Counter NCDホームページへ

Yahoo!検索


2013年9月14日 御嶽 → 長瀞 定点練習会 & ちょっとDR  

ばこ、ノナカ、きくりん、さくら、以上四名。
当日は出発まぎわ、多摩川ではなく長瀞に行き先変更となりました。
休憩を除き実質3時間の練習

練習内容:
・スイ―プ
・フエリィーグライド
・ストリームイン
・ストリームアウト
・セルフレスキュウ
・ダッキー乗船操作
・ロール

帰り道、ソバ屋で十割ソバをいただきとても美味しかったです。

「力の長瀞、技の御岳」。先輩たちはそう呼んでいたそうです。。
川田さんいましたか!クー会いたかったなー。

さくらさん、コーチありがとうございました。

添付はパコさん、さくらさんのロール動画です。


2013年8月25日 NCDカヌー初心者講習会  

受講申込者は大人10名、子供4名。
サポートは、RC,n,HK,けん、ゆき、がんた、さくら、まいける、パコ、わしの10名です。


旧ゲート練習場にはいったのは(通称:ジャングルクルーズ)は
25日11時、、、水位が2m40cmだったってコトね

ジャングルクルーズ。。
草ぼうぼうのところは船を横滑りさせて進みながらローラーのように薙ぎ倒す方法を今回採用しました。
なに、前回の講習会で昼食時に上陸したとき、1m以上の雑草の海に船を置いて横滑りさせると
なんの苦もなく大きな広場ができたのを思い出しての援用にすぎんよ、ワトスン君。

いつにない豊富な水量、適度な気温と好条件。みなさん楽しめたのではないかな。 動画アップしたよ。


2013年8月24日 流山花火 スカイミュージカル   

HKさんの最後の言葉、なんでしたっけ?
あてぶれーべ、おぶりがーど
ではないんだが。。
ないんだが
。。。

「バイアコンディオス」
Vaya con dios. というスペイン語です。
直訳すると「神とともに行け」という意味ですが、
実際には別れ際の言葉で、「お元気で、お達者で」
というようなニュアンスです。

昨日はみなさんありがとうございました。
美味しいお酒、美味しい食事、楽しくも取りとめのない酔っ払い集団。
楽しゅうございました。

それと、花火の模様写真撮りました。酒と食事に夢中で少ししか撮りませんでしたがアップします。。


2013年8月18日 館山 沖ノ島付近でカナディアンカヌー   

わっちゃんのカナディアンをお借りして、館山へ
スキンダイビングの基地として活躍してくれました
ありがとうございました by まいける


2013年 8/14・8/15 わっちゃん、がんたさん、きくりんで久慈川ツアー行って来ました  


。厳14日 次の電車に乗りましょう
 初石5:20→おおたかの森5:23→5:28柏5:38→6:58水戸7:28→8:50常陸大子

◆〜備:空気ポンプは3人で2台・がんたさんときくりんにお願いします。
 テントはがんた1人用・わし2人用(がんたのテント)
 コッフェルとバーナーはわしが持っていきます。
 寝袋は各自(多分必要ないと思います・わしはカバーだけ持っていくつもりです)

 毎日の食事はレストランやコンビニ弁当で済ますつもりです。
  コッフェルとバーナーは緊急用程度です。

「初日は常陸大子から山方宿までの26km
二日目は山方宿から久慈大橋を越えて河口までの35kmの旅程でした。
今回自分はこれだけの距離を漕ぐのは初めてでしたが、わっちゃんとがんたさんのサポートのおかげで何とか無事に終えることができました。ありがとうございました。 この時期あいかわらずの釣り師で一番おいしいラインをライニングダウンしたりポーテージもあるツアーでした。
一日目二日目とも長時間を漕ぎ終えたあとはとても達成感があり、一日の終わりその時のビールののど越しが格別だったことは言うまでもありません。 」by きくりん

「花火大会の準備で忙しそうな商店街を抜けて松沼橋から10:03にスタート
すでに花火見物の場所取りシートも置いてありました。
スタート直後から竿のアーチ、おいしそうな瀬という瀬が全く楽しめない。
岩絡みの瀬は通過できず、ハイライトの軍鶏の瀬は優しいフィッシャーマンの心遣いでなんとか通過。
奥久慈橋下流の鉄橋下のテトラ群や御城橋下のテトラ群はなんとかライニングダウンでクリアしたが岩井橋下の堰はポーテージ。
山方宿の清流公園に15:25に到着。
ミニ天丼とざるそばセット1000円也で夕食を済ませ、エコスで明日の行動食、朝飯と食後のおやつを仕入れホテルは当然リバーサイドでした。

 翌日は山方宿を5:55出発、すぐに岩崎江頭首工。
しばらくして辰ノ口頭首工と続くがいずれも魚道をウォータースライダーよろしく豪快に滑り降りる。
(岩崎江は右岸・辰ノ口は左岸)この2か所はポテを覚悟していたので1時間以上の時間節約となりました。
次は木崎橋下流のテトラを積み上げた4段の堰、ここは大人しくポテ、通過に16分(3人でで荷物は積んだまま運ぶ。1人なら荷降して舟と荷物を別々に運びさらに荷乗せするので3倍ほど時間がかかる事になる)
 幸久大橋下流の堰と落合橋(沈下橋)下流の堰はそれぞれ左岸寄りをパスすることが出来た。
 そんな感じで河口まであと6キロまではスムーズに事は運びこの時点でちょうど12時、ところがどっこい海風が吹き始め波は高く、引潮の時間帯なのに漕がないと上流に押し戻される始末。
ゴール間近なのに腹は減るし手は痛いし、おまけにジェットスキー野郎はうるさいし泣きの涙で13:32に久慈大橋下流の第5埠頭際に無事到着しました。
 舟を片づけお魚センターまで1.4キロをコロコロ
ここでマグロのカマ焼きと生ビールで乾杯、いや〜 うんまい
 バスで大甕駅へ出て、初石に18時20分頃到着しました。」 by わし

「いやはやお疲れ様でした。久慈川が予想以上に綺麗で楽しい川だったので、驚きました。
また、鮎シーズンを外して行きたいですわ。」 byがんた

ヤフーボックスに写真を置いておきます。

TDLのウォータースライダーより楽しかったなぁ 良い子は真似をしないでね!!


2013年8月13日 急遽 長瀞DR

参加者
仲、わし、n、m 
上長瀞〜クツなしの瀬DR、自転車積んでクルマ一台で行きましょう
なんせ、ガソリンが160円もするご時世なので。。

長瀞の参加者の皆様お疲れ様でした。
お盆の時節柄現地は人で大賑わい、上長瀞の道という道の両脇に無断駐車がずらりとならび、
セイゴの瀬あたりの樹木が生い茂っているところではデイキャンプのテントが陣取り、
親鼻鉄橋上の駐車スペースも関所ができて通行不可、
上長瀞に向かう線路際の細い道では横浜ナンバーの車とすれ違う地元のおばちゃんの車が
窓越しに怒鳴り散らす事態もありましたが、ひとたび川に入ればそんなことはどこ吹く風、
水量、天候ともに申し分なく、あっという間に久々のホワイトウォーターを堪能できました。
仲さん、また行きましょう!帰宅後のビールはどうでしたか?
YMRAさん、待ってますよ。

ホワイトウォーターは楽しいです。


2013年8月7日〜9日 北上川   


8/7(水)
初日は60キロほど漕いで北上市の珊瑚橋まで、15時に終了。
やはりホテルはリバーサイドです。夜行バスのせいでめちゃんこ眠いです。

8/8(木)
朝5時前から漕いで80キロ宮城県の登米市は錦桜橋に上陸しました。
平泉下流あたりからとろばが多く苦労しました
海を目指せば仕方ないとあきらめるしかないですね。

8/9(金)
任務完了14時に河口の日和橋に到着しました。
途中新旧北上川分岐にある堰はポテには50分かかりました。

3日間で漕いだ距離は196.5Km・実漕時間は23時間43分で平均時速は8.3Km/hでした。
1日目は60.3Kmを5時間52分で時速10.3Km/h
2日目は81.3Kmを9時間26分で時速8.6Km/h
3日目は54.9Kmを8時間25分で時速6.5Km/h
という具合で流速の遅くなる河口部では大変疲れました。
お天気は1日・2日は晴れで3日目は曇り一時雨で辛い区間を暑さから救われました。
終了時には晴れて舟の撤収作業がスムースに進み大変好都合なお天気でした。

さらに風も弱く向かい風に苦労することもなく本当に恵まれた3日間でした。
水上の3日間は天国?でした、手はマメだらけですが、お尻の皮は大丈夫です。

漕ぐのが忙しかったことと暑くってPCの前に座るが辛くて写真の整理が延び延びになりました。とりあえずUPします。


2013年8月3日 鬼怒川DR

参加者
きくりん、HK、ぱこ、仲、下程、n、まいける、わし の8名
車:M号、パコ号 + HK号
艇庫集合8:30 9:00出発
グリーンパークには大量の鮎釣り師!!
下平橋から氏家大橋までのDRに変更

みなさまお疲れ様でした。
天気晴朗なれど釣り人多し!水も少なーい!
当初の計画は二転三転、揚句はどこかの探検隊みたいなことまでして、
漕いでいたのか、引っ張っていたのか、担いでいたのか、水抜きしていたのか、
泳いでいたのか、食っていたのか、ドライブしていたのか、
振り返ってみるとなんだかわからない風変わりなツアーでした。
夏の鬼怒川は増水を待つしかなさそうだねこりゃこりゃ。。


これとは全然違う話。
ところで、「沈脱」を(全部かどうかしらないけど)今の学生は「ダツ」と呼んでるのを、去年のにじます審判しているときにはじめて知りました。
「あの人ダツっちゃったね」「ダツってんじゃねーぞ!」てな感じで使うみたい。「ああ、ダツるねー」と私も内心負けじと返したりしてましたが。
そもそものことなど知る由もないけど、まあなんですかね、おもしろいもんです。
にしてもこの「ダツ」って、同じ名前の魚がいるのをご存知ですか?
刀か剣のようにギラギラと鋭利で細長い体型で、しかもものすごい勢いで海面を飛ぶのです。
とうぜん人に当たればボラのようにはいきませぬ。ヤワなフネなど簡単に穴をあけられます。
まさにダーツだ!なんておちょくってはいけない魚なのです。
で、「あの人、ダツってる」って声を聞くと私はその魚を思い出し、鋭い刃物のように一直線に水面を飛ぶギラリとした姿を想像してしまうのです。
恐ろしい。。


7月28日(日曜日)那珂川DR   


8時 艇庫集合
8時半 出発 (県境まで高速約80Km、一般道約30Km)
 道の駅かつらで着替え、HK号を置いて県境へ(順調に行って11:00頃到着)
 DR約9.5キロの2時間ちょい、HK号で県境まで車回収
きくりん製作 DRルートはこちら

「参加者」
くろいわし
きくりん
HK
   みさとRC
ノナカ
パコ 
さくら 
けん

今日の那珂川はいつもと違って水量たっぷりの那珂川でした(昨年GWには及びませんが)
沈脱の練習から始まり、本番もあり、カウテールの出番もある有意義な一日でした。
とくにさくらちゃんは御苦労さんでした。

増水のおかげで友釣りはおろか投げ釣りをやっている釣り師が全くいなく快適なダウンリバーが楽しめました。

きくりんの写真集はこちら


2013年7月20日 NCD カヌー初心者講習会

「20日土曜日は初心者講習会です、現在の受講申込者は2名です。
サポートできる人は掲示板に可書き込んで下さいな!
腕に自信のない方も練習がてらに是非ご参加くださいね。
講習会終了後にBPやる?会費は1000〜1500円くらい、会場はわしんちでどぅ?」
っというわっちゃんの書き込みに呼応したのは、、、

「みさとのRCさん、会員として参加」
「会費払いに行きます KS」
「2名、車で行きまーす。 けんゆき」
「体調が戻りましたので バコ」
「わしは漕げません、でも陸上でサポートします」 「お昼休みに艇庫より下船して午後の講習会に合流しサポートに当たりますのでよろしくね。さくらちゃん」
「n 参加です。ヨロシキ。」 「山ma 此度は親爺一人」

受講されたのはノナカさん、と、、?
仲さんも参加してダッキーを提供した、、?
どうも、曖昧な活動記録で申し訳ありませぬ by まいける


2013年7月14日 第11回清流那珂川カヌースラローム大会   


NCDから、わし、がんた、さくら、n、m が参戦
バコさん は体調不良のため直前で断念

え〜っと 結果から云ってしまいますと
ダッキーペアの部で、n & さくら組が優勝!!!!

そしてmはクリーン賞
わっちゃんは、△賞

今回のコースは、昨年よりも50センチ水量が少ないってことで楽勝
難関は変則ダウンの4番ゲート

みなさんの漕ぎを動画でど〜ぞ

わっちゃんの一本目

さくらちゃんの一本目

n先生の一本目

mの一本目



さくらちゃんの写真集はこちら


2013年6月23日 NCD カヌー初心者講習会


受講者:Mさん、みさとのRCさん Hさん
会 員:南、Y@4人、n、まいける、わし、パコ

受講者の方は9時艇庫集合、会員は8時集合(車回しの都合があるため)

舟11艇+1艇(カナディアンにわし2名)、大人12名、子供2名
まいける号→4艇積み 大人4名
n号   →4艇積み 大人4名
パコ号  →3艇   大人3名+子供2名
軽トラ  →カナディアン 大人1名

スケジュール
 。源から車回し(いつもの松戸市境のグランド)まいける、パコ、n、わし、さくら(さくらの車で艇庫へ帰還)
◆。校受付開始、舟ほか装備品合わせ、
 陸上トレーニング
ぁ。隠飴半から水上トレーニング(艇庫から旧艇庫のチョット下流まで練習しながら移動)
ァ。隠音頃加6丁目に上陸、コンビニか吉牛、かっちゃんラーメン辺りで昼食13時まで
Α。隠鎧から江戸川DR(松戸市境のグランドへ)
А…庫へ帰還  

てな、具合。  by わし



生写真は↓ こちらからダウンロードしてください
本日は皆さんご苦労さんでした。
スナップ写真アップしましたよ
ご覧くだされ。 by さくらちゃん


2013年6月15日 第19回 にじますカップ   祝勝会 (勝ったのか?)


NCDから、わし、パコ、n、m が参戦した、第19回 にじますカップ

ナント ナント
長年参加し続けたことでNCDが表彰されてしまった のであります!
賞品は特製カッパ杯

勿論、祝勝会では お酒回し飲み

おっと、マイケルの後ろには 来年に備えたカッパの首が、、、。


、、、っと、このへんで n先生のお言葉をいただきましょう。
「にじますの翌 月曜 昼のFMあずみ野で Mさんを含む単独インタビュー集が放送されましたとの由。

Mさん尺長々10分強。しかもBGM付き(アフリカのどこぞの国で作られた「漕げよマイケル」なんだそうな)。

わたしは代弁する。
声を大にして代弁する。
いーいなーーー!!(by 大沢&n&その他の選手)

こっちにも声かけろよーーー!!!(by すたっふー)

じゃ、ジャックされたーー!!!!。。まぁいいか。いいことも言ってくれたし。はぁ。。(by ○沢)」

あずみのFM にじますカップ・ライブインタビュー その1
あずみのFM にじますカップ・ライブインタビュー その2  「n&m インタビュー全編」
あずみのFM にじますカップ総集編 その1
あずみのFM にじますカップ総集編 その2
あずみのFM にじますカップ総集編 その3 「まいける特集」

あずみのFM 石垣さん のブログ


リザルト
まいける M1
n  K1 Adult
ばこ N1
わし その他


2013年6月8日 第19回 にじますカップ   かく戦えり。。。

「今年もよろしく にじます川田です」
挑戦状だぁ NCD諸氏。
おおたかの森S・Cのセールにうつつを抜かしている場合ではない。
なんと、にじますカップの大会要項は公開され、
申し込みの受け付けも開始されているのだ!
今年も切磋琢磨、なんとか上位にひと泡ふかせてやろう。
今年も負けません。
龍門渕公園 前川にて待つ by 川田

で、みなさん今年も参戦されますか...


「まいける」
n先生
たいへんですぅ
川田さんから挑戦状です
受けて立つ
それとも
おめおめと?

「n」
おお、来たな!(しかも赤字で)
ジョートーじゃん!!
受けて立とうじゃねーの!!!
待ってろよ!!!!!!!
こおなったらMさん、特訓だぜ!

「まいける」
返り討にしてくれよう!!
ってコトね
特訓だ! 特訓ん

<まいける>
明日
雨だってぇことだから
特訓に先立ち
とっくり でも傾けながら
川田さん討伐作戦を練るってのは
いかがですかな?
月曜でも良いですが、、、

「n」
とっくり・・・クゥ〜!(川平調)
左手首が治るまでは、まだ御法度なのですよ(クゥ〜!)。
さてn号のブレーキ完治しました!チラシも配れる。遠出もできる!
抜糸は来週水曜。徐々に傷も癒えている。

前哨戦、、舌戦は続くのであった、、、、。
NCDからは、わし、パコ、n、m が参戦
大会当日の写真 by わし
日曜日の写真 by わし
レースの動画 by まいける
あずみのFM 石垣さん のブログ


2013年5月26日 長瀞

やりたくないんです、ロールは
  鼻に水が入るし、、、上がらないと沈脱だし

だけどね
セイゴで沈脱なぁんてぇことを仕出かすと
やるのですよ
さくらちゃんは、最初から意欲的、、、それにつられたっという一面もあり
ロールやるのです
ロールの動画


2013年5月25日 NCD カヌー初心者講習会

5月11日  初心者講習会の募集広告が広報ながれやま5月11日号に掲載されました。
3ページ目「市民伝言板」参照

チラシ配布隊が各所に走る
新規開拓もあり
看板をリメイク

いい感じの出だしですね。看板も賑やかになった気がします。
去年を凌ぐかな?

会のダッキーちゃん、バルブ付近から空気漏れで、死にかけていましたがなんとか復活しそうです。
大宮ぱどるに連絡し補修材(といっても同じセビラーの他の種類の舟のインナーチューブ)を頂いてそのチューブのバルブ付近を切り取って会のダッキーに移植するという手術をやりました。
術後の経過が気になるところですが、ちゃんと傷口が癒着するのを待つばかりです。

わっちゃん、いつもありがとうございます。
復活するといいですねぇ。

術後30時間以上経過したので今朝空気をいれてみました、夕方には圧が下がっていました。
接着面に洗剤をかけて空気漏れの点検をしましたが接着した箇所からからの空気漏れはなくどうやらバルブそのものから空気がもれているようです。
バルブを締めなおし再び空気を入れて再点検です。この形式のバルブは気難しいのよね。

 以上大人5名・子供2名の計7名ですが、1名追加ありそうです。
 サポート要員はパコ(車)、n(車)、けん(車)、がんた(車)、まいける(車)、わし(テントとタープ・会のダッキー)の6名?
 とすれば、リジット12艇、ダッキー1艇になり回送車は4+1台必要ってことかな

活動記録です by まいける

生写真は↓ こちらからダウンロードしてください
おつかれさま・・・・力漕のの写真をUPします。 by わし


2013年5月12日 艇庫の看板

じゃんじゃ〜ぁん
  看板をリメイクしました 
(5月の「5」のカードは、今作成中)
ラックの西側に看板を設置し、ターポリンは東側に移動させました。
by わし

いい感じの出だしですね。看板も賑やかになった気がします。
去年を凌ぐかな?
by n


2013年5月3日〜5日 GW那珂川ツアー


『決めました!

集合:5/3 新艇庫8:00
スタート地点:水遊園(箒川合流点)
一泊目宿泊地:大桶運動公園(去年お世話になったところ)
二泊目宿泊地:宮原キャンプ場
最終日は大瀬ヤナ手前1キロ地点まで
参加者:まいける(2名)、がんた、パコ、けん(2名)、n◆∋蛎次複缶勝法△錣掘■遏ΑΑβ膺唯隠洩勝∋匐。果召料軅13名。

共有車手配は、がんた車、パコ車、n車。
M、山村両氏については自前ということで。』

だけどキャンプ地が酔いと、、じゃねぇ 好いと 
ついつい長逗留してしまうのよねぇ。。。。

まぁ、シーズンはじめだから、、
活動記録です by まいける

生写真は↓ こちらからダウンロードしてください
GWツアーの 写真で〜す (1日目) by わし
GWツアーの写真だっぺ (2日目) by わし
GWツアーの写真、ぽり子です  by けんちゃん


2013年4月29日 めだかの会


「毎年恒例、めだかの会への参加者募集いたします!
ご存知ない方にご説明いたしますと・・・地元のボランティアが旧艇庫裏の小川(今上落し)に
かつて生息していたメダカを呼び戻そうと立ち上げたのが始まりで
その川の傍に艇庫を持つ我々としては無論協力いたしましょうという経緯となり、
この10年間ずっと続けているのです(早い話、川掃除ですが)。
開始当時と較べるとずいぶん綺麗になったものです。今年は特にそう感じます。
どうです、この主旨に感銘された方、つきあいでも参加してみるかと思われている方、
なにはともあれ経験してみるのは「今でしょう!」。

時:4/29(月) 午前9時
集合場所:富士見橋(旧艇庫より下流第2番目の橋)
作業時間:午前中いっぱい
参加費:なし

昼食は毎年お弁当とビール、ジュースが支給されます。イケルやきとりも出ます。」

n先生の呼びかけに賛同し、流山カヌー同好会から参加したのは
くろいわし
山村@見習い
けんゆき
がんた

PS.江戸川カヌー同好会(×)じゃぁナイ、、、って

めだかの会の写真です


2013年4月28日 たまには艇庫から柴又か行徳辺りまで下ってみようか


がんたさんと江戸川を国府台(こうのだい)までDRしました。
葛飾区カヌー協会の御一行7名様と出会いました。
松戸の皆さんもがばってましたよ!

 帝釈天はまるでお祭りのような賑わいで、セオリーどおり草団子を食べてきました。
 今回はまずスタートの時点で三郷のRCさんと知り合いになれ
ゴールの市川では結婚間近のお二人さんにもあえ、出会いの多かった一日でした。

 国府台から京成線で船橋にでて野田線でのんびりと家路につきました。
約17Kmのパドリングでした。

葛飾の皆さんは北総線の鉄橋下から武蔵野線橋梁下までの往復コース
特に上りは強い向かい風にさらされ本当に御苦労さんでした
NCDの皆さんも頑張りましょう。
江戸川DRの写真です、帝釈天で草団子をたべて国府台駅から京成電車で帰りました


2013年4月27日 花のお江戸掘割探索


大江戸線の森下駅で下車し(次の清澄白河駅が川に近い)小名木川へ
垂直の壁が延々と続き乗艇適地がなく、高橋の江東区の船着き場のフェンスを乗り越え
ここからスタート(10:00)
西へ行けば600mほどで水門があり隅田川、東に800mで大横川との交差点
さらにに200mで扇橋閘門に突き当たります

閘門から引き返し大横川を南に900m下ると仙台堀川クロス
しかし仙台堀川はここが東の終点(かつては砂町の方まで流れていた)
さらに大横川を南下する川幅は急にせまくなり川面には水クラゲがぷかぷか
でも小名木川の交差点から1500mにわたり両岸は桜並木が続いている
それにしても垂直の壁が続き上陸する場所が全くない。

 やがて大横川は西へ流れを変えるこの辺りが東西線の木場駅だ
このカーブ地点に木製の浮き桟橋がありボロ船が一艘係留してあり
ここでやっと休憩にはいる

この辺りは浮遊物が多く匂いもきつい クラゲも沢山
ここから650mで大横川と平久川が交差するが大横川に別れを告げ
平久川を北上すると約800mで仙台堀川へ出ることになる。

 仙台堀川を東へ1000m漕ぐとそこには揚水機場がありその向こうは隅田川
ここから南へ大島川西支川が続き大横川に出ることが出来る

わしはここで引き返し、仙台堀川を東へと進み大横川に突き当たると
ここを北上し小名木川に戻ることにしました。

 小名木川を東へ進み扇橋閘門を通過すると一転して垂直の壁は無くなり
江戸の昔に近い形に復元されたやさしい両岸になったところで上陸
舟を干して住吉駅から北千住を経由して家路についた。

 今回の探索で驚いたのは仙台堀川の水が非常にきれいであったことです
1.5mほどの川底が見えるほどの透明度を保っていたのには感心しました

また閘門を通過するときの緊張感は何とも言えませんね
ちなみに閘門の東より西側の方が1m水位が低いそうです
それから垂直の壁は嫌ですね完全に水辺が住民と隔離されているようで色気も風情も無いですね。
 今回のコースはあまりお薦めできません
なにせ一旦川に降りたら漕ぐしかありませんもの!!
掘割探索の写真です。


2013年4月5日 スカイツリーとお花見ツアー


 昨年は隅田川、波が高く船酔いもありましたが、今年はスカイツリー遊覧コースはいかがですか? 
観桜にはチョット遅いかもしれませんが 大島小松川公園(都営新宿線東大島駅)をスタート旧中川、北十間川、横十間川と小名木川をぐるっと回って約10Kmのコース
流れもなければ波もないでも沈は絶対したくない川です。
 電車利用のダッキーがベター でも車利用のリジットでもOK
車は小松川公園の駐車場が利用できますが・が・が・
この時期同じ考えの人多し、花見客多しで早く行かなきゃ車が置けないってことが予想されます。  


さくらちゃん、わっちゃん、くみちゃん、きくりんで
4月5日(金)大島小松川公園をスタートして東京スカイツリーお花見ツアーに出かけました。
お待たせいたしました。写真をアップいたします。。。


今回のツアーの経路をマピオンの「キョリ測」でつづってみました。
フネの軌跡を見れますのでのぞいてみてくださいまし。

わっちゃんがダッキーで下調べしてくれたコースとても漕ぎがいがありましたね。
漕ぎ始めはゴミが多く、どんなツアーになるんだろうと思いましたが、
スカイツリーまでの5キロ弱、だんだんに近づいてくるスカイツリーにドキドキ…

また、亀戸ふれあい橋の見え方は面白かったですね。
これもわっちゃんがベストなビューポイントを見つけてくれましたよ!
橋を弓に見立てて、スカイツリーを矢に見立てるとはさすがわっちゃん!
風情があります。水面からのローアングルからみる東京の眺めもこりゃまたいいですねぇ。

水面に映るスカイツリーを漕ぎながら漕いで行くのが楽しかったです。
個人的には北十間川の岸の整備されていない区間が良かったです。
岸辺ぎりぎりに桜があって桜が舞う中を漕いで行く感じがよかったなぁ。
本当はもう1週間くらい前がベストだったんでしょうけれど、
土日は大荒れでしたから、日程を繰り上げたのはベストでしたね。

スカイツリーにたどりついて、橋の上から大勢の人たちに見下ろされているのは
ちょびっと恥ずかしいですがあそこで飲んだ●ールは最高でしたね〜。

水上に信号があり交通整理されていることも今回初めて知りましたよ。
またキレイな川を作るために清掃船がある事も面白い発見でした。
また来年も桜の咲くころに行きたいですね!

わっちゃんが気にしていた亀戸駅付近の工場ですが、調べてみました。
信濃須坂藩下屋敷跡地にある、「大日ゴム」さんの工場のようですヨ。
ほかこの付近には、近江藩や下総高岡藩、播磨藩などの下屋敷や、錦糸公園など桜見物の名所もあり、途中で上陸して桜見物なんてのもありかもしれませんね。




2013年3月17日 第10回 草津温泉ノルディックスキーフェスティバル

これぁカヌーじゃないけど、、NCDから9名が参加してるんだから
冬の風物詩ということで、活動記録に収めましょう
きくりんが撮った写真、、躍動感あって素晴らしい
ってか被写体が良いのか?
お天気はサイコー

オリンピックのゴールドメダリストが、転び方までお手本を示して教えてくれる
草津の街の楽しみ方も紹介してくださるし
トン汁、温泉饅頭、アミノバイタル4000の一気飲みまでついいるんだよ

2013年3月17日 第10回 草津温泉ノルディックスキーフェスティバル




2013年3月15日 今年の春は風が強い

3月10日の日曜日  天候は『煙霧』!! って、ナニそれ?
当年とってxx歳。 あたくしぁ 聞いた事がありやせんでえしたゎ
強風で地表のホコリが舞い上がって視界不良になる、、、だと
その後の水曜も強風だったしねぇ

艇庫が倒れちまったことを、通りすがりのご親切なお方が掲示板に書き込んでくださった
ホント 連絡していただきありがとうございました。
おかげで、緊急対策ができて、コノ右側の写真のように、とりあえず
引き起こすことができました
金曜の朝に急遽ご対応いただいた、きくりん、わっちゃん、パコさん、HKさん
ありがとうございました




2013年1月13日 第31回 千葉県知事杯 チーム対抗カヌー競技大会

NCDからは8艇(9名)が参加
全部で、ん〜〜っと三百艇ぐらい(だったか?)が参加するマンモス大会
毎度々「寒ぅ〜〜ぃ」ってのが定番なんだけど
今回は、あれ? 風が無い  日差しが穏やか
それにしても、ろくに雨が降っていないものだから
水量が無い = 川が流れていない


2013年1月13日 第31回 千葉県知事杯 チーム対抗カヌー競技大会



2013年1月1日 知事杯の練習も兼ねて初カヌーに単独チャレンジ

玉葉橋までたどり着き、よせばいいのに野田橋までは行けないか?
行っちゃいました。結局。  野田橋に到着したの3時50分。
すぐにダウンリバーするも艇庫に戻ったら5時20分。
無駄な力が抜けるとまっすぐ進むのですね。なにか感覚を掴めそうな気がました。
正月にカヌーをこぐモノ好きということで散歩する方にずいぶん写メを撮られていたように思います。
帰って飲んだビールがおいしかったのは言うまでもありません。

3日にまた漕ごうと思いますが、きくりんに付き合って漕いでみるか!
という酔狂なお方はおりませんか?

2013年1月1日 知事杯の練習も兼ねて初カヌーに単独チャレンジ





このウィンドウを閉じる
2010年〜2012年の活動記録へジャンプ
2006年〜2009年の活動記録へジャンプ
2002年〜2005年の活動記録へジャンプ
NCDホームページへジャン 2013年 8/14・8/15 わっちゃん、がんたさん、きくりんで久慈川ツアー行って来ました  BR BRプ
TDHSPACE = BR ご存知ない方にご説明いたしますと・・・地元のボランティアが旧艇庫裏の小川(今上落し)に BOADER = 996633br/ TITLE = left