My Kayak

私の挺の紹介をします、現在ファルトボート1挺、ポリ挺1挺所有、状況に応じて使い分けています

 

ファルホーク ボイジャー360

全長360cm、重量13kg

カヌーを始めたときに購入した挺、一人乗りの折り畳み式カヤック(ファルトボート)、

全長360cmとファルトにしては小さく川では扱いやすい。

重量が軽いために電車などでの公共交通機関での移動が他のファルトと比べて比較的楽(だと思う)。

荷物は2泊3日くらいの荷物ならば楽勝で積めるが積むと運動性が極端に落ちる。

船の重量は軽く持ち運びには便利だが、その反面船体布が薄くちょっとボトムを岩に擦ろうものなら一発で穴があく!

またアルミフレームは木製フレームと違いメンテナンスが楽で便利だが、

フレームジョイントが甘く、ちょっと力を入れて漕ぐとシートしたのジョイントがすぐに外れる。

組立時間はフレームが多いためそれほど早くはない、私の場合最速で15分くらい。

カヌーを始めて2年間はこの挺をメインにのっていたが、毎週ファルトを組むのが面倒になり、

なおかつ運動性のいい船が欲しくなりポリ挺を購入したため使用回数が激減、現在遠征専用挺。

 

Perception ARC

全長283cm、ボリューム212L

友人達が次々にポリ挺を購入していくのを見て、運動性能に乏しいファルトに物足りなさを感じて購入。

ボトムはフラットで静水で安定感がありサイドにかけてはラウンドになっているので、

流れのなかでリーンを掛けたときにも安定感がある、ボリュームがあるので増水しても大丈夫。

私の体(176cm、72kg)でもボリュームがありすぎるくらいで安定感抜群!

サーフィン、ロールも結構やりやすい、まさに初級者に最適な挺である。

ただし大きい人でも乗れる用に設計されているため、コックピットがでかくフィット感がない、フィッティングはしっかりと!

また最新の挺のような運動性はなく、ロデオ挺のような動きはできない、

もうちょっとウェーブ上での動きが良いとダウンリバーボートとしては完璧である。

難点としては重いこと、カタログ上は19kgだがどう考えてももっとずっと重い。

私の家は社宅(2F)なので上げ下ろしが相当つらい!

1999.4 豊川にて 進水式直後

 

top.gif - 1,505Bytes