日本一美しいダム

白水ダム

白水溜池堰堤水利施設一溝

国指定重要文化財

 


音楽 TAM Music Factory

 

所在地・・・大分県竹田市大字次倉

完成年・・・1938年(昭和13年)

設計者・・・大分県土木技手(技師)小野安夫

施工者・・・本体施工者:株式会社溝口組

管理者・・・富士緒井路土地改良区

形  式・・・重力式割石コンクリートダム

堰  高・・・14.1m

堰  長・・・87.26m

貯 水 量・・・600,000m3

貯水面積・・・10 ha

 

白水ダムの概要 

白水ダムは、大分県・宮崎県・熊本県の県境を接する山岳地帯に位置し、その集水域は熊本県の高森町まであります。白水ダムによって潤される農地約280 ha は、約15km下流の竹田市と豊後大野市緒方町の丘陵部に位置しており、典型的な中山間地帯となっています。この地域は古来から水に恵まれず、水田は谷間に散在し、しかも天水と少しの湧水に頼っていたため、度重なる干害を受けていました。このような水不足の解消を目的として、白水ダムは昭和13年築造されました。平成11年5月13日には、国の重要文化財に指定されています。                                                                            資料より

 

 

 

 

    左岸は「武者返し」風               右岸の波紋は「階段」風 

 

小型のダムながら、「転波」と呼ばれる水が階段状になって落ちるさまが美しく大分県でははじめて昭和の近代遺産として国指定重要文化財となる。右岸の波紋は「武者返し」風、左岸は「階段」風と、この地点の地質と水流を考え下流の地盤の弱さを補うために、すべての水が急に落下しないよう水の速さを調整し、堰堤の形を工夫している。

 

 

 

                          画像:資料より

 
白水ダムの歴史 

  白水ダムの建設は、昭和5年に,富士緒井路の取水口から上流約1.5km地点に、土木技師であった小野安夫氏の設計により、昭和9(1934)年に着手、昭和13(1938)年9月に、農業用水利施設として完成に至っています。

 

 

 

形  式:重力式割石コンクリートダム

堰  高:14.1m

堰  長:87.26m

貯 水 量:600,000m3

貯水面積:10 ha

 

  

 

流れ落ちる転波は、日本一美しい水流線形

 

 

 

 

車でのアプローチ方法

)後竹田駅がある竹田市内中心部からは、国道57号線で熊本・阿蘇方面へ。
玉来付近から県道135号線で荻町方面へ。
2町にて左折して県道695号線に入る。
3kmほど走った所にある交差点を左折。
ァ崘鮨絅瀬燹廚隆波弔道路の右側に出ているので見落とさないように。
この後は道ばたの小さな看板を見落とさないように進むと、下流側の駐車スペース(乗用車3〜4台程のスペース)に到着。


※道幅がかなり狭いので初心者の方や大型車では困難を要します。

 

 

 

後書き

河川法では、高さ15メートル以上がダムとなり、この白水ダムは「堰(いせき)」という扱いになります。

 

 

ご覧頂きまして誠に有り難うございました。

お手数ですがご感想等が頂ければ幸いです。