「ソフト家庭決算書」ダウンロードの手引き

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://www.kateikeiei.com/soft/270008.JPG

 

 

 

家庭簿記を利用した「ソフト家庭決算書」は、一生継続していく家庭経営用会計ソフトで、

初リリースから17年目を迎えました。

 

 

はじめに

「ソフト家庭決算書」で検索

20XX年版ソフト家庭決算書をクリックします

 

1「ダウンロードはこちら」をクリックします。

ソフト「家庭決算書」一覧 (入力したいソフトを選択します

2、「ダウンロードページへ」をクリックします。

 

3、「このソフトを今すぐダウンロード」をクリックします。

 

フォルダーを開く

又は

左下のこの表示をクリックします

4「オリジナル版」をクリックします。

 

 

5「Windowsインストーラ」をクリックします。

 

6、この画像が出たら、順次「次へ」をクリックすれば

インストールできます。

(注)「ウィンドウズによって保護されました」が出たら

詳細情報をクリックして、実行します。

ダウンロード後、3か月間は無料で利用できます。

 

また、購入は「カートに入れる」から購入できます。

 

 

 

家庭決算書

財産対照表

http://www.kateikeiei.com/soft/201703011129966_R2OCEO92.jpg

 消費損益計算書

http://www.kateikeiei.com/soft/201703011133862_QKNMBDIF.jpg

現金入力

..\My Pictures\301.JPG

 

普通預金入力

..\My Pictures\305.JPG

 

電子マネー入力

..\My Pictures\303.JPG

振替帳

..\My Pictures\309.JPG

 

科目月別残高

..\My Pictures\310.JPG

元帳(科目日別の明細)

..\My Pictures\311.JPG

予算実績対照表

..\My Pictures\322.JPG

時価評価

 

 

 

スタンダード版 

プライベート版

ファミリー版

主な特徴
(1)
はじめての方
家計簿と同じように、現金入力だけでもスタートできます
クレジットカードを会社別に管理することができます
(2)
入力・分析機能
「現金」「普通預金」「クレジットカード」「電子マネー」の専用項目
普通預金は30口座、クレジットカードは30社設定できます
「消費損益計算書」「財産対照表」「科目月別残高」「予算実績対照表」の科目名をクリックすることでいつでも元帳が参照できます
月次の予算・実績の差額集計だけでなく、予算・実績の累計差額も自動計算できます
消費損益計算書に収入に対する消費割合が自動計算で表示されます
初期設定の追加・修正がしやすくなるように、財産対照表の科目をクリックすることで初期設定の変更画面に戻れるようにしました
(3)
解説機能
科目の設定・選択のガイドラインとなる、科目別の該当内容一覧(財産対照表/消費損益計算書)
「現金」「電子マネー」「普通預金」「クレジットカード」「振替帳」の「入力の手引き」で、入力・操作方法をわかりやすく解説
家庭の経営分析に役立つ資料
家庭決算書の事例
「家庭決算書」「家庭簿記」「消費満足」「会社と同じ複式簿記」「家計簿との違い」
「給与所得者の確定申告」の「解説資料」
会計期間(入力可能期間)
2019
(平成31)11日〜1231
入力可能期間は今年度の1年分となります。他の年度分は入力できません。
■2018
年版を使用されている方へ
「家庭決算書」を継続使用されている方は、前年度版の「年の終わりに」で作成した「来年度の財産対照表」の各科目の金額を「初期設定(はじめの財産対照表)」の各科目に入力してください。
無料試用期間 3か月
(
開発者/依田宣夫公認会計士)

プライベート版は、主として、社会人として自立している人たちが、自分らしい家庭生活を築くための会計情報を提供するために開発されました。
プライベート版の特徴は、以下の通りです。
主な特徴
(1)
主に社会人として自立している人達を対象
(2)
カード管理が可能(クレジットカード、電子マネー、カードローンなど)
(3)
カード管理のための新しく科目を設定
財産対照表に「電子マネー」「カードポイント」「カードローン」
消費損益計算書に「カードポイント収入」「カードポイント損失」「カードローン支払利息」
その他の主な特徴
(1)
入力・分析機能
「消費損益計算書」「財産対照表」「科目月別残高」「予算実績対照表」の科目名をクリックすることでいつでも元帳が参照可能
月次の予算・実績の差額集計だけでなく、累計の差額集計も自動計算
消費損益計算書に収入に対する消費割合が自動計算で表示
初期設定の追加・修正がしやすくなるように、財産対照表の科目をクリックすることで初期設定の変更画面に戻れるようにしました
(2)
解説機能
家庭の経営分析に役立つ資料および家庭決算書の事例
「家庭決算書」「家庭簿記」「消費満足」「会社と同じ複式簿記」「家計簿との違い」「給与所得者の確定申告」の解説資料
会計期間(入力可能期間)
2019
(平成31)11日〜1231
入力可能期間は今年度の1年分となります。他の年度分は入力できません。
■2018
年版を使用されている方へ
「家庭決算書」を継続使用されている方は、前年度版の「年の終わりに」で作成した「来年度の財産対照表」の各科目の金額を「初期設定(はじめの財産対照表)」の各科目に入力してください
無料試用期間 3か月
(
開発者/依田宣夫公認会計士

主な特徴
(1)
一つのソフトで、家族4人まで入力できます
(2)
夫婦や親子が、パスワードを各人別に設定でき,それぞれ各人別に使えます
(3)
お互いのデータは、パスワードを入力しないと閲覧できません
(4)
複式簿記の仕組みを子供に教えることができます
(5)
個人事業をしている方で家庭と事業を区分して管理することもできます
その他の特徴
(1)
入力・分析機能
各人別にカード管理ができます
クレジットカード、電子マネー、カードローンなど
科目ごとの管理ができます
財産対照表・・「電子マネー」「カードポイント」「カードローン」
消費損益計算書・・「カードポイント収入・損失」「カードローン支払利息」
「消費損益計算書」「財産対照表」「科目月別残高」「予算実績対照表」の科目名をクリックすることでいつでも元帳が参照できます
予算・実績の差額集計、累計の差額集計も自動計算されます
消費損益計算書で収入に対する消費割合が自動計算で表示されます
初期設定の追加・修正がしやすくなるように、財産対照表の科目をクリックすることで初期設定の変更画面に戻れるようにしました
(2)
解説機能
家庭の経営分析に役立つ資料および家庭決算書の事例
「家庭決算書」「家庭簿記」「消費満足」「会社と同じ複式簿記」「家計簿との違い」「給与所得者の確定申告」の解説資料
会計期間(入力可能期間)
2019
(平成31)11日〜1231
入力可能期間は今年度の1年分となります。他の年度分は入力できません。
■2018
年版を使用されている方へ
「家庭決算書」を継続使用されている方は、前年度版の「年の終わりに」で作成した「来年度の財産対照表」の各科目の金額を「初期設定(はじめの財産対照表)」の各科目に入力してください
無料試用期間 3か月
(
開発者/依田宣夫公認会計士)

 

  1,500円(税抜)

 1,500円(税抜)

  2,000円(税抜)

 

手作りの決算書は、記帳式「2019年版家庭簿決算書」(拙著)、をご参照下さい。

 

  

ソフト「家庭決算書」マニュア

 「Q&A」と「解説」

     マニュアル一覧 

       Q&A

       導入編

     家計簿との違い 

       入力編

      家庭決算書  

    報告書と分析編

    家庭決算書の事例

 

   

 

           新・家庭経営ソフト「家庭決算書」TOP

 (参考) 総務省家計調査速報で作る2017年度家庭決算書   

                                                                        

    Home  会社概要   家庭決算   「ソフト家庭決算書」TOP    コ ラ ム   トピックス   本の紹介 商簿記3級

スマフォ簿記3級

                                                                                   家計会計協会