5月の始まり=ゴールデンウィークの始まり。



2007年 1月 2月 3月 4月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月(欠番) 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2001年 7月 8月 9月 10月 11月 12月


トップページへ



5月30日

したちゃんと旅行申し込んできますー。

>ついにアメリカに行かれるとは。半年前から見るとずいぶん遠くまで来ましたね。人生って面白いです。
>(続き)レポ、楽しみにして待っていてもいいですか? よい旅行を!
(29日分web拍手)
初めての完全なひとり旅なのでいろいろ落ち着きませんが、がんばります。まだジャスト1ヶ月ありますので、それまで健康でいられるよう気をつけます。はしかとか大丈夫かなぁ。

そういえば、昨日はロサンゼルスで北米版ハルヒ発売記念イベントがあったんでした。どうだったんだろうなー。




5月28日

行代理店に行って見積もりを立ててもらいました。

旅行代理店に行くと決めたって時点で半分以上腹を決めたってことなんですけどね。

さて、ちゃんと計画を立てねば。旅行後のこと(主に8月中旬の祭り)も含めて。




5月27日

beatmania IIDX Extreme-BPMメドレー[200over](ニコ動)

選曲、ドンシャリ、画像のセンス、そして神がかった曲間の繋ぎかた。
ニコ動史上最高レベルのメドレーだと思う。




5月26日

に更新情報ページでご紹介したように、SOS団の3人が米国のAnime Expoでゲスト出演&ライブ開催をすることが決定しました。日本語の記事は「アニメ!アニメ!」さんで取りあげられています

うーむ……。

>ライブがある以上、去年のCLAMPさん以上の、現地の盛り上がりは間違いないでしょうね。凄そう。
>こうなると次の期待は、ホントに「もう行っちゃえ!」とかざみさんが決心なさることだったり?
(web拍手)

正直なところ、行かずにはいられないという気持ちでいっぱいです
もともとAnime Expoに参加したいという思いはかなりありました。オープニングセレモニーで観客が盛り上がる様子を見てみたいとか、企業ブースでの新作発表にリアルタイムで立ち会いたいとずっと思っていました。しかしやはり旅費と日程(特に前者)がネックということで今まで涙をのんでいたのですが。なんか、今回ばかりは「行かない」という選択肢を選んではいけないのではないかという思いが頭の中で激しく渦巻いているんですね。北米版アニメのファンとして、北米版ハルヒのサイトを作ってるほど入れ込んでる人間として。

ちょっとAnime Expo参加を真剣に検討してみます。




5月25日

ってけ!セーラーふくがMステで流れたというのはマジですか?




5月24日

ラクラ北米版1巻届いたーーー!!!
さっそく再生。

ああ、これだ……。ブラクラがアニメ化されてからオレはずっとこれを楽しみにしてたんだよ……。声優の演技は、英語フォーラムで言われていたように確かにいい感じ。英語聴き取りの難度はけっこう高そうですが、時間の許す限り楽しみつつがんばります。

……と言いたいところだったんですが、英語5.1chのトラックが全くの無音であることが判明。これはさすがに交換してもらわないといけないなぁ……。
(5月26日追記)結局こっちの勘違い&不注意でした。ちくしょーオレのアホ間抜けー!




5月23日


いつのまに「悪魔」から「魔王」へと呼び名がクラスチェンジしてると思ったら……。


こえええええーーーーー!!!




5月22日

っちゃっちゃ(アキバに) 買っちゃっちゃ(もってけ!セーラーふくを)


ヤマギワソフト館行ったら、バルサミコ酢が展示されてました参考:アキバBlogさん


しかし、今まで見てきた歌詞の中でもトップクラスの難解さですよこの歌


さーてオリコン何位までいくかなー


らき☆すた 平野綾インタビュー
増えていくアドリブ、極めまくったカラオケ。ハードルたっかいなー。


-----

あ、今日は北米版ブラクラの発売日だったわけですが、今週中に届くといいなー。ハルヒやヘルシングと並んでほんっと楽しみなタイトルなんですよ、って前回の日記でもネタにしてるし。


-----


私信。
求むカメラマン、というかデジカメ持ってる人(身内限定)。




5月19日


なんかドアの方でカツカツカツカツ音がするから雹(ひょう)が降ってたよ!
直径5mm以上が雹だとwikipediaに書いてあったのを思い出して計ってみたら、たしかに5mm以上っぽかった。


した20日は、毎年恒例の東方シリーズオンリーイベント、いわゆる「例大祭」なのですが、パスせざるをえないかなぁ…。

先週のなのはオンリーより混みそうだからというのも確かにあるけど、今の自分にはほかにやらなければいけないことがあるのです(趣味の範囲内とはいえ)。がんばるですよー。

そういや、金曜日に北米版BLACK LAGOONの発送メールが来てました。フライングゲットしたファンからの評判がすごくよさげなので、早く見たいですよ。




5月17日


サッカー五輪代表 本田圭佑のフリーキック(ニコニコ動画)
Sの字に曲がった(5/16分)」というのを見て「はははまさかそんな」と思ってたら……。
この物理法則無視っぷりはすごい。サッカーに興味ない人も必見。

ローバルなアニメ総合情報サイト「アニメ!アニメ!」に掲載されているSakuracon 2007レポートその2が面白いです。

他のイベントレポートと一線を画している点は、執筆者がイベントにスタッフとして参加されていたこと。したがって、一般参加者の視点からでは垣間見ることのできない裏方の模様もいくらか紹介されています。海外のアニメ・マンガ関連イベントの表も裏側も伝えている日本語のレポートはたいへん貴重。イベントの楽しさが伝わってくるという意味でも良いレポートだと思います。

レポートの中で紹介されていたイベントのオフィシャル、あるいは参加者の誰かがアップした映像を一部見ることができるので、ここでふたつばかり紹介しておきます。


驚異的に日本から離れた場所でハレ晴レユカイを踊るイベント
大地丙太郎監督VS名塚佳織の剣劇




5月15日


春麗のゴメンねチョップ。




5月14日


「のど自慢でハレ晴レユカイ」についてメールで教えてくださった方、ありがとうございました。
ニコニコやYoutubeにもアップされてましたね。そのうちここでも紹介されることでしょう(笑)。

>「ASOS Brigade更新情報まとめ」の更新記事は新しいものを上にしてはどうでしょうか?(web拍手)
本当におっしゃる通りだと思います。現在、最新情報のためのページを作成中でして、そこでは最新記事を上にすることにしています。いましばらくお待ちください。


よっこいしょういちっと」
今週もつかささん切れ味よすぎ(笑)
こなたもこなたでまた中毒性の高いセリフを生み出してくれました。てもて〜

らき☆すたのパロネタは回を追うごとに加速している気がしますよ。いい感じ。
それから、今回はらき☆すたで珍しく京アニクオリティがはっきり表れた回でもありましたね。厳密に言うと、自宅で暑がってるこなたのシーン以来?


-----

コニコ動画より、勇者王スバル特集

リリカルなのはStrikerSのスバルは、その熱血キャラぶりと燃える変身シーンから、早くも「勇者王」と呼ばれています。その勇者王ぶりを遺憾なく見せつけてくれる動画をご紹介。

なのは StrikerS MAD 魔法勇者ファイティングスバルFINAL v1.1
(MAD)魔法少女リリカルなのはStrikers 勇者王誕生!最終版
どちらも主題歌より。甲乙つけがたい出来。

魔法少女リリカルなのはSSのトリビア5
「ファイナルフュージョン!!」系では最高の完成度。ポイントはやっぱりGストーン(笑)。

[MAD]リリカルなのはStrikerS Double-Action! ノイズ修正版[電王]
仮面ライダー電王のテーマソングとの組み合わせ。歌がすっごい熱い。

【ネタ】なのはStrikerS第1話バトルパート後半【電王風】
ただでさえ熱いスバル最大の見せ場がとんでもないことに。最初から見てだるいと感じたら1:40まで飛ばすのがおすすめ。




5月10日

ULTIMO SPALPEENさんで紹介されているアメリカで発売して欲しいアニメは?(07年5月期編)に取りあげられているアニメを、自分の心許ない経験則と冴えない勘と期待感に基づいて、北米版の出る可能性ごとに分類してみました。


A. 発売発表は時間の問題 ―― 桜蘭、なのは、ギアス、MONSTER、カレイドOVA、ロミジュリ

B. 五分五分以上の確率 ―― 京アニKanon、まほらば、ハヤテ、学園アリス、らき☆すた、まなび、ひだまり

C. 現状だとちょっと厳しいかも ―― ARIA、マリみて、星矢(新作)、エマ、エンジェルハート、星界III

D. 正直、無理そう ―― タッチ、セーラームーン、999、銀英伝、ハーロック、サイレントメビウス


自分の中で、日本での放送開始後3年経つまでは待つべき期間内だという考えが固まりつつあります。それから、アクション・SF(Sci-Fi)・コメディ・高いブランド力のどれかひとつがある作品は北米版の出る可能性が高いように思えます。言い方を変えれば、古すぎる作品あるいはアクションなしで癒し要素多めな日常系アニメは北米版が出にくいというのが私見です。

なのはに関しては、現在3作目が2クールの予定で放送中であることから、3作目のシナリオ等が未完成であった2006年中にライセンス契約を結ぶのは得策ではなかったに違いないと考えてます。さらに「なのは」は現在ジェネオンがドメインを取っているという情報もあります(未確認)。ライセンス所有者がジェネオンにしろ他社にしろ、7月のAnime Expoあたりで発表してくれる…はず。それでもでなければ自分的には上記のリストでいうとCランクまでダウンすることに(泣)。

Cランクは、現状の北米アニメファンの嗜好から外れ気味な作品ではないかというものをチョイス。「ARIA」や「マリみて」がそこそこのレベルでも受け入れられるような国があったなら、そこはアニメ文化が相当浸透している国だと考えてもいいかもしれません。

Dランクには見事に旧作ばかりが並びました。日本でさえボックスで売ってトントンになるかどうかの作品を輸出して採算を取ろうとなると、相当厳しいと思います。よっぽど輸出先のお国柄にはまるような作品でないと。




5月9日

き☆すたの「バルサミコ酢」ネタってアドリブだったのか……。ぜったい台本だと思ってました。これからのつかさに大期待。

ていうか、らき☆すたアニメのどこまでが台本でどこからがアドリブなのか本気でわからなくなってきてます。「ソロ狩りでしょでしょ」とか、まさか、「くさい話」シリーズもずっとアドリブだったとか言わないでくださいよ…。だとしたら、キャストの皆さん「おそろしい子!」なんてレベル超えてるから!



5月8日


「涼宮ハルヒの分裂」読書中。
『恐怖というものは 思いもよらぬ過去からやって来る』まで読みました(ある意味本当)。


曜日、雨の中をサッカーの千葉ダービー(千葉VS柏)観に行ってきました。

考えてみたらスタジアムには屋根があったのでした。なのでスタジアム内ではレインコートさえ羽織っていれば全然大丈夫でした。

試合は1-1の引き分け。けっこうペースを握っていた前半のうちに点を取っていれば千葉は勝ってたかもしれないというゲームでした。後半はじめに柏に先制され、その後追いついたものの逆転とまではいかずにタイムアップ。けれど、8日間で3試合、しかもアウェーでの川崎→浦和戦につづいて調子のいい柏との対戦という極悪スケジュールにもかかわらず3試合ともいい内容で負けなかったという結果は好意的に捉えるべきだと思いました。

帰りに駅前で、丈の長い棒を持った警官に声をかけられました。「え、なに?まさか……職質?(汗)」と思いながらも、やましいところは全くなかったので(こわごわながらも)応じたところ、試合の結果を聞かれただけでした。よく見るとその警官はかなり高齢っぽい方で、口調はやわらか。二言三言お話をして私は駅へと向かったのでした。第三者的に見れば、さぞ平和でよさげな光景だったことでしょう(笑)。


-----

「やっぱり『結論』で合ってたのか」

「らき☆すた」第5回のCMを見てこう思った人は結構多いんじゃないでしょうか。

今回はネトゲ体験者にとって非常に他人事とは思えないネタの多かった(笑)「らき☆すた」。そのOP「もってけ!セーラー服」発売まであと2週間。
「もってけ!セーラー服」の歌詞がすべて判明するのが待ち遠しいのももちろんですが、カップリングの「かえして!ニーソックス」もめちゃめちゃ聞いてみたい。

しかし今回こなたの外の人は、いわゆる「日本語でおk」なネトゲトークを相当流暢に喋ってたけど、相当練習したんだろうか。

今回は、これまで毎回必ず1回は出ていた「くさい話」が出てきませんでした。かわりに出てきたのが「バルサミコ酢」。この言葉がなぜかつかさのツボにはまったようですが、調べてみてなんとなく納得。バルサミコというのは「芳しい」というイタリア語(ちなみに綴りはbalsamico)。「においの話」という意味ではひきつづき継続中だと解釈できないこともありません。さあ次回以降はどうなるのでしょうか。




5月5日


あしたは激しい雨のおそれって、サッカー観戦予定なのにカンベンしてくださいよ…。


なかなもー(挨拶)

↑の元を使った洗脳サウンド(YouTube)

いやはや、こういう「中毒性の高い演技」ができるというところを見せつけられたおかげで、自分の平野綾への評価はさらにうなぎのぼりですよ。前回やってくれた「しんのすけのモノマネ」も高ポイント。自分は以前「すももらじお」で聞いたことがあったので驚きというのはなかったのですが、初めて聞いた人はさぞビックリしたことでしょう。


気になったページの紹介です。


らき☆すたの動画スケジュールから見るヤマカン降板事件
先週に突然発表された「らき☆すた監督交代劇」のまじめな考察。
現時点ではネタ説が大勢を占めているのですが、自分は半信半疑。マジだとしたらちょっと劇的すぎる気がしますし、ネタだとすると今後どういう展開をもくろんでいるのかまるで見当がつかないんですよね。

萌えっとうぇぶさんより「悩殺ポロリなかがみフィギュア!?
すばらしい煩悩思い入れと腕前にただただ感心。かがみんはらき☆すたで個人的に気になるキャラNo.1です。昼と夜(=真人間とオタク)のはざまにいるという立ち位置がいいですね。

エフ/ダブリュさん パーフェクトこなたとでも呼ぶべきこなたさんmetapop chocolateさんより)


それから、北米版ハルヒ情報ページにも書きましたがAnime Expo 2007でハルヒのダンスコンテストを開催することが正式に発表されました
残念ながらアメリカとカナダの人しか参加できないのですが、1巻発売記念イベントといい、Bandai Entertainmentが相当気合を入れているのがわかってわくわくしてきます。




5月4日


>29日のロスでの発売記念パーティーには行かれます? きっと日本からの特別ゲスト扱いをしていただけると
さあどうでしょうねぇ。ファンページを作っているとはいえ私は所詮一般人ですから。もちろん行ってみたいのはやまやまなのですが、たとえ格安のものでも太平洋を往復するほどの資金を用意するのはかなりムリがあるもので…。

行ってみたいと言えば、Anime Expoなどの大きなイベントにも一度くらいは行ってみたいものですねぇ。

質面においてゲーム愛好者だった頃の私は、今よりももう少し周囲の声と自分の中の勘を聴き取る力が鋭敏だったように思います。ゲームに対する熱意が相対的に下がってしまった今は自分の勘が鈍っているのだということを、昨日「買ってしまった」ゲームによって思い知らされました。

ここで軽くレビューでもしようかと一瞬考えもしましたが、最終的にその必要はないだろうと判断しました。気になる方は、以下のリンク先を見て「感じ取って」ください。「考え」なくてもいいです。考えるエネルギーはほかのことに有効活用しましょう(笑)。

BROKEN THUNDER Stage1 (YouTube)

BROKEN THUNDER@wiki


-----

6日に開催予定の千葉VS柏の試合のチケットを買ったのですが、買った後に当日の天気予報が雨だということを知りました。まあいい、雨中観戦もスポーツの華だ。レインコートもあるし何とかなるでしょ。




5月2日

ばいやばいやばいやばい。なのはマジでやばい。燃え死にそう。

今回のあらすじが「なのはたちの部隊のファーストミッション」ということと今回のタイトル「星と雷」から大体予想…というより「妄想」できたんですが、いざこの耳で

「ライトニング1、フェイト・テスタロッサ・ハラオウン、行きます!」
「スターズ1、高町なのは、行きます!」

なんてセリフを聞いた日には、エースコンバットシリーズ(4以降だけど)ファンのオレが興奮せずにいられるわけがない!
極めつけは、

「スターズ1、ライトニング1、エンゲージ」

ああ、もうダメ。脳汁だだもれです。これだけで北米版購入は決定したようなもんですよ。

さらにはキャロの変身シーンで鳴り響くカスタネットがエースコンバットZERO(デモムービーはこちら。見て。)を思い出させてくれやがって、またヘンにハイテンションに。

これは見続けるしかないでしょう。きっとクライマックスではすごいことになって涙と鼻水と汗汁が止まらなくなるに違いない……と期待しています(A'sのラス前はもうひと押しだったので、そのリベンジも兼ねて)。






トップページへ