おいしいミニトマトは土作りから始まります
おいしいトマトを作るのに必要な事は「土をつくる事」だと河野農園では考えています。
河野農園が一番こだわり、力を入れている土作りをどのように行っているのかを紹介します。

5月、家の裏の山から広葉樹や
竹林の葉を拾い集めます。

集めた葉っぱに米ぬかや堆肥を
入れて混ぜます。
ビニールで覆っておいて時々かき
混ぜます。

2ヶ月後、土こうじの出来上がり。
今年は約100トン分作りました。

2週間ほどハウスを閉め切って
土壌を乾燥させた後、再び耕運します。

畝(うね)を作ります。

土こうじの他にオリジナル有機質肥料
(骨粉、肉粕、油粕、血粉)と
堆肥、米ぬかを施肥し耕運します。

有機質肥料の分解促進の為に
水を入れ、整地します。

畝の上にビニールを被せ、
ハウスを閉め切って約40日間
太陽熱消毒をします。
土壌を太陽熱消毒する事によって
病害虫を殺菌し、健全な土にします。