深大寺(じんだいじ)
番外
寺名 深大寺(じんだいじ)
山号 浮岳山
宗派 天台宗別格本山
所在地 東京都調布市
 


Snap shot
山門

深大寺(じんだいじ)は日本三大だるま市の1つ「深大寺だるま市」で知られている。隣接する東京都立神代植物公園は旧寺領であった。東京都では浅草の浅草寺に次ぐ古刹である。

「深大寺」の名称は、仏法を求めて天竺(インド)を旅した中国僧玄奘三蔵を守護したとされる神「深沙大王」(じんじゃだいおう)に因むと伝える。 天平5年(733年)満功上人が法相宗の寺院として開創したと伝える。859年、天台宗に改宗する。1646年と1865年に火災に遭っており、堂宇の大半を失っている。現在の本堂は大正年間の再建である。
本尊は本堂に安置の阿弥陀三尊像。
山門は元禄8年(1695年)に建てられたもので、深大寺で最も古い建造物。
孫の澪ちゃんの七五三で参拝しました 2014.10.26

そば守り観音 このお寺は、そばが有名 参道 なかなかいい雰囲気です
山門 反対側から見ると、なかなかいい感じ 鐘楼
梵鐘は(国重要文化財)
今ここにあるのは平成13年に新たに鋳造されたものです
参道にある「鬼太郎茶屋」。有名らしい 鬼太郎茶屋の「妖怪ゆび人形」 
缶バッジ「目玉おやじ」
深大寺の幸福もみじ守
丁度、テレビ中継が行われていました 手前が常香楼  後ろが本堂
「天水華座」
雨水を貯める、いわゆる一般的な天水桶や天水鉢とは異なり、「天水華座」と命名された雨水受けです。
なんじゃもんじゃの木
その地方に珍しい樹種や巨木を指して呼ばれます。深大寺のなんじゃもんじゃの木はヒトツバタゴです。
高浜虚子の句碑
東山に 日の当たりたる 枯野哉
境内には15個位の句碑がある
11月15日が「七五三」の祝いの日とされているが混むからでしょう。もうやっています。
階段を登ると元三大師堂 迫力のあるお祓いでした
澪ちゃん 着物姿とドレス姿は写真館でバッチリでした 鐘楼
一日3回、鐘撞が行われるようだ。たまたま遭遇しました
門前そば
「有吉くんの正直さんぽ」で紹介されたとのことで超満員でしたが、ここで昼食
近辺には、いくつか有名なそば店があるらしい。
門前そばの天ざるそば。
昨日は、澪ちゃんの運動会で、夜食は梅丘寿司の美登利総本店 アトレ吉祥寺店でお寿司を食べました。ここも東京では超有名店らしい。



朱印
深大寺の白鳳仏に、その後出会いました。 
2015.8 「白鳳―花ひらく仏教美術―」 展 開館120年記念特別展 - 奈良国立博物館


戻る