Fateファンディスクにほどよく浸る秋の夜長。
休日は昼もやってます。



2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月

2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2002年 1月 2月(欠番) 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2001年 7月 8月 9月 10月 11月 12月


トップページへ



11月30日

週のネギまを読んで不覚にも目頭が熱くなってしまった。
その原因として、先のリリカルなのはA’s第9話が多分に影響しているはず。


-----

ルシングが発売延期になったのは、ある意味ありがたい。けれどまだ問題はある。同じ発売予定日だったTo Heart 2 X-RATEDを買うか否かだ。財政がきついことには変わりなし、コンシューマー版ではシナリオが薄いという評判。ん〜どうしよう。予約は今週で締切だろうし早く決めないと。




11月29日

朝は珍しく朝7時過ぎに起きました(いつもは8時起き)。
理由は

とりあえず、ミィ様の中の人の厚着ディフェンスを物ともしない規格外の乳とか、おばけ屋敷やゴキはダメでもヘビは素手で掴めるコト姉の中の人を見たい方はこちらへ行かれるとよいでしょう。歌はふつうに良かったです。進行役の山寺さんが妙なテンションでした(笑)。

おかげさまで、若干寝不足気味だった脳細胞がかなり活性化した、と思いました。GJ。


-----

りにアキバでMegamiマガジンをフライングゲット。
目当てはもちろん、熱血魔法アクションアニメ(*)「魔法少女リリカルなのはA’s」のドラマというかメッセージCD。

そんでもって、なのはサウンドステージ01も聴き終わりました。はやてチームの仲睦まじさっぷりが泣ける。9話の直前にこのCD発売するなんて何考えてんだー(つД`)




11月28日

リカルなのはの9話のストーリーがすごい展開で、この1週間軽く引きずりそうです。ちゃんと大団円で終わってくれると信じてますよ。頼みますよ…っ。


-----

年2回目くらいの(オレ的には)大散財。

内訳:
Ray'z PREMIUM BOX-BEYOND-
ぱにぽにだっしゅ! 第1巻 (限定版)
魔法少女リリカルなのはA’s SOUND STAGE 01
マンガ版「真月譚 月姫」3巻

いま、レイシリーズBOXを聴いてます、というか聴き終わりました。
詳しいレビューは、サウンドへのこだわりはどこにも負けない電脳御殿さん(2005年11月27日)におまかせするとして、確かに音のメリハリ・深み・広がりが旧盤と比べると段違いです。ていうか、QUARTZ(レイフォース最終面の曲)聴いてて軽くトリップしました。レイフォース最終面をプレイした人ならこの気持ちを分かってくれると信じてます。そしてQ.E.P.D.ではやはり少し目頭が熱くなったり。レイストームも思い入れ深い曲ばっかりなんで、臨場感たっぷりのサウンドにどっぷり浸りながら聴くことができました。クライシスとかDVDはまた後日。ほかの作品の視聴も後日。なのはSSは早いとこ聴いときたいです。


-----

ルシングのOVA版試写会レポート
カトゆー家断絶より)

上映されたのが未完成版だったのはいいとして(いいんです!)、収録時間が50分に延びた発売日も延びたという重要情報が。いいことじゃあないですか。より高い完成度の作品を見られるのならちょっとやそっとの発売日延期などどうってことないですよ(某オルタみたいになるとダメですが)。

少佐の中の人は飛田展男で決定なのかな。
幼アーカード=中田譲治はさすがに厳しいだろ(笑)。




11月23日

日のお仕事の前にアキバへ。
OVA版ヘルシングを(今にしてやっと)予約した後、うしとらさんに会って「吸血大殲III」を受領。

今週は読むものが増えすぎました。




11月22日

、外に出たら、郵便受けにアマゾンからの届け物が入ってました(昨日帰ってきたときにはなかった)。中身は、ようやく届いた英語版ヘルシング7巻。そのまま鞄にぶっこんで仕事へ。行きと帰りの電車内で読み終えましたが、

それから夜には、別に注文していた英語版デスノート2巻とドイツ語版スクラン1巻が到着。あ〜どうしようこんなにたくさん読みきれないよ〜♪と思わずうれしい悲鳴。




11月21日

うやく英語版デスノート2巻の発送通知が来ました(同時注文していた本のせいなんですが)。そして私もようやく英語版デスノート「1巻」のレビューを書き終えることができました。あいかわらず文字ばかりでアレかもしれませんが、よろしければどうぞ。


英語版「DEATH NOTE」第1巻 レビュー

英語版タイトル: DEATH NOTE 1 Boredom
作: Tsugumi Ohba(大場つぐみ)
絵: Takeshi Obata(小畑健)
翻訳: Pookie Rolf
編集: Pancha Diaz
英語版出版: Viz Media
北米での推奨年齢: T+(for OLDER TEEN:16歳以上推奨)


1.外観

ぱっと見で目にとまったのが裏表紙のデザイン。洋書の例に漏れず裏表紙には作品紹介が書かれているのですが、その部分が白地になっていてなおかつその面積が広いせいで、全面黒地である日本版の裏表紙とずいぶん印象が違います。
表紙裏には英語版Shonen Jumpの広告がデスノートのイラストつきで掲載。日本版では表紙カバー折り込み部分に載っていた作者コメントは、英語版では1ページ目に書かれています。
以下、おくづけ→中表紙→目次→本編→おまけ4コマ→次回予告(1ページ)→英語版ジャンプコミックスの案内(4ページ)→Shonen Jump購読の案内+申し込みハガキ→アンケート、と続き、裏表紙裏には英語版マンガお約束の「マンガの読み方」が書かれています。購読案内とアンケートのページにはご丁寧に切り取り用の切り込みがついていました。
本編中にあるデスノートのルールが書かれたページには、日本語も併記されていました。


2.印刷

わずかながら濃いめの印刷ですが、質は概ね良好と言えるでしょう。印刷の濃さが一目で分かる部分は、夜神局長の家族一覧が載っているページ(P131)などですが、あとはほとんど気になりません。


3.翻訳

a.目次

Chapter 1 Boredom(退屈)
Chapter 2 L
Chapter 3 Family(家族)
Chapter 4 Current(電流)
Chapter 5 Eyeballs(眼球)
Chapter 6 Manipulation(操作)
Chapter 7 Target(標的)

b.本編

デスノートの英訳に関しては、英語で!アニメ・マンガ(作中の名台詞を紹介)、Ultimo Spalpeen(英語アニメ・マンガ情報サイトでのレビューを紹介)、S.D.O.L(単行本購入レポート)など、いくつかの日本語サイトでも取り上げられています。そちらのサイトもぜひご覧ください。

P62
生徒:
スーパーマンみたいなのがいっぱい集まったヒーロー戦隊だな
It's gotta be some super-hero brigade, like X-Men or something.

向こうでヒーロー戦隊といえばやはりX-Menですね。

P65
月(Light):
もう「キラ」で検索するだけでこの手のページがごまんとある
All you have to do is google "Kira," and you find tons of sites like this.

ここで注目すべきは、「(ネットで)検索する」という意味の言葉として"google"を使っていること。調べてみたところ、オックスフォードオンライン英英辞典にしっかり載っていました。日本語でも「ぐぐる」とはいいますが、これはあくまで俗語であり、一般的に浸透しているとは言いがたいでしょう。
"tons of 〜"も口語表現の一つ。"ton"は重さの単位「トン」のこと。したがって「すごくたくさんの〜」という意味になることはすぐにおわかりかと思います。

P81
リューク(Ryuk):
そして 見つかった方が死(アウト)…
And whoever is found first, is out. Dead...

日本語における「アウト」は、「外へ・外の」という本来の意味よりはむしろ野球用語の"out"のイメージを念頭において使うケースが圧倒的に多いと思います。果たして英語でも日本語の「アウト」と同じような使い方をする場合があるのか…という疑問に対する答えがこれのようです。

P143
リューク:
ライト… おまえって本当はものすごくプラス思考な人間なのかもしれないな…
Light...I think you might actually be a real positive-thinker...

「プラス(マイナス)思考」は英語にはない表現です。つまり、「肯定的な・前向きな」という意味は英語の"plus"には存在しませんし、同様に「否定的・悲観的」という意味も"minus"にはありません。このような意味を持つ英単語は"positive(negative)"になります。英語の"plus"は、「利点、長所」「それに加えて」の意味として口語でしばしば使われます。

P148
リューク(Ryuk):
もちろん そんな事はここまで口の裂けてる俺でも口が裂けても言えない
'Course- and I know I LITERALLY have a big mouth- I'd never tell you what that is.

英語版では、"have a big mouth(「秘密を守れない人である」「自慢話などをよく喋る人だ」という意味の口語表現)"と"literally(文字通り)"を組み合わせて使い「文字通り口が大きい(けれども、口が軽いわけではない)」と言わせることでうまく翻訳しています。余談ですが、単に"big mouth"で「秘密や自慢話などをよく喋る人」となります。

P183
月:
失礼ですが その喋り方 あなた日本人ではないですね?
I don't mean to be rude, but you have a slight accent. You aren't Japanese, are you?

レイ・ペンバー(Raye Pember):
ああ 日系のアメリカ人だが?
No, I'm American. My mother's Japanese, though.

「失礼ですが、〜」に相当する英語が"I don't mean to be rude, but...(失礼なことを言う(する)つもりではないのですが、〜)"というように表向き全く正反対になっている点に注意。日本語に謙譲表現が多いことを示す好例といえます。"I don't mean to be rude, but..."や"I don't mean to offend you, but..."は、差別的とも取れる内容など相手を不快にさせかねない話を切り出すときには不可欠といっていい表現です。
"accent"はこの場合「訛り」の意味。ちなみに"dialect(方言)"は、話し方だけでなく地方独自の言葉も含めた言語的特色を指します。
「〜系の〜人」という表現は日本ではよく耳にします。英語でもそれに相当する言葉はあるようですが、上記のような表現のほうが自然なのでしょうね。

c.特殊用語

「死神」
この作品では、ほとんどの場合"shinigami"とそのままアルファベット化されていまして、それについて説明を加えるときなどに「death god(P19参照)」や「"gods" of a sort(P141参照)」などと表記されています。キリスト教社会では「神」いわゆる"God"は唯一の存在であることから、キリスト教の神以外の存在に対してみだりに"god"と名づけるのは憚られるという話を聞いたことがあります。これはその話を裏付ける一例と言えるかもしれません。


d.日本語版とのセリフの違い

先に「死神」="shinigami"について触れた内容から想像がつくと思いますが、英語版デスノートでは「神」という言葉をそのまま"god"に置き換えることを極力避けています。月のセリフ「僕は新世界の神となる」の英訳にも"god"という言葉はでてきていません(詳細は英語で!アニメ・マンガをご覧ください)。

それ以外では、バスジャック犯が拾ったメモ用紙をライトに投げつけたときのセリフ(P187)が全く変わっています。

日本版:くだらねえっ
英語版:Drop something again, I'll shoot ya!
(今度何か落としたらぶっ殺すぞ!)

作品を根底から揺るがすような変更ではないので個人的には全く気になりません。

e.その他

この本の最重要ポイントは、ライトの身の回りで交わされる「日常会話」とICPO・警視庁などにおける「あらたまった場での会話」の差です。この二通りの表現は他作品でも見られないことはないですが、この作品では(少なくともこの第1巻では)二つの舞台が頻繁に入れ替わるため、どちらの表現も作中にまんべんなく出てきます。
例えば「心臓麻痺」という言葉だけを取り上げても、通常は"heart attack"という言葉が使われているのに対し、ICPO会議では専門的な表現である"cardiac arrest"を使う場面が目立っています。ICPO会議や警視庁の対策本部では、ほかにも格式語や丁寧な表現が随所に見られます。
場所や状況によって話し方を変えるのはどの国の言葉でも同じですので、ちゃんと英語をマスターしたい人はこういった「会話表現の違い」にも注目しておいて損はないと思います。英作文など英語表現を考える際に、あらたまった表現とくだけた表現を両方考えてみるという勉強法もいいかもしれません。


4.総評

ところどころで難しめの単語や表現が出てくるため初心者向けとは言えませんが、高校卒業までに習う英語をひととおり身につけた人ならば、この本を読んで得られるものは決して少なくないはずです。マンガ自体も文句なしに面白いので、英語に抵抗のない方にはぜひお勧めしたい一品です。



結論: 中級者以上の英語学習教材としておすすめ。マンガ作品としても激しくおすすめ。




11月20日

ょうはネギまオンリーイベント「図書館島の休日」に行ってまいりました。
というのも、なんとしてもこの本が欲しかったもので。
志を同じくするうしとらさんの分も買うべくイベント会場へ。

着いてみると、案の定入れ替え制になっていました。手続きの末12時から入場することに。それまでは解散していてほしいとのことだったので、三田線で2駅の巣鴨にあるキャロット(ナムコ直営ゲーセン)で時間つぶし。日曜とはいえ開店直後だったせいかもしれませんが、ほとんど人がいませんでした。テキトーにゲームをやって暇つぶし。

現地に戻り、待って並んで入場。目当てのものが完売になってないかと心配だったのですが全くの杞憂でした。ほどなくミッションコンプリート。アフターイベントまで参加していれば楽しかったのでしょうが、そこまでの体力を用意できなかったので早々に帰宅。

帰ってから、とりあえず赤松健インタビューだけひととおり目を通しましたが、ネギまに関係あることも直接関係ないこともまとめて、かなり濃い内容と言っていいんではないでしょうか。ほかにもなかなか濃そうな文章ネタが多いため、全体を通しての読み応えは十分にあると思われます。じっくりゆっくりと読んでいくつもりです。


-----

曜日のことですが、いろいろとお買い物。

シグルイ5巻の見所。
・三重
・二輪(ふたわ)
・「戯れなれば…」
・牛股師範
原作はいよいよ第二のクライマックスへカウントダウンが始まりました(最初のは伊良子への仕置)。来月が待てねえ。

ぱにぽに8巻オブジイヤー。
南条さん激萌えオブジイヤー!なところだけ居ても立ってもいられずオブジイヤーで思わずほかを差し置いて先に読んでしまったオブジイヤーですよ。
ほんと、「オブジイヤー」って何なのオブジイヤー

試験に出るぱにぽにだっしゅ!
要はアニぽに公式ガイドブックその1。欄外の黒板ネタ解説がかなり充実してます。もえたんの例文ネタ探しにも通じるものがありますね。

で、その黒板ネタの一つ「鳳翼扇ブロッキング」についてうしとらさんのサイトで取りあげられていて気になったので調べてみたところ、件のプレイはアメリカラスベガスで年に一度開催される格闘ゲーム大会「Evolution」2004年大会でのプレイであることが―ビデオを見た人ならすぐに分かることなのですが―判明しております。Evolutionのサイトでそのムービーが紹介されているはず…なのですが、リンクが切れてます。でも大会DVDのページにあるトレーラー("Download the trailer!"と書かれてるとこ)でちゃんとzipファイルで落とせるのでご安心を。
…にしてもあれ、いくら鳳翼扇を単発で出させる状況を作ったとはいえ、実戦でしょ?常人なら、死ぬほどやりこんだ末に「やらせ」でできるかどうかですよ。




11月16日

にぽにだっしゅが、ここにきてさらに新OPを投入してきましたよ!
今度は90年代テクノテイスト全開のビジュアルでオレ大興奮。これは曲よりも映像の方が気に入ったかも。

本編は、最近恒例とも言える、原作では数ページで終わっている話を30分番組1本分までふくらませるパターン。ラクガキやその他諸々のネタはあまりに多すぎて、録画を一時停止したりキャプを見なければ分からないし、それでも全部を把握しきれない。で、そんなネタ(特にラクガキ)とか玲ちゃんノーブラとかの方が気になってエヴァのパロディがあることに気づきませんでした(笑)。エヴァのパロとかパクリ自体今までさんざんあったからねー。CM前と「つづく」の元ネタ(エウレカセブン)は見てないのでわからず(何かのパロだろうということだけはわかりましたが)。ほんと、トリビア大好きなオタクのハートをくすぐりすぎ(笑)。それでいて視聴者へ媚びるのではなく、スタッフたち自身が楽しんでる(というか悪ノリ?)のが画面を通して伝わってくるので、こちらも笑ってみていられるんですよね。気に入らない人ももちろんいるでしょうけれど。

放映開始当初はどちらかいうと心配だったぱにぽにだっしゅですが、今では概ね気持ちよく観賞できています。エロいしね!うそ、いやちょっとホント。でもAA文字の出力は好きじゃないなあ。PC上でしか見られないAA本来の味が損なわれてしまうので。


どーでもいい追記。
見つかったオオサンショウウオ、DNA鑑定で「日本産」
天然記念物だケロ


-----

ねしぺさんにて、英語版アニメこみパにおける大志のセリフが紹介されてました

元から特濃な大志のセリフはさぞ英語栄えするだろうと思ってましたが、テキストを見るとやはり予感的中。しばしテキストに見入っているうちに、以前入手したNewtype USAの付録DVDにアニメこみパの第1話が収録されていたことに気づき、該当箇所のセリフも聞くことができました。想像していたよりはゴテゴテ感の少ない声でしたが、まあ許容範囲内ではないかと思いました。

あー早くAIRとかリリカルなのはとかスクランあたりが英語版DVDで出ないかなー。


-----

っぱり、英語版マンガの中で月姫の紙質と印刷クオリティは圧倒的に低かったんですねぇ。手にとった瞬間まずそれにがっかりして、「ようやくゲットした!」って喜びが半分以上消し飛びましたから。英語版月姫の制作クオリティを見る限りでは、ステルヴィアも回避推奨かな。




11月14日

待たせ…させられた方がいらっしゃるかどうかは分かりませんが、英語版よつばとレビューがようやく完成いたしました。
ではさっそくどうぞー。


英語版「よつばと!」第3巻 レビュー

英語版タイトル: YOTSUBA&! 3
作: Kiyohiko Azuma(あずまきよひこ)
英語版出版: ADV Manga
北米での推奨年齢: ALL(全年齢推奨)
編集: Javier Lopez
翻訳: Amy Forsyth


1.外観

一番気になっていた「巻中カラーのページ」は、英語版でもちゃんとカラーになっていました。
日本語版では奥付ページが洒落たデザインになっていましたが、英語版ではそのデザインがほぼカットされ、その次のページに普通の奥付を載せていました。
それから、今回は訳注のページはなし。本編のところどころに注釈がついていますが、ほとんどは日本語で書かれた看板やラベルなどの解説でした。


2.印刷

ちょっと印刷が荒いかな?という印象を受けました。巻中カラーをカラーのまま再現したのはもちろん良いことではありますが、そのページの印刷が日本版に比べて見劣りしていることは否定できません。


3.翻訳

a.目次

「YOTSUBA & ???」の「???」の部分だけ抜粋しています。
Chapter 15 SOUVENIRS(おみやげ)
Chapter 16 ASAGI(あさぎ)
Chapter 17 FLOWERS(フラワー)
Chapter 18 THE BON FESTIVAL(お盆)
Chapter 19 THE ELEPHANT(ぞう)
Chapter 20 THE FIREWORKS SHOW?(花火大会?)
Chapter 21 THE FIREWORKS SHOW!(花火大会!)

b.本編

P27
よつば:
あさぎ おでかけ おみやげ
Asagi! She's gonna get me a souvenir!

とーちゃん:
…あんましズーズーしいことすんなよ?
Don't be so blatant about it.

よつば:
あーあれか?しってる
あのむずかしい… え……
Ah! I know this!
It's that really hard word! Ta...


…えんりょ?
tact?

とーちゃん:
それそれ(むずかしいか)
Yes, that's it. (THAT'S hard?)

カッコ内はふきだしの外に書かれたセリフ。
日本語版と英語版でおもしろみのベクトルが若干異なっているのが面白いです。
tactは「気配り」といった感じの意味。「指揮棒」を意味するタクトはドイツ語からきた言葉です。

P39
かーちゃん:
それはあさぎが持っていなさい 私には…
五ツ葉を見つけてきてちょうだい
You can keep that one, Asagi. Instead...
I'd like you to find me a FIVE-leaf clover.


「〜してもいい」という意味のcan、それからI'd like to 〜/I'd like you to 〜は、どちらも会話表現としては最重要クラスに位置するように思えます。覚えておきましょう。

P138
(肩たたき券 綾瀬恵那)
(*On coupon: "Shoulder massage coupon - Ena Ayase")

あさぎ:
…こ…こってるねぇー
Wow... But did she need to make it so detailed?!

風香:
肩たたき券だけにこってる
Yeah! The only NEED she should be worried about is kneading his shoulders!

見事です。英語でもちゃんと駄洒落にしてくれました。駄洒落のくだらなさも含めて見事。その駄洒落を引き出すためにあさぎのセリフに凝らした工夫もすばらしい。

P147
ジャンボ:
言えるかバカヤロー!!
As if I could actually say that! Idiot!

この表現は、日本の学校で英語を習っててもまず出てこない表現じゃないでしょうか。as if 〜の基本的な意味は「〜であるかのように」ですが、上の文の場合は「まさか〜するなんて思ってないよな?」「〜するわけないだろう」といった意味になります。

P127
よつば:
こんなにおおきいとジャンボいみねーなー
With something that big, "Jumbo" doesn't even come close!

P179
よつば:
おはな!でっけーおはな!な!?
It's a flower! A big flower! See?!

…おはなやさんいみねーなー
Who needs florists when you can have something like THAT?

前半は象を見たときの、後半は特大打ち上げ花火を見たよつばのひとこと。同じ言葉が必ずしも同じような訳になるとは限らないという一例です。同じような訳にできるならそれにこしたことはないでしょうけれど。

c.訳注

今回は解説のページはありませんでした。そのかわりコマの外に注釈がつけられているページがいくつかありました。その中からいくつかピックアップしてみましょう。

P8
アタック マイクロ粒子
*On box: "'ATTACK' ・ Microparticles."

P120
ふれ愛 モルモット広場
*On sign: "Guinea Pig Petting Area."

P164
納涼 花火大会 八月十七日
*On flag: "Beat the Heat--Fireworks Show. August 17."

P175
残念賞
*On box: "Consolation Prizes."

モルモットを英語で"guinea pig"というのは、恥ずかしながら初めて知りました。じゃあ「モルモット」という言葉は……オランダ語の"marmot"が起源だそうです。
「納涼」の訳にあたる"Beat the Heat"(暑さをぶっとばせ)は簡潔な表現を使いつつ韻も踏んでおり、謳い文句として良い訳だと言えます。

d.誤訳チェック

「花火大会!!」最後のページで、よつばと恵那の会話がかみ合ってません。原因が綾瀬三姉妹(あさぎ・風香・恵那)の名前と顔が訳者の頭の中で一致していないことであるのは、恵那に向かって話しているはずのよつばのセリフが「あさぎと風香に直接話しかけているような訳になっている」ことから明らかです。こういう初歩的かつ大きなミスは英語版よつばと!では初めてではないでしょうか。
正しくは、

よつば:
あさぎとふーかもみてるな!?
Asagi and Fuka are watching this, too, right?!

恵那:
見てるよー
Yeah, they are.

といった感じになるのではないかと思います。

それから、P70にある「ひまわりならよそには負けねー!(ジャンボパパ)」にあたる部分が"Nothing beats a good sunflower."となっていました。意図的に改変したのかな?という気がしなくもないですが、単に訳者が意味を取り違えたのかもしれません。どっちなのかはわかりません。


4.総評

印刷で若干評価を落としているものの、読むのに支障が出るほどではないので許容範囲内と言えるでしょう。翻訳は相変わらず全体的に手堅い出来で、若干ミスがあったものの、最大の関心事であった「駄洒落」シーンでの技ありの翻訳が大きくポイントを稼いだ印象です。語彙レベル・読みやすさも今までどおりなので、他の洋書と比べてはるかに気楽に読めることは間違いないでしょう。


結論:よつばとは、全巻デフォ買いでいいと思いました。




11月13日

こだか忘れましたがとある場所で紹介されていたIQテストなるものをやってみました。
どれも設問中の規則性を理解して解くタイプの問題ですが、かなり難しかったです。正解が示されないので、もう1回やってもよりよい成績が取れるとは限りません。

ちなみに自分は、160点中の121点でした。
上位3%/世界人口 らしいですが、ほんとかー?




11月11日

Fate花札、某隠しキャラでクリア。もちろん宝具と月見花見を封印した上でですが。30回のコンティニューは、むしろよくできた方だと思っておくことにします。




11月10日

「Zガンダム劇場版 恋人たち」を観に行ってきました.。

今回は、最初に新作画がしばらく続いた後に旧作画になったために前回よりも両方の差が目につきました。中身は、サブタイトルが語っているようにこっぱずかしいシーンがたくさんありましたね。特に、フォロー不可能なほどの若さを見せつけた(笑)カツと、中高生の心をもったオヤジことヘンケン艦長が印象的。

恋人たち(笑)以外では、やはりハマーン様の存在感が圧倒的。映画のラストに少し喋っただけで御姿が現れたのも一瞬だったんですが、白地に紫のガザC(!)から発せられる声を耳にした瞬間姿勢を正したくなるほどのプレッシャーを感じましたよ。それから大塚芳忠演じるヤザンの「手篭にしてやるー!」もたまんねえ。その他、端役に至るまでほとんどのキャラが何かしらの印象を私たちに残してくれるような立ちまわりを演じてくれるので、見ている間まったく飽きることがありません。今回も存分に楽しむことができました。第3部も絶対見よう。




11月8日

Fateファンディスクの花札ゲーム、とらぶるモードクリア&ノーマルモードをデフォルトの6キャラでクリア。

カードゲームなので運の要素がかなりの比重を占めているのは仕方ないところ…とは分かっていても、あまりに引きが悪いときは泣きたくなります。それでもかなり面白いゲームであることは確か。2P対戦とか通信対戦の機能があればなーなんてちょっと思ったり。

ブルマ
高めの役を確実に成立させる状況を作れるブルマの宝具は、使いどころを理解できれば強力な武器になる。

セイバー
風王結界は1人プレイだと意味なし(笑)だけど、エクスカリバーの超破壊力とアヴァロンの絶対防御は凄まじいの一言。MP消費も激しいけど。

アーチャー
無限の剣製はタネ・タン・カスのいずれか1種類のみを召喚するので、使うなら開幕で。ロー・アイアスは防御力が高いくせに割と頻発できるので便利。

ライダー
開幕でMPがマイナスって辛すぎ。使う宝具は、ここぞというところでのベルレフォーン一択。

キャスター&アサシン
燕返しがあるおかげで、この組との対戦は必然的にフダの取り合いに。ルール・ブレイカーの理不尽さは全宝具中ダントツでトップ(笑)。ヘカティック・グライアーは使用直後からひと勝負が終了するまでの間中有効。

バーサーカー
体力が23になる以外の特殊能力はなし。ひたすら耐えて殺られるまえに殺る戦法しか取れないのが辛い。デフォルトキャラの中では最弱なのでは。

ギル&ランサー
エヌマ・エリシュは安い手を即死技に変えうる極悪宝具。王の財宝は意外と使いどころが少ない。原作版とは裏腹にセコい技と化したゲイボルクだが、開幕で相手の出足を挫くにはもってこい。

隠しキャラについては反転。

メイズ(メイドの複数形)
不思議銃を最後に使うことができれば勝負を流すことができる。でもそれだけで最後まで勝ち抜くのは苦しい。

慎二
体はキモ絵でできている。体力は3文で宝具はなし。幾度の会話を交えて馬鹿。(中略)故に、チーム名の意味は不明、その体は、きっとブリーフでできていた。
99回コンティニューできるけどだから何だ。フリー対戦では体力12文?…フゥ(肩をすぼめて)。ルール設定で相手の宝具を封印しない限りはまずクリア不可能。

なかなかクリアできないという人は、前にも書きましたが、ルール設定で「月見酒・花見酒」を「なし」にするのをおすすめ。それでも厳しい場合は宝具も「なし」に設定して、あとは…運を天に任せつつ気合いで。




11月7日

!!OVAヘルシングのアンデルセンって若本規夫なの!!?情報ソース


…………(ぶるぶる)←武者ぶるい




11月4日

刊誌「ぱふ」に掲載された平野耕太のインタビューがすげーというので、最寄りの本屋で立ち読んで見ました。なんで「進め」のノリですかあんたら。てゆーか平野氏と編集長はよくOK出したな(笑)。立ち読みですませようと思ったけど、ロングインタビューだったので途中で立ち読み断念。給料入ったら買おう。


-----

Fateファンディスクでようやく花札ゲームが出現。
花札ゲーム本編よりも、花札ゲームを出現させる過程のシナリオの方がわけわからん(笑)。

とらぶるもーどは、制限回数分のコンティニューでなんとかクリア。ブルマ(イリヤ)の宝具がかなり使える上に連発がきくので、コツをつかむとどんどん勝ち進めました。それから、非常に上がりやすく防ぎにくいくせに高い役である「月見酒・花見酒」を「なし」に設定するのもわりと重要かも。
とらぶるもーどをクリアすると、全キャラでプレイできるノーマルモードが出てきたので、それもぼちぼちやっていこうかと思ってます。

現在、進行度は60%ぐらい。






トップページへ