結局、この夏で心から「暑かった!」と思える日は2週間分にも満たなかった気が。
これってどうよ?


2003年
1月の日記へ 2月の日記へ 3月の日記へ 4月の日記へ 5月の日記へ 6月の日記へ 7月の日記へ 8月の日記へ

2002年
1月の日記へ 3月の日記へ 4月の日記へ 5月の日記へ 6月の日記へ 7月の日記へ 8月の日記へ 9月の日記へ 10月の日記へ 11月の日記へ 12月の日記へ

2001年
12月の日記へ 11月の日記へ 10月の日記へ 9月の日記へ 8月の日記へ 7月の日記へ


トップページへ






9月29日

日の夜11時からNHK教育で「100語でスタート!英会話」の再放送が始まりますよ。
放送時間は毎回10分で、初心者でも安心して見れる内容なので、一言で言うと、必見


-----

日は東京−開催地は千葉県−ゲームショーに行ってきました。 特にこれといって大注目している目当てがあるわけでもなかったのですが、ZUNTATA JAMのライブを見たかったというのもあって参加してみました。
ほの暗い会場の中を、パンフを受け取ったりやたらボーイッシュな格好のづまに膝カックンされたり癌砲ブースでうさみみをもらったりそれを後でづまに押しつけたりしながら、基本的には見ーてーるーだーけーなスタンスでさ迷ってました。
ホールとホールの間には例によってコスプレ撮影スペースがあり、そこではステキなコスプレイヤーを眺めたり、エロめのカッコした(たぶんDoA)レイヤーさんたちに大量のエロヲタどもが群がる様を生温かく見守ってました。 全くの余談ですが、日向の日差しが異常に眩しかったです。

JAMのライブを観た後は、通称“ステキな出会いを夢見るおにいさん”とづまで座談会(?)。 オレは専ら話を聞く側でしたけれど、ステキな裏話系の話題が盛りだくさんで面白うございました。

それからタイトーブースのステージで3日間司会をつとめた、NHKフランス語会話で頑張ってる池澤春菜さんもお疲れさまでした。 姫コスプレしてようがなんだろうがフラ語でのあの頑張りには200兆億万点だろ、誰が何と言おうと。




9月26日

日、発売されたばかりのBORDER DOWNをさっそくプレイしてみました。 プレイしていてわかった相違点といえば、ボーダー選択後やボーダーダウン時のロード時間ぐらいで、あとはアーケード版そのままでした。 つまりは完璧な移植。 DC版1stプレイで6Cまでいけたのでゲームに関しては十分に満足。 あとはアーケードでクリアできるまでひたすらやりこむのみ。 それが終わったら今度はDC版オリジナルのリミックスモードが待っている。 もう幸せ。

(追記)
リミックスモードやってみたけど…、むずいっていうかノルマ高すぎ_| ̄|○
始めっからパターンをしっかり考えないと…。


-----

して、昨日買ったもう一つのシューティング「BIKE BANDITZ」。 なんだかっていうかモロにファンタ○ー○ーンへのオマージュが感じられたので購入(笑)。 方向キー入力で向きが変わるビットショットを自在に使いこなせるか否かが生死を分ける、どちらかといえば玄人向けなシューティング。 最初から弾幕の密度が結構高くて戸惑うかもしれませんが、弾が近づくとやられ判定が表示される親切設計なので、思ったほど回避は困難ではないです(それでも3面からかなり厳しくなってきますが)。そしてさんたるる




9月25日

葉での収穫。

・BORDER DOWNG-rev、DC用ソフト、シューティング) 移植度は完璧、と言っていいくらい完璧。
・BIKE BANDITZフランスパン、同人ソフト、シューティング) 意外と慣れが必要な横シュー。
・BLACK LAGOON 1、2(広江礼威、小学館) ゲストキャラが輝きまくり(特にロベルタ)。 主役どもは今後に期待。
・燃えよペン(島本和彦、小学館) 実は今まで単行本を買ってませんでした。 最初に雑誌で読んでから10年以上。




9月24日

日はサンクリでした。
レヴォが2週間後に控えているという状況では貧乏人が本を買う気になれるはずもなく、現地で買ったのはでじらばの新刊のみ。 ペーパーのリカヴィネリカたんがエロ絵じゃないけどエロくてハァハァ。

残りの時間はサークルでゆめき嬢やづまとダベり。

・づまがカードゲーム「アヴァロンの鍵」にハマってしまい、人から1箱分ものカードを貢いでもらったそうな。 よって当分の間「姫」と呼ぶことに決定。 語源はラグナロクの「姫プリ」。 まあオレも貧乏人なので気持ちは分かりますが、カードゲームは悪魔のゲームゆえ、何かを求めれば別の何かを致命的に失うということをよくよく肝に銘じておいてほしいと願ってやみません

・あんまり姫姫言うと殺されるらしいのでひとまずこのへんにしておくとして、づまから鴨川シーワールドのお土産をもらいました。 白イルカのベルーガがくっついた耳かき。 ベルーガたんがとっても可愛らしくてつやつやなもんだから思わず「白子みたい」と言ったらおこられました。

・どうやらつまり、ソウルテイカー全巻を買って観ないとナースウィッチ小麦ちゃんマジカルてを語る資格はない、ということらしい。 まあオレは貧乏人なんでヌル〜〜〜くいきますわ。っていうかオレ小麦ちゃんのDVDすら買ってねえし←そりゃダメだろ。

・本日のメインイベント。 なんと、づまのお知り合いの方が作られたリリアン制服(のプロトタイプ)を、なんとづまが持ってきてくれました(コスプレ禁止のため制服を着ることはありませんでしたが)。 通り掛かりの人1、2名を巻き込んで思わずみんなして見入ってました。 完成版が楽しみです。

片づけをした後、、づまは身内でアヴァロンの鍵大会をすべく早々に撤退。 オレはゆめき嬢と例によってイベント後の食事。 半熟卵入りのミートパスタうまー。


-----

はここで、夏コミ以降にショップなどで買い揃えた夏コミ新作をいくつか挙げてみましょう。 サンクリ帰りに寄ったアキバでいくつか本をゲットしたので。

PINK VISION 「コトノハ」(オリジナル、18禁)
 お気に入り度:★★★★
「とらいあんぐるハート」でおなじみの都築真紀氏の同人誌。 短編マンガが2本。 表題作である1本目は残念ながら自分の好みからは少し外れていました。自分のイメージする「きれいな声」があのフォントとは異なっていたのがひとつ。 もうひとつは淫語を言うシチュエーション。 自分としては、そうだなあ、第2〜第3ラウンドあたりで、相手が大好きという気持ちと気持ちいいの大好きという気持ち、そして羞恥心そのものと羞恥心を味わいたいという背徳的感情などなどが高まった末に発せられる、なんていうのがベストシチュエーションかな。 その瞬間だけ切り取って再現させたとしたらちょっと引いてしまうぐらいな感じが。
まあそれはさておき、この本の最大のおすすめどころは2本目のマンガ「NAKED MIND」です。 感覚同調能力を持つ青年とその彼女の幸せな愛の営みを描いた短編なのですが、エロさ以上に純愛エロで大切なものがぎゅんぎゅんに詰まってます。 自分はいわゆる「恋人同士が心を癒し癒され」なネタは読めない性格なのですが(嫌いなのではなくて眩しさに耐えられない。 例:「彼氏彼女の事情」5巻あたり以降の続きが怖くて読めない等)、この作品は安心して読めました。 そのかわり羨ましすぎて壁に頭を打ちつけたくなりますが(笑)。 純愛エロが好きな人は騙されたと思って一度読んでみてください。


上海アリス幻樂団 「東方妖々夢」(ゲームソフト、シューティング)
 お気に入り度:★★★★
いわゆる弾幕シューティングなんですが、グラフィックや演出がひたすら幻想的でひたすら美しい。 弾幕さえも、世界の美しさを彩るために欠かせない一要素。 弾幕に名前がついてるのも燃える(本当は弾幕を撃つのに使う呪符の名前ですが)。 ゲームとしてはまあまあ難しく、やり込んでボムの使用回数を減らしていけば何とかなるかも、な難易度。


春風亭工房 「真打・大嘘ディスク」(よろず、ムービー集)
 お気に入り度:★★★★
南向春風氏が制作したFLASHムービーのほぼすべてが収録されたムービー集。 未見のものがあるファンは買うべし。 シエル先輩ムービーのBGMは種の初代OPでGO。


bolze. 「耕一…好きよ(後)」(痕、耕一×梓、18禁)
 お気に入り度:★★★★
前編から足かけ4年だそうで。 待ったよ……(涙)。
自分はbolze.のラブラブエロマンガが全同人作品でトップクラスと言っていいほど好きなのですが、最後の最後にきてただのラブエロで終わらなかったことが逆にこの作品への愛着を深める結果となりました。 ムリヤリ→隷属なネタよりも、こういった作品をもっとどんどん出してほしいと思ってるのはオレだけでしょうか。


bolze. 「Baby Bitch/Super Bitch」(ステルヴィア、18禁)
 お気に入り度:★★★
ああーしーぽんがーお嬢がーなまんがと、しーぽんの弟と小唄のおねえさんがーなまんが。


夜間飛行 「Primula Sieboldii」(RO、18禁)
 お気に入り度:★★★★
夏コミで買い逃してとてもとても口惜しい思いをした本なので、見つけたときの喜びもひとしお。 内容は♀プリたんがくすりでちょーきょーされてーな感じ。



未購入リスト ・BIKE BANDITS(フランスパン



9月22日

こ2日、雨のせいでたいへん寒うございました。
今朝も寒かったので、長袖シャツを着て出かけようとしました。

ガチャ。


寒ッ!!!
ばたん。


再び外に出たとき、私はセーターを着ていました
そして傘を差す必要がないくらいの小雨の中、駅に向かったのでした。
雨粒の中に時折ふわりと宙を舞うものが混じっていたように見えたのはきっと気のせいでしょう

-----

しとらさんの掲示板に興味を引くことが書いてあったので電撃−フィギュアいらんから安くしろ−大王を購入。

「よつばと」は、あいかわらずというかますます強まった“あずまいずむ”が炸裂。 無敵です。
ところでこれってヘルシングでやっても大して違和感ない気がした。 婦警がミレニアム本部に乗り込んで鉄砲撃ちまくり。 むろん実弾で。 でも弾はただの鉛玉なので撃っても誰も死にません。 血まみれにはなるけど。 あ、やっぱ一人は死人がでるな。 んじゃその役はベルナドット(←とーちゃん)で。

「月姫」は、先月号の第1回を見事に読み損ねたことに今さら気づいてかなり口惜しいのですが、第2回を読む限りだとなかなかいいんではないでしょうか。 今後に期待。

「宵闇」。 これが大王購入の直接の要因。 うしとらさんがうしとらさんの掲示板たわごとページ(9/23修正)で「宵闇でいろんな国の言葉が出てる」と書いてあったので気になったというわけ。
で、読んでみると…、うわぁ、ホントにいろんな言葉がありすぎ。 しかし意味はどれも「こんにちは。 すみません、あなたのお名前は何でしょう?」のようでした。 それにしても、どれも同じ意味とはいえこれだけの国の言葉を作者は一体どうやって知り得たのか。 語学学校とか、はては大使館あたりにでも問い合わせたんだろうか? 後で2chの八房龍之助スレでも見ればいくらか答えが載ってるだろうと思いつつ仕事を終えて帰宅。
…まさか全解答が書かれてるとは思いませんでしたが。 しかしそれと同時にこの神業の仕掛けも判明。 語学サイト「スペースアルク」から「世界の言葉」−「世界のあいさつ」−「インデックス」で、宵闇に出てきた各国のフレーズをすべて見れます&聴けます。 すごいやアルク(某真祖のことではありません)。
(以下蘊蓄)アルクのページ丸写しのせいってこともあるでしょうけど、あの二人にしては丁寧な尋ね方でしたね。 仏語・伊語・西語・独語に限って言えば、「君、名前なんてーの?」だとちょっとだけ訊き方が変わります。 どう変わるのか、興味があれば調べてみると後々役に立つかもしれません。役に立たないかもしれません。


おひさしぶりです。
そんなわけで、明日はサンクリ。
外は寒いでしょうが(そして中は暑いでしょうが)頑張りましょう。




9月13日

況。

・月のすぐ近くで赤く輝く火星をしばし眺める。 某ゲームのおかげで火星萌えなので少し感激。
・サッカー日本対セネガル。 柳沢がスカったシーンは、一瞬何が起こったのかわからんかった。
・仕事がタイヘン。 今まで頑張って貯めてきた作業の貯金をほぼ使い果たす。
・座頭市がすごくいいらしい。 ヘルシング信奉者たちが言うのだからオレも期待していいのだろう。 鑑賞予定リストに追加。
・いやそれよりもエー桃だろう。 ひさしぶりに本屋で顔面を痙攣させてしまった。 そしてアレの告知が。
・クロ高のメカ沢、なんとキャストが3人いるらしい。 ソース:日経エンタテインメント日経キャラクターズ(9/23修正)。 そしてそのキャスト
にでらDVD。 Vol.3ぐらいまでは出してほしい。
・そして昨日の仕事の帰り際に国家権力の すごい 実態を垣間見る。 もう、すげー、としか言えない。
・TV Brosでガン種(←実は最近毎週見てる)特集。 フレイ様の「やっちゃった」シーンを取り上げてないのは片手落ちとしか言えない。
・関連:海外のアニオタからフレイ様へ。 (BRAINSTORMより)
・今日のガン種、キス4連発。 このうち死亡フラグは果たしていくつ?


そんな感じでまあ普段通りです。 たぶん。

世間は3連休ですが、オレは早くもそのうちの1日を寝てつぶしました。
残り2日。 どこかに行く人は気をつけて、そして楽しいひとときを。 HDDがぶっ壊れちゃった誰かさんは……イ繊




9月9日

ちょっと、「今までの○十年の人生って一体何だったんだろう」と思うようなことがあったので、しばらく自分自身を省みる期間を設けます。したがって、しばらくの間サイトの更新が滞ることになると思います。
私の精神の弱さ・未熟さによって直接・間接的に迷惑を被ったみなさん、本当に申し訳ありませんでした。 何のことだかわからないという方は、どうかそっとしておいていただけると助かります。
連絡はメール・ICQ・PHSなどで承ってますので、どうしてもというご用のある方はそちらへお願いします。




9月3日

週の「トリビアの泉」の金の脳。

111111111×111111111=12345678987654321


「そんなん常識じゃーーー!!!」とちゃぶ台ひっくり返さんばかりの勢いで暴れてたら、「そのトリビアけっこう感動した」とづまに言われて激しくショック。 …え? みんな電卓で遊んだことない? 小学校でかけ算の筆算習いたての頃に111・・・×111・・・の計算をやってみたことってなかった? 算数や数学の豆知識の本に出てこなかったっけ? オレだけ? オレだけっすか? 「そんなことないよ」ってだれか言ってくれ_| ̄|○


追記。 数学板トリビアスレより抜粋。

>ああくだらないな酒のつまみにしかならないネタだな、ってのがトリビアだ。

  数学の本質だな・・・


確かに。 数学って、他の分野に応用させないとホント酒のつまみにしかならないよな〜。


-----

はさかのぼりますが、歯はとりあえず何とかなりました。 かなり持ってかれたけどな(といっても2.5Kだけど)_| ̄|○ 「健康保険に入れ」とお医者さんにもづまにも言われますた。 近いうちに市役所に行こう…。

まあそれはともかくとして、これでアイスオフへの準備が整いましたよ。 お兄ちゃんにメールも出したし、一休み……(うとうと)


(ぱち)


あ、ステルヴィアの時間過ぎてる_| ̄|○ ←今日はこればっかりねかざみさん




9月2日





歯の詰め物が取れた。





大ピンチッッッ!!!




ついでに言うなら保険証もないのでさらにピンチっ。
有り金が全部消えるかも・・・(ガクブル)。


マヂでヤバいぢゃん。 どうするよ・・・_| ̄|○





9月1日

う〜ん、蒸し涼しいよ〜(汗)

-----



藤枝雅さんが祐巳&可奈子ロザリオ授受の絵を。
藤枝さんのサイトにある日記(2003/08/31)も参照)


さあ!!諸君!! 萌えさせたり萌えさせられたり泣いたり泣かせたりしよう
さあ 乾盃をしよう 宴は遂に今宵・此の時より開かれたのだ
乾盃(Prosit)!!



面白くなってきました。
おそらくコバルト編集部にも瞳子派&可奈子派からの手紙や葉書がどんどん届いているのでしょうが、所詮それらはほとんど私たちの目に触れることはありません。 このような“一定の理性と秩序の元で”、“目に見える形で”、“リアルタイムに”行われるバターユこそ、ファン活動における最高の醍醐味のひとつ。 いままさに、その号砲が決定的に鳴らされたと言ってもいいでしょう。

個人的には、登場人物全員が納得のいくような形であるのなら、祐巳がどちらを妹にしても構わないと思っています。 そしていまの祐巳ならば、登場人物みんなが納得できるような結末へ導けるのではないかという気がします。 あとはその展開に対して(他の方はともかく)オレ自身が納得するかor好意を抱けるか、でしょうか。 まあこれも、祐巳が祐巳である限りはオレ的に大丈夫っぽい予感。
藤枝雅さんの日記に書かれているすべてはマリア様と今野緒雪さんと祐巳ちゃんの御心のままには名言だと思います。
見てて楽しめる間は、この主張発表会を温かく見守ることにしましょうか。
即売会での各サークルの動きにも注目かも。


-----

ルカディア最新号をゲッツ。 目当てはボダソのインタビュー。
もうDC版開発は終わった…のかな? お疲れさまです>スタッフの皆さん
DC版は決死の覚悟で発売日ゲットする所存です。
あとはPSコントローラ用コンバータをゲットできれば完璧。 斑鳩のときの失敗を繰り返さないためにも今度は早めにゲットせねば。 まだ買ってないのかというツッコミは禁止(笑)。







トップページへ