家 庭 経 営

 

                              

 

                         「家庭経営とは」               「家庭決算書とは」               家庭簿記入門

 

 

                             

 

 

  Home

会社概要

 家庭決算

ソフト「家庭決算書」TOP

 コ ラ ム

 トピックス 

本の紹介

商簿記3級

スマフォ簿記3級

                                                               家計会計協会     

 

  Home 

  会 社 概 要

家庭決算書概要」

ソフト「マニュアル」TOP

  一言コ ラム目次 

    トピックス

 著書・雑誌の紹介  

  日商簿記3級

 

 

              ブログ

blank

        ソフト「家庭決算書  

blank

    Web版「家庭簿記」入門

  blank 

     電子書籍家庭簿記入門 

  blank   

家庭決算書の読み方 

「家庭決算書」-1

「家庭決算書」-2

「家庭決算書」-3

 「家庭決算書」−4

 

  

 

 (内容紹介)

 

  *9月25日から単行本:

 ビジネスパーソンの常識:

 『複式簿記がわかる

 「イブと花子」の簿記物語』が

全国の書店にて、発売されて

います。                   複式簿記3級レベルの知識を学べる本です。

ご高覧賜りますようお願い 申し上げます。 

 

 

 単行本 

「家庭簿記」入門が,

全国の書店にて、

発売されています。 

    

内容紹介)           

 家庭決算書の作り方を、

 やさしく解説した本です。

ご高覧賜りますようお願い 

申し上げます。

 

 


* 3月21日発売の

日経マネー5月号で、

家庭用会計ソフト

「家庭決算書」が、

2ページ(P60.61)

にわたって

紹介されています。

 

 

 

   

 

 

  

 

 

 

 

  

依田宣夫の

 

商簿記3級

 

100%合格目標講座

 

開設中 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

  

 

ソフ

ソフト家庭決算

ソフト家   

ソフ書 ソフト  

   家庭用会計ソフト

 「家庭決算書」  

 

 

 

                                                     

 

家庭経営とは    

 

   今日、経済事情の変化、生活様式の変化など家庭を取り巻く私たちの

   環境は大きく変わってきています。その変化に十分な対応をして行く

   ためにも、私たちの暮らしそのものを見直す要性が出てきました。

   そこで私は「家庭経営」の考え方を提唱します。 

   「家庭経営」とは、家庭の中心である消費活動を通じて、いかに

   「消費満足」を得ながら、夢や目標の実現を図るかということです

 

  それには、従来の単式簿記による家計簿ベースではなく、現代の家庭を

  取巻く環境の変化に対応できる企業会計ベースの複式簿記を利用した

  会計情報を持つことが不可欠です。この複式簿記の考え方を家庭に導入し

  作成したものが「家庭決算書」です。

  家庭決算書は、家庭の財産状態を示した「財産対照表」と、家庭の1年間の

  消費損益を示した「消費損益計算書」という2つの報告書から構成されて

  います。家庭決算書を通して家庭生活における経済的な影響の規模を正しく把握し、

   その影響をコントロールする方法を理解することが、これからの家庭経営にとって大切な

   ことです。

 

 

 

 

                     家庭の経営者     

 

   家庭の経営者は、家庭の財産がどのようになっているのか、家庭の消費損益が

  どのようになっているのかを見て、家庭全体の見地から、いかに家庭を健全なものに

  していくかを判断し実行することが仕事なのです。おおよその収入は分かっているが、

  毎月どれくらいの消費をしているのか、税金や社会保険料をいくら支払っているのか、

  また家庭の資産は現在どれくらいの金額になっているのかなどについて、自分たちの

  情報を持っていない人が多いようです。これでは家庭の経営ができているとは、とても

  言えません。

  家族の幸せについては、各家庭によって考え方は異なります。

  お金以外に大切な価値がある、ということは当然です。その中で、人生において

  日々お金と無縁ですごすことは不可能だ、という認識を持つことが重要です。私たちを

  取り巻く環境が激しく変化し私たちの生活を揺さぶる時代のいまこそ、お金を

  コントロールし、バランスの取れた生活をつくることを、家庭の経営者として考える

  べきです。               

 

            

               家庭の経営者のレベル判定   

         

        (はい・いいえ)で答えてください

[1]

自分名義の普通預金や定期預金の残高を把握している。
(はい・いいえ)

[2]

住宅や車など、財産の評価を毎年チェックしている。
(はい・いいえ)

[3]

給料の変化が生じたとき、それに応じた生活をしている。
(はい・いいえ)

[4]

家族全員が納得をするようなお金の使い方をしている。
(はい・いいえ)

[5]

欲求に流されて物を購入することはなく、財産の状態を把握した上で最適な購入方法をとっている。
(はい・いいえ)

[6]

家庭の消費活動の特徴を把握し、正しい消費活動に活かしている。
(はい・いいえ)

[7]

1年、3年、5年など長期的な生活の変化を意識し分析している。
(はい・いいえ)

[8]

毎年、毎年の財産や消費の比較、予算と実績の比較など、比較の大切さを知っている。
(はい・いいえ)

[9]

投資をする際に、自分の負えるリスクの範囲を確認し、投資できる資金を把握できる。
(はい・いいえ)

[10]

資金は長期的な資金と短期的な資金に区分して管理している。
(はい・いいえ)

[11]

社会貢献についても考えている。
(はい・いいえ)


 

はいの数   

家庭経営者のレベル

全 部

上級レベル

8〜10個   

中級レベル

6〜7個

初級レベル

5個以下

初心者レベル



      結果はどうでしたか?


       どのようなレベルであったとしても、それを事実として認識し、これからの

      家庭経営に活かしていけば良いと思います。 

                        

 

 

 

〜家庭の消費活動〜


 

        給与所得者の家庭生活は、現在の財産《財産1》を正しく認識すること

       からスタートし、労働に対する対価としての収入を得て、それを消費する

       という消費活動をして、新しい財産《財産2》へと、変化していくプロセスです

       このプロセスは、毎年、毎年、継続して繰り返され、財産は《財産1》から

      《財産2》、《財産3》……へと変化していきます。

      《財産1》→
《消費活動》→《財産2》→《消費活動》→《財産3》→

             (収入−消費)       (収入−消費)

       家庭の消費活動の目的は個人個人によって異なりますが、健全な

       家庭生活を維持して、いかに消費による満足を高めるかということだと

       思います。
 

  

家庭の消費活動の流れと消費満足

 

 

 


 

 

 

 

 

    「会計主体と簿記の関係」

 

 経済主体

     会計主体

      簿 記

      報告書

     

          

 

       政 府

 

 

 地方公共団体

 

 

   

     法  人

 

 営利法人(株式会社など)

 簿記1級・簿記2級

   財務諸表

 非営利法人(社団など)

 

 

  

   個  人

 

個人事業者(企業又は商店)

  簿記3級

  財務諸表

    給与所得者

  家庭簿記

(家庭用複式簿記)

  家庭決算書

 その他個人(年金など)

  家庭簿記

(家庭用複式簿記)

  家庭決算書

 

 

 

 

  新・家庭経営のすすめ  

 

 

 2016年版

 

 

新・家庭経営ソフト「家庭決算書」

 

スタンダード版

 ダウンロード

購  入

家庭用複式簿記で経営に役立つ会計情報を提供するソフト

プライベート版

 ダウンロード

購  入

家庭用複式簿記で親から独立した社会人の経営に役立つ会計情報を提供するソフト

ファミリー版 

  ダウンロード

 購  入

一つのソフトで、家族4人まで入力できるファミリー版新・家庭経営ソフト

    

   一ヶ月間、無料で、ご使用になることができます。

 

    ファミリー版の特徴

     ファミリー版は、夫婦別々にお金の管理をしたい方、複式簿記で

    お小遣いの管理をしたい方、複式簿記の仕組みを子供に教えたい方、

    個人事業をしている方で家庭と事業を区分して管理したい方などに

    最適なソフトです。また、特徴は以下のとおりです。  

   (1)一つのソフトで、家族4人まで入力できます

   (2)夫婦や親子が、それぞれ各人別に使えます

   (3)パスワードを設定できます

   (4)お互いのデータは、パスワードを入力しないと閲覧できません

   (5)複式簿記の仕組みを子供に教えることが出来ます

 

 

     

           ソフト「家庭決算書」  

             

 2015年版のご案内

 

ソフト「家庭決算書」マニュアル

 

  Q&A」と「解説」

 スタンダード版

     マニュアル一覧 

       Q&A

 プライベート版

        導入編

     家計簿との違い   

 ファミリー版

        入力編

       家庭決算書  

 

    報告書と分析編

    家庭決算書の事例

 

 

 

                  

 

 

 

 

                             

 

    

 

依田宣夫の

 

商簿記3級検定試験100%合格目標無料講座

 

 

                     (1)   「試験問題を解く前に」

                     (2)   「試算表作成のための仕訳問題」

                      (3)  「精算表作成のための仕訳問題」

                      (4)   「帳簿に関する仕訳問題

                      (5)   「伝票に関する仕訳問題

                     (6)   「 仕訳問題演習 」

 

 

 

 


著作権等 : プライバシーポリシー 

All rights reserved .kakei kaikei kyokai (c) 2007