茅葺の形 B

中門造り



主棟から棟をかえて突出するL字型の茅葺民家。主に前面に突出する前中門(厩中門)と背面に突出する後中門がある。 曲り屋の突出部が厩であるのに対し、中門造りの突出部は厩、作業場、便所、出入り口、主棟への通路など多くの用途で使われ、 後ろに突出する場合は寝室や流しになる事が多い。 また突出部の屋根形式も入母屋、切妻、寄棟、かぶと風と様々である

<主な分布地域>東北・中部・北陸・中国

中門造り