探検レポート

  
第217回 岡山から兵庫へ、瀬戸内の旅            
2010/2/13-14
岡山県浅口市〜倉敷市〜備前市〜兵庫県赤穂市〜上郡町〜佐用町〜たつの市〜姫路市〜加西市〜加東市

後方からのクラクションとともに、赤いテールランプが光の残像を伸ばし、猛スピードで眼前をすり抜けていった…。
その瞬間、僕の心臓は早鐘を打ち始めた。
バクバクと動き出した心臓と比例するようにハンドルを握る手が汗をかきはじめ、運転することが急に怖くなってきた。時速100キロで流れるクルマの波に乗れず、肩の力を抜き、深呼吸しながら気持ちを静めても、これが断続的にやってくる。非常駐車帯もないし、大型トラックは車間をつめて疾走してくる。このままじゃ、ヤバイと思った。声を出したり、窓を開けたり、水を飲んだり、ガムを噛んだり…ブルブル震えながら、SAに逃げ込んだ。
…パニック障害の発作である。深夜の名神高速、京都〜吹田間の出来事だった。
5年前の深夜、やはり高速道路を独りで走っていて、同じような状態になった。しばらくなかったので、タカをくくっていたが、魔の手は忘れた頃にやってきたのだ。
考えてみると、疲れた状態での運転と、SAが50キロ近くないという事実、深夜でも交通量が多いというイメージが知らないうちにプレッシャーとなって、心の奥底にしまいこまれていたようだ。
つい2週間前の深夜も、同じ道を一人で走っていたが、その時はなんでもなかった。疲れが溜まっていたのだろうか…。
万事を帰して、SAで明け方まで仮眠をとった。日が昇ってから運転を再開したが、何事も無かったかのように、すでに気持ちは落ち着いていた。

【2月13日(土)】
山陽自動車道を鴨方インターで下り、金光駅を目指した。以前は、駅周辺に「仁丹」の看板が貼られた数軒の屋敷があったようだが、現在では2軒しか残っていない。
仁丹看板は主に東海道本線と山陽本線沿いに貼られたようだが、その分布を見ると、現在確認できている東の端は静岡県伊東市で、西は兵庫県上郡町である。今回の探検では、情報をいただいた岡山県の3件(金光、倉敷)と、兵庫県姫路市の1件を撮ることが目的の一つである。
一軒目はすぐに見つかった。しかし、2軒目をどうしても見つけることができず、ここまで来て残念であったが、結局諦めることになった(後日、情報提供者のジャンボフェニックスさんに確認したところ、どうも見当違いの場所を探していたことが分かった)。
気持ちを切り替えて、金光教の本山がある町並みを流し、2軒目の屋敷がある倉敷市に向かう。住宅地の空地にクルマを止め、JR山陽本線が通る高架を目指して歩く。目星を付けた狭い路地に入り、後ろを振り返ると、どんぴしゃのタイミングに仁丹が貼られた屋敷があった。
岡山県の探検はここまでとし、兵庫県姫路市の残りの1件は翌日に回すことにして、一路、赤穂市に向かう。
時間短縮を考えて、岡山ブルーラインに乗った。高速道路並みに整備された道で、一瞬、昨夜のパニック発作が脳裏をかすめたが、これは杞憂に終わった。碧く輝く瀬戸内海を見ながら走るドライブは、思いのほか気分をほぐしてくれたようで、赤穂に着くころには鼻歌混じりになっていた。
赤穂を訪れたのは初めてである。古い家屋や商店が軒を並べる町並みは、そこに立ってみると、江戸時代に紛れ込んでしまったかのような錯覚を覚えるぐらいレトロな空間だった。そんな町並みに、「ツルマルマッチ」と「高級透明蝋燭」の看板が貼られた雑貨屋があった。時間がそこだけ止まってしまったような、濃厚な雰囲気が漂っていた。
さて、その商店、看板を撮影したいことを伝えるべく店の奥に声をかけてみるが、興奮した犬の鳴声がするだけで、誰も出てこない。(しょうがない、撮り逃げするか…)と思ってカメラを向けたところ、昼飯の最中だったのか、口をもぐもぐさせながら店主のおじいちゃんが出てきた。
「待たせて、えらいすいませんな…」と、もぐもぐ(笑)。
僕が買い物客じゃないことが分かると、なーんだ、という柔和な表情で、「好きに撮ってええよ」と言いながら、店の奥に消えていった。
この日は上郡町から佐用、相生、たつの市…と、北上したり南下したり適当に回ってみたが、これといったお宝を見つけることはできなかった。印象的だったのは、たつの市の室津漁港の風景だろうか。夕日が沈む直前の、ぼんやりとした中に一瞬の輝きを見せる海は、それを見ただけでも旅情気分が満たされる経験だった。

【2月14日(日)】
世界遺産・姫路城に至近のホテルに泊まったが、お城には脇目もくれず、今日もホーロー探検である(笑)。まずは、クエストVさんに教えていただいた、JR播但線沿いにある看板屋敷に向かう。
「コマ印運動靴」と「コマ印地下たび」が貼られた屋敷はすぐに見つかった。なんといってもそのロケーションが素晴らしい。広々とした休耕田に建つ孤高の屋敷に、オレンジ色に染める朝日がやんわりと照らしている。
(美しい、神々しい…)。思わず言葉に出てしまいそうだ。これを“荘厳”と表現しなければ、何を荘厳とするのか…。潰れかけた看板屋敷に美意識を感じる僕は、変なのだろうか(笑)。
朝からいいものを見た満足感で、交通量が多くなってきた国道2号線を高砂市に向かう。次のターゲットは、曽根駅付近にあるという仁丹屋敷だ。駅が近づいた手前から東に伸びる旧道に入り、丹念に探していくが、ターゲットは見つからない。旧道から国道、更に鉄道沿いの脇道にまで探索の幅を広げてみるが、仁丹が貼られた屋敷は見つからなかった(後日、「お散歩Phot Album」の安部さんに問い合わせたところ、旧道に入るためカットした辺りに屋敷があったことが判明した)。

結局、仁丹看板を探すチャレンジは2勝2敗の五分で終わってしまったが、兵庫県内を回った二日目の探検は、レアな自転車看板が貼られた廃商店や、ずらりと並んだ地酒看板が圧巻だった酒屋で、頑張っているお宝を見ることができた。
加東市の酒屋さんは、僕が訪ねたときには、冬季オリンピックの女子モーグル決勝の真っ最中だったようで、店内から上村愛子選手が4位になった実況が聴こえていた。
間の悪いときに顔を出した僕に、店主のおばあちゃんは迷惑そうな顔を見せず、看板の前に置かれたビールケースを下ろすのを手伝ってくれた。
「キリンビール」の看板が1枚盗られてしまったと嘆いておられたが、盗んだ者を責めるわけではなく、無くなったことによって隙間ができたことを残念がっていた。今は応急処置として、「清酒 島美人」の看板をその位置に貼ったけど、少し幅が大きいので、はみ出てしまったと笑っていた。
赤穂の雑貨屋のおじいちゃん、酒屋のおばあちゃん、純粋で大らか、そして何よりも心が暖かいこうした人々がいる限り、しばらくはお宝たちも安泰だろうと、改めて思った瀬戸内の旅だった。
[2010.3.7記]

※写真上/夕暮れの室津漁港。ずっと眺めていると、遠くに見える島と海の境界線が、徐々にあいまいになっていった。
※写真中/岡山ブルーラインから見た瀬戸内の海。たくさんの筏が浮かんでいた。
※写真下/陽が落ちる直前の灘菊酒造梶B工場見学は自由にできる。代表銘柄は「清酒灘菊」。創業明治43年(1910年)。
■宿泊/「ホテル姫路プラザ」 ☆☆★★★ 素泊まり4700円。バス共同。姫路駅前の立地だけあって、このサービスはちょっと高いでしょうか。



■No.7655
■森永ミルクチョコレート
■2010.2.13
■岡山県浅口市
■清酒の蔵元にあった看板。右から左書きの戦前モノです。
■No.7656
■仁丹
■2010.2.13
■岡山県浅口市
■JR山陽本線金光駅近くにある屋敷。以前は駅周辺に数軒の仁丹屋敷があったようです。(ジャンボフェニックスさん情報)

■No.7657
■仁丹
■2010.2.13
■岡山県浅口市
■No.7656のアップ。

■No.7658
■仁丹
■2010.2.13
■岡山県倉敷市
■JR山陽本線からよく見える屋敷。クルマでは見つけ難いロケーションです。(ジャンボフェニックスさん情報)

■No.7659
■仁丹
■2010.2.13
■岡山県倉敷市
■No.7658のアップ。

■No.7660
■東芝電動井戸ポンプ・菅公シャツ
■2010.2.13
■岡山県岡山市
■JR山陽本線沿いの屋敷。菅公学生服と思いきや、シャツでした。岡山県内では学生服はいまだ未発見です。(ジャンボフェニックスさん情報)
■No.7661
■東芝電動井戸ポンプ
■2010.2.13
■岡山県岡山市
■電動井戸ポンプにはマツダランプのロゴがデザインされたものもあります。初見。

■No.7662
■ハッピーミシン
■2010.2.13
■岡山県備前市
■住所、電話番号などの情報が入ったタイプ。(ろんださん情報)

■No.7663
■看板商店
■2010.2.13
■兵庫県赤穂市
■他サイトでも取り上げられている商店。2枚のレアモノ看板が貼られていました。

■No.7664
■ツルマルマッチ
■2010.2.13
■兵庫県赤穂市
■No.7663の商店。2007年に金沢市で撮影以来2例目です。

■No.7665
■暑中保険高級透明蝋燭
■2010.2.13
■兵庫県赤穂市
■No.7663の商店。おそらくこの看板は全国探してもここにしかないかもしれません。

■No.7666
■セキネの自轉車
■2010.2.13
■兵庫県赤穂市
■組み看板ですが、一文字も欠落がなく残っていました。この家の住人の話では、すでに廃業して30年以上だそうです。

■No.7667
■仁丹・大和生命・日の出学生服
■2010.2.13
■兵庫県上郡町
■再訪再撮影。2005年5月訪問時と比較すると、「大和生命」の「大」の文字が欠落しました。

■No.7668
■看板商店
■2010.2.13
■兵庫県上郡町
■再訪再撮影。老舗のクスリ屋。店内にも木製看板を初めとしたお宝があります。2005年の訪問時には店内に入りませんでした。(ろんださん情報)

■No.7669
■胃腸栄養わかもと
■2010.2.13
■兵庫県上郡町
■No.7668の薬局。再訪再撮影。

■No.7670
■メンソレータム
■2010.2.13
■兵庫県上郡町
■No.7668の薬局。柱に貼られていました。初見。

■No.7671
■たつ乃屋醤油醸造元
■2010.2.13
■兵庫県佐用町
■古い町並みが残る目抜き通りにある醤油醸造元です。


■No.7672
■たつ乃屋醤油
■2010.2.13
■兵庫県佐用町
■No.7671の蔵元で。2009年の集中豪雨による消失を心配していましたが、無事で何よりでした。

■No.7673
■コマ印運動靴
■2010.2.13
■兵庫県佐用町
■一緒に貼られている「エドモンズ大学日本校」のほうが気になるな。すでに潰れてしまった各種学校ですね。

■No.7674
■コマ印運動靴
■2010.2.13
■兵庫県佐用町
■No.7673のアップ。

■No.7675
■モントリオコート
■2010.2.13
■兵庫県佐用町
■県道沿いの廃屋に貼られていました。

■No.7676
■看板商店
■2010.2.13
■兵庫県相生市
■再訪再撮影。2005年訪問時にはなかった看板が掛かっているという情報を元に再訪。「名城お好みソース」が掛かっていた。(KANKANさん情報)

■No.7677
■名城お好みソース
■2010.2.13
■兵庫県相生市
■No.7676の商店。2005年時にはなかった看板。

■No.7678
■キリンビール
■2010.2.13
■兵庫県相生市
■No.7676の商店。この看板は健在でした。

■No.7679
■養命酒
■2010.2.13
■兵庫県相生市
■No.7676の商店。これも健在。保存状態も良いです。

■No.7680
■成金娘・灘菊・大黒正宗
■2010.2.13
■兵庫県たつの市
■成金娘は加西市の岩本酒造梶A灘菊は姫路市の灘菊酒造梶A大黒正宗は神戸市の活タ福又四郎商店の銘柄。(ろんださん情報)

■No.7681
■成金娘
■2010.2.13
■兵庫県たつの市
■No.7680のアップ。それにしてもすごいネーミングです。

■No.7682
■町名表示看板
■2010.2.13
■兵庫県たつの市
■年季が入った看板です。スポンサーの店はまだ健在なんでしょうか。

■No.7683
■看板商店
■2010.2.13
■兵庫県たつの市
■古い町並みの一角にありました。自販機の後ろには「ドリームとんかつソース」の短冊看板も隠れていました。

■No.7684
■ボンカレー
■2010.2.13
■兵庫県たつの市
■No.7683の商店で。張り出しタイプですが、そのまま柱に打ち付けられていました。最近、発見することがめっきり少なくなった看板です。

■No.7685
■キンチョール
■2010.2.13
■兵庫県たつの市
■No.7683の商店で。自販機の後ろに隠れています。気になるのはその裏面ですが、美空ひばりになっている可能性があります。

■No.7686
■まるほ醤油
■2010.2.13
■兵庫県たつの市
■No.7683の商店で。錆がひどいです。ホーロー加工されていないかもしれません。初見のタイプだけに残念です。

■No.7687
■清酒灘菊
■2010.2.13
■兵庫県姫路市
■蔵元の灘菊酒造鰍フ蔵の内部に貼られていました。

■No.7688
■清酒灘菊
■2010.2.13
■兵庫県姫路市
■蔵元の外観にぐるりと貼られたスクリーン印刷された看板。ホーロー製ではないので、光沢がありません。

■No.7689
■コマ印運動靴・コマ印地下たび
■2010.2.14
■兵庫県姫路市
■同じものが2枚づつ貼られています。JR播但線沿いに残った屋敷です。看板屋敷としての風格充分です。(クエストVさん情報)

■No.7690
■オオギイチ醤油・まるまん学生服・金鳥
■2010.2.14
■兵庫県姫路市
■JR山陽本線御着駅付近んにある屋敷。新幹線の車窓からもよく見えるので、出張時にチェックしていました。

■No.7691
■オオギイチ醤油
■2010.2.14
■兵庫県姫路市
■No.7690の屋敷。龍野市の醤油メーカーの看板です。兵庫県〜岡山県内にはこのタイプは多く貼られたようです。

■No.7692
■まるまん学生服
■2010.2.14
■兵庫県姫路市
■No.7690の屋敷。錆が進行していますが、かえってそれがレトロ感を出しています。

■No.7693
■金鳥
■2010.2.14
■兵庫県姫路市
■No.7690の屋敷。以前は違う位置に付いていたかもしれません。関西地方にだけわずかに見られる煙4本タイプです。

■No.7694
■清酒灘菊
■2010.2.14
■兵庫県高砂市
■JR曽根駅近くの線路沿いの空地に転がっていました。以前は屋敷に貼られていたと思います。ナショナルモートルもありました。

■No.7695
■ドリームとんかつソース
■2010.2.14
■兵庫県明石市
■醸造元の社屋駐車場の壁に貼られていました。

■No.7696
■鳩サクラ学生服
■2010.2.14
■兵庫県小野市
■JR加古川線沿いの屋敷。「鳩」の字体が「…」ではないタイプです。

■No.7697
■サクラ泉醤油
■2010.2.14
■兵庫県加西市
■醸造元の入口に貼られていました。(ろんださん情報)

■No.7698
■看板商店
■2010.2.14
■兵庫県
■店舗はすでに廃業しているようです。家屋の壁に14枚もの看板が残されていました。(ろんださん情報)

■No.7699
■三ツ星ベルトタイヤ・ナショナルバッテリー
■2010.2.14
■兵庫県
■No.7698の商店。バッテリーの立て看板は初見です。

■No.7700
■看板商店
■2010.2.14
■兵庫県
■No.7698の商店。壁の全体です。欠落しているものもありますが、往時は整然と貼られていたと思います。

■No.7701
■グランパス自転車
■2010.2.14
■兵庫県
■No.7698の商店。転がって鋳物を立てかけて撮影。「鯱号」の自転車だと思います。初見。


■No.7702
■ノーリツ号代理店
■2010.2.14
■兵庫県
■No.7698の商店。これも初見です。

■No.7703
■カツラタイヤ・ツバメ号自転車
■2010.2.14
■兵庫県
■No.7698の商店。カツラタイヤは初見です。ツバメ号の短冊タイプは関西地方で多く発見しています。

■No.7704
■三ツ星ベルトタイヤ
■2010.2.14
■兵庫県
■No.7698の商店。こちらは吊り看板です。初見。

■No.7705
■大成タイヤ特約店
■2010.2.14
■兵庫県
■No.7698の商店。これも吊り看板ですが、そのまま壁に撃ちつけてありました。初見。

■No.7706
■ビクター自轉車
■2010.2.14
■兵庫県
■No.7698の商店。これも吊りタイプです。初見。

■No.7707
■看板商店
■2010.2.14
■兵庫県加東市
■元自転車のようです。2階部分の壁に2種類の組み看板がありました。

■No.7708
■3.3.3.号自転車
■2010.2.14
■兵庫県加東市
■No.7707の商店。大阪府堺市の潟Vマノのブランドのようです。現在は自転車部品のメーカーとして有名です。初見。

■No.7709
■自転車
■2010.2.14
■兵庫県加東市
■No.7707の商店。メーカー名が分かりませんが、黄色の看板から推測すると、光風自転車、あるいは、マルキン、丸石あたりではないかと思います。

■No.7710
■看板商店
■2010.2.14
■兵庫県加東市
■地酒の看板がずらりと並んでいます。撮影をお願いしたら、店番のおばあちゃんが、看板の前に積んであったビールケースを下ろすのを手伝ってくれました。

■No.7711
■地酒看板
■2010.2.14
■兵庫県加東市
■No.7710の商店。アサヒビールの右にはキリンビールが貼られていましたが、盗難に遭ったそうです。「島美人」は西宮市の北山酒造鰍フ銘柄。

■No.7712
■看板屋敷
■2010.2.13
■岡山県倉敷市
■今年2回目の訪問。天気が良かったのですが、その分、看板が影に隠れてしまいました。
再訪再撮影。