。
有難うございました。



(注:知識のない私が、テキストを殆ど抜粋させてもらい、書いたものです。
   あまり参考にならないかもかも・・。)