↑光武帝と建武二十八宿伝↑
 中興二十八将,前世以為上応二十八宿
(中興の二十八将軍は、天の二十八星座に感応して生まれたと前代には考えられていた)
建武元功二十八将,佐命虎臣,讖記有徴。
(建武年間の建国の二十八将軍は、天命を受けた武勇の臣下にて、予言書にそのきざしがあった。)
中国の正史『後漢書』より
   ----------- 二十八宿評伝 -----------
      ・鄧禹 ― 孔子に顔回あり、光武に鄧禹あり
      ・呉漢 ― 剛直の死神
      ・賈復 ― 以心伝心の猛将
      ・耿弇 ― 無敵の貴公子将軍
      ・寇恂 ― 蕭何にして藺相如
      ・岑彭 ― 敵国民衆にも惜しまれた仁愛の名将
      ・馮異 ― 孫子に通じた大樹将軍
      ・朱祐 ― 頑固一徹の儒侠
      ・祭遵 ― 棺で凱旋した儒将軍
      ・景丹 ― 突騎の猛将
      ・蓋延 ― 直情の豪傑
      ・銚期 ― 憂国の義士
      ・耿純 ― 文武両道の知将
      ・臧宮 ― 寡黙なる緑林の豪傑
      ・馬武 ― 酔っぱらいの盗賊将軍
      ・劉隆 ― 南越遠征の副将
      ・馬成 ― 光武用兵の体現者
      ・王梁 ― 予言書に翻弄された勇将
      ・陳俊 ― 百姓に歌われた勇士
      ・杜茂、傅俊、堅鐔 ― 河北に劉秀を追いかけた勇士たち
      ・王覇 ― 疾風こそ強き草を知る
      ・任光、李忠、萬脩、邳彤、劉植 ― 河北で劉秀を迎えた義士たち
 
      ・二十八宿考察 ― 二十八将はどのように選ばれたか?
 
   ----------- 雲台三十二将 -----------
      ・李通 ―
      ・竇融 ―
      ・王常 ― 緑林の義将
      ・卓茂
       
   ------------ その他 ------------
      ・馬援 ― 壮士、野に死して馬革にて帰らん
      ・鄧晨 ― 北道主人
      ・来歙
      ・祭肜
   ------------ その他 ------------
      ・王莽 ― 儒教原理主義の帝王
      ・荘尤 ― 新朝随一の知将
      ・王郎 ― 自称成帝の孫の占い師
      ・緑林と劉玄 ― 酒浸り皇帝の実像
      ・赤眉 ― 流浪する民衆反乱
      ・銅馬、呂母、遲昭平、西王母教団 ― 流浪する民衆反乱
      ・鄧奉 ― 哀兵必勝、二十八将を恐れさせた勇士
      ・劉永 ― 河南の帝王
      ・董憲 ― 赤眉最高の名将
      ・彭寵、張豊、張歩、李憲、秦豊、廬芳 ― 天下を狙った小群雄たち
      ・李軼、蘇茂、朱鮪、龐萌 ― 信義と裏切り
      ・隗囂 ― 文王を目指そうとした男
      ・公孫述 ― 蜀から出られなかった井の中の蛙
      ・延岑 ― 死中に活を求む
      ・徴姉妹 ― ベトナムのジャンヌダルク