トップページ

世は平成、何もかも近代化され重宝する場面も多々あり便利な世の中でもありますが、生活全般が便利になって時間にゆとりができたかと問われれば、逆に忙しさが増し、人間がデジタルに振り回されて生活を送っている様に見える、昭和の時代に置き忘れたアナログの魅力を天孫降臨「霧島」の地で、再発見してみませんか?、二輪やオーディオ、真空管ラジオにアンティークアウトドアツール、歴代の名レーサー達の色紙に昭和当時に庶民に愛用されていた生活用品や、懐かしい看板等々に囲まれしばらくの間ゆっくりと時が流れる昭和の空間を満喫頂き、デジタルから解放される一時を霧島にお越しの方々へ、ドライブやツーリング途中の休憩場として利用して頂きたい一心で、とても小さな個人運営のミニミュージアムを開館しています。

 

トピックス

  • 2015年12月20日 脱サラし開館に向けて始動
  • 2016年4月 8日 MCT Arianet 南九州ケーブルテレビネット様の取材を頂きました 
  • 2016年4月16日(土曜日) 開館 MCT Arianet 南九州ケーブルテレビネット様より当館が放映されました
  • 2016年4月20日(水曜日) 鹿児島MBCテレビ様より当館が放映されました
  • 2016年4月22日(金曜日) 南日本新聞様に掲載されました
  • 2016年 6月      情報誌TJ鹿児島様(夏号)「霧島特集」にて当館をご紹介頂きました。
  • 2016年6月9日(木曜日)  館内展示品絵画5点新規に掲示し、更に休憩スペースを拡張しました。
  • 2016年6月26日(日曜日) 当館10時~  20年以上前に製造された二輪車を対象にミーティングを当館にて開催
  • 2016年6月27日(月曜日) MBCラジオ「モーニングスマイル」にて当館が放送
  • 2016年7月4日(金曜日) 平日昼限定、地元霧島の天然水を使用し四国の醤油とブレンドした「讃岐うどん」提供開始予定