河合果樹園TOP何を作ってるのニュースとくとく情報年間会員募集レモンライフリンクブログ

フォト昆虫五七五檸檬俳句へ
~Every Day Hot Go Sit Go~
 河合橘風

 赤蜻蛉 台風一過 乱舞する
 
 自然を生業とするものにとっては来てほしくない台風。
いつも被害にがっかりするが、台風一過のすがすがしい空気
と赤蜻蛉の群れを見ると一瞬ではあるが心が晴れやかになる
 ウインカー 源氏蛍の 恋の邪魔    
水上の忍者 水黽 憧れる     
蓑虫は リサイクルした 家に住み     
天鼠飛ぶ マジックアワーの シルエット     
顔写す センチコガネの 胴覗く    食べるものは糞なのだけれど、
まるで何度も研磨したような美しさの胴部分は
接写するカメラが写りそうな輝きを持つ。
ただ一言、自然の芸術である

英名:Earth-boring dung beetle
 一文字 四つ星並ぶ セセリチョウ    檸檬の秋花が咲くと元気よくやってくる。
申し訳ないが秋花は作業で摘んでしまう。
羽の裏側の整然と一直線に並んだ
白い模様が星に見える。
 青眼の 青松虫が おもてなし   露地のみかんの摘果中や収穫中に遭遇する。
普段は鳴き声だけで、青い眼だと言うことも気づかない。 

青眼とは喜んで迎える目つきのこと。
フランス人形のような眼に、おもてなしされてしまう。
 電灯を 持つ手にあそぶ 蜉蝣や    
 朝昼で 鳴く蝉変わる 普門寺や    
抜け殻に 蝉の鳴き声 染渡る     
季節はずれ レモンの花に チョウ嬉し     
夜盗虫 月夜に照らされ 闊歩する     
秋風に つくつく法師 声優る     
 凛とした 黒い涙の ツチイナゴ    無農薬レモネーディアの温室の中で世代交代をしている。
眼の下の黒い模様が涙に見える。
しかし泣いている様子ではなく、触覚などは凛としている。
トノサマバッタとの見分けにも応用できる。
 妖精か クサカゲロウの 飛ぶ姿    
 クサカゲロウ ティンカーベルに つい重ね    
 ハサミムシ 子育て上手 子沢山    
 勝ち虫の 群影写る 水面かな    
 柚子坊は 以外や檸檬 これ好み  柚子坊 無農薬レモン栽培でアゲハチョウの幼虫がレモンの新芽を
むしゃむしゃと食べてしまい困らされる。
柚子坊と言われるが柚子よりレモンの方が
格段に好みのようである。
一直線 尺取り虫は お昼寝中  尺取り虫   そんなに多くはないが柑橘類の葉をむしゃむしゃと食べる。
見つけると手で取って踏んでで殺すのだけれど、
触った感覚は人肌という感じ。
お昼寝中は忍法枝化けの術のようだ。
 髪切り虫 きーきーと鳴きけり 子供かな    
 掛け合わせ てんとう虫の 星の数    
 静かなり 夫婦逆転 唖蝉や    
 でき悪し 我空蝉に なりにけり    
 実を落とす 蚊の音邪魔し 遅れけり    
 ボウフラと いっしょに住ませる 金魚かな    
 黄金虫 溺れる姿 我重ね 黄金虫溺れる  暑さ厳しくなるとくみ置きした水の中で黄金虫が溺れている。
必死でもがくのだが泳ぎは苦手で、脱出できない。
まるで自分の姿のようでつい手をさしのべる。
 
 蒸し暑さ 羽黒蜻蛉が 涼誘う   初夏蒸し暑い日に木々の陰でひらひらと優雅に舞う。
捕まえて見るとその構造色の美しさに惹かれる。
涼しげに感じるのは私だけだろうか。
つい追いかけたくなる気持ちにさせられる。

 英名:
Ebony Jewelwing
 ダンゴムシ 嫌われ者の 掃除かな    
 カブトムシ 端午の節句は 間に合わず    
 オニヤンマ 道路を往復 一直線   夏水やりをしていると道路上を一直線に往復して飛ぶ
太陽の光に羽がきらきらと光り、
飛ぶ姿はとても勇壮に見える。
1年に何度も見る事ができないので
新鮮な気持ちにさせられる。

英名:Golden-ringed Dragonfly
 病葉を 摘む手悔しい ハマキムシ    
 ジョロウグモ 手招き優し 宿場町 女郎蜘蛛  秋の女王と言われる女郎蜘蛛は澄んだ初冬の青い空を背景に
凛とした美しさを見せてくれる。
迫り来る短い命を知り全うする姿は
古き時代の宿場の賑わいの陰の哀愁にも感じる。
カマキリの 首かしげし 仕草かな     
カマキリや 顔を洗いし 朝寝坊     
 アキアカネ ふるさと遠し 黄金色    
 ハサミムシ 内弁慶か 夜行性    
 蛇の目蝶 温室の中 雨しのぐ    
 タテハチョウ 梨園で踊る 梨の露    
 ハモグリガ 嫌われ者の 絵が上手い   通称エカキムシと呼ばれるミカンハモグリガ。
こいつだけはなかなか防ぐことができない。
無農薬レモン栽培ではこいつに葉をぐにゃぐにゃにされる。
儂人泣かせの1番手である。
 
 キリギリス 飛び立つ姿 果報者    
 強き風 諸戸もせずに 飛ぶイナゴ    
足持ちて ショウリョウバッタで 我あそぶ   ショウリョウバッタ ショウリョウバッタの足をもつと逃げようともがく。
その様子がゆりかごのようでおもしろい。
子供の頃の遊びを思い出し、しばし少年時代に。
 
 優曇華を 見つけて吉兆 クサカゲロウ   クサカゲロウの卵も縁起の良いとされるもの。
古来からこの卵を優曇華という花と
間違えてきたところがおもしろい

アブラムシが大発生しないようにと大事に思う。
 蟻地獄 助けしアリは 我が身なり    
 赤蜻蛉 唐辛子見て 首かしげ    
 ベニシジミ 溶け込む紅に 目奪われ    
 吉兆虫 豪華絢爛 法隆寺   吉兆虫と呼ばれる玉虫はいつみても美しい。
子供の頃玉虫の羽が法隆寺の宝物に使われている
事を学んだ。
運気が上昇する前兆だと自分に言い聞かせ
作業に汗を流す。

英名:
Juwel Beetle 
 頭たれ コメツキあそぶ 子供かな    
腰くびれ アシナガバチの フラダンス    農作業中一番出会うのがアシナガバチ。
怖いムシだが、じっと見るとくびれた腰のラインが美しい。
おしりを振る仕草から、フラダンスを想像してしまう。

こんな感性はいったい・・・。
 赤蜻蛉 芭蕉の句に 苦笑い    
 羽休め 待針二つ 糸蜻蛉    
 大きさに 空城の計 ガガンボや    
 またはずれ マクナギニ学べ 空予報   雨の前に見る事ができるマクナギ。
下手な天気予報よりよくあたる。
毎日の天気を気にする生業のため、
天気予報より虫の習性で判断することもある。
 
 雨蛙 迷彩服に いつ着替え   環境に配慮して栽培していると雨蛙が温室の中に
たくさん見る事ができるようになる。
時々、保護色なのか迷彩模様の雨蛙に出くわす。
ソルジャーなのか?不思議に思う。
 
 雨蛙 檸檬の葉の上 じっと待つ 雨蛙  雨蛙は温室の中ではなぜか吞気にしている。
この中は外敵が少ないことを知っているのだろうか?
じっとしていてくれるので、写真を撮るのには好都合だ。

 
 籾殻の 中でお昼寝 瑠璃蜥蜴    
 放屁虫 草取る我が手 つい先に   汗が額からしたたる夏、
温室の隅の草を取っているとミイデラゴミムシに出くわす。
和名のとおり、びっくりさせるとおしりから100度のガスを噴射。
やけどをしないように反射的に手を引っ込める。
 
 団子虫 悪のレッテル かわいそう   河合果樹園の無農薬技術は団子虫のおかげで成り立つ。
家庭の奥様方には嫌われ者なのがかわいそうである。
ホームセンターでは団子虫用の家庭で使う農薬が売られている。
正義の味方も時の誤解でで悪者にされてしまう。


 
 団子虫 葉脈残す 芸術品   有機物を分解する団子虫。
無農薬レモンの温室の中で落ち葉を葉脈だけを残す。
芸術品に思える。
 
 打ち水に アオスジアゲハ 涼求め アオスジアゲハ  猛暑の中、打ち水をしているとどこからともなくやってくる。
ヤブガラシにいるのは知っているけれど、どうしてだろう。
やはり水をストローで口に含んで涼を楽しんでいるのだろう。
 
逆さまに 祈り太郎は 獲物待つ    蟷螂が逆さまにとまって獲物を待つ時、
大鎌は合わさり、まるで手を合わせて祈っているようだ
 
誰が名付けたのか祈り太郎とはよく言ったものだ。

撮影する時は必ずこちらを向いてくれるいい子だ。
 夜盗虫 二十度感じ 昼の部へ   夜盗虫はその名の通り、夜活動する。
無農薬で作っている初恋リーフの大害虫だ。
ところが20度以下の気温になると、日中もはを食べ出す。
活動温度ごとに害虫を分類するとおもしろい。
 憎らしき アゲハを打つ手 転写され アゲハチョウ転写  無農薬レモンの葉を食べてしまうアゲハチョウの幼虫。
見つけたら人力で捕殺するしかない。
素手でとんでいるにっくきアゲハチョウを柏手に打つ。
アゲハチョウの羽の鱗粉が手にきれいに残る。
芸術には殺生が伴うものなのか?
 
 背に纏う クサカゲロウの 食歴よ クサカゲロウ幼虫  クサカゲロウはアブラムシだけでなく
イセリアカイガラムシも食べてくれる。
食べた虫のカスを背に纏いカイガラムシと共生関係にある
外敵から身を守っている。
一体誰に教わるのか、このDNAはすごい。
 
コクワガタ ハウスミカンの 味覚え    コクワガタは普通はみかんなど食べないと思っていたら・・・。
ハウスミカンの美味しさは共通なのか?
ただ優先順位からするとやはりみかんは
コクワガタにとっては下の方だろう。 
 蟷螂の 威嚇姿に 犬が吠え   蟷螂は危険を感じるとキングギドラ並みのポーズを取る 。
我が家の愛犬は蟷螂におびえて吠えてしまった。
大きさに関係なく向かってくる。
このポーズから「蟷螂の斧」という言葉が生まれたのだろう。
英名:Praying Mantis
勝和餅 二川銘菓 蚕様    歌川広重の東海道五十三次 、三十三番目の宿は二川宿。
二川の浮世絵には「名物かしわ餅」の看板がある。
秀吉が聞き間違えて勝和餅に。
二川は蚕で栄えたため様がつく。
 空を背に 蜘蛛の巣にいる 手品師や   逆光で蜘蛛の巣を見ると糸が見えない時がある。
蜘蛛だけがみえるその光景は
手品師が空中浮揚のマジックをしているようだ。

二本ずつ足を対にしてたたたずむ蜘蛛が人に見える。
アメンボと 水底歩く 肉球や    アメンボが陽の光を浴びてすいすいと泳いでいる。
水底に写る陰が犬の肉球に見える。
つい微笑んでしまう。
 

英名:Water Strider
蚊の羽音 チェーンソー音 リンクする    山奥深くチェーンソウで木を切る音がする。
遠くで聞いているとブーンという音が、
耳元に飛ぶ蚊の羽音に聞こえる。
私だけだろうか?
 
演技派か スグリゾウムシ 死んだふり    有機物と共に温室の中にスグリゾウムシを
持ち込んでしまうことがある。
手で捕殺しようとするところりと地面に落ちる。
ぴくりとも動かず死んだふりをする。
キセルガイ 環境浄化 指標なり   キセルガイ 醗酵浄化栽培をすると土の中にキセルガイが増えてくる。 
一種の指標となり得る存在である。
不思議なのはいったいどこからやってくるのだろう。
何万年も土の中で休眠することができるのだろうか。
 羽停めて アサギマダラの 零飛行 アサギマダラ   何千キロもの旅をすると言われるアサギマダラ。
温室の中で出ることができずに旅をあきらめかけていた。
かわいそうになり旅の続きをさせて上げることに。
羽ばたきを停めて旅立つ姿は零戦に見えた。