一気に寒くなりました。
そして個人的には、新しい仕事が加わって余裕がなくなりました。


2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月(欠番) 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2001年 7月 8月 9月 10月 11月 12月

トップページへ


11月30日


11月にトップページでとりあげたニュースのまとめです。


海外版ハルヒ情報

北米での、英語版コミック・原作小説「涼宮ハルヒの憂鬱」マーケティング戦略について(ULTIMO SPALPEEN) (08/11/04)
初版の出荷冊数は、マンガ版(ツガノガク著)が7万5千冊=NARUTOの半分強、小説版はペーパーバック版5万冊でハードカバー版が1万冊だそうです。対象読者層に関する話も非常に興味深いです。ですが……、その冊数は強気すぎだろとどうしても思ってしまいます、個人的には。マンガと小説とアニメが互いの売り上げを伸ばす結果になってくれればベストなんですけど。

ニューヨーク紀伊國屋書店での、英語版マンガ「涼宮ハルヒの憂鬱」発売記念イベント「Haruhi Day」 (ULTIMO SPALPEEN) (08/11/16)
元の英語ブログ記事はこちらこちら。紀伊國屋NY店移転1周年と合わせての記念イベントだったそうです。出版社のYen Pressは相当力を入れているみたいですから、小説の発売直前にも同様にイベントを開くかもしれません。

海外版アニメ作品情報

北米版コードギアスR2公式サイトオープン (08/11/04)
R2の北米テレビ放映も既に始まっています。最終的な評価はどうなるでしょうね。それも楽しみです。

「太陽の子エステバン」 フランスで新テレビシリーズ企画(アニメ!アニメ!) (08/11/18)
ちょ、子供のころリアルタイムで見てたっちゅーねん。超懐かしい。フランスではDVD-BOXが新たに発売されてるんですよね(限定版BOXも同時発売)。

「なのは」&「なのはA's」の英語版、近日発売(☆へにょへにょ日記☆彡StrikerS) (08/11/16)
1期は12月9日、A'sは09年1月13日発売予定。公式サイトはこちら。
実際の吹き替えがどうなるのかは、DVDを見てのお楽しみということになりそうです。

海外アニメ・マンガ系イベント情報

歌シェリルことMay'nインタビュー@シンガポールAFA08 (08/11/01)
シンガポールのアニメフェスティバルで開催する単独ライブに先がけてのインタビュー。質問者の多国籍ぶりと、Q&Aがともに英語・日本語の二ヶ国語表記という親切設計に驚かされました。

海外アニメ・マンガファン&業界情報

NARUTO海外同日配信クランチロールで ク社違法投稿全面停止(アニメ!アニメ!) (08/11/18)
アニメ・マンガとしては世界規模のキラーコンテンツであるNARUTOで、大きな動きがありました。テレ東の会社情報からもこのニュースは配信されています。
現在Crunchyrollで大量にアップされていると言われている違法動画は、すべて削除されることになるのでしょうか。この点についても詳しく知りたいところです。

ブロッコリー米国撤退を発表 12月末に現地法人解散(アニメ!アニメ!) (08/11/20)
ここまでよく粘ったと思います。
ウチ的なネタとして、でじこシリーズの一部作品に沢城みゆきさんが英語版のぷちこ役としても出演していたらしいことをご紹介しておきます。ソースはANN内のこちらこちら

最近北米版アニメDVDに英語吹替が収録されなくなってきた理由は―― Bandai Entertainmentの説明(ULTIMO SPALPEEN) (08/11/25)
吹き替えが収録されない=北米で商品価値が低い=北米のファンが注目していない作品、という側面もあると思います(もちろん作品の質そのものとは無関係)。万単位ぐらいの本数で売れる作品は今後も吹き替えが収録され続けるかもしれませんが、自称ファンたちの意識改革が進まない限りはマイナス成長も終わらないでしょう。

国内アニメ・マンガ関連情報

『らき☆すたOVA』オリコン売上トータル4万枚目前&TVシリーズ第1巻越え達成(Syu's quiz blog) (08/11/04)
2話収録×12巻を集めなければいけないTVシリーズよりは、単巻のOVAの方がはるかに手が出やすいというのも理由のひとつだと思います、ていうか自分がそうです。

アニメ産業の国際展開の可能性をテーマにフォーラム開催(アニメ!アニメ!) (08/11/18)
>具体例にフランス市場を取り上げるとのこと。ARIA THE ORIGINATIONが旧作をすっ飛ばして(!)先行DL販売&ストリーミング配信を経てDVDリリースされる(26日発売)というのが、個人的には記憶に新しいです。あと、マンガでもフィギュアつき限定版を出したりしてますね。

大槻ケンヂと絶望少女達ライブ 2009年1月18日(日) 恵比寿 LIQUIDROOM (08/11/29 情報元:BRAINSTORM
これは参加してみてえです。空想ルンバとかかなり好きなんで。「豚のご飯」まで歌われたらとんでもないことになりそう。

ゲーム・同人・その他国内ニュース

トロ・ステーション24時間マラソン リアルタイムレポート(電脳御殿) (08/11/16)
PSPユーザーではあってもPS3は持っていない自分にとっては電脳御殿さんが唯一の楽しみでした。予告通りの24時間完走おめでとうございます(←もちろんトロ&クロにも)。PSPでもダイジェストが見られますように。




11月29日

イタリア語版ハルヒDVDが届きました

10月下旬に発売されたイタリア版ハルヒ第1巻のBOX付き限定版が、先日家に届きました。

イタリアの通販サイトでの買い物は送料が高くつくというのはわかっていたのですが、実際に値段を見ると軽く引きます(笑)。


送料が、DVD本体価格の倍以上。


ただ自分的には、その高い送料に目をつぶってでも手に入れた甲斐はありました。イタリア語版ハルヒもなかなか面白いことになっています。

まずはボックスから。



ボックスの裏側。


銀色ステッカーには「限定版2000本 ナンバー0606」と書いてあります。



おそらく限定盤のみについていると思われる、紙ケース。



中央下方に"FILM PER TUTTI VISTO SENSURA NON NECESSITA"と書かれています。
意訳すると「全年齢向け 映像修正不要」。英米仏独の場合は10歳〜13歳以上の年齢推奨となっているんですが、さすがイタリアというべきでしょうか。



ジャケットはリバーシブル(おそらく通常版と共通)。



DVDケースの中身です。



ひとつはキャスト(イタリア語版含む)やスタッフが書かれたシート(右の画像をクリックで部分拡大画像が出ます)。



もうひとつのコレは、作中に出てくる「SOS団の所信表明」です(クリックで拡大画像が出ます)。
手書きの文章をペラい紙にコピーしたものです。なんともリアリティに満ちあふれたチープさです。安上がりかつ素晴らしい付録と言えるでしょう。
アニメ本編の吹き替えでもこの内容がそのまま読まれています。




DVDをプレイヤーに挿入すると、Dynit(イタリア版ハルヒの販売元)→角川→京アニ→クロックワークのロゴが順に出た後にこんな画面になります。


画面下の"Entra"をクリックするとメニュー画面が表示されます。



メニュー画面右下にある三角形の矢印をクリックすることで画像の切り替えが可能。



メニュー画面で"PLAY"をクリックするとこの画面になり、本編が再生されます。



「ただの人間には〜」のイタリア語字幕。
イタリア版の字幕が吹き替えのセリフとほとんど同じであることに驚きました。
英語版などの字幕の場合、吹き替えとの一致よりも「読みやすさ」が優先されるため、字幕が吹き替えの内容と一致することはあまり多くありません。


メニュー画面にある小さいHARUHIISMロゴをクリックすると、隠しコンテンツが出ます。


なんと、「ハレ晴レユカイ」ダンスTV版フルバージョンの振り付け講座!



……のパート1!(笑)
続きは2巻以降に収録されるものと思われます。

さらに、今回レクチャーされた分までのハレ晴レダンスTV版フルバージョン動画も見ることができます。


吹き替えの感想ですが、女性キャラの声が総じておばちゃんやや年上っぽく聞こえます。イタリアの女性ティーンエイジャーの声がこんな感じということなのかもしれません。男性キャラは、まあこんな感じかなと。
しかし吹き替えセリフの早口なこと。巻き舌が苦手な自分には、きっとこの半分、いや1/4のスピードさえもおぼつかないでしょう。


2巻以降も買うつもりではいますが、あのバカ高い送料を毎度毎度払う気にはとてもなれないので、次は最終巻までをまとめ買いする方向でいこうと思います。




11月16日

ここのところサイトの更新がぱったりやんでいるのは、仕事の引継ぎを受けている最中で割と頭がいっぱいいっぱいだからです。引き継ぎがひと段落すればもう少し余裕が生まれてくると信じたいところです。


そんな中でも、奇跡的に当選した(倍率20倍以上と知って愕然とした)マクロスFギャラクシーツアー追加公演にはしっかり参加しました。綺麗で楽しくて面白くて濃密で、あっという間に過ぎ去って。本当に夢のような……、いや、あれは、夢そのもののように感じられました。ふたりとも歌うまかったし、音楽の大半は生演奏。坂本真綾が出てきたときの爆発的な盛り上がりと、アンコールで菅野さんのピアノ演奏が鳴りやまぬ拍手とともに奏でられる様は、特にすばらしい印象として残りました。ステージ周辺でHDカメラが回っていたという話もありますので、これはDVDやBDでの発売もあるかもしれませんというか発売してください!


-----

web拍手返信です。ずいぶん遅くなってしまいまして申し訳ありません。

>ガンスリ伊語版DVD-BOXは発売中止!? EXA CINEMAのリストに載ってないですね。(11月4日)
ほんとだ、ないですね。オレの楽しみを返してくれEXA。原作のイタリア語版出版元は9巻までしっかり出しているばかりか、「10巻特装版も出せるようがんばります!」とも解釈できる記事まで発信しているというのに。

>しくへっどです。記事の紹介、ありがとうございました。ご指摘されているような、「ハルヒ」アニメとのタイ・インも含めて、Hassler氏がもう少し詳しく語ってくれていました。http://www.publishersweekly.com/article/CA6610952.html?industryid=47140(11月6日)
本当に強気に出ていますねYen Pressは。こちらが心配になるくらいに。自分は小説のペーパーバックとハードカバーを買う予定でいます。

>ハルヒロシア語版は、OPのみならずライブアライブの歌まで吹替えているようですね。実物が入手できたらご報告いたします。(11月7日)
予想通りでしたか。OPまで吹き替えていましたからね。ロシアの限定版を入手したかったんですが、今からじゃたぶん無理でしょうね…。






トップページへ