2月10日、「HELLSING」OVA、発売。
製品(DVD)をよこせ、制作者(スタッフ)。



2006年 1月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2002年 1月 2月(欠番) 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2001年 7月 8月 9月 10月 11月 12月


トップページへ



2月27日

まりに早い届け物。



YOU'RE BEYOND PATHETIC...
(哀れすぎるぜ…)
I'VE GOT NOTHING LEFT TO SAY TO YOU.
(お前にはもう何も言うことはねえ)

NOTHING
LEFT TO SAY,
EXCEPT...

(ただひとつを除いてな…)

ORA ORA ORA ORA ORA ORA ORRAAAH!


というわけで、アマゾンには3月中頃発売予定と書いてあった英語版のジョジョ3巻&DEATH NOTE4巻が到 着。

…そろそろ、マンガを購入するペースが熟読のペースに追いつかなくなってきている予感が。




2月26日

曜日に買ってきた「東方文花帖」を軽くプレイ。
こういう「1プレイを短時間で終わらせられる」ゲームは、最近ゲームに割ける時間がどんどん減ってきている自分にとってはたいへんありがたいです。すぐ終わる分けっこう難しいですが。


-----

ンクをいろいろたどってると、台湾版「ネギま」の翻訳をされている方のblog十兵衛の呟きじゃあ!にて、「ネギま」マガジン最新号掲載分での「木乃香のアーティファクト」に関する疑問が書かれていました。そして作者の赤松さんに直接メールで質問されたそうです。

この、「内容に関する疑問は作者に質問して解決する」という行為は、翻訳という作業において非常に重要なことだと思っているのですが、私自身が今までいろいろな翻訳マンガを見てきた中では、ここまでして翻訳の正確性を求めている例はかなり少ないように思います(作者に問い合わせることが困難ということも理由としてあるのでしょう)。たいていの作品では、特殊用語や造語を理解不十分な状態で翻訳したり、外国人が文脈を読みとりにくいような文(主語のない文など)を誤解したまま翻訳するといったケースが多く見られます。後者の場合、普通は誤解していることに気づかないのでより厄介ですが。外国人にとって日本語がいかに異質で難しい言語なのかを垣間見ることができる一例といえるでしょうか。




2月25日

「徒歩一分」のマリみては百合ではない
もっと凄烈な何かだ

(書かれてるURLにあるzipファイルを解凍してお読み下さい)

のうは某スレで、マブラヴオルタに関するシグルイネタを読みながら笑い転げておりました。

きょうは特に何もなくごろ寝。


ネギまレビュー、どういう方向で攻めていこうかなぁ。
あ、そうだ。今週のマガジン買っとこうかどうしようか。




2月23日

ランス語版シグルイ紹介ページ完成しました。

フランス語翻訳の紹介がメインですので、画像は少ないです。
ページの見栄えはわりと貧相だと思います。

それでも見てみたいと思われた方はこちらからどうぞ




2月21日

わー、マジでビックリ。

いつものようにだらーっとAnime on DVDを見てていきなり「北米版『君望』発売決定」のニュースを目にしたら、そりゃビビりますわ。

第1巻が発売予定の今年10月を楽しみにしましょう。

北米版「君が望む永遠」"Rumbling Hearts"公式サイトプレオープン中。


…この調子で「AIR」とか「リリカルなのは」シリーズも北米版リリースしてくれーーー
HELLSINGはほぼ100%出るだろうから心配してません(笑)。


-----

うひとつ、プチビックリなネタ。

ULTIMO SPALPEENさんの情報によると、

「北米版アニメキャラ最萌トーナメント」が絶賛開催中の模様です。

1対1の対戦方式ってとこまで同じなところに笑ってしまいました。
さりげなく桃瀬くるみが初戦突破してるのを見てさらに微笑。去年アニメで出てきたばっかのキャラなのにやるな。

とりあえず、成り行きを温かく見守ることにしましょう。




2月18日

日連続でアキバへ。

チャンピオンレッド、アワーズ増刊、Gファンタジー、マンガ版リリカルなのは、苺ましまろ4巻。コスト量よりも物理的な量の方がすごい。


それはそうと。
今月のシグルイは、ファンならチャンピオンレッドを買ってでも即刻読むべきと言える一編でした。
何も語りません。ただ、読むべし。




2月15日

日「カトゆー家断絶」にて紹介されていた、「言語萌え」は可能かという記事について思ったことをつらつらと。


※以下、ろくに検証も推敲もしていない文章を長々と書き連ねてますので、読まれたくない方はここをクリックして読み飛ばしてください。


まずこの記事を読んで最初に連想したのが、2月10日配信分の君のぞらじおです。前半の23分すぎに吉住梢さんが発した言葉は、まさしく言葉の間違いが萌えを誘発した典型例といえます。

しかし、これはあくまで「一時的な言い間違い」であるにもかかわらず、明らかに萌えです。さらに言うなら、言い間違いが必ずしも萌えを呼ぶわけではないということは、「全く魅力のない人や完全無欠すぎる人が萌え台詞を言う」さまを頭に思い描けば容易に理解できると思います。

このアクシデントで「萌え」が巻き起こった要因を簡単に分析するなら、まず吉住さんの言い間違いが「可愛らしさ」を有するものであったこと、そしてその言い間違いが吉住さんの「可愛らしい一面」という萌えイメージを強烈に増幅させた――といったところでしょうか。

つまり、萌え要素そのものが人を萌えさせるのではなく、キャラクター(人格)の内包している「可愛らしさ=幼さ・未成熟さの主張(何かを求めることで充足したいと願う心、成熟途上段階であることの示唆)」が、そのキャラクターからの言動により第三者のイメージ内で増幅されたとき、「萌え」という現象が発するのです。たとえ年上の人であっても、その人の外見・言動から少しでも「幼さ・あどけなさ」や「未成熟さ」「充足を求める気持ち」を象徴する信号をキャッチできれば、その人は萌えキャラたりうるのです。

「萌え」という言葉が使われるようになったいきさつには諸説ありますが、「萌える」は元来「芽が出る」という意味。幼く未成熟で汚れのない葉が生まれ出る様子を魅力的な人間(特に女性)に喩えるのは、たとえ結果論であるとしてもまったく自然なことだと言えるでしょう。

そしてこれも重要なことだと思うのですが、萌えは「ファンタジー」でなくてはいけません。少なくとも「ファンタジー=非日常」的な魅力でなくてはいけません。アイドルにコンサート会場でラブコールを送るのは「萌え」の範疇になりえますが、アイドルに個人的な交際を申し込むのは萌えではありません。萌えの対象となる人物が現実の人間である場合、萌え対象の現実の生活に干渉することはあってはならないのです。しかし一方で、たとえば、彼氏にメイド服を着せられた彼女は彼氏にとって「萌え」となりえます。これが成り立つのは、彼氏と彼女の間に「メイドさん『ごっこ』をする=一時的にファンタジー空間の住人となる」という相互理解がなされているからです。どの程度までの行為が「ごっこ」なのかはそのふたり次第ですが、「ごっこ」が「ごっこ」とみなされなくなったり「ごっこ」に楽しみが感じられなくなった時点で「萌え」は消滅します。「何気ない仕草や言い回し」が萌えとなるケースも、その仕草や言い回しに含まれた可愛らしさが「絵に描いたように理想的なもの」であること、すなわち「理想的すぎて現実性が希薄になる、あるいは(汚れた)現実を忘れさせてくれる」ような可愛らしさである故に起こりうるのです。(ただ、オタクコミュニティーの中では現実世界の萌えを否定する声も多数あります。己の弱さに負けてたやすく悪徳に身を染め他者を傷つけるような人間が目立つ現実世界はそれそのものが汚れの象徴であり、心酔するに値する真の純真無垢はファンタジー・フィクションの中にしか存在しないと考えられているからです。)


次に「萌え言語」について。

まず萌え文化というのは、有史以来人類が営々と築き上げ発展させてきた視覚文化(絵画・彫刻・服飾・美容など)や言語文化(小説・詩・歌・演劇など)を、それらの最新表現形態の一種であるマンガ・アニメ・ゲームの世界の上で、あるいはそれらフィクション世界の文化・概念・思想が容認されうる現実世界内の共同体において、先鋭的・急進的に発達していった文化のことを指す――というのが私の定義です。先鋭的なものなので、ついてこれない人が大多数なのは当たり前。まあそれはいいとして。

日本語の「言語萌え要素」に関しては、表層的な部分に絞っても、

・助詞と助動詞(訛りなどによる変化形も含む)の組み合わせによって作られた語尾
「〜だよ」「〜です」「〜ですわ」「〜なのさ」「〜でありますよ」「〜なのだ」などなど。

・感動詞を半ば強引に多様化させて作った口癖
「うぐぅ」「あうぅ」「はうー」はいずれも「ううん」からの派生。

・自分そして他人の呼び方のバリエーション
「私(わたし)」「私(わたくし)」「あたし」「ボク」「わらわ」、「あなた」「あんた」「キミ」、「〜君」「〜さん」「〜ちゃん」「ご主人様」、呼び捨て、あだ名、etc. etc.

・文法的間違いのアイデンティティ化
「活用語の終止形+です」が代表例。ただし、萌えとして受容されうる文法的間違いの範囲はかなり狭い。度を超えた間違いを口癖としても色モノキャラにしかならない。

・恥じらいに起因する本心の秘匿
いわゆる「ツンデレ」や恥ずかしがり屋がこれ。言動からほんの少しだけ本心がかいま見えるところがポイント。ただし度がすぎると不快感が増すだけになる諸刃の剣。

ぱっと考えただけでこれだけ出てきます。これらを含めた様々な要因がキャラクター(人物)と複雑に絡み合った先に「言語萌え」があるのです。

気をつけないといけないのは、萌え要素はそれを発するキャラクター(人物)のもつ萌えベクトルと合致しないと効果がなく、ヘタをすれば逆効果にさえなりうること。可愛らしさのない人が萌え台詞を言っても全く萌えません。

もうおわかりかと思いますが、言語萌えはなにも一朝一夕でできたものではなく、また一朝一夕で理解・体得できるものでもありません(その前に「理解・体得したい」と思えるのかどうかという問題がありますが)。視覚的萌え以外の発達が遅れているのではなく、ただ単に非オタク層に知られていない・理解されていないだけ。言語の萌えを理解することは、少なくとも一般的な慣用句が持つ意味の細やかなニュアンスを体得するのと同じくらい難しいことだと思います。


「萌え文化を言語学習に適用する」の意味がいまひとつはっきりイメージできませんが、仮に「萌え要素を外国語習得のために役立てる」という意味だとするなら、そのために必要なものはみっつ。まず何よりも学習者と指導者が「萌え」をきちんと理解できていること。少なくともオタクをして「一理ある」とうなずかせる程度の理解度でなくてなりません。ふたつめは、指導者側が、学習者の母国語と学習対象言語の両方にかなり精通していること。それから、どうにかしてがんばること。そうすることで初めて、日本語的萌え要素の意味合いを最大限保った状態で外国語に変換することが可能となるでしょう。このとき、たとえ翻訳しにくい表現があったとしても極力外国語に直す方がいいでしょう。言葉を翻訳する以上に「萌え」を翻訳する必要があるからには、外国人にとっても「魅力的な表現だ」と思えるものでなければ全く意味を成しませんから。

…これって、えらいハードルが高いと思うのですけど。だって、「愛らしさを感じるような外国語表現」ってそもそも思いつきます?上で例示したパターンによってほぼ無限に変化しうる心情表現や言葉の響きを、少なくとも半分以上の割合で外国語に変換することはできますか?それができる方はまちがいなく一流の外国語講師になれます。どうかオタク外国語学習者を高みに導いてくださいお願いします。

どこの国にも「愛情」という気持ちがある以上、萌えな言葉を一定の範囲内で翻訳することは可能でしょう。しかしながら、「萌え」の感情は日本のさまざまな言語感覚、文化的産物や社会的観念などが下地となって生まれたもの。それを全く異なる文化圏の言語に100%変換しきることは不可能と言っていいでしょう。これは、「萌え」の概念に対してのみならず、「翻訳」という作業において常につきまとう問題ではありますけれども。それでも、100%に少しでも近づけるための悪あがきはどんどんやってみる価値があると思います。

私がいま思いつく限りで最も効果的な「萌え外国語学習法」は、やはり、外国語に翻訳されたマンガを手に入れ、それを日本語版の原典と読み比べながらあれやこれやと考察することですね。もっともこの方法だって最上とは言えません。原典において魅力的な言葉を外国語に正確に翻訳しても、それがそのまま外国人の心をもつかむとは限りませんから(たとえば、ARIAの作品内で頻出するらしい「はずかしいセリフ」は、英語版ARIAでも英語文化圏で育った読者にとっての「はずかしいセリフ」となっているのか、など)。こればかりは私独りではどうにも知りようがありません。外国のマンガファンに尋ねて議論を重ねるしかないように思います。


最後に「もえたん」について。
「もえたん」が売れたのは、萌え要素以上に、オタク関連のネタ・知識が学習促進のためのエッセンスとして効果的に活用された(のをオタクが好意的に受け止めた)からだと思われます。萌えイラストで客を釣ろうとしただけの本ならここまで売れなかったはずです。「moetan II」の反響が(少なくともネット上で)あまり広がらなかったのは、おそらくその本で書かれていた英文ストーリーが悲劇であったからでしょう。バカみたいに楽しいストーリーだったなら、もっと人気が出たかもしれません。


―まとめ―

・「萌え」は「可愛らしさ」「未成熟さ」「汚れのなさ」の象徴である(と思う)
・「萌え」は現実世界から精神的に隔離されていなければならない(と思う)
・萌え表現の外国語化は極めて困難。しかしそれでも戦わねばならない時もある。


以上、思ったことを書き殴っただけなので、間違いや認識不足な点、それからとっくに語り尽くされた話など多々あると思いますが何卒ご容赦いただければ幸いです。


(以上)




2月12日

しとらさんに買ってもらった物を受け取りにアキバへ。
手に入れたものは――



On n'entreprend rien de grand quand on a toute sa raison.
正気にては  大業ならず

La voie du guerrier est celle de l'acharnement.
武士道は  シグルイなり。



そう。フランス語版「シグルイ」第1巻が手に入ったのです。

ざっと読んだんですが、いろいろと興味深い内容でした。後日必ず詳しめに紹介いたします。今回はその予告編ということで。

ていうか帰宅後ずっとコミケの申込書書いてたので今日のところはこれにてご勘弁を。


※acharnementは「執拗さ」といった意味。猟犬が獲物に襲いかかるかのような激しさを示す言葉のようです。




2月9日

HELLSING OVAをフライングゲット。


…できませんでした。


なーんてことになったらどうしようと思いましたが無事ゲットできました


オリジナルのセリフもところどころに入ってますけど、今回は原作のセリフを脚本でとことん忠実に再現してますね。1巻P96の、手書きでいまひとつわかりにくい英語の台詞まで再現するとは予想外でした。アーカード髪のいいかげんさも原作通り(笑)


若本アンデルセンの声に、死ぬほど痺れる瞬間もあればイマイチと感じてしまうときもあったり。
その起伏の幅が大きい気がします。あーなんかオレすっごい罰当たりなこと言ってる。


そして、いちばんおいしいところを持ってったのは「あの人\」。これはお美事。文句のつけよう無し。


全体的な感想は、「これで満足するわけにはいかない出来」
もっと。もっと伸びる余地はあるはずと信じさせてほしい。


コメンタリも一度は聴く価値あり。
「インテグラはこんな喋り方しません」にはマジで震えました。つくづく極上のキャストに恵まれた作品ですよね、ヘルシングって。負けるなスタッフ。絶対に。


-----

〜。♪♪〜〜♪。

やばい。この喜び、クセになりそう。




2月8日(Part 3)

先日、イタリア語版ジョジョを買ったときに「プラスアルファで或る物を買った」みたいなことを書きましたが、その「或る物」について拙いながらもひとまとまりついたので、ここにご紹介いたします。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


イタリア語版「GUNSLINGER GIRL」第1巻 翻訳紹介

イタリア版タイトル: GUNSLINGER GIRL volume 1
作: Yu Aida(相田 裕)
イタリア語版出版: Shin Vision
翻訳: Motoko Iwasaki


0.はじめに

イタリア語版と日本語版オリジナル(以下「原典」あるいは「日本語版」)の単行本を比較・検証することがありますが、原典は2004年10月30日発行の第17版を、イタリア語版は2004年12月発行の初版第3刷を指すものとします。

また、私はイタリア語に関しては英語以上に無知であるため、ここでは基本的に表面的な部分の紹介やイタリア語の初歩的な解説を行うにとどめています。日本語訳を付記している箇所もありますが、訳の正確性は保証しません。ディープな解説までは期待しないでいただけると幸いです。


1.外観

表紙カバーがついています。表表紙のイラストは原典と同じ。裏表紙にはケースを持った少女のシルエットがかかれており(原典の裏表紙にはない)、その左下隅に

Consigliato a un pubblico maturo
(成年読者向け)

と書かれています。
"pubblico maturo"を「成年読者」と訳しましたが、法的な成年(たとえば日本の場合は20歳以上)のことかどうかは不明です。おそらく「心身が成熟した人」という程度の意味だと思われますが。

中表紙および本編最後のページの次にあるイラストは原典と同じ。

中表紙の裏にある目次ページにかなり違いが見られます。背景の絵が違うというのもひとつですが、それ以上に目を引くのが各エピソードの項目で使われているカットの違い。元になっている絵こそ同じですが、第1話、第2話、第5話は原典のものより若干拡大率が高く、第3話の分はトリエラの顔が写るところにまでカット枠の位置が引き上げられています。第4話のカットは、原典ではエルザの顔が隠れているのに対して、イタリア語版では顔全体がはっきりと写されています。

原典では目次の次のページから本編に入るのですが、イタリア語版では本編に入る前に注意書きがつけ加えられていました。以下はその内容と大意です。


ATTENZIONE

Questa opera artistica
è frutto della fantasia e della
creatività del suo autore.
Essa rappresenta un adattamento
in lingua italiana della edizione
originale giapponese.
Eventuali riferimenti a persone,
cose o ad avvenimenti reali sono
da ritenersi puramente casuali.

Ricordiamo che, a causa dei suoi
contenuti, l'opera è
destinata ad un pubblico maturo.

注意
この作品は著者の創作および空想によって作られたものです。
本書は日本語の原典をイタリア語で編集してあります。
現実の人物、物、出来事との関連性があったとしても、それは全くの偶然によるものです。
なお内容の性質上、この作品は成年読者を対象としております

まあ、これぐらいは明記しておかないとね。内容が内容なので。


2.印刷

カラーページの見栄えは日本語版と区別がつかないくらい良いです。翻ってモノクロページは、紙質の悪さと細かいトーンがつぶれたりモアレが生じるような印刷状態とが相まって、あまりいい見栄えとはいえません。


3.翻訳

a.目次

EPISODIO 1 OSSERVAZIONI ASTRONOMICHE
EPISODIO 2 LOVE THY NEIGHBOR
EPISODIO 3 THE SNOW WHITE
EPISODIO 4 LA MORTE DI ELSA DE SICA (PARTE PRIMA)
EPISODIO 5 LA MORTE DI ELSA DE SICA (PARTE SECONDA)

原典で英語のタイトルになっているところは、イタリア語版でも英語のままになっています。

b.本編

本編中のセリフです。イタリア語訳とその意味を併記しています。


P28

Signor Josè, lei sa davvero tente cose...
(ジョゼさんてほんとにたくさんのことを知ってるんですね。)

「ジョゼさん」は"Signor Josè"となっていました。欧米では「敬称+姓」か「名前を呼び捨て」にするのが一般的ですが、ここでは原典に準拠した呼び方になっています。

どういう綴りになるのか気になっていた登場人物、それからカタカナ表記と多少異なっていた名前を下に挙げておきます。

ジョゼ → Josè
ジャン → Jean
ヒルシャー → Hilscher
エルザ・デ・シーカ → Elsa De Sica
エレノラ → Eleonora

あくまで一般的な話ですが、ジョゼはポルトガル系の名前ジャンはフランス、ヒルシャーは作中にある通りドイツ系のようです。Eleonoraは「エレオノーラ」という読みでいいのだろうか?

そういえば名前ついでで思い出したことが。「リコ(Rico)」が本来男の名前だと言うことは1巻で言及されている通りです。人名に限らず、"o"で終わる名詞はたいてい男性名詞です。逆に"a"で終わる名詞は女性名詞が多いです。それを踏まえると、「フェッロ(Ferro)」という名前も相当男っぽいと思うんですがどうでしょう。しかも普通名詞の"ferro"って「鉄」の意味だし(ferroが女性名詞という可能性も考えたのですが、男性名詞でした…)。


P26

Ascolta, per lavorare bisogna tenere a mente molte cose.
(いいかい、仕事をするにはたくさんのことを頭に入れなければいけない。)

Un buon lavoro è il risultato di una serie di azioni sempilici, ma precise.
(良い仕事とは、単純かつ正確な作業を続けた結果のことだ。)

2番目の文の中に、外見と意味が英語とよく似ている単語がいくつもある点にお気づきでしょうか。
いくつあるか探してみましょう。
(答)↓
lavoro(=lavor「仕事」), risultato(=result「結果」), serie(=series「連続」), azione(=action「行動」), semplici(=simple「単純な」、単数形はsemplice), precise(=precise「正確な」、単数形はpreciso/precisa)(ここまでが答)

"Ascolta.(相手によって"Ascolti."や"Ascoltate."などと使い分ける)"は、英語の"Listen,"と同様、相手の注意を引くために使われる呼びかけの言葉。


P45-46

Ognuna di noi è sotto la responsabilità di un adulto dell'Ente Pubblico.
(私たちにはそれぞれ、公社の大人がひとり監督についている。)

Siccome tra esercitazioni e lavoro effettivo passiamo gran parte del tempo insieme...
(訓練や正規の仕事の間、大部分の時間を一緒に過ごすので、)

...veniamo definiti "Fratelli".
(「兄弟」と呼ばれている。)

"fratelli"は"fratello"の複数形。つまり"fratello"は本来単数形で兄または弟の意味。兄(弟)と区別するときにはfratello maggiore(minore)、あるいはfratellone(fratellino)と言うのだそうで。なお、同じページで「妹」のことは"sorellina"と表現しています(姉または妹=sorella、複数形はsorelle)。


P70-71

Ecco...
(えっと…、)

Cosa si deve dire in un momento simile...
(こんなとき何て言うんだっけ…。)

Ah... Ma certo...
(ああ…、そうか…。)

Mi dispiace.
(ごめんね。)

"Mi dispiace."は謝るときの表現。「ちょっとすみません」「失礼」と軽めに声をかけるときは"Scusi."(親しい人には"Scusa.")と言います。


P72

L'Ente Pubblico per il Benessere Sociale... Mi piace la vita in questo posto...
(社会福祉公社…、この場所での生活を私は気に入っている。)

「私は〜が好きだ(私は〜を気に入っている)」という表現を、イタリア語では"Mi piace 〜."あるいは"〜 mi piace."と表現します。直訳すると「〜が私に好感を抱かせる」といったところでしょうか。「私」ではなく「〜」の部分が主語になっているんです。さきほどの"Mi dispiace."もこれとまったく同じ形の表現です。「私」を主語にするような文化圏の人間にしてみれば、こういった表現は不思議な魅力をもったものとして映るかもしれません。言葉って不思議なものです。


P80

Cucciolo... Brontolo...

...Eolo... Pisolo...

...Gongolo... e Mammolo...

Fra poco ci saranno tutti i sette nani!
(もうすぐ小人が七人そろうね。)

ディズニー映画「白雪姫」で、七人の小人(ドワーフ)にはそれぞれ"Dopey(おとぼけ), Grumpy(おこりんぼ), Sneezy(くしゃみ), Sleepy(ねぼすけ), Bashful(てれすけ), Happy(ごきげん), Doc(先生)"という名前がついています(作品内のセリフで登場した順番(Docを除く)、カッコ内は日本語版での名前)。全部イタリア語の名前になってますね。

グリム童話「白雪姫」オリジナルストーリー(リンク先は英語訳)では、小人に名前がついていないそうです。小人の名前は、ディズニーが映画化する際、小人に性格づけをするためにつけられたのでしょうね。


P127

L'educazione che un corpo artificiale riceve dipende dal singolo arbitrio di ogni responsabile, ma...
(義体が受ける教育は各担当者独自の判断に任せられているが、)

...per poter lavorare, tutte sono sottoposte a lavaggio del cervello tramite l'utilizzo di farmaci.
(仕事ができるように、全員が薬を使用した洗脳を受けている。)

È ciò che viene chiamato "condizionamento".
(「条件付け」と呼ばれているものだ。)

「義体」は"(il) corpo artificiale"、直訳すると「人造体」。条件付けは"(il) condizionamento(調節、調整、条件設定)"となっています。


P168

...È davvero normale una ragazza che ha un corpo meccanico?
(体が機械の女の子って、本当に普通ですか?)

Io ho una forza assurda... Posso uccidere una persona a mani nude...
(私、すごい力持ちで、素手で人を殺せるんです。)

Verso sangue rosso, ma...
(赤い血は流れるけど…、)

...il dolore scompare subito.
(痛みはすぐに消えるんです。)

Per poter essere utile al Signor Josè...
(ジョゼさんのお役に立つには…、)

...Non posso essere una ragazza normale...
(私は普通の女の子でいちゃだめなんですよ…。)

イタリア語(やスペイン語など)では、人称代名詞が主語としてはっきりと表現されることはあまりありません。動詞の活用を見れば主語の人称と数は一目瞭然なので、主語をわざわざ言う必要がないんですね。それでも時々は上記の例のように、主語の人称代名詞を言い表すことがあります。たいていの場合、それは軽い強調の意味合いであるようです。

d.注釈

イタリア語版にはいくつか注釈がついていました。すべて、該当するコマのすぐ下もしくはそのコマのあるページ最下段の空白に書かれています。


P3

CFS(*)

(*)Chronic Fatigue Syndrome: sindrome da fatica cronica
(慢性疲労症候群)


P27

"È Venere che gira in un'orbita interna rispetto alla Terra(*)."
(あれは地球より内側の軌道を回る金星だ。)

(*)Assieme a Mercurio, Venere viene definito pianeta interno poichè è più vicino al sole rispetto alla Terra.
(地球に比べて太陽に近いため、金星は水星とともに内惑星と呼ばれている。)


P121

"il Greco di Gerace(*)"
(グレコ・ディ・ジェラーチェ)

(*)Celebre vino prodotto in Calabria, nel Comune di Gerace.
(カラブリア地方の都市ジェラーチェで作られる有名なワイン。)

ジェラーチェはイタリア南部の観光地として有名らしいです。長靴の形をした半島の、ちょうど靴底の足指部分にあたる場所に位置する街です。


P146

"SIG(*)"

(*)"SIG" è l'abbreviazione di "SIG Sauer", la pistola semiautomatica usata da Henrietta.
(「SIG」は「SIGザウアー」の略称で、ヘンリエッタが使用するセミオート式拳銃のこと。)

厳密には"SIG Sauer"というのは社名のようです。「SIGザウアー社製の拳銃」ということですね。
ガンスリ解説サイトを訪ねるなり「SIG Sauer」でGoogle検索すればもっと詳しいことが分かるかもしれません。


P165

"Scudo di Perseo(*)"
(ペルセウスの盾)

(*)Invincibile scudo di bronzo che Atena donò a Perseo affinchè questo sconfiggesse la Gorgone Medusa.
(ゴルゴーンのメドゥーサを倒せるようにとアテナがペルセウスに与えた堅い青銅盾。)

原典では「アイギスの楯」と書かれている部分です。これにメドゥーサの首が埋め込まれてできたのがイージスの楯。

e.その他

全体的に読みやすいというか、(主観ですが)上品な感じのするフォントが使われています。原書で日本語のフォントが変わっている部分はイタリア語版でも変えてあります。

擬音などの絵文字はアルファベットに変更されています。


4.全体の感想

そんなわけで、「GUNSLINGER GIRL」第1巻の日本語版およびイタリア語版にひと通り目を通してみました。

実際に読んでみて思ったのですが、作者はきっとイタリアが大好きなんでしょうね。これって実はイタリア観光マンガなんじゃないかってくらい、作品には「美しいイタリア」が詰まっています。キャラクターが(作者によって意図された)歪さに満ちているにもかかわらず思ったほど作品から醜悪さが感じられないのも、きっとそのおかげなのかもしれないと考えています。

イタリア語版は紙質と印刷状態こそ悪いですが、絵柄から醸し出されている空気を壊さないような気遣いが翻訳のフォント選びから見て取ることができます。翻訳自体も、少なくとも要所ではしっかりした出来であるような感じがします。

バカ高い送料に目をつぶってでも買った甲斐はありました。アニメのイタリア語版も同じくShin Vision社から出る予定のようなので、発売されたら買ってみようかなと思っております。イタリアに上手な吹き替え声優がいるのかとか、日本マンガ的造形のキャラがイタリア語で喋ることに違和感が無いかとか不安要素もあるにはありますが。いや、そんな違和感なんて翻訳版マンガやアニメをいくつも買ってる時点で気にかけるべき問題でもないか。「そもそもイタリア語の日常会話を聞き取れるのか」という根本的問題に関しては、気合いでカバーします。もしくは気合いで受け流します(笑)。


以上、イタリア語版「GUNSLINGER GIRL」第1巻の紹介でした。




2月8日(Part 2)

ランス語版ネギま1巻をだいたい読了。

まず最初にチェックしたのは、ネギま屈指の問題ゼリフ(笑)である「パイパン」発言。英語版1巻では思いっきり違うセリフに差し替えられていました(こちらを参照)が、さてフランス語版ではどうなっているのかな〜?

Ça suffisait pas qu'il m'ait vu en slip, il a fallu que ça aille plus loin! Je suis encore si jeune!
(パンツ姿を見られたうえにその先まで見られるはめになるなんてー!私まだこんなに若いのにー!)

もののみごとにぼかされてました(笑)。はっきり書くとなると「パイパン」の説明もつけ加えないといけない上に、そもそも対象読者に子供も含まれるような本でどうやって説明するんだという大問題もあるので、「パイパン」削除はやむをえないといったところでしょうか。ちなみに、フランス版ネギまには英語版のようにレーティング表記がありません。そういう制度自体がないのかもしれません。

英語版7巻では、訳注とともに"PAIPAN"という表記で晴れてお目見えとあいなった「パイパン」。さて、ほかの国の1巻はどうなっているのやら。そして7巻ではどうなる?


もうひとつ、うしとらさんの指摘がきっかけで気づいたネタがあるのですが、これについてはまた後日。
実際に例を見て確認したいことがあるので。




2月8日(Part 1)

ガジン立ち読み。

スクラン。
播磨って、いつから「妙さん」って呼ぶようになったっけ?

ネギまは休載か…。


-----

4月から始まるアニメ「.hack//Roots」。

監督:真下+音楽:梶浦とくれば、「あれ」を期待せずにはいられないわけで。

そう。
MADLAXでもツバサクロニクルでもオレたちを魅せてくれた「あれ」を。
第1話後半、クライマックス突入とともに始まる熱い挿入歌を

OPがFiction Junction YUUKAだったら、挿入歌もそうなる可能性大。
…見る。少なくとも第1話は絶対見る。




2月7日

1月27日の日記(b)の、イタリア語版ジョジョセリフ集に項目を追加。


-----

Fate第5話。

正直に言って、今回が今まででいちばん楽しみにしてたところかもしれません。
具体的に言うと藤ねえブチ切れ→セイバーVSタイガー→タイガー泣きのところが。

士郎VS凛はコミカル要素多めの描かれ方でした。まあこれはこれでありと言っていいのかも。

次回はマスター&サーヴァントがもう一組登場する模様。これから少しずつ盛り上がっていってほしいなー。




2月6日

今週…、いよいよ今週…、「HELLSING」が発売されるんだ…。

めに通わせていただいているサイトのひとつ「Maruto! 泥酔桜国」さんの日記(DIARY 2/5分)で、心のアンテナがピンッと反応した文章が。

(以下引用)
小生、読む小説は洋モノ翻訳物が多いです。何故だと問われると少々困りますが…あの翻訳物の独特なギクシャク感がいいのかもしれません(^^;)。「翻訳物は苦手」という方はこの部分の事なんだろうなぁ…と思います。

(引用ここまで)

あくまで個人的好みによるものですが、自分はこの「ギクシャク感」がどちらかというと苦手な方です。海外生まれの作品とはいえ「日本語で書かれている活字作品」なんだからちゃんと自然な日本語を書いてくれ――そう思うことが、私には往々にしてあります。翻訳が不可能、あるいは極めて困難な表現が存在することはもちろん知っていますが、そんなものは作品全体のほんの一部でしかないケースがほとんどなわけで。原文中の単語をすべて直訳して作ったと一発で見抜けるような文を見ると、多かれ少なかれがっかりな気分にもなります。翻訳とは、外国語の理解力と同じくらい「自国語の熟練度」を問われる作業なのだと、私は強く思うのです。

…と、ここまで書いてふと別の考えが頭に湧き起こりました。

「これは日本産作品(マンガ、小説、etc.)の翻訳版でも起こりうる問題なのではないか」と。

たとえば、日本語から翻訳された英語のマンガがあったとします。その作品の翻訳が日本語の原文に忠実なものであったとしても、英米人読者に「オレらはこんな物言いしねーよ!もっと英語らしい表現にしやがれ!」と思われている部分があるかもしれません。反対に、元の日本語と全く違う表現に変わっているところがあっても、それが「英語らしくない表現を避けるための配慮」である可能性は大いにあるわけです(実際、翻訳を完全放棄せざるをえないようなネタの宝庫として翻訳版「あずまんが大王」という極端な例が存在するわけですし)。まあ、自分は英語その他いくつかの外国語をある程度読めるって程度なので、翻訳本(というか「マンガ」)を読んでも「これはきっと自然な外国語なのだろう」と信じることしかできないわけですが。




2月5日

ッケー、フランス版ネギま&あずまんが大王ゲット。
しかし、これだけネタ満載な本をすぐに消化するのはムリ。あずまんが大王だけでも小冊子が1冊作れそうなくらいのネタがあるのに。

それにしても、外が寒すぎ。何なのあの寒風。




2月5日

ッケー、フランス版ネギま&あずまんが大王ゲット。
しかし、これだけネタ満載な本をすぐに消化するのはムリ。あずまんが大王だけでも小冊子が1冊作れそうなくらいのネタがあるのに。

それにしても、外が寒すぎ。何なのあの寒風。




2月2日

ョジョ英語版2巻に加え、既に届いている「アレ」とかもうすぐ届くと思われる「ソレ」とか読むものが増えて追いつけません。さらには後1週間でHELLSINGが発売でもーーーう!!!

で、きっとその1〜2週間後には「あんなの」まで届いてしまうんだ…。まあネタに困らないって意味では良いことだけど。


-----

っしゃー!某ウェブラジオでネタ採用キターーー!!!

名前が呼ばれたとき、心の中で軽くガッツポーズ。うれしいですよ。
かなり競争率が高そうな番組だけど、これからもちょくちょくメール出していこうっと。
(ちなみにラジオでの名前は「かざみあきら」ではありませんよ。別の名前です。)






トップページへ