鰐魚時々雑魚 鶴見川釣遊記とは・・・



 東北のとある町から就職のため関東へ上京してきた、初めて住んだ所は隅田川から近い勝どきという土地だった。
子供のころから釣りをして来たが、都会で釣りが出来るとは思っていなかった。
 しかし意外なことに都市型河川でも様々な魚が釣れる事を知り、さらに釣りにはまっていった。
 隅田川では毎晩シーバスを釣り、季節によっては運河でハゼなども釣った。
 結婚を期に神奈川へ引っ越すことになった、釣りをするため住まいを探す際どうしても川ので釣りが出来る場所を探した。
 そして、鶴見川と出会った。
 引っ越してきた頃の鶴見川はとても匂いがきつかった、釣りをして家に帰ると体がドブ臭かった記憶がある、現在はだいぶ匂いもなく快適だ。
 日本の一級河川の中でもワーストに分類される鶴見川だが生息する生物は意外と多い=釣りものも多い、そんな鶴見川の釣りにどっぷりとはまってしまった。
 

 初めの頃はルアーでの釣りが主だったが、子供が生まれるとだんだんに釣具にお金が掛けられなくなってきた。
 道具に関しては中古釣具屋を暇があれば巡り歩き、メボシイ商品を探す。しかし実際中古といえどいい品物は高価だ!!
 そこで最近は乱雑に扱われているジャンク商品を再生使用するパタンが多い。
 
 鰐魚とは勝手に鰐に魚をつけてアリゲーターガーと呼んでいる(今後は鰐魚でアリゲーターガーと省略させていだだきます)

 最近はこの鰐魚を主に釣りをしている、日本に本来いない外来種なのだが、絶対的な個体数が少ないうえその生態も良くわからない、ましてや釣り方のマニュアルなんてものも無い、そこを自分なりに考えて釣るということにはまっている。
 
 鰐魚のみを狙っている訳ではない、手長えび・ハゼも釣る

 これからも楽しい釣り仲間と共に色々な面白い釣りが出来たら良いと思う。


                                                              鰐魚時々雑魚管理人  桃太朗