一大決心でした。Anime Expoに参戦します。



2007年 1月 2月 3月 4月 5月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月(欠番) 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2001年 7月 8月 9月 10月 11月 12月


トップページへ


6月28日

とまず、これが出発前の最後の日記になりそうです。ようやく支度が終わり、眠りにつけます。帰ったらいろいろお話ししたいと思っています。更新速度は遅いかもしれませんが、必ず何かしらの報告はしますので。

それでは。御然らばです!




6月26日

Anime Expoで参加予定のパネルのための質問を考え中。や、どうせなら積極的に参加するための準備もしといた方がいいかなと。難点は、仮に質問できたとしても返答を聞き取れる自信がないことなんですが。




6月25日

レたちの祭りと戦いの場であるコミケ。一度は「らき☆すた」でもネタになるのではないかと思ってましたが、まさかあそこまでとは。今回のAパート、現実と違う部分は「らき☆すたキャラ」と「アニメイトブース」のみ。あのコミケの様子は限りなく100%に近いリアリティ。こなたが話してたこともほぼ事実です。今は亡きホテル浦島(泊まったことないけど)の話が出たときには感動しましたよ。台風が晴海を避けてった伝説も付け加えたらパーフェクトだこなた。

ほかにも、

・なにそのベルカ式デバイス>こなたの実弾補充
・コミケでも伝説の少女Aなこなた。それなんてこみパ
「ながもん」言うな(笑)。
アニメ店長のクオリティと島本節再現率は異常。
・杉田店員中の人に似すぎ
ガンダムネタを忘れない杉田店員。

などなど。
他にもコスプレなどネタ満載。今回は自分的に余裕で神回のひとつにランクインです。ありゃあとじゅした〜。




6月24日

う「今週」ですよAnime Expo!どうしよう!

>ASOS Brigade情報、大変参考になります。ありがとうございます。
>私も AX 参戦予定、ASOS Brigade の Premier Ticket も買いました
>いよいよ来週、楽しみですね。 / kirameki.snow-sugar.de

(web拍手より)

ありがとうございます。
私も本当に楽しみです。イベントに関する予備知識がほとんどない分余計に。
楽しみなイベントが多い→参加できないイベントも増えそうなのが悩みの種ですが。




6月23日

HELLSING ULTIMATE IIが到着。
届いたのは昨晩だったのですが。なぜか知らないけど、海外から荷物が届く日は季節に限らず雨が降っていることが多いです。


で、本編見てみたんですが、まーヤンの喋りが聴き取りづらいこと(いやほかのキャラもですがorz)。そんだけチンピラそのも のな喋りだったということでもあります。それでも以下の部分だけは頑張ってみましたよ。


"Up, up!"
"Down. down!"
"Left, right, left, right!"

"Bringin' the motherfuckin' death by Konami! Ah...I'm so fuckin' hard right now."


吹いた。
オーディオコメンタリでもこのネタについて触れてましたね。無敵コマンド=invincible codeかー。


(6月25日追記)
そうそう、HELLSING2巻といえば、このシーンも忘れるわけにはいきません。


"Ha ha ha....yes, exellent. I haven't had this much fun in ages! Ha ha ha...! What did you say your name was?"
"It's Luke...Luke Valentine."
"Luke Valentine. It's obvious that your powers are beyoud even the highest category of vampire."
"Releasing control of the restriction systems three...two...one."
"Approval of a situation A recognised, convincing the Cromwell invocation."
"Ability restrictions lifted for limited use until the enemy has been rendered silent."
"Now, Luke Valentine, it's time to educate you on how a real vampire does battle!"



6月22日

定ではありませんが、ちょっとびっくりすることがありました。時がくれば皆様にもご報告したいと思っています。報告できなかったときは忘れてください(笑)。


Anime Expoの2日目にジェネオンUSAのパネルがあるのですが、一身上の都合でほぼ確実に行けなくなりそうです。なのはの北米版が発売されるかどうかをこの目で確かめるまたとない機会だった(*)のですが、仕方がありません。北米版アニメを扱ってるサイトの方のどなたかがレポートしてくださることを祈ることにします。

あとS.K.I.Nのライブも実質上ムリだなぁ。ほかにも行ってみたいイベント同士のバッティングがちらほら。

(*)「なのは」関連のドメインをジェネオンUSAが取得したという話があることから、北米版なのはのライセンスを取るのはジェネオンUSAになるのではないかという予想が有力。




6月18日

夜届いた



デジカメを使って、撮影会という名の性能確認。写真の数々はハルヒDVDレビューページに。
機種は富士通のFinepix A800。自分がカメラ素人であるということと値段を鑑みて、これを買うのがベストと判断しました。安いカメラとはいえ痛くなくはない出費だったのですが、滅多にいけない場所での思い出に対する投資と思えばむしろ安いかも。

で、その思い出のためのロサンゼルス旅行なのですが、今さら懸案事項があることに気づきました。
まず、ホテルと会場の距離が遠い。電車で片道1時間くらいらしいので、往復だけで小旅行気分。それからロサンゼルスの社会常識というものをあまり知らない。いちおう地球の歩き方やネットに載ってる情報を読んで調べてはいるのですが。


-----

いに、「らき☆すた」のお約束「くさい話」の「くさい」対象(のひとつ)が判明。

つかさ「セバスチャンがくさくってさー」

ん?セバスチャンって……たしかどっかで白石みのるがセバスチャンと呼ばれてたはず。すなわち……




6月12日

来ならまず、今週のらき☆すたに関しては「バルサミコ酢」「くさい話」の再来がトップニュースになるはずだったのに、アニメ店長が全部もってってしまいました。島本和彦調の熱すぎる絵、背景の炎+揺らめく熱気、エンディングクレジットの「兄沢命斗 関智一」「ラミカ 長澤美樹」。間違いなく本物。おそるべし。

それから、らっきー☆ちゃんねるでは初めてあきら様に同調してしまいました(笑)。まー白石みのる君の鬱陶しいこと(笑)。主張がいち見解の範疇を越えて押しつけがましくなってしまうことがあるというのは、オタクのみならず人類全体の悪癖のひとつなのでありますよ。誤用がそのまま定着してしまった例なんて古今東西いくらでもあるんだからしょーがないんじゃーん?とも思いますけど。こういうのはみんなの心理の流れによってなんとなーく決まってしまうものなのです。でも、今回白石くんが主張したことによってもしかすると民意(?)が動くかもしれません。そういう意味ではとても興味深い試みだと思います。


全然関係ありませんが、私は「くさい」を「どんくさい」の意味でよく使います(友人との会話限定)。




6月10日

こ1〜2年で溜まりに溜まった雑誌類を処分(する準備)。全部積み上げたら自分の身長といい勝負。処分する前にシグルイ(チャンピオンレッド)とキミキス(ヤングアニマル)だけは切り抜きました。この作業がいちばんたいへんだった気がする(笑)。




6月5日

コミ、落ちました!
抽選漏れではなくサークルカットに関する書類不備による落選というのが情けない。

ただ今回の場合は「新刊をじっくり作り込め」という天からの啓示だったのだと思うことにしました。
今回の新刊は(予想できる方もいらっしゃるかもしれませんが)「アレ」についての本にするつもりでした。しかしなにぶんリアルタイムで進行中のネタであるため、夏コミ合わせだとどうしても不完全版にしかならないこともわかっていました。もし当サークルを楽しみにしてらっしゃった方がいましたらすみませんでした。冬コミにはちゃんとした本が出せるよう頑張ります。


-----

ってけ!セーラーふくの売り上げが今週中に10万枚いきそうなんですが(情報元:DOAONLINEさん)

アニオタがこのCDに注目してたってのはもちろんわかるんだけど、ハレ晴レやハルヒ詰合にダブルスコアの大差をつけるほど売れた要因がさっぱりわからないのです。ファン人口が倍増したとは考えにくいし…。どこかのサイトさんの考察を待ちましょう。




6月4日


かがみんがどの程度のシューティング愛好家なのかが気になって夜も眠れない勢いです。
聖学電脳研入部条件クリアできるくらい(=怒首領蜂ノーミスクリア)?だとしたらオレにかがみんの婿になる資格ねえorz


ULTIMO SPALPEENさんのブログ記事New Generation Pictures副社長Jonathan Klein氏のコメントat Sakura-Conを読んで。

昔にどういう役割を果たしてきたかはともかく、現在のファンサブはアニメ業界に損害を与えるだけの存在というのは間違いないようです。私もその考えに賛成です。「ファンサブのおかげでタダで見れるからDVD買わねーよ」というのは、「アニメ制作者はアニメファンのために無償で働け」と言ってるのと同じこと。ファンサバー(ファンサブに関わってる人たち)は賛辞をもって制作者に報酬を支払ってるつもりなんでしょうが、言葉を貨幣に換算する経済システムとか言葉を栄養素にする科学技術なんてものは今まで聞いたことがありません。

言い換えましょう。

アニメを愛すると言うのなら、その愛と等価のお金でもってアニメ制作者を支援しろ。

DVDを買う・グッズを買う・有料テレビチャンネルと契約する・制作者にお金を払ってくれるスポンサーについてもらう・番組ウェブサイトにアクセスしまくる、などなど。自分が本気で好きなアニメに対しては、何らかの方法で経済的貢献を果たすべきだと思うのです。

もちろん自由に使える資金が少ないのなら無理する必要はありません。私も貧乏人なので気持ちはよくわかります。でも!手に入らないものはちゃんと我慢しなければいけません(私だって武装錬金の限定版を泣く泣く諦めてるんですよ)。なんだったらレンタルとかでもいいじゃないですか。金があるのにケチって楽しようなんざもってのほかです。少なくともそういうことを声高に主張するなんてみっともない真似はやめていただきたい。

制作者側も、無許可で作られたファンサブは全部FBIかどっかに取り締まらせていいんじゃないでしょうか。もし仮にファンサブ制作者への配慮が必要だとするならば、登録制の配信映像に字幕をつけられる機能を付与するというのはどうでしょう(実現の可能性は度外視してます。すみません)。

あくまで素人考えなので、おそらく穴だらけだとは思います。でも、このままでは北米のアニメ市場は本格的に衰退しかねません。日本のライセンス元とも積極的に相談して早めに有効な対策をとる(または対策をとらせる)べきだと思います。




6月2日

いに旅行の申し込みをしましたよ。
あとは旅行終了までケガや病気をしないようにって言ってるそばからなんか喉がちょっと痛いーーー!なので今日はずっと家にこもって首にハンカチ巻いてました。はしかとか罹んないだろうなぁ…。

web拍手ありがとうございます。
>AXに行かれるならば、Premier Concert Tickets を申し込んだほうがいいかも
公式サイトに申し込み方法が書かれてましたね。有料だけど、その分いい席なんでしょうね。無料で見るための手続きには時間がかかるかもしれませんし、購入を検討する価値はありそうですね。






トップページへ