はじめに


 「ペルナンブコのバイオリン弓材としての適性」———そんなタイトルで今から10年以上前に博士論文を書き、学位を授与されました。就職してからは楽器とは全く関係のない研究テーマを担当していますが、せっかく大学時代にやった研究内容をこのまま眠らせてしまうのももったいないし、興味を持ってくれる人も結構いるのでは、と思い、ネット上で博士論文の内容を公開することにしました。なるべく一般の人にも理解してもらえるようにわかりやすく書いたつもりです。よかったら読んでみてください。

 
Blog Summary Widget

最新更新日:2010年3月3日