ようやく「春!!」といえる暖かさがやってきましたね。
先月に引き続き、1日48時間欲しいです。



2004年 1月 2月 3月

2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2002年 1月 2月(欠番) 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2001年 7月 8月 9月 10月 11月 12月


トップページへ



4月29日

ヴォ〜、に行きました。Comic Revolution 35 in 有明。

いつもに比べてけっこう買った気がするんですが、ろくにカタログチェックをしてなかったせいで買い逃しも多かったです。


Digital Lover 「タイトル」(RO、18禁)
 お気に入り度:★★★★   ショップ委託:たぶん有
うさみみプリ編(つまりダークサイド)の最終話っぽいもの。クスリネタとしてはとってもオーソドックスなお話なので、面白いストーリー展開を期待すると拍子抜けする。オカズとして御使用する分には全く問題なし。個人的には、ありえなさすぎるシチュでありえなさすぎる円満っぷりな♂アコたんりょーじょく編や看護帽プリ編の方が好み。


合同誌 「Fate/in」(Fate、オールキャラ)
 お気に入り度:★★★★★   ショップ委託:有
正直、プレイ済の方なら表紙買いしていいと思います。フルカラーイラストありマンガありポスターあり、そのどれもが相当ハイレベル。マンガはギャグ路線のものが多いです。いちばん印象に残ってるのは36ページの「むしろ…?」の部分。それでこそ■だ(笑)。


・じゃらや 「TAKAYAMA-MONOGATARI "Dear…"」(To Heart、綾香)
 お気に入り度:★★★★   ショップ委託:無
日本に帰る直前の綾香とお屋敷のメイドさんとのお話。自分はじゃらやワールドのファンなんで、この評価には多分に主観が入っています(笑)。


す茶らか本舗 「ピーターパン症候群」(Fate、セイバー、凛)
 お気に入り度:★★★★
 ショップ委託:?
セイバー漫画での某キャラの倒錯的行動にゾクゾクしてしまいました。私の負けでございます。
凛マンガもやっぱりほかとはひと味違う。


す茶らか本舗 「CALLING YOU」(マリみて、蟹)
 お気に入り度:★★★
 ショップ委託:無
イタリアの地で、自分なりの方法で想い出を糧とする静。良い女性だ。


KAMINENDO.CORPORATION 「Pastel ☆ charge」(もえたん、パステルインク、18禁)
 お気に入り度:★★★
 ショップ委託:?
いんくたんパステルインクたんのエロ本キタキタ――――――……って、調 子 に の ん な そ こ の 生 命 体。いんくたんorパステルインクたんだけでハァハァできれば最高だったんですが。


ヤゴの穴 「タイガー道場MANIAX」(Fate[タイガー道場])
 お気に入り度:★★★
 ショップ委託:?
この人の描くかわいくて抜けたところのあるキャラとシュールな世界は好き。


Clash House 「FIREWATER」(Fate、ブルマ)
 お気に入り度:★★★
 ショップ委託:?
内容は説明するまでもないでしょう。脊椎反射的な勢いがいいと思いました。


S-FORCE 「LOG EXTENSION」(Leaf、18禁?)
 お気に入り度:★★★★
 ショップ委託:?
ショート4本。天十、われもの、天十、コミパ。
1本目:こんな木田だったなら、オレ、ちょっとだけ好きになれたかもしれない(笑)。
4本目:いま流行り(?)の錬金術師ネタ。オチがヤバいです(笑)。


観月堂 「うさだどんどこどん」(うさだ、RO、18禁)
 お気に入り度:★★★
 ショップ委託:?
うさださんのエロネタとROネタがちょいちょいと。


ところで、ある方が某サークルの東方シリーズ本を買われてるのを見かけたのですが、まさかあの方って、ここの方だったんだろうか…。それなら日本の同人事情にやたら詳しいのも納得がいく…。東方シリーズのファンという点でも一致してるし。




4月28日

まさらですが、女子サッカーの日本vs北朝鮮はすごかった。男子サッカーの日本vsUAEよりも心を揺さ振られたかもしれない。その最たる要因は、フィールド上にいるプレイヤー全員の懸命な姿。男子サッカーのスピーディな展開を見慣れた人間にとっては柔道やレスリング同然といえるほどの泥臭い体当たりプレイが試合終了までずっと続きました。しかもそれが日本側に顕著に見られたというのがすごい。後半の始めの時点で3−0と大幅にリードしてるにもかかわらず「1点でも取られたら負けだ」と言わんばかりのプレイは、人の在るべき姿というものを全身全霊で雄弁に説いているようにも見えました。後半33分の怒涛の守りには、震えずにはいられませんでした。

ともかく、おめでとう。オリンピックでの健闘を期待しています。


-----

んでもって、上記の女子サッカー以上に「驚かされた」のが、男子日本代表の対チェコ戦。
久保の強烈なシュートにも痺れたけど、後半の楢崎のセービングが神すぎた。あれふつう2点ぐらい入れられてるって。
これで国内組(特に久保)が使えることが証明されたといっていいでしょう。ていうか、国内組・海外組のどちらを重視するという問題ではなくて、実力をきちんと発揮できるプレイヤーを使っていけばいいだけなんじゃないかと思うんですが。少なくとも、ゴール前ノーマークでシュートを撃てないようなヤツはいらない。



4月26日

週のデカレンジャー。

全編シリアスのエピソードというのは初めてかも。今まではキザというか勘違い系クールといったイメージだったデカブルーことホージーですが、今回は本当に見惚れた。誇りと悲しみを胸に湛えた姿があまりにすばらしくて。最後に腕輪をはめるシーンなんかもう涙ものですよ。

今回もうひとつ印象的だったのは、デカマシーン発進から一件コンプリートまでの間も、ひたすら悲壮感を盛り上げるように演出されていたこと。ジャスティスフラッシャーから「ゴッチュー」までのキメ台詞はおろかジャッジメントまで省略してしまう徹底ぶり。ああ、少し前にボスに「犯人は既にデリートが確定している」って言わせたのはこのためだったのね。すごいよスタッフさん。


ブレイドはまたストーリーがアレだったので以下略。女医さんをさっくり殺すなよ……。実は女医さんがまだ瀕死状態で留まっていて、ライダー化させることで女医さん復活なんてことをやってくれたら神認定するかもしれませんが。


-----

ちこちでQuartett!の感想がアップされているようなのでちょっと注意しなければ。

お、Quartett!に激ハマリな方が。(ネタバレなし)

「リアライズに使う金とヒマがあったらQuartett!をやれ!」「CLANADもQuartett!には敵わないだろうなぁ」と、強烈なプッシュぶり。ん〜…、これは、ついこないだ入った臨時収入を一部はたいてでも即買いする価値あるかなぁ…(その前に体験版をやりなさいオレ)。




4月25日

のう、東京国際ブックフェアに行ってきました。

うしとらさんから前回各ブースで海外版コミックスを取り扱っていたという話を聞いていたので気合い入れてたんですが、講談社・集英社・角川書店と、どこに行ってもなし。集英社も展示のみで販売はなし。もうしょんぼりですよ。

そのかわり洋書バーゲンでは少ないながらも大きな収穫があってほくほく。買った物は以下の通り。

・GRAMMAIRE DU FRANÇAIS CONTEMPORAIN (LAROUSSE)
・MICHELIN LE GUIDE ROUGE PARIS 2003 (MICHELIN)
・Harry Potter und der Feuerkelch (CARLSEN)
・TIMEのバックナンバー3冊

上から、「現代フランス語文法事典」「ミシュランガイドブック」「ハリーポッターと炎のゴブレット独語版」。
仏語文法事典は、以前から安くて詳しい文法書が欲しかったので、見つけて中身を見た瞬間迷わずゲット。フランス語で書かれているため、読むのに苦労はしそうだけど、仏和事典があるので何とかなるでしょう。

ミシュランのガイドブックは、以前のパリ旅行の思い出アイテムとして購入。

ハリーポッターのドイツ語版は、2〜4巻が、なんと一律1,200円で置いてあってビックリ。実はドイツ語版、なぜかハードカバー版しか存在しないようでして、まあ当然お値段も高いわけですよ。1冊3,500円とかね。なので全部ゲット…といきたかったんですが、予算の都合上4巻だけにしておきました。読むのはフランス語以上に苦労しそうですが。


それから、個人的に「おっ」と思ったのが宙(おおぞら)出版。ここではなんと、Kanonと月姫のアンソロジーの「海外向け」パンフレットを配布していました。迷わずゲット。これがパンフレットの表紙。海外市場での需要もわりとあると思うので、他の出版社もどんどんこういう展開をしてっていいんじゃないのかなー。
ところで、月姫アンソロジーのパンフレットに、月姫を知らなくてもわかっちゃうような致命的な間違いを見つけたのですが、ヒマな方はその間違いをこれをよく見ながら探してみてください。月姫をプレイできるような年齢の方なら必ず分かるはずです。


紀伊國屋ブースでDVDを漁ってたらうしとらさんにばったり。会える予感はしてたんですが、会えた場所が意外でした。ぜったい洋書バーゲンコーナーで会うものだと思ってたので。そんで休憩しつつお互いの収穫を見せあったりしました。うしとらさんが手に入れたウィアードテイルズ日本版は、怪奇小説マニアではないオレから見てもすごくいい買い物だと思いました。


帰りは途中までりんかい線でうしとらさんと一緒に乗って、大崎でお別れ。
そのあと神保町やらアキバやらの本屋を歩き回りまくったんですが収穫なしだったので省略。


あーカルテットやりてえなぁ〜。
どう考えても購入資金がないのでしばらくはムリですがー。体験版だけでもやっとこうかねぇ。




4月18日

を覚ましたら8時15分すぎだったのでTVつけてブレイド見ました。

うわ、ブレイド見てて初めて「カッコいい」って思えた(笑)。

通常アクションシーンもかっこよかったですが、何といっても最高だったのはブレイドとギャレンの3枚ラウズ。初めからこういう演出してくれよと思いながらも見惚れてしまいました。必殺技自体の見せ方は相変わらずいまひとつでしたが。

ちなみに「ラウズ」というのは元来英語で、「覚醒」「目覚める、目覚めさせる」という意味。かっこいー。そのかっこよさを第1話からビジュアルで見せてほしかったよー。

半分しか見てなかったのでストーリーはわかりませんでしたが、多分相変わらずだったのでしょうというかここまでがボロボロすぎなので今後もなかなか修正がきかないような気が。かわいくてしっかり者の天音たんだけがこのストーリー上で唯一の良心。そりゃあ始さんがハァハァする気持ちも分かるというものです(待て)。


-----

、デカレンは寝坊して見そびれた……なんてことはなく、ちゃんと録画してました。
あーもう!熱い!熱すぎる!!そして泣ける!おまけに笑いもある!なんでこんなにデカレンジャーはオレの心を掴んで離さないのか!そんなもん自問するまでもない。単純明快ながらも面白いストーリーが、キャラクター(外の人・中の人ともに)の名演技によって極限まで盛り上げられているからだ。いまデカレンジャーを見ないのは、ロードオブザリング王の帰還を劇場で観ないのと同じくらい人生の損失だと断言していい!
そんなわけだから、みんな、デカレンジャーを見なさい


-----

リキュア。
おばあちゃん最強説浮上。
そして、まさかあの小生意気な地球外生命体に泣かされるとは。
(説明:メップル&ミップルが地球上で実体化するにはものすごいエネルギーがいる。カードコミューン状態のときですら、なぎさとほのかがカードを使って世話をしてあげないと生きていけない。ましてや実体で走ってなぎさのところに戻るというのは命がけの行為なのだ。参照:公式サイト→アイテム)
Aパートの展開にムチャがありすぎたのが残念だけど、Bパートで帳消し。




4月17日

ごいよしーぽん

ちなみに、名字がシマで打球がポンポン飛ぶから「しーぽん」。







ヘイ! ツッコミカモン!


-----

ょうって「少林サッカー」のTV放映があったのね。
気づいたのが9時過ぎだったのでほぼ全て見ることができました。
終盤の決勝戦からは何度見てもけっこう感動、そして爆笑できる。

ところどころに見られる香港独特のお笑い感覚ゆえに万人にはお勧めできませんが、オレは傑作B級映画だと断言します


-----

り2人の人質も解放されたようで、おそらく日本中がほっとしたんじゃないでしょうか。自分もほっとしてます。
今後政府は、退避勧告を無視した人に対しては帰国の手配以外は完全放置って明言してそれを法制化した方がいいんじゃないのかなあと思いました。憲法で「移動の自由」が定められてるので渡航禁止措置は無理らしいし。

「自己責任」。
今年の流行語大賞に選ばれそうな勢いですが、自分も含めて誤用・悪用だけは避けるよう努めたいものです。知識だけ無駄にもってる弱者が責任転嫁のために使うとかすっげーありそうっていうか既に実際使ってるだろうし。


-----

うだ、夕方にTVのチャンネルいじってたら、フジのミュージックフェアでTMネットワークが新曲歌ってましたよ。
曲は悪くなさげだったんですが、ですます調の歌詞は何とかならんかったものか。んなもんkeikoにだけ歌わしとけばいいんですよ。宇都宮がそういう歌詞を歌うとすんごいカマっぽく聞こえて、なんだかイヤでした。そんだけ。




4月16日

ぁ〜…。

休日気分で目を覚ました後で出勤日だと気づいたとき以上に落ち込むことって、実はそうそうないのかもしれない……。


仕事場近くのローソンでお金おろしたんですよ。5千円。
すると出てきたのは、


弐千円札、弐千円札、千円札。


いくら流通してないからって、ちょっとムリヤリすぎるとお兄さんは思うな。
せっかくの貴重な財産なのに使うのをためらってしまうじゃないか
罪な人だぜ、今は亡き小渕元総理…。




4月15日

りあえず最悪から2番目か3番目ぐらいの事態は避けられましたね人質事件。よかったです。ちなみに最悪の事態がテロに対する屈服であることは言うまでもありません。
あれから新たに2人誘拐されているので政府の皆さんはまだまだ大変な思いを重ねることになるのでしょうが、どうかお気を強く持っていただければと思います。


さて。
3人のために飛んでった費用は、誰がどれだけ負担するんでしょうね。
全額を国民の血税から負担ってのは大却下の方向で夜露死苦。個人的意見としては3割負担が限度かな。


-----

舘も墜ちたものだにゃ〜、なんてことを「報道ステーション」を見ながら思いました。F1や格闘の中継を楽しく聴いていた者としてはちょっと寂しいです。
ある程度同情もしてるんですけどね。だって番組始まったばかりで報道キャスターとしてのキャラクターがお茶の間にぜんぜん浸透しきらないうちにあんな大事件起きちゃったんですから。それでも偏りまくったコメントの連発にはいかんともフォローしがたいものがありますがー。




4月10日

ラクでの日本人誘拐事件。

もし自分に未成年の子供がいて、そいつが戦場に行くなんて言いだしたとしたら、ぶん殴ってでもぶん殴られてでも止める。オレは、自分の子供が戦死するのなんてまっぴらごめんだ。

それでも、あえて言う。
テロリストの要求を呑むということはどういうことなのか、彼らは本当にわかっているんだろうか。
感情的になるななんて無茶なことは言わない。でも彼らは感情的意見を決して言ってはいけない状況で言ってしまっている。あの発言は、「テロリストの皆さん、これからは日本人を誘拐することをおすすめします」と言っているようなものだ。
我が子を失うかもしれない苦しみは、たとえ子供がいなくても慮ることができる。しかし、3人の命と1億以上の命の安全を天秤にかけざるを得ない状況下で後者を蔑ろにしろなどと、誰がどうして言うことができよう。

あまりにも多すぎる「今までのテロリストとの相違点」もオレの不安をかき立てる。
明日の夜には、この事件は一体どうなっているのだろうか。


-----

んな中、きょうから始まったCCSの再放送は、ひとときなりともオレの心を潤してくれました。今見ても色褪せない輝きに満ち満ちていましたよ。さくらも知世もケロちゃんも最高だー。はにゃ〜ん。




4月8日

事を終えて帰ろうかと思ったら上司から電話が入って、都内某所で行われていたパーティー会場まで大臣獣お届け物をしに行ってきました。
エンター・ザ・会場すると、そこは


ここはどこの「子羊たちの休暇」ですか?


と言いたくなるような異空間別世界でした。
階段に赤カーペット!広い玄関!豪勢な広間!スーツやドレスで着飾った方々!お盆を持って動き回る給仕さん(若いメイドさん含む)!
広い庭。中央に噴水。丁寧に刈り込まれた蒼すぎる芝生。夜桜。葉桜。空と足元を彩る花びら。

そんなところになんで一人だけ普段着のかっこうでいますかオレ?
しばらくの間はほんと肩身の狭い思いをしてました。途中からやや開き直れましたが(笑)。んで、見知った方たちとお話しながらもそもそと雑用をこなしたりしてました。

お客様が帰った後、身内の皆さんと広間でお食事。お魚料理と赤ワインが美味しうございました。
はぁ〜、こんなところに入る機会なんて、少なくとも当分は、ヘタすると一生ないだろうなぁ。ラララ〜。




4月7日

ギまでもガン=カタ。
既に日本中で叫ばれてますがあえて。


-----

近、毎週聴いてるのが「ネット版ぽぽらじ」
さやさや、ますみん、モモーイの三者三様の個性が見事に絡み合ってて、聴いててとてもおもしろい。特にますみんの自爆っぷり&いじられっぷりがたまらん。




4月5日

だつかれ。
なので、新年度のNHK語学講座見たらすぐ寝ます。
ヤバすぎるくらいに輝いてるデカレンへの感動は明日当たりに余力があれば。
いやでもデカレン見た方がいいっすよマジで。それだけは断言しておきます。




4月4日

、「特捜少女」。
だいたい想像つくと思いますが、ネタはデカ○ンジャー+ガ○○○○ガ○ガ○○。
曲と映像がハマりすぎてて爆笑。
見てみたい方は宇治軍団さんから探してみてください。いまならすぐ見つかると思います。


-----

ょうの深夜から千葉テレビで「北へ」が始まるみたい。
どんな感じなんだろ。あのステキOPだけは見たことがあるんだけど。



4月2日

ょうも、でんわをいっぱいもらいました。
きのうよりもでんわをもらいました。


すみません、ぼちぼちこの書き方終わりにします。まあそんだけ疲れてるってことです。

家に帰ってメシ食って落ち着いたところでPHSに電話が。なんと会社からのヘルプ要請でした。
電話の内容は、「既に(オレが)終わらせたはずの仕事について全くの新事実が発覚!このままだと取り返しのつかないことに!助けてドラえもん!」こんな感じでした。
で、いまから会社に戻るわけにもいかないんで、電話を下さった人に電話越しで対処を位置から十まで説明し(仕事がPCでの作業のため)、なんとか処方はすみました。結果が判明するのは月曜日。これで事なきを得た、と思いたいです。

通話時間、57分。電話代が向こう持ちだとはいえ、キレそうになりました。
大丈夫なのか、ウチの会社?

その後、布団に倒れこんだのは言うまでもありません。




4月1日

月の第1日目ですね!

それはさておき、こんなん始めてみました。
よかったら見てやってください。


-----

ょうは、ぼくひとりだけで、でんわを50けんもとりました。

これで、でんわのないようがぜんぶ、かわいいおんなのこからのラブコールだったらとてもうれしかったのになあとおもいました。

あしたは、いつもより1じかんはやくきなさいといわれました。

あしたは、かわいいおんなのこからのおうえんめっせーじをもらいたいです。


-----

っとそうだ。
今夜9時から「WASABI」をやるんだった。
前々から「ある意味」注目に値する映画だと聞かされていたので、ちゃんと観てみようと思います。


観ましたー。
あー、やっぱ字幕がないとつらいにゃー。ほとんど吹き替えでしか観てなかったよ。
でもジャンレノが一語一語はっきり話していることと広末がけっこうがんばってたのはわかりました。十分通じる範囲内の話し方でしょう>広末

「r」の発音練習は、やはり避けて通れない道なのかと思いつつもなんか微笑ましかった。ちなみに、使ってた単語は「trou(穴)」。さあ、テレビの前のみんなも練習だ!(笑)

その他諸々に関しては、既に聴かされている知識のおかげで斜め視点から楽しむことができました。だだれサイコ――――(笑)。







トップページへ