んー、暑い。そして蒸し暑い。
何もしなくても扇風機にあたりすぎても寝覚めは最悪。
イヤな夢ばっかり見るんですよなぜか。



2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月

2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2002年 1月 2月(欠番) 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2001年 7月 8月 9月 10月 11月 12月


トップページへ



7月30日

ラにもなくサッカーの観戦になど行ってみたり。
いやもともとスポーツ見るのは大好きなんですが、基本的にテレビ観戦なので。
野球の試合を見たことは何度かあるんですが、サッカーの試合はこれが初めてです。

見に行ったのは、横浜FマリノスVSバルセロナ@日産スタジアム。
アウェイ(つまりバルサ)側自由席のチケットを買ったんですが、開場時間あたりに着いてもかなり前方の席に座れました。試合前にバルサの選手がピッチに入ってきたときは盛り上がってましたね。

試合は1-1で前回同カードの結果(3-3)と同じく引き分け。ベストな試合ではなかったにしても、世界最高クラスのチームと、その選手たちのすごさを少なからず味わうことができて満足してます。
そして、このスタジアムときょう自分が座った席での見応えのすごさや限界点など、生で試合を見ることでしか得られない感覚を知ったのはいい体験でした。

次にサッカーを見に行くとしたら、サッカー用スタジアムでの試合かな(日産スタジアムは陸上総合競技場なので、陸上用トラックがある分ピッチまでの距離がが遠い)。ちょうど行きやすい場所に新しくスタジアムができるようなので、そこでの試合を見に行こうかな。




7月29日

やかしびとアンケートハガキの投函完了。
正直、全体の半分もプレイできてない状態(薫編コンプ、刀子編終盤まで)だったのがとても悔やまれますが、それでもこの作品に対して感じたものがあったことは確かなのでアンケートを書いて出しました。この手のジャンルの作品としては特殊な面もあればありふれた一面もあり、長所もあれば短所もある作品ですが、総合的にはプラスの印象です。


-----

イトーの名作ゲームをいろいろ遊べる「タイトーメモリーズ 上巻」ですが、なんと発表された全タイトルのうち一部は一定条件を満たさないと出現しないという使用だそうです。

この仕様を採用した人、アホですね

アホポイントはズバリ、前述の「発表された全タイトルのうち一部」のところ。
ゲームタイトルが発表された以上それらは始めから無条件で遊べるのが前提条件と思うのがプレイヤー心理であって、それを裏切ることはあっちゃならねえ。
新入社員が入社初日に「じゃあ今日から半年社内の掃除やってくれたら本来の仕事に就かせてあげる」とか言われたらブチ切れるでしょ。それと同じ。

しかしここで朗報が!なんと、先の「一定条件」を満たす手順を踏まずにカンタンに隠しタイトルを出す方法が判明したそうです♪
うしとらの館BBSより)


ますますもってアホですね♪

なら最初っからあんな糞仕様つくるな。


念のためですが、「メタルブラック」が隠しだったから怒ってるのでは全然ありません。
興味ないタイトルが隠しだったらよかったのにという問題ではありませんのでね。




7月26日

つばと英語版2巻の発売日がいつのまにか目前に迫っているのを知って慌てて予約。
送料をタダにするための追加注文は迷った挙げ句「xxxHolic」1巻に決定するも、あとで「クロ高」1巻という選択肢も思い浮かんで少し公開。でもHolicも面白い作品の部類に入るのでまあいいか。

買うマンガで悩んでいるときに、自分は今までTOKYOPOPとVizの作品を全くといっていいほど買っていないことに気づきました。TOKYOPOPでは「こみパ」1巻を買ってますが、評価は(略)なのでほぼノーカウント。
買ってない理由は単純に「買いたい漫画がない」だけなんですが。その「買いたい漫画」が一般受けからやや外れてる物が多いってのも原因かも。
VizではもうじきDEATH NOTEが出るのでそれを買うつもり。そして出来に期待。


-----

んざい、「あやかしびと」を猛烈なスパートをかけてプレイ中。
なぜなら、お返しディスク締め切りが間近に迫っているから。くそ、時間の有限性をこれほど呪ったことは今までで数えるほどしかないぞ…!
感想は…、ひとまず「いいかんじ」とだけ。ひととおり終わったら語りますさ。




7月25日

画しておいたぱにぽにだっしゅ!を朝に見たんですが、浴衣+パジャマ+お風呂の3HITスーパーコンボがすっげー目の保養でした
柏木姉妹(っていうと別の作品が頭に浮かぶ…)のショート浴衣&ネグリジェエロいよ!玲ちゃんのはだワイ&コーラぶっかけもエロいよ!寝間着代わりに体操服+ブルマなんて破廉恥すぎー!
お風呂ではさすがにスチームジャミング&障害物のガードが固かったですが、それがかえって妄想を掻き立てて……。
原作でもたまにエロく見える絵があったりするんですが、そんな感じの絵がリファインされて色つき=エロさ5割増になってしかも連続で襲ってくるわけで。つまり、メチャメチャエロい。

そんなわけで蒸し暑さも吹き飛ぶほどのさわやか気分で朝を迎えられたわけですが、今回はその他の要素を鑑みても総合的にいままででいちばんいい出来だったんではないかと思ってます。
黒板のネタは今回ゲーム系が多かったですね。しかもファミコンネタ多めで。あと「月詠」で多用されていたらしい「たらい」が使われたのは、別の意味での「ファンサービス」ということなのでしょう。

来週はたぶんテスト&補習編?五十嵐先生の女王様なひとことに期待。
ベホイミのアレは…、中盤以降になるのかなぁ。


-----

うそう、土曜日の地震ですが、家にいたおかげで被害は最小限に留めることができました(台所のまな板が倒れただけ)。キャラクターショーに行こうかどうか迷っていたのですが、もし外出してたらCDラックが倒れてCDケースは割れるわ電車が止まって足止めくらいまくるわで散々なことになっていたでしょうね…。




7月22日

ましまろが予想外にいい。
ほんわかとした雰囲気が全体を包むなか、時おりそよ風のように吹きぬけるお笑いが心地よい。
特に「美羽の失言→(キングクリムゾン)→死亡」のコンボがツボ。このアニメを見続けるモチベーションの8割はこれだと言っても過言ではない。アナの自爆→prz(≒orz)もなかなか。
(キングクリムゾン: ものごとの過程、もしくはその描写が不自然にすっとばされることを指す。元ネタは言わずと知れたジョジョ。)

ただ、わからなかったのが、笹原笹塚くん(へ)の不条理ギャグ……ではなく、「コッポラ」が「ビミョー」な理由。いい名前じゃん。有名な映画監督と同じ名字だし。

とりあえず、見ててとても和む、和んで笑って笑って笑うだけでいいアニメということで今後も視聴継続の方向で。




7月17日

またひとつ、新たなNINJA伝説が…。(ソース:Total Lunar Eclipse

曜日にゆめきさんとZガンダム劇場版を見に行きました。
見終わった後、いろんな意味で心が満たされましたよ。
戦闘シーンはどれをとっても見せ方がうまくてカッコいいし、登場人物の一言にも心をもった人間らしい重みがある。「内容が濃い」と感じたのは、ただTV版の内容をダイジェストにしたからという理由だけでは決してないと思います。


-----

の映画を見る前、紀伊国屋新宿南店で本を物色。Mangaはあいかわらず種類が豊富。アマゾンがなければ今頃のオレは間違いなくここに通いまくってただろうってぐらい。
ツバサを立ち読んでたらエメロード姫の名前がEMERALD=エメラルドになってたのを発見。でも同じCLAMPマンガだったらHolicのほうが興味深いかも。

あと、初代ガンダムの原作小説が英訳されているのを知ってビックリ。


-----

Harry Potter and the Half-Blood Prince発売。とりあえず第2章まで読みました。
脇役のファーストネームだけ出てきてもそれが誰だかすぐには分からないことも(笑)。


-----

曜日ウチに来てくれたうしとらさんにみせてもらった「ぱにぽに」付録冊子のために、翌日(つまり今日)アキバへGファンタジーを購入。ついでにコミケカタログも。…重いんじゃーーー!!!

ついでに劇場版Zをみて気に入ったアッシマーを買おうと思ったけど、MAIプラモのどっちを買おうか迷ったあげく保留という情けない結果に。




7月14日

し、英語版R.O.D -THE TV-の売り上げが今月ヘンに伸びたとしたら、
それはきっとさらしるさんの影響かもしれません

というわけで、英語版のアニタは日本版に劣らぬほど破壊的に萌え!!だということを、ここであらためて強調しておきたいと思います。


-----

前、英語版の予告編ムービーを見て、あまりの萌えっぷりに死ぬかと思った作品がありました。
きょう、カトゆーさんのサイトを見て、それの日本語版がまもなく公開されることを知りました。

その映画は、皇帝ペンギン

トレイラー(予告編)は、日本の公式サイトのもの以外にも、フランス版(メイキングもあり)英語版を閲覧できますが、上記でも書いたとおり英語版トレイラーは俺たちを萌えで殺すつもりとしか思えません。ぜひ1度見ておくべき。




7月13日

語版マンガ月姫の注文作業完了。
ついでにマンガ版HERO(中国映画の)も注文。

さーていつ届くかなー。20日以内に届けば御の字かなー。




7月11日

っきーこと氷川へきるさん(つまり「ぱにぽに」の原作の人)のサイトのトップ画像見て噴いた。


英語版ガンダム種のほぼ全話名セリフ集(ソース;カトゆー家断絶
あんな名ゼリフやこんな迷ゼリフもばっちり英語で堪能できます。
自分がいくつか確認した限りでは、サイトに書いてある英文は英語吹き替えセリフと全く同じ。
どうでもいいけど、バックに暁の車がかかってるとうるっときます。シングル買ってしまったほどこの曲には入れ込んでるんで。




7月10日

京国際ブックフェアで多少お買い物。
洋書バーゲンコーナーでは、めぼしい物がなかったので思わず「Themen neu」(ドイツの国語教科書)の1〜3を買ってしまいました。バーゲン価格で\300×3の900円。買っといてあれなんですが、この本を活用する日は来るんだろうか…。

角川ブースで、Fateの冊子が付録になってていることで話題のコンプティーク最新号を買おうとしたけれど見つからず。帰りに地元の本屋で買いましたけど。

そのFate小冊子、まだインタビューとかほとんど読んでない部分も多いのですが、思わず当人に「…正気?」と素で聞きたくなってしまうような凛の新コスチュームとかゲストまんがの「デススター」には笑いました。

しかし、マジメに突っ込みたいところがひとつ。

槍使いは「Lancer」だろう!

そんなだから日本人はいつまでもペリーに馬鹿にされるんだよ!ったくもう。




7月7日

Yahoo見てロンドンテロ事件を知って、あわててテレビつけたらアニメやってた
あー、ドラマ「電車男」のOPか。
それにしても、(局地的とはいえ)お祭りの日に物騒な事件起こすのはやめてほしいね。ましてや大量殺人なんて。

週末にアメリカで行われたイベントANIME EXPO 2005のレポートが各所で上がっています。
金と時間があれば行ってみたいイベントだと常々思っていたのですが、今回は(以下敬称略)KOTOKOと坂本真綾が特別ゲストだったり、平野耕太がジェネオンのイベントに登場したりと……なんでオレこのイベントに行けなかったんだろうorz

それでは、ANIME EXPO 2005に関する記事を書いているサイトを、こちらで把握している限り挙げてみます。

ANIME EXPO(英語サイト)
公式サイトです。

BUNKA:EXTEND
KOTOKOと坂本真綾のライブおよびファン交流イベントの模様などがレポートされています。坂本真綾の人気が海外アニメファンの間で非常に高いことが窺えます。会場の雰囲気までも感じ取れる内容ででとてもいい感じ。そのほかのイベントに関する報告も楽しみです。キュンキュン。

おねしぺっ!
アメリカのアニメ・マンガ事情を取り上げている日記サイト。初日に催された、KOTOKOライブを含むGeneonイベントの模様が詳しく描かれています。海外でもFateの名は知られていたのね。
日記内の、英語版アニメ台詞聞き取り(ディクテーション)コーナーも一見の価値ありです。

S.D.O.L
「おねしぺっ!」の管理人の方と一緒に参加されたそうです。
イベントの模様を撮った写真が何枚かあります。ていうかナチュラルで同じ髪色の観鈴ちんがー観鈴ちんがー。

アニメ!アニメ!
国内や海外におけるアニメ・マンガに関するニュースを取り上げるだけでなく、独自の調査も行っている情報サイト。
米国人気作品の変化字幕対吹替えなど興味深いレポートばかりです。

Anime on DVD Convention Report(英語サイト)
北米で催されたアニメ関連イベントのレポートが速報形式で掲載されています。
では、ジェネオンのイベントで平野耕太とOVAのプロデューサがゲスト出演したことについて書かれてあるのですが…、

Kouta Hirano’s favorite anime includes mostly Gundam.
これはいい。「種はクソ」というコメントがなかったのが惜しまれますが(笑)。

Ueda then got embarrassed after the translator implied he and Hirano are “bed buddies”, and made it clear he’s straight.
(訳:通訳が上田と平野は「ベッド仲間(直訳。意訳するとセフレ)」であることをほのめかすと、上田はうろたえながら自分はノーマルだと明言した。)

おい。すばらしいネタですね。
どういう経緯でこういう話になったのか知りたくて仕方がない。

mabosの日記より
AnimeExpo2005 1日目2日目3日目(ソース: アニメ大好き!
なんと、KOTOKOと坂本真綾のライブで二人が喋った英語トークの内容がほぼすべて網羅されています
ふたりとも(KOTOKOはカンペ使用とはいえ)ちゃんと自分の言葉で話しているのがよく分かります。
平野耕太&上田耕行(プロデューサ)へのインタビューの内容もすごい詳しいです(1日目)。

Anime on DVD(英語サイト)より
平野耕太インタビュー
坂本真綾Focus Panel(質問会)
坂本真綾への単独インタビュー
KOTOKO単独インタビュー

maayasakamoto.netのコンサートレポート(英語)
Many people (male and female) even shouted "I love you!" and "Will you marry me?",
男女問わずモテモテですなあ(笑)。

ANIME EXPO公式サイトにてKOTOKOライブの写真を公開(ソース:Akiba-bound SOUL
写真DEKEEEEEEEE!!!!!
なお、ソース記事の下には写真画像に関して次のようなコメントが。
This is probably one of the first times KOTOKO has managed to provoke such a rush of blood to a certain area of my body.
はっはっは、正直だねえ。若さあふれてるねえ。

Kirameki.snow-sugar.deのレポート
ドイツ在住の方によるアニメ関連blogです。急遽決まった出張のおかげで幸運が重なり参加できることになったというとてもラッキーな方。イベントの写真集もあります。
それから、このサイトに来たからには「ちっちゃな雪使いシュガー」の舞台の元になった町ローテンブルクの写真もぜひ一度見ていってください。ほんとすごく見栄えする町並みだから。


ほかのサイトのレポートが見つかれば、随時追加していく予定です。




7月6日

ット上では(少なくとも表向きは)沈静化していると思われる「ハピマテ」の6月期分が昨日到着。赤松さんの日記で「能登さんの癒しボイスがすごい!」と書かれているのを見て「あーここにきて原作者自ら強力な販促をしかけてきたなー」なんて思っていたんですが、

実際に聴いてみて思いました。
確かにすげー。

問題の箇所は3トラック目に収録されている声優さんのメッセージ。能登さんのはその一番始めにおさめられています。
人間の声は大きく2つないし3つに分類できます。ひとつは演じる声で、もうひとつは地声。さらに地声も「フォーマルな地声(演技と地声の中間、作った地声)」と「インフォーマルな地声(通常の会話時における声)」に分けることができます。声優は声を使って演じる職業なので当然「演じる声」は非常に優れていますが、地声の声質に関してはわりと普通といえるものである場合が大半です。地声からして魔力が備わっているような声優はそれほど多くありません。
能登さんは、演技の時の声よりもフォーマルな地声に絶大な力があるタイプ。しかもその声は「声量がすごく低いのにカリスマ値は異常に高い」というかなり独特なもの。まるで声に不思議な抑制力が働いていて、抑制された分がすべて(赤松さんが言うところの)マイナスイオンに変換されているかのような。こういう声を半ばナチュラルに出せるとは。ほんとに不思議な魅力を持った声です。

あと、皆川純子さんが「雪広あやか役の」をわざわざ3回言ったのが面白かったです。今や腐女子にとってのカリスマですからねぇ皆川さん演じる某キャラは。ハピマテの歌を聴いて一発で声を識別できるのはこの皆川さんと能登さんの声ですね。

おっと、オリコンデイリーランキングが出たようです。7/6付けで3位。1位はミスチル、2位は氷川きよしか。さすがに1位は厳しいかと思うので、売り上げ枚数と世界ランキングに期待しておくかな?




7月4日

のうからテレ東系で始まったぱにぽにだっしゅ!を録画して見ました。

・ベッキー、フツーにかわいそう

・アーンド、オメガかわいい

・ていうか、作画レベルがミョーに高い

・各キャラのパラメータがフツーに読みにくい(後でもっかい見直そう)

・OPは「猿の惑星」…ですよね

・まさか初っぱなから宇宙人とは

・7割方アニメオリジナルっぽいけど、原作ネタも所々に(コークとか)

・じじいの嫌がらせ(ベッキーの写真への)は、もしかして「ヤンキーゴーホーム」の代わりか?

・最後の方でモブの生徒が思いっきりヴァラノワールしてるのに気づいてメチャメチャ怖くなった。勘弁して!まるで「このアニメは超弩級クソアニメになりますよ〜」って予言みたいですごいイヤだから!ホントに!

・最後の最後にメソウサがかわいそうランキング逆転トップ

・次回予告マンガ:氷川へきる


全体としては、原作に比べて普通にこぢんまりとまとまっていた印象。ていうかベッキーがかわいそすぎてほかの印象が薄れてるっぽい。でも原作知らない人も見てることを考えると、第1話からへきる節全開で突っ走っても混乱する人が増えて良くなかったのかもしれない。原作の魅力である「微妙さ」が今後どれだけ再現できるか、そしてどれだけ多くの人のハートをつかめるかに注目。




7月3日

語版ネギま6巻が到着。
昨日届いてればうしとらさんにも渡せたんだけど…。

今回はなんと、次回予告がない代わりに、原書カバー裏にある表紙の線画・解説と裏表紙のキャラ解説が対訳つきで掲載。これはうれしい。






トップページへ