北条家臣団

 

戦国大名 小田原北条(備中系伊勢)氏

小田原衆 松田氏布施氏、南条氏、大草氏、蜷川氏、新田氏、篠窪氏、板部岡氏、蒲田氏、蔭山氏、西原氏、大橋氏、御宿氏、岡上氏、山口氏、岡部氏、

江戸衆 遠山氏一部土岐家収録〉、太田氏〈関東公方家収録〉、富永氏、小幡氏、三善太田氏、島津氏、伊丹氏、中条氏、会田氏、河村氏、小菅氏、興津氏、本田氏、朝倉氏、梶原氏、森氏、猿渡氏、

河越衆 大道寺氏山中氏、加藤氏、後藤氏、吉田氏、渡辺氏、菊池氏、鈴木氏、古尾屋氏上杉家収録、山口氏、小板橋氏、金田氏、

松山衆 垪和氏、上田氏〈上杉家収録〉、狩野(狩野介)氏、

伊豆衆 清水氏笠原氏、秩父氏、伊東氏、仁杉氏、山中氏、村田氏、江川氏、高橋氏、鈴木氏、

玉縄衆 玉縄北条氏、堀内氏、福島氏、間宮氏、行方氏、朝倉氏、

津久井衆 内藤氏、井上氏、守屋氏、大野氏、

御家中衆 伊勢氏、千秋氏〈斯波家収録〉、小笠原氏田村氏、大和氏、

北条一族 横井氏、田中氏、桑原氏、関氏

御馬廻衆 石巻氏、藤田氏、宇野氏、山角氏、宮川氏、岩本氏、朝倉氏、庄氏、長田氏、鈴木氏、坂口氏、大熊氏、勝部氏、岡本氏、安藤氏、中村氏、幸田氏、松下氏、海保氏、

足軽衆 大藤氏、伊波氏、多目(多米)氏、大谷氏、玉井氏、

諸家臣 荒木氏、荒川氏、上田氏、道祖土氏、依田氏、力丸氏、山田氏、御嶽氏、山上氏、伊奈氏、比企氏、熊沢氏、桜井氏、中村氏、大河内氏、山口氏、大串氏、本田氏、細萱氏、毛呂(茂呂)氏、米山氏、上田氏、大貫氏、

三崎衆 宅間上杉氏〈一部上杉家収録〉、山中氏、山本氏、仙波氏、南条氏、朝比奈氏、岡部氏、井出氏、梶原氏、出口氏、岡本氏、広井氏、

八王子衆 大石氏、狩野(大膳)氏、近藤氏、横地氏、三田氏、中山氏、師岡氏、平山氏、立川氏、由木氏、小田野氏、久下氏、中沢氏、宿谷氏、浅羽氏、野口氏、貴志氏、中嶋氏、

鉢形衆 藤田(用土、飯塚、山崎、桜沢、南飯塚)氏、三山氏、猪俣氏、秩父氏、斎藤氏、黒沢氏、逸見氏、阿保氏、諏訪部氏、三上氏、吉田氏、高柳氏、四方田氏、宇津木氏、阿佐美氏、

 

これらの他に

足利家(伊勢氏、小笠原氏、松田氏、大和氏、三戸氏、蜷川氏)

関東公方家(足利氏、吉良氏、岩松氏、由良氏、江戸氏)

上杉家(庁鼻和上杉氏、足利長尾氏、白井長尾氏、成田氏、小幡氏、安中氏、和田氏、倉賀野氏、秋元氏、北条毛利氏)

得宗家(北條氏、加治氏、南条氏、那波氏)

今川家(葛山氏、朝比奈氏、福島氏、御宿氏

大覚寺統(関氏、大道寺氏)

斯波家(朝倉氏)

土岐家(酒井氏、遠山氏)

千葉家(千葉氏、原氏、高城氏)

武田家(小山田氏、内藤氏)

藤氏一揆(小山氏、結城氏、皆川氏、佐野氏)

などを参照してください。

 

 

後北條氏の祖とされる「北条早雲」という人物は、学術上「伊勢宗瑞」と呼ばれます。

「伊勢宗瑞」は伊勢新九郎盛時の後身というのが通説です。

系図上では、「伊勢宗瑞」は北條行長という人物の養嗣子となって北條長氏と名乗ったとされています。

 それでも、北條時行の子孫を称する田中泰行(板部岡融成の父)や、南条氏、横井氏、桑原氏らの北條庶流(北條時政より前に分出した家か?)がいることを考えると、直系ではなくても鎌倉北條一族が残っていたのは間違いがないと思います。

「武将系譜辞典」では、系譜研究のたたき台にする、という意味から、実在性の疑わしい北條行長らを収録します。

そして、北條氏綱以下へ続く記載の便を考えて、とりあえず「伊勢宗瑞(北条早雲)」の表記を「北條長氏」としておきます。

学術的には、存在の確認がされていない名前ですので、ご批判もあるかと思いますが、ご容赦願います(他にも織田信長の祖父の記載は「織田信貞」とすべきところを「織田信定」としたり、「春日虎綱」とすべきところを「高坂昌信」としています)。

 

北條氏綱の「氏」字は今川氏親からの偏諱という説がありますが、鎌倉時代ならいざ知らず、室町時代以降で他氏族から偏諱で受けた字をさらに子弟の通字としたり、別氏族へ一字書き出しをする、という例は知りません。

そもそも今川氏の「氏」字は足利一族の通字ですので、有り得ないのではないでしょうか?

というわけで小田原北條氏の「氏」字は、鎌倉北條氏の「氏」字(北條行氏が時行の子かどうかはともかく)ではないかと考え、「北條長氏」説を採ります。

鎌倉北條氏の庶流という田中泰行の「行」字にも注目しています。

 

「北条早雲」の本名が「伊勢盛時」であることの傍証として、松田盛秀や大道寺盛昌の存在が考えられると思いますが、これにも疑問があります。

松田盛秀室は北條綱成(1515年生)の妹ですので、年齢的には伊勢盛時(伊勢宗瑞は1519年卒)の偏諱を受けられるとも思えません。

仮に夫婦の年齢差があったとしても、既に北條氏綱(1486年生)が成人している時期なので、伊勢盛時が偏諱を行なう理由がわかりません。

大道寺盛昌(1489年生)も北條氏綱より年少です。

北條氏綱の初名が「氏盛」で後に改名したというのなら、弟の「氏時」と併せて納得できますが、伊勢盛時の祖父は伊勢盛綱ですので、その「綱」字ということも考えられなくはありません。

ここでの「盛」字は、武田晴信の偏諱における「昌」字のようなものかもしれません。

むしろ松田顕秀と大道寺顕重の「顕」字の方が気になります。

 

 

古樹紀之房間http://shushen.hp.infoseek.co.jp/keijiban/ise-souzui1.htm)を参考にさせていただき、「北条早雲二代説」を考えました(「八平氏並諸家系図」第九冊)。

「北条早雲」の生年には、1432年と1456年の2説あります。

「北条早雲」の活躍時期から考えると最近では1456年説もありますが、いろいろと問題もあります。

例えば、1457年に上京・駿河下向という説があったり、1467年には足利義視に従って伊勢に下向したり、1476年に今川家の内紛を調停しています。

伊勢新九郎の妹と言われる(「宗長日記」では妹説、「今川記」では姉説)「北川殿」は1469年に娘を産んでいます。

ちなみに寛政譜(今川義彰呈譜)では、「北川殿」は伊勢備中守盛時の娘、という説を載せています。

 

しかし、「長享二年以来申次記」伊勢新九郎盛時は、1483年に申次衆に「被召加」であり、同時期に申次衆になった伊勢弾正忠貞固(伊勢盛時の叔父)の存在を考えれば、51歳とは考えにくいと思います

兄の伊勢貞興もこのころ(文明年間)に申次衆になっています。

「北条早雲」の長男・氏綱は1486年生まれであり、末子・長綱は1493年生まれです。

ちなみに伊勢新九郎の弟と言われる賢仲繁哲は1437年生まれです。

 

いわゆる「北条早雲」の生年といわれる1432年は、「北条早雲」の父(「沢巽阿弥覚書」「日本外史」)ともいわれる伊勢貞藤(1432-1491)の生まれた年でもあります。

伊勢貞藤は伊勢氏本家の貞親の弟であり、子孫は後北条氏の「御家門」となっています。

伊勢貞藤は「北条早雲」と混同されることがあり、系図では、盛時と同じく、「八郎」や「新九郎」を名乗ったとされます。

「北条早雲」の1432年生年説は、伊勢貞藤と間違えられた可能性があります。

あるいは、「北条早雲」の人物像は、伊勢貞藤と伊勢盛時の二人が混ざって出来上がった可能性も考えています。

 

伊勢新九郎の動向

1457年 駿河下向「太閤記」「相州兵乱記」→伊勢新九郎→伊勢貞藤か?

1467年 伊勢下向「今川記」「武家譜」「国史実録」「小田原記」→伊勢新九郎→伊勢長氏?

1469年 駿河下向「北条盛衰記」「小田原記」「伊勢系図(『続群書類従』)」→伊勢新九郎

1471年 備中下向「宝泉寺禁制」→伊勢新九郎盛時?(或いは伊勢盛頼か?)

1476年 駿河下向(今川家紛争調停)「今川記」「北条盛衰記」「国史実録」→伊勢新九郎

1483年 在京(申次衆)「長禄二年以来申次記」→伊勢新九郎盛時

1485年 備中紛争「蔭涼軒日録」→伊勢新九郎→伊勢盛時

1485年 在京?(小笠原政清娘と結婚)

1587年 北條氏綱誕生(母は小笠原氏)

1487年 在京(申次衆)「長禄二年以来申次記」「親長卿記」→伊勢新九郎盛時

1487年 駿河下向「寛永伝」「諸家系図纂」「足利家譜」「武家譜」→伊勢新九郎

1488年 駿河守護代「熊野那智山寄進状」→盛時

1489年 北條氏時誕生(母は小笠原氏)

1489年 駿河在住(葛山維貞娘と結婚)

1491年 駿河在住「北野社家日記」→伊勢新九郎

1493年 北條長綱誕生(母は葛山氏)

1506年 南陽院殿(「長氏公後御前」)死去「地蔵山伝心庵過去帳」

1519年 北條長氏死去

 

 

 

北條綱成についても謎があります。

北條綱成は福島正成の遺児というのが通説ですが、福島正成自体がよくわかっていません。

福島正成の没年には、1521年と1536年の説があります。

1521年説は甲州攻めにおいての死去、1536年説は花蔵の乱での死去ですが、花蔵の乱で死去した福島氏は北條氏綱と敵対しています。

しかも、北條綱成が亡命先で北條氏綱の娘婿となり、その後に生まれた氏繁の生年が1536年であることを考えると、1536年説はありえません。

1521年の甲州攻めでは、福島正成の嫡子・常陸介が先陣であったということを考えると、1515年生まれと言われる北條綱成が福島正成の子というのは疑問があります(ちなみに福島正成は上総介で嫡子は常陸介、北條綱成も上総介で嫡子の氏繁は常陸介です)。

さらに言えば、河越合戦のとき、北條綱成の弟・弁千代は18歳であったと言います(するとどんなに早くても1527年以降の生まれ)。

北條綱成の父は1525年に討死した櫛間九郎(「年代記配合抄」、「石川忠総留書」では伊勢九郎)という説もあります。

そもそも今川家臣の福島氏で史料に残っているのは、平姓の福島氏です。

福島正成は源姓ですので、別系統だと思われます。

むしろ武田家臣の山縣氏と関係があるのではないかと思います(安芸武田氏の家臣に福島氏がいます)。

 

 

後北条家の祖の伊勢盛時は今川氏親の守護代と見られています。

伊勢氏は足利幕府の政所執事の家であり、盛時の家系はその庶流にあたりますが、盛時の父・盛定の頃から

今川家との関係があり、その後、息女(北川殿)は今川義忠の室となり、息子の盛時(或いは長氏)が守護代になりました。

伊勢氏は管領細川家と近く、今川家も細川家と近かったのも理由として挙げられるでしょう。

松平氏も伊勢氏、細川氏との関係があり、後には北條長氏が今川氏の「三河国事?」として松平氏と戦い、松平広忠の頃には今川家の傘下に入るのも興味深く思っています。

 

北条家は戦国時代に興った家なので南北朝時代からの家臣というのはありえないのですが、それではつまらないので本来は足利家や関東公方家や上杉家に収録すべき家でも北条家臣としての色の濃い氏族について北条家で独立してまとめました。

 

北条家は戦国大名のなかで、織田家と並んで官僚機構が整っていた大名です。

先ず普通の大名家ではバラバラ(せいぜい血縁でしか結び付かない)で存在しがちな家臣を「衆」として組織し、地域単位で行政を担当し、戦時には北条一族や「一手役」と呼ばれる上級家臣を大将とした軍団を作っていました。

そして一手役クラスの者は重要拠点の支城で城代を務めて回ったり、「大指南」として大名クラス(自国、他国問わず)の取次(連絡役)を行い、馬廻衆クラスの者は小田原城(中央)で行政経験を積んだのち、「小指南」として一手役クラスの取次を行ったり、一手役が城主となった城に派遣されて実務を奉行したり、城代となったりするといったシステムがありました。

 

ここで一手役というのは北条一族や玉縄北条氏、松田氏、遠山氏、大道寺氏、垪和氏、清水氏、笠原氏、狩野氏ら衆筆頭者であり、これらの庶流一族には馬廻衆となって小田原勤務する者もいました(松田、垪和など)。

馬廻衆クラスでは石巻氏、山角氏、依田氏などは一手役と言われています。

小指南クラスでは特に狩野(大膳)氏、近藤氏、横地氏、三山氏、山中氏などが地方出向組の典型的な例です。

 

 

 

 

伊勢宗瑞[北条長氏]時代家臣団

御由緒家 

大道寺氏(三家老)、多目氏(黒備)、荒川氏(二十将衆)、荒木氏(二十将衆)、山中氏(二十将衆)、有竹氏(二十将衆)、松田氏(三家老)、

駿河衆四家

葛山氏、福島氏(黄備・二十将衆)、岩本氏、朝比奈氏、

伊豆二十一家

桑原氏、横井氏(二十将衆)、笠原氏(白備)、松下氏、遠山氏(三家老)、富永氏(青備)、高橋氏(赤備)、鈴木氏、山本氏、佐藤氏(二十将衆)、安藤氏、山角氏(二十将衆)、狩野氏、村田氏、上村氏、梅原氏、朝倉氏(二十将衆)、横地氏、田中氏、南条氏(二十将衆)、清水氏(二十将衆)、

相模十四家

間宮氏(二十将衆)、石巻氏(二十将衆)、安藤氏(二十将衆)、梶原氏、大谷氏(二十将衆)、諏訪氏、橋本氏、関氏、福島氏、中村氏、酒匂氏、行方氏(二十将衆)、河村氏、布施氏、

御家門方

箱根殿、小机殿、六郷殿、伊勢備中殿、伊勢兵庫頭殿、大和兵部大輔殿、

 

 

 

北条分限帳(北条氏康時代)における衆

小田原衆 松田憲秀 以下33人 9202

御馬廻衆 山角康定 以下94人 8591

玉縄衆 北条綱成 以下18人 4381

江戸衆 遠山綱景・太田大膳・富永康景 以下77人 12650

河越衆 大道寺周勝 以下22人 4079

松山衆 狩野介 以下15人 3300

伊豆衆 笠原綱信・清水康英 以下29人 3393

津久井衆 内藤康行 以下59人 2238

諸足軽衆 大藤秀信 以下17人 2260

職人衆 須藤盛永 以下26人 903

他国衆 小山田信有 以下30人 3721

 

御家中衆

御家門方 足利義氏・北条長綱 5852

本光院殿衆 山中盛定 以下49人 3861

氏堯衆 北条氏堯 以下4人 1381

小机衆 北条時長 以下29人 3438

御家門方 伊勢貞辰 以下11人 1050

 

 

 

北条分限帳の氏族別所領高

松田憲秀・康定・康長・康隆・康吉 3922.995

太田康資・景資・資正・氏資 2483.287

遠山綱景・景久・康光 2404.435

内藤康行・秀勝・秀行 1647.758

大道寺周勝・資親 1563.813

山中頼次・頼元・康信・盛定・彦八郎 1477.351

富永康景・守重 1452.353

狩野介・泰光 1352.988

垪和氏続・彦十郎 1178.675

清水康英・弥左衛門・与左衛門 921.165

堀内重親・康親 877.6

笠原綱信・康明・照重・弥十郎 834.33

間宮康俊・信忠・政光 803.566

布施康貞・康則・蔵人 751.2

小幡源次郎・政勝 718.3

正木時治 698.727

南条重頼・則親 688.53

太田大膳・四郎兵衛・新次郎 652

秩父次郎左衛門・孫四郎 603.023

石巻家貞・康保・康敬・正寿 514

 

 

 

北条氏直時代の一手役

三崎城  北条氏規(美濃守殿)

八王子城 北条氏照(陸奥守殿)

鉢形城  北条氏邦(安房守殿)

小田原城 北条氏忠(左衛門佐殿)

小机城  北条氏光(右衛門佐殿)

久野城  北条氏隆(彦太郎殿)

玉縄城  北条氏勝(左衛門大夫殿)

小田原城 北条氏成(新八郎殿)

岩槻城  北条氏房(岩付殿)

佐倉城  北条直重(七郎殿)

小田原城 松田憲秀

江戸城  遠山景政

河越城  大道寺政繁

松山城  上田憲定

忍城   成田氏長

 

清水康英(太郎左衛門)

笠原政堯

山角康定(上野)

垪和直■(伊予)

依田康信(下総)

大藤信興(式部)

内藤綱秀(将監)

太田肥後

富永政家

北条氏秀?(治部少輔殿)

山中頼元(大炊助)

毛呂康季(又十郎)

近藤綱秀(出羽)

 

庁鼻和氏憲(深谷殿)

小幡信氏(小幡殿)

内藤昌月(内藤殿)

安中久繁(安中殿)

和田信繁(和田殿)

倉賀野家吉(倉加野殿)

舞木定綱?(合木殿)

白井憲景(白井長尾)

北条高繁(大胡殿)

北条高広(毛利殿)

那波顕宗(那波殿)

由良国繁(由羅殿)

足利顕長(館林長尾)

佐野宗綱(佐野殿)

皆川広照(皆川殿)

壬生義雄(壬生殿)

 

臼井城  原胤栄(原殿)

坂田城  井田胤徳(伊田殿)

矢作城  大須賀常安(大須賀殿)

助崎城  大須賀宗朝?(助崎殿)

土気城  酒井康治(伯耆守)

東金城  酒井政辰(左衛門尉)

小金城  高城胤辰

府川城  豊嶋貞継(新六郎)

江戸崎城 土岐治綱(江戸崎土岐殿)

牛久城  岡見治広(治部大輔)

足高城  岡見宗治(中務)

守谷城  相馬治胤(相馬殿)

庁南城  武田豊信(長南殿)

 

簗田持助(やなた殿)

一色直頼(一色殿)

佐々木基頼(佐々木殿)

 

 

 

北条家人数覚書・関東八州諸城覚書

北条氏直 700 小田原

北条氏房 1500 岩槻・松山

北条氏政 500 小田原・関宿

北条氏照 4500 滝山(八王子?)・水海・小山・関宿・榎本・栗橋

北条氏邦 5000 鉢形・深谷・厩橋・箕輪・沼田・倉賀野

北条氏規 500 三崎・韮山・館林

北条氏忠 300 新田(佐野?)

北条氏光 150 小机

北条氏勝 700 玉縄

北条氏隆 300 久野・箱根山

松田憲秀・直秀 1500 小田原

大道寺政繁・直繁 1500 河越・松井田

遠山犬千代 1000 江戸

山角康定・左近・定次 150

依田康信 300

清水康英 200 下田

国分胤政 500 矢作

大藤直昌 50 田原

成田氏長 1000 忍

内藤綱秀 150 津久井

北条直重 3000 佐倉

原胤栄 2000 臼井

高城胤則 700 小金

豊島貞継 150 府川

相馬治胤 100 守谷

井田胤徳 150 大台

皆川広照 1000 皆川・上南摩

鏑木胤家 300 鏑木

壬生義雄 1500 壬生・鹿沼・日光山

土岐治綱・胤倫 1500 江戸崎・木原・龍ヶ崎?

酒井政辰 150 東金

酒井康治 300 土気

武田豊信 1500 庁南・池和田・勝海

土岐義成 1500 万喜・へびうか・鶴賀

 

小笠原康広・伊勢貞運・大和晴親?

 

 

 

 

北条家支配体制

御本城様・小田原城主 北条氏綱・氏康・氏政・氏直

西郡代 石巻家貞・康保・康敬

中郡代 大藤信基・秀信・政信・信興・直昌

北郡代 笠原綱信・政堯・氏隆

奥郡代 清水定吉・綱吉・康英・直英

 

一手役・三家老・家臣筆頭 松田顕秀・盛秀・憲秀・直秀

指南 上田・万喜・土気・臼井・相馬・豊島・江戸崎

 

一手役・三家老・江戸城代 遠山直景・綱景・政景・直景・景政

指南 千葉・高城・井田

 

一手役・三家老・河越城代 大道寺盛昌・周勝・資親・政繁・直繁

指南 内藤・倉賀野・安中・後閑・浦野・下

 

一手役・興国寺城代 垪和氏堯・氏続・又太郎

一手役・松山城代 狩野介

一手役・葛西城代 富永実吉・政辰・康景・政家

 

一手役・八王子城主 北条氏照

指南 成田・小山・皆川・壬生・簗田・岡見・正木・北条毛利

小指南 狩野泰光

八王子城代 狩野泰光・横地吉信

榎本城代 近藤綱秀

祗園城代 大石照基

滝山城代 中山家勝・家範

獅子浜城代 大石直久

 

一手役・鉢形城主 北条氏邦

指南 由良・白井長尾・足利長尾・小幡・和田・浦野・阿久沢・赤見

 小指南 三山綱定

鉢形城代 藤田政邦・三上氏郷

沼田城代 藤田重連・重信・猪俣邦憲

箕輪城代 猪俣邦憲

厩橋城代 笠原康明・垪和康忠

虎ヶ岡城代 猪俣範宗

天神山城代 岩田義幸

金窪城代 斎藤定盛

日尾城代 諏訪部定勝

龍ヶ谷城代 久長但馬

雉岡城代 横地忠春

 

一手役・三崎城主 北条氏規

指南 長南武田

小指南 山中盛定

三崎城代 山中盛定・横井資方・南条則親

韮山城代 山中康信・山本家次・朝比奈泰寄・大藤信興

館林城代 南条則親

安良里城代 梶原景宗・出口茂信

 

一手役・佐野城主 北条氏忠

 

一手役・玉縄城主 北条氏時・為昌・綱成・氏繁・氏舜・氏勝

玉縄城代 北条綱高(高橋綱種?)・堀内勝光

山中城代 松田康長・間宮康俊・多目長定

 

一手役・小机城主 北条長綱・時長・氏堯・氏信・氏光・氏隆

 小机城代 笠原信為・康勝

 

一手役・岩槻城主 北条氏繁・源五郎・氏房

 岩槻城代 北条氏秀・氏舜・氏次・笠原康明・垪和康忠・伊達房実

 

一手役・津久井城主 内藤朝行・康行・綱秀・直行

 

 

 

北條長氏時代の「御由緒家」七家のうち、荒川氏・荒木氏・有竹氏は、北条氏康時代にはあまり目立たなくなります。