新・家庭経営ソフト「家庭決算書

 

         

 

 

       マニュアル

 

    

                    

                  

                        2016年スタンダード版

 

      

                              

 

   

              新・家庭経営ソフト「家庭決算書」

 2016年版のご案内

 

ソフト「家庭決算書」マニュアル

 

  Q&A」と「解説」

 スタンダード版

     マニュアル一覧 

       Q&A

 プライベート版

       導入編

     家計簿との違い 

 ファミリー版

       入力編

      家庭決算書  

 

    報告書と分析編

    家庭決算書の事例

 

 

        

 新・家庭経営ソフト「家庭決算書」TOP

                                                                                            
                     
    Home  会社概要  家庭決算書概要」  「家庭決算書」マニュアルTOP   コ ラ ム     トピックス    本の紹介   商簿記3級
                                                                                      家計会計協会

 

 

   スタンダード版

 

    ダウンロード

      購  入

 

 プライベート版

  

    ダウンロード

   

     購  入

 

 

 ファミリー版 

  

      ダウンロード

        

             購  入

 

 

 

 

             2016年版ソフト「家庭決算書」スタンダード版

 

■ソフト「家庭決算書」は、公認会計士が開発した家計管理用の会計ソフトで、2003年版の初リリースから14年目を迎えました。

 

ソフト「家庭決算書」スタンダード版の主な特長は以下のとおりです。
■主な特徴
(1)入力・分析機能
○「現金」「普通預金」「クレジットカード」「電子マネー」の専用項目
○「消費損益計算書」「財産対照表」「科目月別残高」「予算実績対照表」の科目名をクリックすることでいつでも元帳が参照できます
○月次の予算・実績の差額集計だけでなく、予算・実績の累計差額も自動計算できます
○消費損益計算書に収入に対する消費割合が自動計算で表示されます
○初期設定の追加・修正がしやすくなるように、財産対照表の科目をクリックすることで初期設定の変更画面から入力できます
(2)解説機能
○科目の設定・選択のガイドラインとなる、科目別の該当内容一覧(財産対照表/消費損益計算書)
○「現金」「電子マネー」「普通預金」「クレジットカード」「振替帳」の「入力の手引き」で、入力・操作方法をわかりやすく解説
○家庭の経営分析に役立つ資料
○家庭決算書の事例
○「家庭決算書」「家庭簿記」「消費満足」「会社と同じ複式簿記」「家計簿との違い」「給与所得者の確定申告」の「解説資料」
■会計期間(入力可能期間)
2016年(平成28年)1月1日〜12月31日
入力可能期間は今年度の1年分となります。他の年度分は入力できません。
■2015年版を使用されている方へ
「家庭決算書」を継続使用されている方は、前年度版の「年の終わりに」で作成した「来年度の財産対照表」の各科目の金額を「初期設定(はじめの財産対照表)」の各科目に入力してください。
                                     (開発者/依田宣夫・公認会計士)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  (ご参考)

  (問)

    ダウンロード版を購入しましたが、シリアルナンバーを忘れてしまいました。

    再発行は、出来るのでしょうか。 

  (解答)

    代金のお支払い及びライセンスキーの管理は、すべてベクター社にお願い

    してありますので、直接ベクター社のほうへ問い合わせをしていただきたい

    と思います。

 

     ベクター社の再発行のサービスは、以下のようになっております。

 

      ベクター社のホームページのトップを開き、

     (1)ご利用案内の利用者の方へをクリックし、

     (2)PCショップをクリックし、

     (3)Q&Aお問い合わせをクリックし、

     (4)ライセンスキー到着後(ライセンスキーが正しく認識されない)を

      クリックしてください。

 

      また、URLは、次のようになっています。

 

      http://shop.vector.co.jp/service/man/faq.html#Q022

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    「会計主体と簿記の関係」

 

 経済主体

     会計主体

      簿 記

      報告書

     

          

 

       政 府

 

 

 地方公共団体

 

 

   

     法  人

 

 営利法人(株式会社など)

 簿記1級・簿記2級

   財務諸表

 非営利法人(社団など)

 

 

  

   個  人

 

個人事業者(企業又は商店)

  簿記3級

  財務諸表

    給与所得者

  家庭簿記

(家庭用複式簿記)

  家庭決算書

 その他個人(年金など)

  家庭簿記

(家庭用複式簿記)

  家庭決算書

 

 

 

      

    

 

依田宣夫の

 

商簿記3級検定試験100%合格目標無料講座

 

 

                     (1)   「試験問題を解く前に」

                     (2)   「試算表作成のための仕訳問題」

                      (3)  「精算表作成のための仕訳問題」

                      (4)   「帳簿に関する仕訳問題

                      (5)   「伝票に関する仕訳問題

                     (6)   「 仕訳問題演習 」