新・家庭経営ソフト「家庭決算書

 

 

 

 

       マニュアル

 

 

 

 

               給 料

 

 

 

                新・家庭経営ソフト「家庭決算書」

 2017年版のご案内

 

ソフト「家庭決算書」マニュアル

 

  Q&A」と「解説」

 スタンダード版

     マニュアル一覧 

       Q&A

 プライベート版

       導入編

     家計簿との違い 

 ファミリー版

        入力編

      家庭決算書  

 

    報告書と分析編

     家庭決算書の事例

       

 新・家庭経営ソフト「家庭決算書」TOP

                               

 

Top

  Home

会社概要

家庭決算

ソフト「家庭決算書」

コ ラ ム

 トピックス

本の紹介

商簿記3級

スマフォ簿記3級

                                           計会計協会

 

 

 

マニュアル

ソフト家庭決算書

  スタンダード版

  プライベート版

  ファミリー版

ようこそTOP

導入編

入力編

 現金入力の手引き

 電子マネー入力の手引き

 普通預金入力の手引き

クレジットカード入力の手引き

振替帳入力の手引き

(参考)個別取引の入力

給料入力の手引き

住宅ローン入力の手引き

カードポイント入力の手引き

家庭決算書

 月次と年次の家庭決算書

分析

  科目別残高と元帳

  予算実績対照表

  家庭の経営分析編

決算

  年の終わにり

設定の変更

 ようこそTOP

 初期設定(導入編

 初期・財産対照表

 消費科目の追加・変更

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 給料の入力処理

 

毎月の給料が普通預金口座に振り込まれる場合、給料の総額(額面金額)から所得税、

住民税、社会保険料などの金額があらかじめ天引き(控除)されて振り込まれるのが一般的です。

 

天引き(控除)される主な内訳と仕訳科目は、次のようになります。

 

天引き(控除)される主な内訳

仕訳科目

所得税

所得税

住民税

住民税

健康保険料

社会保険料

介護保険料

社会保険料

厚生年金保険料

社会保険料

雇用保険料

社会保険料

生命保険料(積立)

保険積立金

生命保険料(掛捨)

保険料

積立金

積立金

財形貯蓄

財形貯蓄

 

 

 

(例)給料の総額(額面金額)が300,000円で、所得税,住民税などの控除金額が

   以下の表のような場合、入力処理は次のようになります。

 

 

給料内訳

仕訳科目

 金  額

 給料の総額(額面金額)

給与収入

200,000

所得税

所得税

     20,000

住民税

住民税

     18,000

健康保険料

社会保険料

      5,000

介護保険料

社会保険料

      2,000

厚生年金保険料

社会保険料

      8,000

雇用保険料

社会保険料

      3,000

生命保険料(積立)

保険積立金

      2,000

生命保険料(掛捨)

保険料

      1,500

積立金

積立金

      5,000

財形貯蓄

財形貯蓄

     10,000

 

(1)給料の総額(額面金額)の入力

普通預金の入力画面でまず 最初に、給料の総額(額面金額)300,000円が、

 普通預金口座 に振り込まれたという処理をします。

     日付、振込銀行A銀行、内容は給与振込み、相手科目は給与収入、入金で、

300,000円を入力し、登録をクリックします。

 

 

 

 

(2)天引き(控除)される内容ごとに個別に入力し、登録処理をします。