私の雑記です いよいよ本格的に寒くなってまいりました。

2001年
12月の日記へ 11月の日記へ 10月の日記へ 9月の日記へ 8月の日記へ 7月の日記へ トップページへ



1月31日

れ書き終わってセーブする直前にPCが固まりました。
よって今日掲載予定だったKanon第1回視聴レポートは超ダイジェスト版で
お送りします。

まあ、前番組として放送されていた絵が良くてシナリオ最低な某クソアニメよりは
はるかにマシだと思いました。 この際、絵がどんなにヘタレでも話が良ければ文句は
言わないです。 ただ、ゲーム上では各キャラのシナリオが互いに完全に独立している
ので、そこをどう料理するかという問題が今後常に立ちはだかるわけなのですが。
あとは、國府田名雪のすばらしく妙な塩梅で間延びした声が印象に残りました。
なるほど、これは確かにひく人がいてもしょうがないかも^^;。

もうひとつ。 実は音声で「うぐぅ」を聴いたのは今回が初めてだったりします。
ふむ……、なるほど。 とりあえず脳内HDDに音声を保存。



1月30日

話は、ひととおりすますことができました。
母国語が全く通用しない場所にいきなり放り込まれると、大抵の人間がいかに無力と
なるかがよくわかりました^^;。 でも外国語が全くといっていいほど話せない妹は
簡単な単語とボディーランゲージだけで意志疎通を図ったらしいから、ある程度の
根性としたたかさを持っていれば何とかなるんでしょうね。 持ってれば。



1月29日

ぅ…、なんとか別の店で予約を取れたみたいです、奇跡的に。
それにしても疲れました、精神的に。 そのかわり英会話に関してほんの少しだけ
根性がついたような気がします。
あとひとつ予約を取っといた方が良さそうな店があるんで、明日また電話しなきゃ…。



1月28日

局、 日にちを替えたりして何度かトライしてみたものの「予約どころかキャンセル
待ちリストも既に一杯です」といった内容の返事が。 やはり高級レストランの予約を
10日前にするというのでは遅すぎた模様。

しかし……、疲れた〜〜〜〜〜〜〜〜。
なんちゅーか、ずっしりと重い敗北感にただいま押しつぶされております。
外国語会話になれていない人間がいかに実戦に弱いか、そして実戦は経験を積み
重ねてナンボのもんだという当たり前のことを、実際に痛感させられました。
電話する前に、言うべきことをあれこれと考えてはいたのですが、いざ本番となると
そんなもんは軽く吹き飛びましたね。 こっちが話せたのはホントに片言のみ。
辛うじて通じただけでも奇跡なんじゃないだろうかと思うくらい。 悔しい。

このままでは、依頼者側(妹)もオレも諦めがつかないので、明日も別の場所に電話
してみるつもりです。 予約を取れるかどうかは別にしても経験値は積めるしね(笑)。



1月27日

後の新幹線に乗って帰宅。

そんなことよりも聞いてくださいよ。
昨日ウチの妹がオレに話しかけてきたんですよ。

妹「お兄ちゃん、あんなぁ、今度の旅行でこのレストランに行きたいねんけどな」
俺「…あぁ? (ゲ、めっちゃ高そうなレストランっちゅーか高い、むしろ高すぎ、いや
 それ以前の問題としてこれって外国のレストランなんですが)」
妹「んでな、ここって、2週間ぐらい前に予約せなあかんねん」
俺「ふ、ふぅぅん……、そ、それで?」
妹「お兄ちゃん、予約とって
俺「…ええッッ!? ちょ、ちょっ、待っ…、そんな、オレ英語なんて実践でほとんど
 喋ったことないのに!?」
妹「(ピッポッパッ)はい、受話器
俺「ええ〜〜〜っ!!(泣きそうな、いや泣き顔で)

(trrrrrrr......)
俺「(ああ…、保留音の時点で既にちがってるよぉ…)」
(trrrrrr......、カチャッ)
俺「(き、きたあぁっっ…!)ア…
声「〜〜〜, bonjour. 〜〜〜〜〜、〜〜〜9 heures. 〜〜〜……」
俺「(…あれ? これって、留守電?) (妹に)なんか、留守電みたい…」
妹「あ、そうなん? (本を見て)ああ、このレストラン、土日休みやからちゃう?」
声「〜〜〜, thank you for calling. …Merci 〜〜〜(プツッ)」
俺「(受話器を切って)……ああビックリしたぁ〜〜〜!
#「〜〜〜」の箇所は、聴き取れなかった、もしくは聞いていなかった部分です。

ちなみに、留守電の内容はこんなかんじでした。
前半は仏、後半は英語。 大まかな意味は「当店は金曜夜・土曜・日曜は休業しており
ます。予約などは月曜日の午前9時から承っております」って感じ(だと思う…)。

その後、オレが帰宅してから自宅に電話してきた妹は、「明日また電話かけてな」と、
こっちの気苦労も知らずに言ってのけましたとさ。

は〜わ〜わ〜〜〜(泣)。



1月25日〜26日

執筆中…。



1月24日

Sさんより、昨日取り上げた4コマに関する正確な情報を教えてもらったので修正。
情報感謝です〜>Sさん

-----

りにガマンできなくなってRezのサントラを購入、聴いてみました。

結論。
テクノ好きは買え!!

おすすめトラックは2,3,4,9あたりかな。
ただしゲーム中に流れてる音楽の再現性はメチャメチャ低いので、そこらへんを
気にしまくるような類のゲームミュージックファンにはおすすめしません。

…あ、海外版Rezのパッケージ、ちょっといいかも。



1月23日

うにか、人並みの量の食事を摂れるぐらいには回復した模様です。
つまりカゼは治ったということらしいですね。
ただ、頭痛や筋肉痛など、スノボ&スキーの後遺症は続いてます。
筋肉痛はともかくアタマをやられてるのは流石にマズそうなんで、頃合いを見計らって
医者に行ってみようかと。

-----

Sさん提供のネタ。
某アイドル系TV情報誌に掲載されていた(らしい)4コママンガのひとつにて。

「おまえglobeのファンだったよなー」
「なんだアニメおたく」
globeの曲がアニメのオープニングになってたぞ」
「アニメ?ドラマじゃないの?」
「日曜夕方6時半から7時までの “サ”からはじまって“ン”で終るタイトルのアニメ」
「“サ”…“サ”ザエさ“ん”ー!?<サザエでトランス!? >」

せっかく病がおさまったというのにまた一瞬お花畑を見ましたよSさん。
もちろん面白すぎて。

-----

"The Chamber of Secrets"読了。
今日、一気にラストの2〜3章を読んでしまいました。
なんだかんだ言ってもやはりクライマックスになると緊迫感が出てくるので、思わず
のめり込んでしまいますね。 それに「物語の内容を少しでも良く理解しよう」としてる
自分(読者)自身の緊張感もプラスされてテンション倍増ってところでしょうか。
そんなわけで、「ハリー・ポッターの物語を英語で読む」ことがこの上なく楽しい
と感じずにはいられない今日この頃です。

次は第3巻"The Prisoner of Azkaban"に突入するのですが、日本語版3巻を既に読み
終えた友人のまっちゃん曰く、「3巻がいちばん先の展開が読みにくくて面白い」
とのことなので、私としても非常に楽しみです。 そろそろ、辞書を携えてじっくりと読み
進めていく方針を試してみてもいいかも…。



1月22日

きてみる。
少なくとも病気の悪化はないらしい。
かといって良くなっているわけでもなさそう。
トイレに行って帰ってくるだけでも頭がくらっとする。 ちょっとだけ気分も悪い。
もう1日おとなしく寝ていることにする。

昨日からほぼ丸1日寝転がっていたおかげで、夜にはかなり回復。
でもまだ油断は禁物。 ネットサーフィンはほどほどにして早く寝ようっと。



1月21日

れは、突然やってきた。
スキー旅行から帰ってきたときには、ただ身体が激しく疲労困憊していただけだが、
翌朝起きて家を出る直前。

腹をこわしました。

おーい、いくらまっちゃん(友人)がスキーのときに腹をこわしてたからって、今度は
オレかー!? などとちょっぴり余裕かましてられたのも午前中まで。
お昼の休憩後も体調は悪化する一方。 電話の途中で猛烈な吐き気に襲われるなど
だんだんシャレにならなくなり、これは仕事にならないということで仕方なく早退。
雨の中を帰宅した後は速攻でパジャマに着替えて就寝。
これだけではなんなので、しばらくしてから菊花茶とご飯をごく少量食べた後で薬を
飲んであらためて寝。

こんだけボロボロになったのって一昨年の夏コミ以来かも。
あのときは、コミケ当日にも関わらず3日間で半日も寝てなかったのがモロに効いて
復活するのに一週間ぐらいかかったっけなぁ…。
明日には少しはマシになってるといいな。



1月20日

執筆中…。



1月17日

TV版ヘルシング最終回をリアルタイムで鑑賞しました。

んー…。
絵は綺麗ですね。最終回なだけあって頑張ってます。
声も約1名を除いて(といっても厳密に言うと声優さんの責任ではない)完璧。
音楽は…、個人的にあまり好きな方ではないような曲もありますが、まあ許容範囲。

うわ、婦警が○○!!
(あまりにアレな発言につき自主規制。 ヒント:出血の仕方に問題ありすぎ)

ある意味、最終回イチバンの見所かも(笑)。

あとは…、原作の存在を先に知っていた者としては特に語ることはありませんって
ことで。

後でづまより「アンデルセンが一瞬だけ出ていた」ことを教えられました。
あー、シナリオのアレっぷりにばっかり頭がいってて全然気づきませんでした。
まあ、変に暴れさせられなかったので良かったんではないでしょうか。

それから、アニメヘルシングの最終回がエヴァの最終回とタメをはる出来だという
コメントが至るところで目につきました。
個人的見解では(注、あくまで最終回限定です)、
1.アニメーションとしての出来はヘルシングがダントツで上
2.作品内で語られていたこと(≒シナリオ)に関してはエヴァの圧勝

ということになっているのですがいかがでしょうか。
もし上に挙げた1.及び2.の究極二択を迫られるなら、私は迷わず後者を採ります

まあ、なんにしても悪夢はこれで終わり。
来月にはおそらく発狂しそうなほどの快楽が待ち受けていることでしょう。
ある意味これも悪夢の一種かもしれませんが。
(念のため言っときますけど、コレのことではありませんからねー。)



1月16日

2巻も中盤にさしかかりました。>はりぽた
そして、我らがハーたんの身にとんでもないことが!!ってところまで
読みましたよ!

UO---------!!!!! ←Ultima Onlineのことではありません(笑)
なぜローリング女史(作者さま)はハーたんの○○を●と△△△だけにしてくれ
なかったのかーーーーー!!!
(超ネタバレにつき伏せ字↑)

ハァ、ハァ、ハァ……。
ま、まあ、作者さまはイギリスの方ですからね。
私らのようなダメっぷり極まる日本のオタク野郎の汚れた願望に応えることなど
ありえないってぐらいわかってますよ、ええ。 それに、我々はたとえどんな偉大な
魔法使いでも為し得ない、究極の暗黒魔法
を切り札として持っていますから…。
そう、「脳内補完」という魔法を!!


(しばらくお待ちください)


ふう……、堪能したぜぇ〜…(妙に晴れやかな表情で)。
ローリング先生、私は心を込めて言います、手を合わせ、
「ごちそうさま」と!

オレの中で、ハーたんの無敵度が20ポイントアップしました。
オレ自身のダメさ加減は200ポイントぐらい跳ね上がりましたけどね。

-----

ころで、突然だけど聞いてくれよ。 今までの話とは全然関係ないけどさ。

いつだったか忘れたけど、近所のCD屋行ったんです。CD屋。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで入れない…なんてことは全然なくて
いつも通りすいてたんですけど。
で、よく見たらなんかコーナーが設けてあって、TM NETWORK復活、とか書いてあった
んです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
小室な、たかが自分の作った曲の売り上げが落ちたからってFANKSの俺ですら
望んでないTM NETWORK復活なんかさせんじゃねーよ、ボケが。
TM NETWORKだよ、TM NETWORK。
なんかGET WILD DECADE RUNとかやってるし。過去の栄光にすがってリミックスか。
おめでてーな。
「リスペクト いつも きみをたたえてた」とか歌詞に書かれてるの。もう見てらんない。
お前らな、1500円やるからとっとと解散しろと。
TM NETWORKってのはな、もっと邦楽の先鋭っぽくあるべきなんだよ。
過激派FANKSと小室狂信者との間でいつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。 才能の枯れた奴はすっこんでろ。
で、だいぶ日が経ってやっと騒ぎが落ち着いたかと思ったら、某掲示板で、TMの
Trance Remixアルバム発売決定!とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな小室、トランス・リミックスなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、Trance Remix、だ。
お前は本当にトランスが好きなのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、流行の尻馬に乗ってるだけちゃうんかと。
トランス通の俺から言わせてもらえば今、トランス通の間での最新流行はやっぱり、
ゴアトランス、これだね。
サイケデリックなゴアトランス&キノコ。これが通の楽しみ方。
ゴアトランスってのは怪しげな音が多めに入ってる。そん代わり爽やかさが少なめ。
これ。
で、それにキノコ(マジックマッシュルーム)。これ最強。
しかしこれをやると次からおまわりさんにマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあ小室大先生は、avexのサイバートランスでも真似してなさいってこった。


∀・)


今さらなんてもんじゃないほど使い古されたネタでスンマセン。
さらに謝っておきますが、文章中おかしな表現が多々あるかと思いますがっていうか
あります(特にゴアトランスのくだり)。 寛大な心でもって見逃して頂ければ幸いです。

いやなんでいきなりこんなネタ書いたかっていうと、実は先日会社で新生TMのマキシ
シングルを拾いまして(ぉ。 タイトルは「IGNITION,SEQUENCE,START」ってんですが、
これがまた悪い意味で小室的で…。 1〜2小節のフレーズを何度も何度も繰り返すわ
歌詞をメロディーに載せるのが致命的に下手クソだわ、とにかく魅力が感じられない。
こんなことになるのなら、あのとき(1994年)に小室の存在を伝説にすべきだった…、
とさえ思ってしまいます。(ちなみに、婉曲表現を使ったつもり(笑)↑
とかいろいろと黒い感情が溜まったときにふとネタを思いついたんで、いい機会だと
全てを吐き出した次第です。 お目汚し失礼しました。

そうそう、私は食べたことないですからね、幻覚キノコ

-----

ままで黙っていましたが、実は明日からスキーに行って参ります。
(ここ数日取り上げている「旅行」とは別件です、念のため)
したがって明日から日曜日まで更新が止まりますのでよろしくお願いします。

あー、なんにも準備してないや。 ま、明日でいいか。

-----

スフィーたん、ついに遙EDにたどり着けたようで。 めでたいめでたい。
そういやオレの君望プレイ、途中で止まってるんだった〜(泣)。 悲すぃ……。



1月15日

りぽた関連でこんなのみっけました。

コレ。

読み込みがちゃんと完了してから一気にスクロールバーを下に動かすと吉(笑)。

-----

日の日記で「亞里亞たんのおにんぎょといっしょに記念写真とれ」とか
ぬかした阿呆に対し敢然と抗議したところ、

「じゃあ同伴者に亞里亞コスさせて記念写真とれ

という返答が返ってきました。

…貴様とは一度じっくり腰を据えて話し合いをする必要がありそうだな。

まあ仮にコスの話をもちかけたところで同伴者はシスプリのシの字も知らんので
思いっきり不審がられる程度で済むでしょうけど(それでも十分イヤだが)。
あ、ここを見てくださってる方(いるのか?)に誤解のないように言っときますけど、
同伴者は女性ではありますが血の繋がった家族ですんで期待しないでくださいね。

-----

近の巡回ルートのひとつ、グエンディーナ・ニュース
やり直してもやり直しても遙たんEDにたどりつけないスフィーたん萌え(笑)。

-----

いに、会社の人にこのサイトの存在がバレました(笑)
もっとも、バレてもさほど問題なさげな方でしたが。 とりあえず軽く口止めはしとこう。
だってここロクなこと書いてないし。

ついでに、その人からなんとウチの日記を一部転載したいという依頼を間接的に
受けちゃったりもしました。
しかし…、よりによってこれですか(笑)。
もちろんその部分に関してだけは(爆)転載されても全然問題ないので遠慮なく
使ってやって下さい、との伝言をお頼みしました。 さすがにこのサイトへのリンクは
ご勘弁願いましたけど^^;。←一応ひとつまみの恥と外聞は持ち合わせてるらしい

というわけでSさん、なるべく他の方にはココのことバラさないでくださいね^^;;;。



1月14日

にげに3連休だったこの3日間。 今日はその最終日。
実家から帰る途中だったづまに会い、旅行の話をする。

ところが…ところがだ。
いろいろと買い物を頼まれたのはいい。 オレも何かしらお土産を買うつもりだったし。
しかし…、言うに事欠いて亞里亞人形つきで記念写真取れたぁ何事デシか!?

いや、正直、これが単身旅行だったならやってもよかったかもしれないと思う(この
時点で既に社会的にダメ
というツッコミは他人からされる前に自分でしておきます)。
しかしだね明智クン。 実際には同伴者がいるのデス。
しかもそれはオレの家族で、いちおう人並みには良識ある人間なのデス。
そんなヒトの目の前であーた、それこそ麻酔抜きの抜歯なみにイタさ炸裂なコト
やった日には…、
縁切られますよ?
口きいてもらえなくなってしまいます。
うさぎだったら寂しさのあまり死んでしまいます。
流石にそこまでハイリスクローリターンかつノーフューチャーな賭けに出るのは、いくら
ヲタの端くれのオレとはいえ固く辞退させていただく次第でしてそれ以前にぬいぐるみ
とかカメラとかフィルムとかはちゃんと用意してくれんだろうなゴルァとか思ったりなど
してみたりなんかしちゃったりして要はカンベンしてくださいお願い(泣)。

夜、同伴者より電話。 観光や買い物のスケジュールに関して打ち合わせ、っておい。
この電話、千葉−京都間の長距離電話だぞ。 いくら電話代が向こう持ちとはいっても
ヤバいんじゃないか? これからはなるべくメールにしよう。 でないと向こうの電話代が
とんでもないことになりかねん。

-----

リポタ関連でちょっとよさげなリンク。

Scholastic社(アメリカ版の出版社)内のHarry Potterコンテンツ(要FLASH)
「About the Books」 内の「Pronunciation Guide(発音ガイド)」で、作中に出てくる
主な名称の発音を聞くことができます。
また「Wizard Challenge」は、既刊である4巻までを対象としたクイズ。 日本語版は
3巻までしか出てないので日本人には厳しいかも(それ以前にここ英語コンテンツ…)。

そうそう、「Voldemort」の箇所は必ず複数回聞くように(笑)。>発音ガイド



1月13日

日中 ボーッとしつつ、時々思い出したように旅行ガイドとにらめっこ。
早いうちに観光プランをまとめといた方がいいかも。 とりあえずは行くのが確定してる
場所と行きたいところを分けてリストアップするところから始めるか。

などと考えているとうしとらさんよりメールが。 私の旅行先を推測してくるとは…(にや)。
しかし惜しい! そこじゃないんですよ〜。 ものすごく近いけど(笑)。
正解については後日メールしますので、その上で、もし何か買ってきてほしいものが
あれば教えてください>うしとらさん



1月12日

ラッピー って知ってますか?
むか〜しむかしにファミコンにも移植されたゲームで、黄色くてむっくりとしたまるで
ぬーぼーみたいな
キャラ「フラッピー」を操って青い岩を青い床まで運んでいく
アクションパズルゲームです。
それがなんとネット上からゲーム本体を無料でダウンロードできるようになった
のです!
「FLAPPY WORLD」のHP。ここから本体をDLできます。
この情報を知った私は懐かしさのあまり光の速さでネットにアクセス、本体をDL。
そして早速プレイ。
リメイク版ということで、ファミコン版とはグラフィックデザインが多少異なるものの、
ゲーム自体はまぎれもなくフラッピーでしたし、かわいげのあるキャラも昔と同じ。
(ちなみにファミコン版の画面はこちらのサイトにあります。)
本体に同梱されているマップのほとんどが純粋なパズルなので、アクションが
苦手な人も安心。 難しいマップはほとんどないので暇つぶしにも最適。
ぜひプレイしてみてください。

-----

行先の観光&買い物のための下調べをすべく、某観光ガイドを購入。
この手の観光ガイドって、軒並み1700円ぐらいするのな。 くそ、足下見やがって。
はっきりいって今までの旅行とは勝手が違うので、同伴者がそこへの旅行経験が
あるとはっても懸念事項は山盛り。 そうでなくても3日間の自由時間でどこへ行くか、
あるいは何を買うかを絞り込むのに四苦八苦しなければいけない。 本気で頭痛く
なりそう。 この苦労に見合うだけの楽しみが得られればいいんだけど。



1月11日

コミで買いそびれた同人誌を物色しに秋葉原へ。
しかし同人誌を買いまくるとヤバいことに気づき、極力買い控える方向で探索開始。

結果、きょう買った物はこれだけ^^;。

渡辺製作所
「えあふり 観鈴ちん危機一髪」
(AIR、アクションゲーム)
観鈴ちん(or佳乃、美凪)を操って敵の追跡をかわしつつ彼女のおともだち(笑)を
出口まで連れていってあげるのがゲームの目的。 マップに浮いてるおともだちを
拾って全員を出口に連れて行けば面クリ。 全50面。

ん〜、なかなかいいですねぇ。
要求されるキャラクタの操作(移動、敵の回避など)がかなりシビアなため、ゲーム
それ自体の難度はかなり高め
なんですが、かわいいキャラアクションとサウンド
(特に効果音!)
のおかげで神経がささくれ立つことなくゲームをプレイできます。
作成されたマップや敵の動きもかなりバランスよくできていると思います。
というわけで「難しい=つまんない」という思考を持ってない方にはオススメ。
でも「フワフワした動きが苦手」という方にはあまりおすすめしません。

帰りにトラタワによって、個人的に注目しているゲーム「斑鳩」を見物。
(ゲームの概要はこちら「Treasure Box」コンテンツを参照)
うわー。 今回もシルバーガン同様ひと目でパズル要素が高いとわかる面構成だなぁ。
それに、同属性の攻撃なら弾幕だろうがレーザーだろうが吸収してしまえる爽快感。
あと思わずたじろいでしまうほどの綺麗なCG。
ああ、金さえあればやり倒しているはずなのに……。 悔しい、悔しすぎる…!



1月10日

日の予告通り、仕事が終わった瞬間新宿に飛んでいってお買い物。
購入物は以下の通り。

・HARRY POTTER and the Chamber of Secrets
・HARRY POTTER and the Prisoner of Azkaban
・HARRY POTTER and the Goblet of Fire
(以上、イギリス版)
・「ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本」
(向山淳子・向山貴彦、幻冬舎)
これらはあらかじめ買うと決めていたもの。 これで5K近くの出費。 嗚呼…。

・アルカディア2月号
密かにやりたくてしょうがなかったりする(でも金がなくてできない…)トレジャーの
シューティング「斑鳩」の攻略が載っていたので購入。

はりぽたの原書を買うついでに他国語版のはりぽたがないかどうか探してみたところ、
ありました
まずドイツ語版。
ハードカバー版しかないたぁどういうこった。いやそもそもペーパーバック版
自体が存在しないのか? 本の値段も3.5K超。 ちなみに4巻まで出てました。
とりあえず中身を拝見。 …知らない単語が多すぎるので辞書がないと読めねぇ。
フランス語版。
こっちはちゃんとペーパーバックもありました。 しかも英語版より安い。
近いうちに買っとこうかな。 こちらも4巻まで置かれてました。
その他、スペイン語版やイタリア語版もあったりして、本当に世界中で読まれてるん
だなぁと感心してみたり。 まあ有名な書物はほとんど各国語版が出てて当たり前
だとは思うんですが^^;。

-----

ャーーー!!!
「7人のナナ」第1回をビデオに録りそこねたー!!

とりあえず来週からはこんな事がないようにと録画予約を入れておいたけど…、
Gガンで今川監督の作風に毒された身体を持つ者としては今回はどうしても
見なければと思っていただけにショック大です。 ガクーリ。



1月9日

月に行くことになっている旅行のために必要な書類を提出。
これでひとまず肩の荷(のうちのひとつ)が下りた感じ。
次は観光&買い物のための下調べかぁ。 コレが何気にタイヘンそう。 だってオレ
その旅行先に関する細かい知識なんてないも同然だし。

明日は給料日。 給料が入ったら早速アレを買わねば。 たとえ今月が死ぬほど厳しい
生活になると分かっていても…!



1月8日

じ部署のSさんから最高級の中国茶をいただきました。
「桂花茶」というんですが、なんとビックリ! 金木犀のお茶なんです!
ウチに帰ってすぐにお湯を沸かして、ワクワクしながらお茶をいれてみました。
#ちなみに中国茶は、湯飲みに葉っぱをそのまま入れてからお湯を注ぐのが正式な
#いれ方だそうです。お湯を注いでしばらくするとちゃんと葉っぱは沈むので安心。

お湯を注いだ次の瞬間、湯気にのって金木犀の芳香がぽわ〜んと。
もうそれだけでご飯3杯食った気分になりましたいやマジで。
お茶の味の方は、濃いめの味が多い中国茶の中では割とすっきりめ。
文句なしに極上な香りとあわせて楽しむのがこのお茶の正しい味わい方でしょう。

ちなみに値段は味や香りに見合った最高級レベルでして、10g1200円だとか。
…たまになら、買ってもいいかな。

-----

ミケ購入物リストを更新。
今回の(自分が見て回ったところの)総括みたいなものも追加。
でもホント今回は金文体が大流行でしたよ。
まるでエヴァTV放送時の綾波レイがごとく。
bolze.スタイルは、ヘタに濫発すると同人版アタリショックが到来しそうな予感が
するのでほどほどにしていただきたく思う次第でありまして。 そんなことないか。



1月7日

2002年最初の出勤日〜。
前の日の夜についうっかりこたつで2時間ぐらいうとうとしてたせいで全然寝つけず。
布団の中で10回は目を覚ましたような気がする。
そうこうしてるうちに時間になったんで出勤。

電車に揺られる日々が再び始まったのではりぽた読書再開。
去年1巻を読了したので今度は2巻の最初から。 そろそろ知らない単語も放置せずに
精読する方向でいってみようかとも思い始めてるのですが、どうなんだろう。
いや、今流行ってる言い方だと「どうすればいいんだ」か。

会社。
実際に机に座って作業してると、やっぱり休みボケはあったんだなぁと実感。
電話の応対に忙しいせいもあったけど、作業が遅々として進まず。
ああー、今月のスキーと来月の旅行のためにも早巻きでやらなきゃいけないのにー。

お正月土産のお菓子が山のように差し入れされてたのでみんなで食べる。
鶴屋吉信の高級和菓子を始め、どれもおいしうございました。
給料日前で食生活がかなりひもじくなっている身なので有り難み20倍増(オレ比)。

帰宅。
実家より「旅行に必要な書類を早くよこせ」とのお達しが。
なんかしちメンドくさいことになりそうな予感。

-----



1月6日

濤の正月休みももうすぐ終わり=仕事の日々に戻る瞬間もすぐそこに。
そんな中私は冬コミで買った物を黙々と、しかしのろのろとリストアップ。

-----

わわ〜(ぶるぶる)。

一人の男と、彼に付き従う12人。

そういえば、13人目がいるところも、その13人目が他の12人と違うってとこも似てます
よね。

最後の一文はさしずめ「出カタギ記」といったところでしょうか。
ひょっとして、萌えやエロを抑圧する人々の街は天から降り注ぐ聖なる水によって
討ち滅ぼされたりしますか。 ……コワイヨー。



1月5日

年最初の「うしとらさんいらっしゃい」。
まずはお互いの同人誌鑑賞会。 お、今回の門井さんの新刊は当たりかも。

コミケでは並ぶ気になれないけど、今度のイベントで買えるようなら買っとこう。
次に、うしとらさんがLeafからもらった『箱状の年賀状』を見せてもらう。
中身は…、いやこれに関してはここで語るよりもこれを見ていただいた方がよりよく
おわかりいただけるかと。

そして、個人的にかなり気になっていたペーパーバック版はりぽた別バージョン
見せてもらう。
はりぽたのペーパーバックには2種類ありまして(出版社は同じ)、それぞれ本の大きさ、
ページ数、字体が違うのです。私が持ってる2巻は「小さくて厚い方」で、うしとらさんのは
「大きくて薄い方」。 私とうしとらさんが気に入ってるのは後者。 こちらの字体の方が
個人的に好みなんです。 こりゃあ買い直すしかないか。 新宿南口の紀伊国屋6Fに
あるハリーポッターコーナーに行けばまず買えるだろうとのことなので、給料入ったら
すぐに行ってみようっと。
そうそう、もう一つ。 同じくうしとらさんに見せてもらった「ビッグ・ファット・キャットの
世界一簡単な英語の本」
(幻冬舎)という本がなかなか面白そうでした。
一口で言うと、「英語の仕組みをわかりやすく説明した本」。 英語が苦手な
人にもちゃんと配慮された内容みたいなのでよさげ。 これも要チェキだな。

うしとらさん帰宅後はひたすらPVDの「The Politics of Dancing」を聴きながら日記書き
アーンド最萌Tの観鈴ちん支援などを。
ああ〜、冬コミ購入物リストも作らねば〜〜〜。



1月4日

人、帰宅。
私はというと、帰宅後にHDDの整理。
そんなことよりももっと他にやるべき事があるだろう。
たとえば冬コミレポートとか(ダメすぎ)。



1月1日〜1月3日

あけましておめでとうございます。
今年は新年早々いつもの友人で3人麻雀というなんとも言えない幕開けとなり
ました。 今まで更新できなかったのはそのためです。 ショボーンヌ。

元旦。
今回のエントリーネームは、
・友人K ―― 亜子(夜勤病棟)
・友人O ―― なぁ〜(みさきちが驚いたときの口癖)
・オレ ―― はりぽた

最初の半荘こそ不調だったがその後着実にプラスを重ねる。
この1日だけで四暗刻を2回あがる。

夜は筋肉番付ばっかり見ながら打ってました。 室伏すげえ。

2日。
恒例の新年オフ。
バイキングを食べ損ねた代わりに千葉モノレール初乗車&鰻重で新年会。
その後はづまん家でRezったりカリ城見たりナジカを見させられたり
帰り際にはりぽた翻訳版1巻とPVDの新作を借りる。
実は元旦から2日連続でデニーズのお世話になっていたワナ。
帰宅するものの、鍵を預けた友人がまだ戻ってなくて結局1時間も時間を潰す
ハメになったワナ。

この日は麻雀はほとんどせず。代わりに友人Kのプレイするファイアーエムブレムの
鑑賞会となる(ちなみにSFC版です)。 いつ見てもいいゲームですよエムブレムは。

3日。
これまで私はトップ。勝ち分は+200を超えていました。
それがたった2半荘で完全に消えてなくなりました。
とくにその2半荘目は東1局で国士を振り込み速攻で終了。

最終結果は3人ともほぼ±0という平和な結果に終わったのですが…、
なんか、納得いかないものが…(涙)。

-----

回、友人が借りてきたビデオから特筆すべきものをピックアップ。

・D4プリンセス4巻(最終巻)
まるでジャンプの打ち切りマンガ。 以上。

・Cryingフリーマン4 雄首冬獄
作監がうるし原智志と知って大ビックリ。
でもフリーマンのアニメとしては失格という意見で満場一致。
なんかねー、登場キャラがことごとくさわやかさんでヘンに萎えちゃうんですよ
ねー。 池上絵独特の濃さがないんですよ! それはいかんでしょう。

・おジャ魔女どれみ6巻
あいこっちはオレの中で超要注意人物に決定。
普段はノリのいいツッコミキャラのくせに、自分が主役の回となった途端泣きキャラに
大変身。
それこそ観鈴ちん顔負けなくらいの。

・新カラテ地獄変 血の黙示録
今回のB級、いやC級大賞。
ある空手家の半生を描いたアニメらしいんだけど、ナチの残党を追って南米の山奥に
行って原住民の酋長と戦ったりするというあまりに突飛な展開に首を傾げる ばかり。
見終わった後には、ただただ苦笑いするしかありませんでした。

まあ、このように「なんだかなあ」な感じで始まってしまった2002年ですが、果たして
どのような年になるのやら。
何はともあれ、今年も宜しくお願いします。

今年の目標。
ハリーポッター(原書)全巻購入および読破(現在日本で買える分だけ)。
少しでも金を稼ぐ。


トップページへ