新・家庭経営ソフト「家庭決算書

       

 

 

 

       マニュアル 

 

 

        

       家計簿との違い

                  

                      

      

 

       新・家庭経営ソフト「家庭決算書」マニュアルTOP               

 2015年版のご案内

 

ソフト「家庭決算書」マニュアル

 

  Q&A」と「解説」

 スタンダード版

     マニュアル一覧 

       Q&A

 プライベート版

        導入編

     家計簿との違い 

 ファミリー版

        入力編

      家庭決算書   

 

    報告書と分析編

     家庭決算書の事例

 

 

                        

 新・家庭経営ソフト「家庭決算書」TOP

                                                                         
    Home  会社概要  家庭決算書概要」  ソフト「家庭決算書」TOP     コ ラ ム     トピックス     本の紹介   商簿記3級
                                                                          家計会計協会

                                                                            

 

 

 

 

  家計簿との違い

 

 

 

  生活をしていると、日々、必ずお金やものの出入りがあります。例えば、スーパーの

 食品売り場で、今晩のおかずにお肉と野菜を買って、その代金として現金1,000円を

 支払ったとします。このとき、現金1,000円を使ったので、現金が1,000円減った

 ということだけで済ませていませんか。また、この代金をクレジットカードで支払った場合、

 どのように考えますか。

  ここで、もし、あなたが、家庭生活におけるお金やものの出入りが、家庭の財産にどの

 ような影響を与えるのかを理解していれば、お肉と野菜を購入した代金の支払方法によって、

 家庭の財産に与える違いを予測することができます。

 従来、お金やものの出入りを記録するための方法として、お小遣い帳や家計簿が利用されて

 きました。しかし、経済が発達し、現金だけでなく、電子マネーやクレジットカードによる

 取引とかインターネットによる取引など取引が複雑になった現在、いままでのような、お小

 遣い帳や家計簿では対応が難しくなってしまいました。

 そこで、この変化に対応したお金やものの出入りを記録するための方法として「家庭簿記」

 を考えました。

 「家庭簿記」とは「家庭用複式簿記」のことで、会社が行っている複式簿記を、家庭で楽に

 有効に行えるようにしたものです。

 では、なぜ、いま、「家庭に複式簿記」が必要なのでしょうか?

  それは、複式簿記が人間の経験と知恵によって作られた最高傑作のひとつであり、いまこそ、

  家庭において複式簿記を大いに活用して、幸せをつかむべき時代になったからです。

 

   例えば、昨日のあなたの全財産が、現金だけで5,000円だったとします。

  今日、スーパーへ行き、お肉と野菜を買い、その代金として現金1,000円を支払ったと

  します。

  この場合、お小遣い帳や家計簿だとお肉と野菜の食料費に現金1,000円を使ったので、

  現金が1,000円減ったという処理をします。

 

  これを家計簿では、次のように表示します。

 

     現 金(昨日の残高) 5,000円

     現金支出(食料費) −1,000円

     現 金(今日の残高) 4,000円

 

  一方、この買い物を、家庭簿記(家庭用複式簿記)では、次のように考えます。

  お肉と野菜を購入し食料費が1,000円増加したという一面と、現金が1,000円

  減少したという一面に分けて考えます。

 

  1.食料費(肉と野菜)が1,000円増加した

  2.現金が、1,000円減少した

 

  この2つの面は、次のように、仕訳されます。

 

   左方(ひだりかた)         右方(みぎかた)

   肉と野菜(食料費)1,000円 / 現金 1,000円

 

   そして、これを家庭簿記では次のように表示します。

 

   (1)昨日の家庭決算書

      

 昨日の財産対照表

 

左方(ひだりかた)

右方(みぎかた)

資 産

(現 金)5,000円

負 債      0円

正味財産  5,000円

合 計  5,000円

合 計  5,000円

 

   (2)今日の家庭決算書

 

 今日の財産対照表

 

左方(ひだりかた)

右方(みぎかた)

資 産

(現 金)4,000円

負 債     0円

正味財産 4,000円

合 計  4,000円

合 計  4,000円

 

      今日の消費損益計算書

 

       収 入       0円

      消費(食料費)―1,000円

      当期消費損益 ―1,000円

 

  これは、収入が無いのに、食料費に1,000円消費したので、財産が1,000円

  減少したことを表しています。

 

  また、お肉と野菜の代金を、現金ではなくクレジットカードで支払った場合、

  家計簿では、現金の支出が無いので、何も処理をしないか、現金で支払ったように

  記帳するのが一般的です。クレジットカードで支払っても現金で支払ったように

  記帳した場合、家計簿に記帳されている現金残高と実際にお財布の中に残っている

  現金残高との間に差額が生じます。

  一方、家庭簿記では、次のように表します。

 

  (1)昨日の家庭決算書

 

  昨日の財産対照表

 

左方(ひだりかた)

右方(みぎかた)

資 産

(現 金)5,000円

負 債     0円

正味財産  5,000円

合 計  5,000円

合 計  5,000円

 

 

(2)今日の家庭決算書

 

         今日の財産対照表

 

左方(ひだりかた)

右方(みぎかた)

資産

(現 金)5,000円

負 債

(カード未払金)1,000円

正味財産    4,000円

合 計  5,000円

合 計     5,000円

    

今日の消費損益計算書

 

        収 入       0円

      消 費(食料費)―1,000円

      当期消費損益  ―1,000円

    

  今日の消費損益計算書は、現金で支払った場合と変わりませんが、財産対照表は

  クレジットカードで支払ったので、現金の残高は5,000円と変わりませんが、

  カード未払金という負債が1,000円発生し、正味財産は4,000円になります。

  このように、家庭簿記(家庭用複式簿記)を使い、家庭生活におけるお金やものの

  出入りを記録して、家庭の財産の状況や消費損益を明らかにするための報告書

 (家庭決算書)を作れば、財産が増えたのか減ったのか良く分かり、もっと財産を増やす

  ためには、そして、将来の夢を実現するためには、どこをどうやって工夫すればよい

  のかという、計画を立てるのに役立ちます。

  健全な家庭を築き、維持、向上、発展させていくための有効な方法が、家庭経営に

  家庭決算書を活用することだと思います。