上杉家臣団

 

二橋上杉一門 二橋氏八条氏扇谷氏加々爪氏今川家収録〉、内山氏七沢氏

四条上杉一門 四条(高倉)氏犬懸氏上条氏山浦氏山本寺氏

山内上杉一門 宅間氏一部北条家収録〉、椙谷氏山内氏米沢上杉氏庁鼻和氏深谷氏

千秋上杉一門 千秋氏長谷氏小山田氏

 

長尾氏族 千秋(佐貫)長尾氏鎌倉(犬懸、足利・館林)長尾氏、白井(岸、尻高、深井)長尾氏、惣社(高津、漆窪)長尾氏越後(三条、府内、上田、古志、下田、蔵王堂)長尾氏飯野氏、

三浦氏族 中条氏東氏、金山氏、築地氏、羽黒氏、黒川氏関沢氏、高野氏、関氏、下氏、吉江氏、

大見氏族 宇佐美氏、柿崎氏、安田氏、水原氏、下条氏、河田氏、大関氏、玉虫氏、大熊氏、

旧新田党 山吉氏、小国氏、福王寺氏、甘糟氏、

毛利氏族 北条氏南条氏安田氏善根氏

秩父氏族 本荘氏色部氏小川氏、飯岡氏、浦氏、宿田氏、牛屋氏、新保氏、鮎川氏、

佐々木氏族 加地氏飽浦(東郷)氏、新発田氏、五十公氏、竹俣(倉田)氏

信濃源氏 村山氏、金津氏、新津氏、楡井氏、

太田氏族 太田氏、千坂氏岡谷氏、石塚氏、恒岡氏、

 

四条家臣 石川氏、平子氏、斎藤氏、飯沼氏、埴谷氏、十倉氏、矢野氏、曾我氏、秋山氏、志駄氏、計見氏、津田氏、福原氏、秋元氏、黒田氏、直江氏、菅名氏、松本氏、黒金氏、岩船氏、庄田氏、岡田氏、山岸氏、安部氏、本田氏、相浦氏、島倉氏、丸田氏、小倉氏、楠川氏、蓼沼氏、左近司(上境)氏、花ヶ前氏、莅戸氏、栗林氏、須賀氏、石坂氏、石原氏、

上田衆 福島氏、西方氏、樋口氏、宮島氏、深沢氏、金子氏、山本氏、小黒氏、斎木氏、広居氏、大橋氏、

 

山内家臣 大石氏一部北條家収録〉、寺尾氏、藤田氏北條家収録〉、成田氏関東公方家収録〉、桃井氏、判門田氏、力石氏、神余氏、臼田氏、小倉氏、朝岡氏、丸山氏、平岡氏、長井斎藤(平沢)氏、

上野国衆 長野氏、和田氏、高田氏、安中氏、松本氏、

小幡氏族 小幡氏倉賀野氏、白倉氏、一宮氏、長根氏、熊井土氏、

扇谷家臣 三戸氏足利家収録〉、大森氏、上田氏、難波田氏、広沢氏、

下河辺氏族 下河辺氏、斎藤(吾妻)氏、尻高氏、富沢氏、

太田家臣 潮田氏、春日氏、細谷氏、舎人氏、

上田家臣 山田氏、若林氏、根岸氏、

 

出羽国人 武藤(大宝寺、大泉)氏、来次氏、土佐林氏、東禅寺氏、

 

※石川氏、山吉氏、鮎川氏は三浦氏族とも考えられる。

 

 

足利家(足利氏、高氏、三戸氏)

関東公方家(足利氏、三浦氏、沼田氏、発智氏、成田氏、倉賀野氏)

北条家(宅間氏、大石氏、藤田氏)

藤氏一揆

大内家(毛利氏)

新田家(大井田氏、上野氏、小森沢氏、池氏、五十嵐氏

信濃国人衆(小笠原氏、村上氏、高梨氏、登坂氏、大熊氏、須田氏、島津氏、市河氏、芋川氏、岩井氏)

 

 

山内上杉家成立までの伝領過程

室町幕府役職一覧

足利家直臣構成の変遷について

関東幕注文

上杉家臣序列

 

応永三十年(1423)〜越後応永の乱

細川満元(前管領)、山浦上杉頼方(越後守護)、山浦上杉頼藤、長尾頼景(三条郡司?)、中条房資、伊達持宗

×

畠山満家(現管領)、四条上杉房朝、山本寺上杉教朝?、上条上杉清方、長尾邦景(越後守護代)、長尾定景、長尾実景、山吉行盛(蒲原郡司)、黒川基実、羽黒秀性

 

永享十年(1438

足利義教、山内上杉憲実、四条上杉持房、山本寺上杉教朝、

×

足利持氏、小山田上杉定頼、宅間上杉憲直、

 

長禄三年(1459

足利政知、渋川義鏡、山内上杉房顕、四条上杉房定、四条上杉教房、山本寺上杉政憲、八条上杉持定、扇谷上杉持朝、宅間上杉憲能、白井長尾景信、長尾頼景、太田資長、岩松持国、小笠原光康、千葉実胤、那須氏資

×

足利成氏、小山持政、結城成朝、宇都宮明綱、小田持家、千葉輔胤、那須資持、里見義実、武田信長、簗田持助、村上政清、高梨政高

 

文明三年(1471

足利政知、山内上杉顕定、山本寺上杉政憲、犬懸上杉憲定?、桃井讃岐、岩松家純

×

足利成氏、小山持政、結城氏広、千葉孝胤

 

 

 

寛正元年(1460)の上杉家

上杉三郎(四条憲房)

上杉右馬頭(庁鼻和房憲?)

上杉宮内大輔(犬懸憲久?)

上杉播磨守(上条定顕?)

上杉修理亮(扇谷持朝)

毛利宮内少輔(安田房朝)

矢部弥三郎

本庄三河守(本荘房長)

長尾信濃守(重景)

飯沼弾正左衛門尉(頼泰)

石河遠江入道

飯沼孫右衛門尉

野沢弥六

三潴帯刀左衛門尉

池田太郎四郎

吉沢小太郎

中山左衛門三郎

渡辺孫次郎

後閑弥六

大類五郎左衛門尉

伊南山城太郎

行方幸松

長尾肥前守(長尾房景)

長尾尾張守(惣社景棟)

長尾新五郎(足利定景)

芳賀忠兵衛尉

二階堂小滝四郎

 

長享元年(1487

足利政知、山内上杉顕定、四条上杉房定、太田資康

×

足利政氏、扇谷上杉定正、七沢上杉朝昌、白井長尾景春、三浦時高、大森氏頼、

 

明応二年(1493

足利義稙、足利政綱(茶々丸)、足利政氏、大内政弘、山内上杉顕定、四条上杉房定、長尾能景、武田信虎、

×

足利義澄、細川政元、扇谷上杉定正、今川氏親、北條長氏(伊勢盛時)、三浦時高、大森氏頼

 

永正元年(1504

足利義澄、足利政氏、細川政元、山内上杉顕定、四条上杉房能、犬懸長尾景利、長尾能景、長野房業、千葉勝胤、武田信虎、

×

足利義稙、扇谷上杉朝良、今川氏親、北條長氏、上田正忠、

 

永正四年(1507

山内上杉顕定、四条上杉房能、山本寺上杉定長、八条上杉成定、桃井直近、足利長尾景長、本荘時長、色部昌長

×

四条上杉定実、扇谷上杉朝良、上条上杉定憲、白井長尾景春、長尾為景、宇佐美房忠、斎藤昌信、中条藤資、高梨政盛

 

永正十年(1513

四条上杉定実、上条上杉定憲、宇佐美房忠、飯沼頼清、長沼貞忠、伊達稙宗

×

長尾為景、長尾房景、福王寺孝重、安田長秀、直江景綱、高梨澄頼

 

 

上杉被官古臣

長尾氏

石川氏

斎藤氏

千坂氏

平子氏

 

 

四条房定の重臣

長尾能景

大安頼忠

市河憲輔

市河房泰

市河定輔

善根定広

北条輔広

市河房宣

平子朝政

 

 

四条房能(上杉相模守)の重臣

長尾能景

長尾顕景

長尾輔景

宇佐美房忠?(加賀)

千坂実高

 

 

四条房能・長尾為景の重臣(1506年)

飯沼日向(定頼?)

高梨播磨(景宗)

桃井讃岐(直近?)

長尾蔵人(景忠)

中条与次(藤資)

本荘弥次郎

畠山越中

色部与三郎(昌長?)

長尾縫殿

柿崎但馬(利家)

新津越前(義勝?)

加地弥太郎

新発田備前(長綱?)

五十公野信濃

長尾小太郎

竹俣久三郎(為綱?)

大河下野

神余伊予

長尾四郎左衛門(房景?)

池八郎左衛門

唐崎孫次郎

平子上野

大崎大膳

黒田乙松

 

 

長尾為景の重臣(1521年)

石川景重(上杉四家老)

千坂景長上杉四家老)

斎藤昌信上杉四家老)

安田広春(毛利一族)

長尾憲正(上田長尾氏・長尾房長)

長尾房景(古志長尾氏)

長尾景慶

 

 

長尾為景の重臣(1530年)越後衆連判軍陣壁書

山浦主水?

桃井義孝

中条藤資

黒川清実

斎藤定信

安田景元

北条輔広

加地春綱

竹俣昌綱

水原政家

安田長秀

五十公野景家

新発田綱貞

鮎川清長

色部憲長

本荘房長

山本寺定種?

上条定明?

 

享禄四年(1531

長尾為景、上条定明?、桃井義孝、高梨政頼、福王寺孝重、山吉政久、北条輔広、安田景元、本荘房長、色部憲長

×

上条定憲、長尾房長、宇佐美定満、柿崎景家、大熊朝秀、平子房政、芦名盛舜

 

天文十一年(1542

四条定実、中条藤資、平子弥三郎、直江景綱、伊達稙宗

×

長尾晴景、本荘房長、色部勝長、鮎川清長、安田長秀、加地春綱、竹俣清綱、黒川実氏

 

天文十六年(1547

長尾晴景、長尾政景、黒川実氏

×

長尾景虎(上杉輝虎)、上条景信、中条藤資、山吉政久、本荘慶秀、大熊朝秀、直江景綱、高梨政頼

 

 

長尾景虎(上杉謙信)時代の家臣構成

謙信七手組(前期)

長尾藤景(下田長尾氏)奉行職兼任

北条高広(毛利一族)奉行職兼任

柿崎景家(大見一族)奉行職兼任

斎藤朝信(四家老)披露太刀之衆、奉行職兼任

本荘慶秀(秩父一族)

直江景綱(飯沼氏継嗣?)披露太刀之衆

中条藤資(三浦一族)披露太刀之衆

 

直太刀之衆(1559年)

上条景信、桃井直光?、山本寺定長

 

披露太刀之衆(1559年)

中条藤資、本荘繁長、本荘秀綱、石川重次、色部勝長、千坂景親、長尾政景、斎藤朝信、安田顕元?、長尾藤景、柿崎景家、宇佐美定満(長尾景通?)、長尾源五郎、新津勝資?、加地春綱、新発田長敦、竹俣慶綱、大河忠秀、長尾景治?、仁科清蔵、平賀頼直、安田吉親?、竹俣勝綱?、吉江景資?、甘糟長重、水原実家?、下条実親、大関親信、荒川長実、唐崎為宗、桐沢具繁、

 

入道衆(1559年)

上条定春?、山浦主水?、直江親綱、小国頼久、山岸光祐、小島貞弘?

 

 

謙信七手組(後期)

上条政繁(上条上杉氏)一門衆、奉行職兼任

北条景広(高広の子)奉行職兼任

柿崎景家(大見一族)奉行職兼任

斎藤朝信(四家老)披露太刀之衆、奉行職兼任

山本寺定長(長尾一族で山本寺上杉氏を相続)直太刀之衆、一門衆

本荘繁長(秩父一族)披露太刀之衆

竹俣慶綱(佐々木一族)

 

 

一門衆(1575年)

上杉景勝(長尾顕景)、山浦景国(村上国清)、上条信虎(長尾景満?)、上条政繁、琵琶島弥七郎(八条義春?宇佐美定勝?長尾景通?)、山本寺定長

 

国人衆(1575年)

中条景泰、黒川清実、水原隆家、竹俣慶綱、新発田長敦、五十公野治長(新発田重家)、加地春綱、安田吉親、下条忠親?、荒川義次?

菅名綱輔、平賀頼直、新津資相、斎藤朝信、千坂景親、柿崎晴家、新保景之、竹俣房綱?、山岸光祐、安田顕元、船見規泰(須田満親)

 

旗本衆(1575年)

松本房繁、本荘秀綱、吉江信景、山吉豊守、直江景綱、吉江信景、河田吉久、南条高定、小国重頼、長尾景直

 

 

越後衆(1577年)

上条信虎(長尾景満?)、山浦景国(村上国清)、山本寺定長、琵琶島弥七郎(宇佐美定勝?長尾景通?)、長尾景直、千坂景親、斎藤朝信、安田顕元、五十公野治長(新発田重家)、菅名綱輔、竹俣慶綱、荒川義次?、色部長真、加地秀綱、柿崎晴家、本荘秀綱、吉江信景、中条景泰、河田勘五郎、五十公野信宗、竹俣房綱?、山岸光祐、新保景之、安田吉親、南条高定、河田吉久、新発田長敦、船見規泰(須田満親)、松本房繁、山吉豊守、鮎川盛長、大河長秀、小国重頼、堀江宗親、本田長定、村山慶綱、

 

上野衆(1577年)

北条高広、北条景広、那波顕宗、後藤勝元、河田直親?、倉賀野尚行、河田重親、大石芳綱、竹沢清秀?、上野家成、小中彦兵衛、

 

越中衆(1577年)

河田長親、鰺坂長実、吉江景資、土肥親実、計見幸安、小島職鎮、神保氏張、遊佐義房?、石黒成綱、斎藤信利、寺崎盛永、小島胤興、寺嶋職定、

 

能登衆(1577年)

上条政繁、直江景綱、長沢光国、平子房長、井上肥後、長景連、遊佐続光、三宅長盛、三宅宗隆、温井景隆、平堯知、西野宗慶、畠山大隅、畠山将監、

 

 

 

天正六年(1578)御館の乱

上杉景虎方

上杉景虎(北條氏出身)

山内憲政(山内上杉氏)前関東管領

上条信虎(古志長尾氏?・長尾景満?)直太刀之衆・一門衆

山本寺定長(三条長尾氏末流・山本寺上杉氏継嗣)直太刀之衆・一門衆

桃井直光(?)直太刀之衆

長尾景直(椎名氏継嗣・下田長尾継嗣)旗本衆

北条景広(毛利一族)奉行職・七手組

本荘顕長(秩父一族)

本荘秀綱(秩父一族)披露太刀之衆・旗本衆

鮎川盛長(秩父一族)

加地秀綱(佐々木一族)

下久長(三浦一族)

神余親綱

河田重親(長親の叔父)

 

上杉景勝方

上杉景勝(上田長尾氏出身)一門衆

上条政繁(上条上杉氏)一門衆・奉行職・七手組

山浦景国(村上国清・山浦上杉氏継嗣)一門衆

琵琶島弥七郎(宇佐美定勝?長尾景通?・八条上杉氏継嗣?)一門衆

直江信綱(惣社長尾氏出身・直江景綱継嗣)旗本衆?

河田長親(古志長尾氏継嗣)

長尾虎房(佐野清左衛門)

吉江信景(長尾一族?)旗本衆

斎藤朝信(四家老)披露太刀之衆・奉行職・七手組

本荘繁長(秩父一族)披露太刀之衆・七手組

竹俣慶綱(佐々木一族)七手組

新発田長敦(佐々木一族)

五十公野治長(後の新発田重家)

安田顕元(毛利一族)

中条景泰(三浦一族)

山吉景長(山吉豊守継嗣)旗本衆?

須田満親(信濃衆・船見氏継嗣)

 

 

上杉景勝時代の家臣構成

山内上杉家臣 長尾一族斎藤氏、宇佐美氏、大石氏、

四条上杉家臣 千坂氏、石川氏、志駄氏、

新田党 里見一族、大見一族、

越後国人 毛利一族、揚北衆、

信濃源氏 高梨氏、村山氏、金津氏、新津氏、楡井氏、

越後守護代長尾家臣(為景、晴景の家臣だった者) ほどんど残らず

長尾景虎(上杉輝虎)譜代家臣 ほどんど残らず

上杉景勝譜代家臣(上田衆) 樋口氏、

信濃衆 村上氏、須田氏、清野氏、栗田氏、島津氏、市河氏、芋川氏、岩井氏、松本氏、平林氏、香坂氏、

北条家臣 藤田氏、下氏、

 

上杉定勝時代の家臣構成

藩主一族 安田(武田)氏、

山内上杉家臣 白井長尾氏、吉江氏、

四条上杉家臣 千坂氏、志駄氏、

信濃衆 須田氏、清野氏、芋川氏、長沼島津氏、市河氏、岩井氏、井上氏、平林氏、香坂氏、松田仁科氏、西条氏、綱島氏、夜交氏、大室氏、保科氏、

揚北衆 本荘氏、中条氏、色部氏、竹俣氏、

毛利一族 安田氏、

大見一族 柿崎氏、安田氏、下条氏、

越後守護代長尾家臣(為景、晴景の家臣だった者) ほどんど残らず

長尾景虎(上杉輝虎)譜代家臣 ほどんど残らず

上杉景勝譜代家臣(上田衆) 樋口氏、

北条家臣 下氏、

蘆名家臣 平田氏、夏井氏、

 

 

 

つまり御館の乱にて上杉譜代の家臣は景虎側につき、上田衆と信濃衆は景勝側についたためにこのような結果になったのですが、北条氏出身の景虎に謙信譜代や山内憲政が味方したのは上田長尾氏出身の景勝に対する反発が強かったからでしょう。

 

 

 

関東上杉氏の役職

 

関東執事・管領
四条憲藤椙谷憲顕宅間顕能椙谷憲顕四条朝房宅間能憲→(犬懸朝宗)→椙谷憲春山内憲方宅間憲孝→(山内憲方)→犬懸朝宗山内憲定犬懸氏憲山内憲基山内憲実→(上条清方)→山内憲忠山内房顕山内顕定山内顕実《足利義綱》山内憲房山内憲寛《足利晴直》山内憲政山内政虎《長尾景虎・上杉輝虎》
 

武蔵守護

椙谷憲将椙谷憲顕宅間能憲椙谷憲春山内憲方犬懸朝宗→(山内憲定)→犬懸氏憲山内憲実上条清方山内憲忠山内房顕山内顕定

 

伊豆守護

宅間重能椙谷憲顕宅間能憲山内憲方宅間憲孝→(山内憲方)→山内憲定山内憲基山内憲実山内憲忠

 

上野守護

椙谷憲房宅間重能椙谷憲顕椙谷憲将宅間能憲椙谷憲春山内憲方→(宅間憲孝)→(山内憲方)→山内憲定山内憲基山内憲実山内憲忠

 

相模守護

椙谷憲房椙谷憲顕扇谷持朝扇谷顕房扇谷定正山内憲房

 

上総守護

四条憲藤四条朝房犬懸朝宗犬懸氏憲小山田定頼

 

越後守護

椙谷憲顕椙谷憲賢椙谷憲将椙谷憲栄四条房方四条朝方山浦頼方→(上条清方)→四条房朝四条房定四条房能四条定実

 

信濃守護

四条朝房→(四条房朝)→四条房定

 

安房守護

椙谷憲顕→(宅間能憲)→山内憲方小山田定頼

 

下野守護

山内憲方

 


武蔵守護代
上杉(宅間)重能(守護・足利尊氏)→吉江道房→上杉(宅間)能憲長尾(千秋)藤明上杉(山内)憲方→大石能重→長尾(白井)景守→千坂清連→長尾(千秋)藤景→埴谷行蓮→長尾(千秋)景雄長尾(鎌倉)景英長尾(犬懸)満景長尾(惣社)忠政→大石信重→大石憲重→大石憲儀→長尾(白井)景仲長尾(惣社)景棟長尾(白井)景信長尾(惣社)忠景

上野守護代
長尾景泰長尾景忠長尾(惣社)忠房→大石能重→長尾(白井)景守上杉(庁鼻和)憲英→大石信重→長尾(白井)景仲→大石憲重→長尾(高津)憲明長尾(白井)景信長尾(足利)景人長尾(惣社)忠景長尾(惣社)顕忠長尾(高津)定明長尾(高津)顕景

山内上杉家の執事・家務・家宰
長尾景忠長尾(鎌倉)景直長尾(犬懸)満景長尾(惣社)忠政長尾(鎌倉)実景長尾(白井)景仲長尾(白井)景信長尾(惣社)忠景長尾(惣社)顕忠長尾(足利)景長長尾(惣社)顕方長尾(足利)憲長

 

越後守護代

長尾景恒→(長尾景晴)→長尾高景→長尾邦景→長尾実景→長尾頼景→長尾重景→長尾能景→長尾為景→長尾晴景→長尾景虎(上杉輝虎)

 

 

沼田城代

本荘秀綱→河田長親→河田重親→

 

松倉城代

河田長親→上条政繁→

 

海津城代

長沼忠直→山浦景国→上条政繁→須田満親

 

米沢奉行

春日元忠→平林正恒→志駄義秀→志駄義繁→清野長範・長沼利忠

 

 

上杉氏官途変遷

弾正少弼     

二橋朝定(重顕子)椙谷憲将(憲房孫)四条朝房(二橋朝定嗣?)扇谷氏定(二橋朝定孫)扇谷持朝(四条房方孫)→上杉輝虎→上杉景勝→上杉定勝→上杉綱憲

 

中務大輔(少輔) 

四条憲藤(椙谷憲房孫)四条朝房(憲藤子)犬懸朝宗(四条朝房弟)八条朝顕(二橋朝定子)犬懸憲秋(朝宗孫)八条満定(朝顕孫)四条持房(犬懸朝宗孫)四条教房(持房子)四条憲房(教房子)

 

修理亮(大夫)  

二橋重顕(上杉頼重子)四条憲藤(椙谷憲房子)二橋重藤(重顕子)犬懸朝宗(四条憲藤子)八条満朝(二橋重藤甥)犬懸氏顕(朝宗子)犬懸憲方(朝宗孫)扇谷持朝(四条房方孫)

 

左馬助      

四条朝房(憲藤子)八条氏朝(犬懸朝房甥)四条房方(朝房嗣)四条朝方(房方子)小山田定頼(扇谷氏定子)四条定昌(房方曾孫)

 

兵庫助      

椙谷憲房(上杉頼重子)宅間重能(二橋重顕嗣)二橋重行(宅間重能弟)椙谷憲将(憲房孫)宅間憲孝(重能孫)上条清方(宅間憲孝甥)四条房定(上条清方子)上条定顕(四条房定弟)四条定実(房定甥)

 

民部大輔(少輔)      

椙谷憲顕(憲房子)四条房方(憲顕孫)四条朝方(房方子)四条房朝(朝方子)四条房定(房方孫)四条定昌(房定子)四条房能(定昌子)

 

 

長尾氏官途

千秋上杉長尾氏 兵庫

鎌倉・犬懸・足利長尾氏 出雲・但馬・因幡・伯耆・石見・左近・修理

白井・惣社長尾氏 尾張・能登・左衛門・左京・修理

上田長尾氏 肥前・越前・伊賀・伊勢・兵庫

古志長尾氏 豊前・備中・河内・紀伊・和泉

三条長尾氏 筑前・上野・淡路

府内長尾氏 信濃・弾正左衛門

下田長尾氏 因幡・遠江

 

 

 

上杉氏の嫡流は山内上杉氏か?

上杉氏についても本来は在京の二橋(八条)上杉氏が本宗であり、宅間上杉、犬懸(四条)上杉、山内上杉の順であり、山内上杉が単独で惣領となるのは室町時代中期以降だと思います(二橋上杉朝定は足利尊氏の執事・引付頭人であり、宅間上杉重能は足利直義の執事・引付頭人であったのに対し、そもそも上杉憲顕が山内を号した形跡はなく、かつ憲顕は関東廂番、関東執事であり、憲顕の前に弟の四条上杉憲藤が関東執事になっている。つまり憲顕は憲藤の庶兄ということではないだろうか?)。

 

1344年の足利尊氏・直義二頭体制下では引付方を強化した内談方という機関が置かれ、直義をトップとした政治を行われました。

内談方は三方で構成され、頭人は高師直上杉朝定上杉重能です。

高師直は尊氏の執事です。

上杉朝定も尊氏の執事であり、直義とも親しく、両者の仲介役を務めていました。

上杉重能は直義の執事として、後に高師直と対立する人物です。

 

足利二頭体制を支えるメンバーを考える上で参考となるのは、1345年天龍寺供養の「布衣」を務めた六名です。

表記順は「武蔵守、弾正少弼、伊豆守、越後守、伊予権守、上杉左馬助」となっています。

つまり高師直上杉朝定上杉重能高師泰高(大高)重成上杉朝房、の六名です。

高一族から三名、上杉一族から三名という構成になっています。

上杉一族では二橋(八条)家の朝定宅間家の重能四条(犬懸)家の朝房です。

つまり椙谷(山内)家の憲顕らは関東では有力でしたが、当時の政権中枢では傍流にあったと言えます。

その後も四条(犬懸)家の房方二橋(八条)家の満定が幕府の評定衆や相伴衆として活動しています。

 

山内上杉氏が上杉惣領となったのは憲定の時期だと思います。

憲定の時に上杉本貫地の丹波上椙庄漢部・八田郷と上杉氏寺の光福寺を所有したことを根拠とします。

ついでに「定」字は朝定以来の嫡流の諱という意味もあるのではないか、と思いました。

 

 

越後上杉家は山内上杉分家なのか?

越後守護をつとめた上杉氏は他の上杉氏と異なり家号(山内とか扇谷とか)で呼ばれることがないのは何故かなー、と思ったことがきっかけです。

 

私はいわゆる越後上杉家は山内一族でなく、犬懸一族(というよりも犬懸上杉氏族の惣領家である四条家)だと思っています。

上杉氏は椙谷、宅間、山内、犬懸らの間で相互に養子を出していたので、血統的には区別する意味はありません。

越後上杉家は椙谷憲房が持っていた越後国衙領を憲藤、朝房、(養子の)房方と相伝し、房方の子孫が越後や信濃の守護として戦国時代まで続きました。

越後上杉家の房朝や房定は「犬懸」という名字で表記される例もあります。

 

系図纂要では朝房の養子として憲将、憲栄、房方が記載されています。
しかも憲顕の子として書かれている憲将、憲英(おそらく憲栄と混同)の記述の所にも「朝房為子(朝房の子とする)」とわざわざ明記されています。
もちろん憲将は朝房よりも年長と思われますので、鵜呑みにはできませんが、跡式(所領、守護職)の継承という流れが考慮されているのではないか、と思いました。

他にも地誌などでも越後上杉家のことを「犬懸」としている例が見られます。

ついでに越後上杉一門の山浦氏は犬懸上杉一族とされていました。

さらに越後上杉家の四家老といわれる千坂氏、石川氏も犬懸氏憲(上杉禅秀)の家臣として見られることから、「越後上杉家は犬懸上杉家の一族」だという結論に達しました。

 

 

越後上杉家の家号は?

というわけで越後上杉家を何と呼ぶか考えました。

 

「室町武鑑」では「上条」としていますが、「上条」は分家の清方らの家号なので却下しました。

越後上杉家の由来は憲藤に始まる「犬懸」上杉家だと考えましたが(前述)、犬懸上杉家といえば普通、氏憲(禅秀)の系統を言うことが多く、房方らと同じ名字ではややこしいので、憲藤−朝房−房方の系統は「四条」上杉家として表記することにしました。

 

「四条」は葉室惟方に始まり、勧修寺盛憲−清房−上杉重房−頼重を経て憲藤に相伝されたといいます(すなわち屋敷ということか?)。

 ちなみに朝房・房方・朝方・房朝は在京志向が強く、鎌倉よりも京都の幕府重臣として活躍しています。

つまり越後(四条)上杉家は、鎌倉府に属していた山内上杉家と異なり、幕府に仕える守護大名として活動していたと言えます。

 

 

山内上杉家の成立

私は何も考えずに上杉憲顕を山内初代と考えていましたが、そもそも憲顕が「山内」を号したという記載がどこにも見られませんでした。

系図で「山内」という家号が見られるのは上杉憲方からです。

すると憲顕、憲将、憲春らの家号は憲房の「椙谷」しか見当たりません。

宅間上杉氏は宮津入道道兎の子の重能と重兼が椙谷憲房(或いは二橋重顕)の養子となって始まった家と思われます。

しかし重能の子・顕能の死後は椙谷憲顕の子・能憲が継ぎ、能憲の跡は山内憲方の子・憲孝が継いだので、山内家に吸収された感があります。

 

ところが続群書類従系図部48を見ると、上杉(宅間)重能に「山内」と註しています。
そして憲方の孫・憲基になってようやく山内安房守を名乗るので、

山内歴代は

 重能−(顕能)−能憲−憲孝−憲基 

と読めなくもありません。

 

というわけで山内上杉家が誰から始まるかは

最広義説 憲房より始まる(山内=椙谷)
広義説 重能より(山内宅間)
狭義説 憲顕より(山内椙谷)
最狭義説 憲方より(宅間+椙谷=山内)

の四説挙げられます。

 

私は山内上杉家の成り立ちを考えるために所領や氏寺の相続という点から考えてみました。

山内上杉家成立までの伝領過程

私の結論は「 宅間+椙谷=山内 」の最狭義説です。

 

 

山内憲方の置文の奇妙さ(藤原肥前守様の御厚意に感謝します)

 

上杉道合憲方証状
 委細之旨、可載置文、付年号以下、為後証所加自筆也
所帯所職事、所譲与也、若無子孫者、房方可知行之、於文書者、預置如意庵併白雲庵候、可被存其旨候、謹言
 至徳三年七月一日      道合(花押)
   長基殿

上杉道合憲方置文
置文
 所帯諸職事
右、為家督分併庶子分、面々譲与所領之上者、各一心而可致奉公、若此中有背惣領之輩者、惣領可知行彼跡、亦惣領寄事於左右不可有煩、庶子事、縦雖有数輩子共、於家督者、可立一人、次於後家女子者、可譲与一期分、一期之後者、可付惣領、又有譲余者、雖為何ケ所、惣領可知行行、致宇不知行所領等者、依時分致訴訟、同惣領可知行之、敢不可譲与他人、将又、国清寺報恩寺明月庵以下所々寺院事、惣領可致外護、若有非法之儀者、可為不孝第一、及子々孫々永代可守此置文之状如件
    至徳四年九月廿日      道合(花押)

上杉道合憲方譲状
譲与
 諸職所帯事
右、諸職所帯者、所譲与顕房也、雖有数輩子、於家督者、可立壱人、若顕房無子者、房方子孫可知行之、自余兄弟等事者、為惣領計、可致扶持、至宇不知行所領等者、依時分致訴訟、同可知行之、於後家女子者、可譲与一期分、一期之後者、可付惣領、敢不可譲与他人、將又、国清寺報恩寺明月庵以下所々寺院事、惣領可致外護、若有非法之儀者、可為不孝第一、及子々孫々永代可守此旨之状如件
    嘉慶二年十二月廿七日    道合(花押)

 


上杉憲方の譲状の宛名について
「長基」とは憲定の法名とされますが、
至徳三年(1386)は憲定は満11歳なのに何故「長基」と呼ばれているのか?
さらに嘉慶二年の「顕房」とは憲定の初めの諱なのか?
つまり「長基」=「顕房」=「憲定」という図式が成り立つのか?
ということが第一の疑問です。

憲定の兄・憲孝、房方について
二人共、貞治六年(1367)生まれで憲定よりも8歳も年長です。
憲孝は憲方の長子で能憲の養子です(逆の説もありますが)。
永和二年・四年の能憲から憲方への譲状は
能憲憲方憲孝というラインを想定した物と思われるのに、
10年も経たないうちにそれに反する物が有り得るのでしょうか?
憲孝が廃嫡されたのなら納得いきますが、憲孝はこの当時、伊豆守護であり、
この後に関東管領にもなります。

「憲定に子が無ければ房方の子孫が継ぐ」という読み方も疑問があります。
何故、憲孝の子孫は駄目なのでしょうか?
能憲−憲孝の宅間家を嫌ったのでしょうか?
現実に30年後、憲基(憲定の子)の跡を憲実(房方の子)が継いだことを考えると
私は後世の作為ではないかとも思えてきます。

憲基は7歳しか歳の違わない憲春(氏憲の子)を養子としたという説もあるので気になります。

 

憲方憲孝という相続の時期については謎があります。

一般的な説は「明徳二年に憲方の病により憲孝が管領となり応永元年の憲方死去により憲孝も管領辞職」というものですが、

私はかなり疑問を持っています。

結論から言うと「明徳二年に憲孝が管領就任後数ヶ月で死去したため、応永元年まで2年間は憲方が憲孝遺跡を継承した」

のではないかと考えます。

それは山内上杉家成立までの伝領過程を製作しながら、

憲方の所領と憲定の所領とが大きく異なる点に気付いたことから始まりました。

憲方が持っていた所領は憲顕・能憲・憲春から譲られた上野国・越後国を中心とした椙谷家領が中心であるのに対して、

憲定の所領には椙谷家領に加えて重能・能憲・憲孝が持っていたであろう伊豆国・武蔵国を中心とした宅間家領が存在する、

ということです。

 

つまり椙谷家領継承順は

憲房憲顕能憲憲春憲方憲定

であり、

宅間家領継承順は

憲房重能能憲憲孝憲方憲定

と考えます。

 

併せて、上杉憲実から房顕への譲状の奇妙さについても検討します。

 

 

上杉朝定の「朝」字について
二橋重顕の子や養子ら一族はほとんど皆「重」字を使います(重藤、重氏、重行、そしておそらく重能・重兼も重顕の養子でしょう)。
なぜ朝定だけが違う名乗りなのでしょうか?
そして犬懸朝房・朝宗兄弟も憲藤の子としては変わった名乗りです。


千坂系図に「扇谷朝宗」という記載があります(千坂高春は「扇谷朝宗の孫」とされている)。
朝定は扇谷の祖とされていますが、扇谷を継いだという顕定は朝定死去時2歳でしたので、朝宗が朝定の跡を継いだのではないかと思います。
さらに朝宗の子・氏朝以降の子孫はなぜか「八条」(八条は朝定の子孫も名乗っている)を号しています。

 

 

直江信綱について

直江兼続の先代・直江信綱は高津(長尾)顕景の子で初名が景孝という説がありますが、おそらく誤りでしょう。

高津顕景は享禄四年(1531)頃に平五郎景孝に家督を譲っています。

それからまもなく後に弟の孫五郎景総が跡を継いでいるので、景孝は死去したと考えられます。

長尾平太景貞の子・藤九郎景孝が直江信綱になったという説の方が正しいと思いますが、長尾平太景貞の系譜上の位置がわかりません。

惣社出身なので、惣社長尾氏か高津長尾氏のどちらかでしょうが、直江信綱よりも後に死去した惣社長尾平太景秀の存在がさらにややこしくさせます。

いくらなんでも平太景秀が直江信綱の祖父とは考えられません。

しかし、平太景貞が高津長尾氏としても結局、景秀も景貞も惣社長尾景致の孫となる可能性が高くなるので、従兄弟で同じ仮名を名乗るという妙なことになります。

同一人物なのかな・・・。

 

 

上条政繁と畠山義春について

上杉景勝政権初期の最重要人物でありながら上杉家を出奔した上条政繁は畠山義春と同人とされています。

しかし没年が寛永二年(1525)と寛永二十年(1543)の二説あることから、二人の人物が混同されていると推測されます。

そして天正三年(1575)の軍役帳に名前がある政繁と天正五年(1577)の七尾城落城によって上杉家に引き取られた義春(四条房定の玄孫?)が同一人物というのは矛盾します。

上条政繁の諱の「繁」字が上杉氏には珍しいので、それを手掛りに考えると八条上杉氏の房繁、朝繁、広繁の系統の関係者ではないかと思われます。

さらに政繁の子である景広や義広の諱から「広」字を共通とする八条広繁(上杉輝虎の馬術の師)の子孫ではないかと考えました(少し飛躍していますが)。

系図纂要では、八条定春の子に義春がいるので、畠山義春は上条政繁の養子になったとも限らないのではないかと思いつつあります。

 

 

長尾顕吉について

上杉謙信の祖父とされる長尾顕吉については古志長尾氏説と上田長尾氏説があります。

長尾顕吉が朴峰永浮と同一人物であるかにもよりますが、朴峰永浮は上条入道と呼ばれていたので、長尾顕吉は上条氏の出身である可能性を考えています。

上条房実あたりの子で上田長尾肥前守房景の跡を継いだ上総介清景の養子となったため、上田長尾氏なのに栖吉城主という妙な経歴となったのではないかと思います。

長尾顕吉の孫にあたる十郎景信が伯父にあたる上条十郎定明の名跡を継いで上杉十郎となり一門筆頭になった、という方がしっくりきます。

と言っても、栖吉のすぐ近くに上条(越後宮内の近く)があるので、上条入道とはそれのことかもしれませんが・・・(上条上杉氏の刈羽上条とは別の土地)。

 

 

上条氏について

上条氏は関東管領代行となった十郎清方に始まり、「十郎」は定明、憲明(山内憲房の弟)と続き、いわゆる「上杉十郎景信」に繋がります。

 

 

琵琶島弥七郎について

上杉輝虎の一門衆である琵琶島弥七郎とは何者か?

琵琶島弥七郎の正体については、八条上杉氏、長尾景通、琵琶島広員などの説があります。

琵琶島広員は八条広繁の関係者か?

「越国諸士」によると能登出身とのことなので畠山氏出身で上条政繁か八条氏の養子となった義春のこととも考えられます。

琵琶島城主であった宇佐美房忠(定満の父)の仮名が弥七郎なので、

宇佐美定勝(定満の子)のことではないかとも思われます。

 

 

伊豆守護代・刑部備前祐禅について

建武期に伊豆守護・宅間上杉重能の下で守護代及び目代を務めていた刑部備前祐禅という人物は、出自が不明です。

在庁出身と推測されていますが、名字はわかりません。

私は祐禅について、「上杉氏の伊豆守護代」という観点から宇佐美一族ではないかと考えてきましたが、それを撤回します。

日向伊東氏の伊東祐安は、明徳四年に伊豆国伊東荘を巡って備前入道禅東・子息掃部助と争います。

ここに出てくる備前入道禅東は鎌倉公方の奉公衆と見られます。

彼は伊東祐安の大叔父にあたる佐土原備前権守祐藤のことです。

彼は北条得宗家御内人・工藤貞祐の子で、足利直義に仕えており、鎌倉府に近い存在でした(すなわち宅間上杉重能にも近かった)。

刑部備前祐禅と関係があると思われる工藤(伊東)氏は、

佐土原備前権守祐藤(工藤貞祐の子)、木脇刑部左衛門祐頼(工藤貞祐の大叔父)、薩摩掃部大夫入道、薩摩刑部左衛門入道などがいます。

刑部備前祐禅という名乗りの構造を考えれば、工藤刑部家の流れで官途が備前である家に連なると思われます。

 

古代氏族研究会の樹童様との応答

上杉氏の本宗

平姓長尾氏の系譜

長尾氏の一族諸氏