暑さ寒さも彼岸までと言いますが、今年はまさにその言葉通り。
3月末から4月初めにかけて桜も一気に満開に。桜いいよねー。



2007年 1月 2月 3月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月(欠番) 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2001年 7月 8月 9月 10月 11月 12月


トップページへ


4月30日


えーっ!らき☆すた監督交代!?(ソース;京アニ公式サイト
(追記:さっそく海外でもニュースとして取りあげられてます
少なくとも外見上は全然問題なかったけど、いやむしろ強烈なネタが満載どころの話じゃなくて大爆笑だったんですが!…まあ何かがあったんでしょうね。いち視聴者としてはいまのクオリティを維持もしくは上回ってもらえればOKなので、スタッフの皆さん、何とか頑張ってくださいお願いします。

修正音の中身についてですが、場面の内容と修正音からわずかにこぼれた音を聴き取った限りでの憶測になりますが、伏せられた言葉は「ヤマカン(=山本寛)」ではないかと。まさか、この自虐ネタがダメだったってこと?いやいや、素人が何を考えたところで邪推にしかならないのでこの辺でやめとこう。

私は原作とアニメを大切にする京アニを本当に心から応援しています。


ミック1(いち)に行ってきました。

大まかに感じたことですが、今いちばん勢いがあるのはコードギアスという印象。この先よほどヘマをしなければ、ひさしぶりに男性向け・女性向けともに盛り上がるジャンルができるかもしれません。
新番組グループで目立ったのがなのは。2作目「A's」終了後も地道にファンが増えていっているのが効いている模様。あとグレンラガンのヨーコもあちこちで見かけました。まああのおっぱいは反則ですよね(笑)。作品が現在の好調を維持すれば夏にはけっこう盛り上がってるんじゃないかと思います。らき☆すたはあまり目立ってませんでした。しょうがないか、いま面白くなってきてる真っ最中だから(それだけに監督交代の影響が心配…)。

会場でひさしぶりにぴんぐーくんに会えました。冬コミに参加してなかったことを知ったときはまさかコミケを引退したのかと思ったですよ(笑)。ひとまず安心。
イベントで買った本は12冊。


-----

曜日に発売されたヤングアニマルのキミキスが大変なことに。金曜日の昼休みにちょっと立ち読みしたんですが、ただならぬ危険を察知して途中で本を閉じた私の判断は間違ってませんでした(笑)。帰宅途中であらためて購入し、読んだ瞬間脳内で悶絶。明日夏ターン編だから健全めに進んでいくだろうという考えは、雲太郎先生の前ではやはり甘かった。

きょう更新分のキミキスラジオは、今回のヤングアニマルに関する広橋&水橋コンビのすばらしいコメントが聞けるので、ファンは必聴です。


-----

のうかおとといあたりに、どこかのサイトで紹介されていたページで目に留まったもの。

能登麻美子が救う日仏アニメ関係桀紂屋さんより)
ペネロペ、アヌシー2007に出品されたんですね。2006年には劇場版xxxHolicが入選したアヌシーですが、どこから見ても隙のない全年齢対象アニメと能登ナレーションに代表される超絶癒し効果がどういう反響を呼ぶのか注目です。

有害毒電波 - 1/1レイジングハートエクセリオン
何はなくともムービーをダウンロードして見るべし。この完成度と、それを産んだ情熱にスタンディングオベーションを贈りたいです。

「らき☆すた」OP・約1分30秒の解体新書萌え理論Blogさんより)
遠くにいてちっちゃいこなた&つかさが「前進している」というのは気づきませんでした。その鋭い眼に敬意を表してご紹介。


-----

曜日に届いたリボルテックセイバーさん。さっそくいろいろポーズをつけようと思ったんですが…、こ、これはけっこう難しい。

なにぶん初挑戦なもので、ちょっと間接を動かすだけでもひと苦労。土台の使い方も全然分からない始末。最終的に、いちばん安定する膝を立てるポーズを取らせて置いてあります。テキトーなポージングでもかなりカッコよく見えるのは自分の親バカゆえでしょうか。

余談ですが、2本の剣のうち1本はバニーハルヒの右手に持たせてます。妙にぴったりはまってます(笑)




4月28日

度開催される同人誌即売会コミック1に関する、私の思い違い。

・今までずっと「コミック・ワン」だと思ってた(正しくは「コミック・いち」
・ついさっきまで29日にやるものだとばかり思ってた(30日開催でした)

ちゃんと事前に確認しとかないといけませんね。




4月26日

近、毎週水曜日は起きてすぐになのはStrikerSを見ています。リアルタイム鑑賞なんてとても無理ですし、かといって水曜の夜まで見られないというのも癪なので。

ここ数回は、なのはさんの一挙手一投足から垣間見える、底知れぬ恐ろしさをたたえた威厳にガクブルしながら鑑賞しております(笑)。さらに今回は、なのはさん自身に魔力のリミッターがかけられていることが判明(フェイトやはやてたちも同様だそうですが)。

楽しい!! こんなに楽しいのは久し振りなの
あなたをAランク以上の魔導師と認識するの

拘束制御術式 第3号 第2号 第1号 解放
目前敵完全沈黙までの間 能力使用限定解除開始

じゃあ 教育してあげるの
本当の魔導師の闘争というものを

なんて展開が絶対くるはず。なのはさん恐ろしいよなのはさん。

それから、教会の騎士団と聞くとヘルシング6巻80ページのあの騎士団しか思い浮かばないんですが。




4月22日


あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
『おれは「らき☆すた」を見ていたと思ったら
いつのまにか「クロマティ高校」と「ぱにぽにだっしゅ!」を見ていた』

な…何を言ってるのかわからねーと思うが
おれも何が起こったのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…
催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…





4月18日

>らきすた、海外での反応はどんなものでしょうか?
>ハルヒの京アニ作品なのに、ドラマがなく、ネタがわからず困惑してるのではないか?と推測します。
今のところ特に海外の反応を精力的にチェックしているわけではないのですが、海外のアニメファンもそれなりについてこれてはいるみたいです。Animesuki Forumのらき☆すたスレはのべ1300レスを超えてますので、反響が少ないということはないと思います。もちろんOPは大好評です。

>買われた小説は(略)でしょうか?
正解ですー。ただいま日本語版と読み比べて楽しんでいます。興味深い発見もありました。こういう系統の作品のファンで英語が読める方は挑戦してみてもいいのではないかと思います。




4月16日


遅くなってしまいましたが、12日分の拍手レスです。

>詳細な返答ありがとうございます(シグルイについて質問した者です)
>しかし仏尼で検索しては見たもののコメントがついてないってことは人気ないのか… いい作品なのに
これは単純にマンガ自体の普及率も関係しているのではないかと思います。日本でも、マンガ読者全体からするとシグルイファンの人数はそれほど多くはないはず。まして諸外国では日本よりも、少なくとも全人口のうちのマンガ読者比率は少ないです。だからシグルイの良さを広めようとする声も目立たないのだと思います。もともと万人には勧めづらい作品でもありますし。


曜日の朝起きてテレビをつけたら、ちょうどグレンラガン第3話のBパートが始まったところでした。

あまりの熱さに泣きそうになりました。

OVAでもなかなかお目にかかれない作画や登場人物などの躍動感といった五感で感じ取れる美点から豪速球の如き魂の叫びが迸り、自分の第六感にビシビシと叩きつけられましたよ。ガイナックスの底力を無防備の状態で目の当たりにしたのは久し振りでした。これは来週以降見るしかないっすわ。


-----

き☆すた第2回。

前回にも増して濃い目のネタがバンバン出てきました。ケロロ軍曹とか太鼓の達人でハレ晴レユカイとか鉄拳みたいな格ゲーとか、やたらトップをねらえに似たBGMとか時期的にナイスタイミングなドリルネタとか。自分はハリポタはラノベだと思ってます。

しかし、そんなのを全部ふっ飛ばしたのが、


「いやー、また好きな作品がアニメ化されるんだけど、
ドラマCDのときとキャストがまったく違っててさー


さすが京アニ!おれたちが考えついてもやるとは思わない事を平然とやってのけるッ
そこにシビれる!あこがれるゥ!

どうやら原作にもあったネタらしいのですが、それにしてもここまで堂々とやるなんて(笑)。
しかしドラマCDファンの中にはマジギレした人もいるんじゃないだろうか(汗)。

今回のEDはアクマイザー3。キョーダインですら名前だけ知ってるといったレベルの自分には既についていけないレベル。なので今後は、この「ついていけないノリ」を楽しむぞという心構えでいきたいと思います。

(追記 OP前は先週と全く同じでした。今後新しいネタは出てくるんでしょうか。)


最後に、らき☆すた関連で特に気に入ってるニコニコ動画を紹介。
ニコニコ動画はアカウントを登録しないと見ることができません。ご存知の方ばかりだとは思いますが念のため。

らき☆すた -もってけ!セーラーふく- OP たらふくおなかいっぱいVer2.00Youtube
以前紹介したものの最終版。普通のループと思ってはいけません。ともかくご覧あれ。

らき☆すた 検証用(最終版
何を検証しているのかは見てのお楽しみ。もうほんとバカすぎる(笑)。

【MAD】らき☆すた マイケルver旧バージョンのYoutube版
マイコー!全盛期のマイコー最高だよマイコー!

らき☆すた 最終回ED(予想)
最終回のEDはこうなるんではないかというMAD。古き良き昭和の象徴と言ってもいい曲です。


ちなみに、第1話でいちばん吹いたのは、「激奏」で獅子奮迅の活躍を披露した白石稔さんがほぼ実名で登場したときでした
既に「らっきー☆ちゃんねる」をチェックしてた人にはなんでもないことだったでしょうが、完全にノーチェックだった自分にとっては大ビックリだったんですよ。




4月10日


月曜更新分のキミキス チューニングポップで笑い死にしそうになりました。
らき☆すたOPループバージョン(要アカウント登録)で脳が溶けるかと思いました。


ランス語版シグルイに関してこんなメッセージをいただきました。ありがとうございます。

>シグルイレポートの続刊および、以降の経過についても教えてください。仏語版も一巻で打ち切りなんてことは
>ないでしょうね。あれが本気で面白くなるのはイラコ報復以後なのに。気になるので向こうの反応とあわせて
>教えてくだせえ。しかし最近は出てくる本にわけの分からないのが多すぎる(仏の話です)

順番にお答えします。まずレポートの続編についてですが、書くとするなら、2巻から6巻あたりまでをまとめてレビューすることになると思います。気長にお待ちいただければ幸いです。

単行本の続刊についてはご安心ください。amazon.frに行って「shigurui」で検索すれば、6巻(Tome 6)が07年2月22日(22 février 2007)に発売されていることがわかります。7巻も予約受付中です。

フランスでの反応に関しては、“ファンは楽しみにしてるらしい”という程度のことしかわかりません。というのも、英語圏並に大きく盛り上がっているようなフランス語のアニメ・マンガフォーラム(掲示板)が見つからないのです。それでもフランスのGoogleで調べればForumのシグルイスレッドやレビューのページがいくつか見つかることは見つかるのですが、いかんせん投稿数が少ないので、マンガファンの代表的意見として紹介するのは心許なく感じます。

フランス…というより西ヨーロッパ諸国では、アニメにしろマンガにしろ、日本で話題になっているかどうかを第一の作品選定基準にしているような印象を受けます。購買者層の嗜好が色濃く反映されているのが目に見えてわかる北米市場とは対照的です。あるいは、西欧の読者の好みにあまり偏りがないということなのかもしれません。以上はあくまで私の主観です。機会と手段があるのなら、各国のアニメ・マンガ事情をもっと深く知りたいものです。


こんなところでいかがでしょうか。
シグルイの続刊に限らず、フランス語のマンガはamazon.frで購入しているのですが、本の単価に加えて送料も高いので、なかなか買う機会を作れずにいます。英語版やドイツ語版なら日本のアマゾンで買えるのでまだいいんですけれども。




4月8日


>わかると思うので名乗りませんが、最近出た英語版の小説だと、「Twelve Kingdoms」かな?(6日分)
いちおう現代の日本が舞台の作品です。アマゾンに記載されていたデータによると、まだ発売日が来てなかったりします。

>仏蘭西語版シグルイのレビュー……お美事!お美事にございまする!(8日分)
かたじけなし
(注.シグルイ流の書き込み丁重に扱うべし マジレスすることまかりならぬ ネタにして返すべし)


HELLSING3巻をようやく見ました。いやー全編見どころ聞きどころばっかりでゾクゾクしっぱなし。中でも圧巻だったのが少佐。今回かなり出番が多い上にあのステキボイス、しまいにはあの歌(4巻51)まで歌ってしまうし!

不満点はほとんどないんですが、ふたつだけ。「戦闘団」は「カンプグルッペ(Kampfgruppe)」、大きい「ツ」ではなく小さい「ッ」。若本アンデルセンも、ハマってるときとそうでないときの差があい変わらず存在するようです。

今回のオーディオコメンタリには中田譲治さんが出演。普通に喋ってるだけなのになんであんなにエロ声なんだジョージは(笑)。コメンタリ内で「ヘルシングがドイツで大人気」という話が出たときには思わずにやり。DVDではハーケンクロイツが修正されなかったらしい(マンガでは修正されてます)んですが、大丈夫なのか?(汗)

次はいよいよ待望の第4巻。年末発売とかでもいいんで、じっくり作りこんでいい作品にしてもらえるとうれしいです。




4月5日

ないだの月曜日に始まったエル・カザドですが、先月発売分のチャンピオンREDにマンガ版が掲載されていることをCMで知りました。いつもシグルイ目当てで買ってるもんだから全然気づいてませんでした^^;。

読んでみたところ、ストーリー自体はアニメ第1話とまったく同じ。ただ、アニメ版と大きく違う点がふたつ。ひとつは流血等のバイオレンス描写。もうひとつは……パンツも含めた脱衣。まあ、隠し武器を持ってるといけないから、という正当な理由はあるんですが。さすがチャンピオンRED。某所で「秋田書店の核実験場」と言われるだけのことはあります。


-----

る小説の英語版が、どうやら今日にでも届きそうです。

それは、日本語版を全くといっていいほど読んでおらず、予備知識もほとんどない作品。そして今回はその事実を逆手にとって、英語版だけを先に通して読んでみようと思っています。その後で日本語を読み、自分がどういう印象を持つか実験してみます。
→あ、届いた。プロローグだけ読みましたが、読みやすそう。さっそく明日から通勤中に読むことにします。




4月4日

のはStrikerS見ました。


「なのはさんでいいよ。みんなそう呼ぶから」


今回の名台詞はこれにつきるでしょう。ついに「なのはさん」の呼び名が本人によって正式に認定されてしまいました。ここに到るまでになのはさんがどれだけの伝説を築き上げてきたのか容易に想像できます(ガクブル)。

ちゃんとした感想に移りましょう。
今回はスバルとティアナが昇格試験で奮闘する様子が描かれました。どちらかというとスバルがメイン。たぶん彼女を中心に物語が回っていくということなのかもしれません。スバルはとにかくあの血管がブチ切れんばかりの絶叫につきます。あれを聞いて確信しました。斎藤千和ならきっと、若本や勇者王とのガチバトルでも互角に戦えると。ティアナについては今後語られることもあるでしょうから、それに期待。でもオヤシロさまモード発動だけは勘弁してほしい(ないだろうけど)。あれはマジでこわい…。

あと、ロリインフォースことリインフォースII(ツヴァイ)かわいいよリインフォースII。

第1話は熱い場面が随所に見られ、無理してリアルタイム鑑賞した甲斐のあった回でした。でももう当分なのはのリアルタイム鑑賞はやめにしようと思います。体がもたない…orz

なので次週以降は、録画したのを翌朝に見るという風にしていこうと思います。最後マテ楽しませてくれますように。「名前を呼んで」「名前をあげる」につづく名シーンも期待してますよ。


あ、そうだ!新デバイスの声マダー!?




4月3日

米のアニメ・マンガ関連の販売サイトRight Stufで月に2回配信されているウェブラジオ「Anime Today」。その最新版(Episode 37)で、英語版のルークとヤンの声を一足早く聴くことができます。これはちゃんと聞き取れました。


I'm Luke,
And I'm Jan,
...and we are the Valentine Brothers from Hellsing Ultimate!
It's gonna be a XXXXXXX awesome show, Bro!
Oh, do shut up and say the promo.
You're listening to Anime Today!
Very good! Now let's go kill Alucard.


この直後に流れ始めるOP曲が「R.O.D the TV」の神保町のテーマ曲で、これがまたルークとヤン(ただし単行本の巻末に出てくる方の)に妙にハマってるように聞こえておかしかったです。


なーんてこと書いてたら、アマゾンからHELLSING3巻が届いてしまいました。どうしよー見れねーじゃんかよー今からなのはが始まる時間まで寝るのにー。


-----

日(つまり今日)の朝が早かったというのに、結局エル・カザド第1話をリアルタイムで見てしまいました。

MADLAX第1話のような強烈なインパクトこそなかったものの、望んでいた「お約束」はひと通り出てきたのでまあ満足。今回のガンマン(というか賞金稼ぎ)の娘はさすがに常人だったようですが、それでも実戦で敵の銃を狙い撃ちするのってけっこうすごいことのような気が。常人でないのは賞金首の女の子の方で、この子が作品タイトルでいうところの「BRUJA(魔女)」ということなのでしょう。

そして、第1話最大の見所として期待していた挿入歌。これは…スペイン語でいいのかな?スペイン語歌謡としてはなんか足りない気がする。けれど真下作品の挿入歌としては十分及第点




4月2日

あ、今年もネットが最も活気づく1日「エイプリルフール」が終了したわけですが、楽しめましたかみなさーん!
今年は私もちょっとだけがんばってみたんですが…、やばい
人をだまして悔しがらせるのがこれほどの快感だとは知りませんでした(笑)。

>騙されて悔しいのでa classified informationは間違いじゃね?とつっこんでみる
最高の褒め言葉「騙された」「悔しい」をありがとうございます(笑)。間違いに関してですが、ごめんなさい、素でわかりませんでしたので(言葉の間違い?それとも情報公開してるのに禁則事項も何もないってことでしょうか?)、気が向いたらで構いませんので修正例を送っていただけると助かります。

>四月馬鹿ネタをしてるサイトさんを探して巡回してたにも関わらず素でダマされましたよ……ッ
ネットのエイプリルフール祭を楽しんでる人さえもだませたことを、とても誇らしく思います。

>や、やられた〜。英文があるので疑わなかったです。
英文は、ほとんどアニメ・マンガ・ゲーム関連でしか培ってない知識をフル動員して書きました(笑)。なのでところどころおかしいところがあるかもしれません。

14:01 >しくへっどです。すごいですよね! 今度は北米版の収録に参加ですか! インタビューの際にその声質を
14:03 >評価されたのかな? 北米版ということは英語での台詞収録ですから、それだけ完璧ってことでしょうし。
14:04 > 配役などが決定されましたら、うちの方でも宣伝しますね。収録現場のレポも期待してます♪
14:09 >……って、実は一瞬かなり信じてしまいました。向こうとのコネも既におありですから……。

web拍手解析ページではメッセージが書き込まれた時間が表示されるのですが、最後のメッセージだけ微妙に間が空いているを見逃しませんでした(笑)。単純に書き込みに時間がかかっただけかもしれませんが。今回の件で、いいウソのつきかたというのを覚えられたような気がします。

騙された皆さん、お楽しみいただけましたでしょうか。メッセージを下さった皆さん、ありがとうございました。お陰様でいい感じに経験値をゲットできましたし、モチベーションもさらに上がりました(笑)。もし腹が立ったという方がいらっしゃいましたらごめんなさい。

なお、ASOS Brigade情報ページにあるうそ告知のページは、アメリカ西海岸の地域で2日の午前0時を過ぎたらなるべく早めに「表面上」消去する予定です。


-----


>informationは不可算名詞として使うのが普通だと思うのですが。
英英辞典で確認したところ「ある物事についての事実・詳細の『集合』」という意味のようですね。つまり個々の事実等を指す言葉ではなく、水や肉・砂糖みたいに一部分を切り取ることで手にとって扱えるもの、という概念なんですね。これは気づきませんでした。ご指摘ありがとうございます。


といえば、新作アニメ大量放送開始の季節。今年も鬼のように新作が放送されるようです。

その中で自分がこれだけは(少なくともしばらくの間は)チェックしていこうと思っているものを、ふたつだけですが書き出してみます。


魔法少女リリカルなのはStrikerS
自分的に1週たりとも見逃せないタイトル。登場人物は雌ばっかりなのにストーリー展開は雄度が高すぎるなのはシリーズ。新キャラ・新デバイスの活躍を想像しただけで脳内物質が分泌されまくりです。残念なのは、放送時間が遅すぎるのでリアルタイム鑑賞はかなり厳しいということ。それでも、早めに仮眠を取るか朝に見るという手段が残ってますが。

エル・カザド
「EL CAZADOR DE LA BRUJA」はスペイン語で、わかりやすい表現に直すと「ウィッチハンター」(…でいいはず)。どうやらMADLAXの流れをくむファンタジーガンアクションという認識でよさそうな感じ。真下監督+Fiction Junction YUUKAとくれば、期待するものはひとつしかありません。極端に言えば、おそらくこの作品の評価はその8割が第1話、残りの2割がキャラクターの美しい生き様や死に様、そして結末に左右されることになるでしょう。


-----

ういえば、ヤングアニマル最新号(先々週の金曜日発売分)のキミキス。
ストーリーとか明日夏ターンとの仲の進展よりも、地味子こと結美のかわいそぶりが衝撃的に強烈でしたよ。それがどう評されるかという意味でも、次回の「キミキスチューニングポップ」が楽しみです。


-----

、Fate/Zeroってもう発売されてたんですね。先月末発売のマリみてとかハルヒとか、ノベルの新刊が凄い勢いで集中してますね。近いうちにアキバに行かなければ。




4月1日

んかすごいニュースをいくつか見つけたんですけど!


JAPAN TIMESより「忠犬ハチ公の消失」
特にハチ公に強い思い入れのない自分ですが、これは許せない…。

十勝地方の地域ソーシャルサイト「マイとかち.jp」が画期的名称変更
BRAINSTORMさんより。とかち始まりすぎ。

エロゲーメーカーOverflow海外進出 外国語字幕つき体験版配布
今まで英語版エロゲの販売がなかったわけではないですが、本家がここまで本腰を入れるのは初めてでは。(情報元:楽画喜堂さん)


ネットのどこもかしこも妙に活気づくこの日を、私はとても気に入ってます。

ほかにも大ニュースがたくさんあったみたいですが、とてもここでは紹介しきれません。ゴルゴ31さんが徹底して取りあげているみたいなので。興味のある方はそちらをぜひご覧ください(今日も残りあと4時間切りましたが)。

※エイプリルフールは過ぎましたが、リンクは残しておきます。






トップページへ