新・家庭経営ソフト「家庭決算書

 

 

 

 

 

       マニュアル

 

 

 

 

              振替帳

 

 

 

                新・家庭経営ソフト「家庭決算書」

 2017年版のご案内

 

ソフト「家庭決算書」マニュアル

 

  Q&A」と「解説」

 スタンダード版

     マニュアル一覧 

       Q&A

 プライベート版

       導入編

     家計簿との違い 

 ファミリー版

        入力編

       家庭決算書 

 

    報告書と分析編

     家庭決算書の事例

       

 新・家庭経営ソフト「家庭決算書」TOP

                               

 

Top

  Home

会社概要

家庭決算

ソフト「家庭決算書」

コ ラ ム

 トピックス

本の紹介

商簿記3級

スマフォ簿記3級

                                              計会計協会                  

 

 

 

マニュアル

ソフト家庭決算書

  スタンダード版

  プライベート版

  ファミリー版

ようこそTOP

導入編

入力編

 現金入力の手引き

 電子マネー入力の手引き

 普通預金入力の手引き

クレジットカード入力の手引き

振替帳入力の手引き

(参考)個別取引の入力

給料入力の手引き

住宅ローン入力の手引き

カードポイント入力の手引き

家庭決算書

 月次と年次の家庭決算書

分析

  科目別残高と元帳

  予算実績対照表

  家庭の経営分析編

決算

  年の終わにり

設定の変更

 ようこそTOP

 初期設定(導入編

 初期・財産対照表

 消費科目の追加・変更

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

   振替帳

 

.振替帳を利用する取引

振替帳は、「現金」「電子マネー」「普通預金」の入金・出金(残高の増減)を伴わず、

かつ「クレジットカード」を使用しない取引を入力します。(クレジットカードを

使用した場合は「クレジットカード」に入力します)

 

家庭では、一般的に以下のような取引が発生した場合、振替帳を利用し

ます。

(参考事例)

 負債(クレジットカードを除<、住宅ローン、その他借入金、未払金、そ

の他負債などの借入金)で資産を購入した場合

 負債(クレジットカードを除<、住宅ローン、その他借入金、未払金、そ

の他負債などの借入金)で消費を行った場合

 クレジットカードの決済時に割引(割り戻し)が発生した場合

 資産の配当益が発生した場合

 資産の評価益(又は損)が発生した場合

 資産の売却益(又は損)が発生した場合

 定期性預金、その他預金に受取利息が発生した場合

 遺産や贈与を「現金」「普通預金」以外で受け取った場合

        クレジットカードのポイントが増減した場合

        電子マネーのポイントが増減した場合

        商品券等の通貨代用証券を受け取った場合や商品券を使用して

消費を行った場合(ただし、商品券等の通貨代用証券を「現金」

とは別の資産科目、たとえば「その他資産」で管理している場合に

限る)

 

 2.振替帳の科目入力のルール

振替帳の科目入力に関しては、左方(ひだりかた)と右方(みぎかた)

の選択方法に運用ルールがあります。

(1)「資産科目」・「消費科目」を入力する場合

左方(ひだりかた)を選択すると資産科目・消費科目の金額が

増加します

右方(みぎかた)を選択すると資産科目・消費科目の金額が

減少します

 

(2)「負債科目」・「正味財産科目」・「収入科目」を入力する場合

左方(ひだりかた)を選択すると負債科目・正味財産科目・収入

科目の金額が減少します

右方(みぎかた)を選択すると負債科目・正味財産科目・収入科目

の金額が増加します

 

   

 3.振替帳入力の具体例

 

(例1)オートローンで自家用車150万円を購入した場合

 

左方(ひだりかた)       右方(みぎかた)

「資産一車両」 150万円 / 「負債−その他借入金」 150万円

 

(例2)教育ローンで入学金20万円を支払った場合

 

左方(ひだりかた)       右方(みぎかた)         

「消費一教育費」 20万円  / 「負債−その他借入金」20万円

(計上科目は各人の設定による)

 

(例3)マンションの時価評価額(資産価値)が80万円下がった場合

 

左方(ひだりかた)       右方(みぎかた)

「特別消費一資産評価損」80万円  / 「資産−マンション」80万円

 

例4) 50万円で購入した有価証券を45万円で売却したときの

差額5万円の売却損の処理方法

 

左方(ひだりかた)         右方(みぎかた)

「特別消費一有価証券売却損」5万円 / 「資産一有価証券(株式)」5万円

 

(注)有価証券の売却代金45万円は普通預金で入力します

 

  左方(ひだりかた)       右方(みぎかた)

「資産一普通預金」45万円  / 「資産一有価証券」45万円

 

(例5)有価証券の時価が3万円値上がりした場合

 

  左方(ひだりかた)       右方(みぎかた)

「資産一有価証券」3万円  / 「特別収入一資産評価益」3万円

 

 4.その他

 (1)商品券の取り扱いについて

お米券や図書カード等の商品券は、現金等価物(通貨代用証券)として処理すべき

ものですが、現金と区分して扱ったほうが管理しやすいと思います。
現在、家庭決算書では、特に区分をしておりませんので、「その他資産」の欄に

「商品券」という科目を設定されて、使われるとよいと思います。

 

1 現金500円で商品券を購入した場合

    現金入力で相手科目その他資産(商品券)を選択し、

支出500円を登録します。

 

2 商品券500円分をプレゼントされた場合

振替帳入力で、

左方 商品券 / 右方 その他特別収入 500円

を登録します。

 

3 商品券500円で本を購入した場合

振替帳入力で、

左方 新聞図書費 / 右方 商品券 500円

   を登録します。

 

(2)カード会社のポイント還元の処理

  クレジットカードや電子マネーの利用額に応じてカード会社の

ポイントが付いた場合の処理

 

1 カード会社のポイントが10円分付いた場合

その他資産に「カードポイント」という科目を作ります。

(この場合、カード会社別に科目を作ることもできます)

振替帳入力で

  左方                  右方

その他資産 カードポイント10円 /  その他特別収入 10円

を登録します。

 

2 食料品の購入にカード会社のポイント10円分を利用した場合 

振替帳入力で

  左方         右方

食料費 10円  / その他資産 カードポイント 10円

を登録します。

 

3 ポイント還元を現金で受け取った場合

現金入力で

  左方        右方

 現金10円   / その他資産 カードポイント 10円

を登録します

 

4 カード会社のポイントが、期限切れや会社の都合で失効した場合

振替帳入力で

  左方           右方

その他特別消費10円  / その他資産 カードポイント 10円

を登録します。

 

 

 (参考例)

 

(具体例2)教育ローンで入学金20万円を支払った場合

 

左方(ひだりかた)       右方(みぎかた)         

「消費一教育費」 20万円  / 「負債−その他借入金」20万円

(計上科目は各人の設定による)

 

 

 

 

(具体例3)マンションの時価評価額(資産価値)が80万円下がった場合

 

左方(ひだりかた)       右方(みぎかた)

「特別消費一資産評価損」80万円  / 「資産−マンション」80万円

 

 

 

 

(具体例4) 50万円で購入した有価証券を45万円で売却したときの

差額5万円の売却損の処理方法

 

左方(ひだりかた)         右方(みぎかた)

「特別消費一有価証券売却損」5万円 / 「資産一有価証券(株式)」5万円

 

(注)有価証券の売却代金45万円は普通預金で入力します

 

  左方(ひだりかた)       右方(みぎかた)

「資産一普通預金」45万円  / 「資産一有価証券」45万円

 

 

 

 

 

 

 

 

  入力後の1月の家庭決算書

 

  財産対照表

 

 

 

 

 消費損益計算書