家庭決算書の作り方を、やさしく解説した本  

              「家庭簿記」入門

            はじめに

                                公認会計士・税理士・AFP 依田宣夫 著

    

Top

  Home

会社概要

家庭決算

ソフト「家庭決算書」

コ ラ ム

 トピックス

本の紹介

商簿記3級

スマフォ簿記3級

                               
家計会計協会                 

                                                                

                                                 は じ め に

                                 第 1 章  家庭簿記(家庭用複式簿記)とは     

                                     第 2章    勘定科目と仕訳     

                                     第 3 章   家庭の個別の会計取引を「仕訳」する 

                                     第 4 章   仕訳をまとめる

                                     第 5 章     決  算 

  (注) 個人使用以外のコピーを禁止します。また、再コピーおよび再配布は禁止します。   

 

「家庭簿記」入門

    はじめに

    目 次

  

はじめに

 

         この本は、複式簿記の考え方を応用した「家庭決算書」を提案する

        著者が、「家庭決算書」の作り方をやさしく解説した本です。

          

 「家庭簿記」とは「家庭用複式簿記」のことで、会社が行っている

複式簿記を、家庭で楽に有効に行えるようにしたものです。

 

 では、なぜ、いま、「家庭に複式簿記」なのでしょうか?

 それは、複式簿記が人間の知恵によって作られた最高傑作のひとつであり、

いまこそ、家庭において複式簿記を大いに活用すべき時代だからです。

 家庭生活にとって複式簿記が、生活環境の変化に対して

必要不可欠のツールだからです。

 

 生活をしていると、お金やものの出入りが必ずあります。

例えば、あなたがスーパーへ行って、今晩のおかずにお肉と野菜を買って、

その代金として現金1,000円を支払ったとします。このとき、お小遣い帳

や家計簿だとお肉と野菜の食料費に現金1,000円を使ったので、現金が

1,000円減ったということだけを考えます。

 しかし、この買い物を次のように考えることができます。

 お肉と野菜を入手したという一面と現金が減少したという一面に分けて

 考えてみるのです。

すなわち、

     1.肉と野菜が1,000円増加した

   2. 現金が、1,000円減少した

 

という2つの面から考えるのです。

そして、つぎに、この2つの面を、約束ごとにしたがって、

左方(ひだりかた)          右方(みぎかた)

肉と野菜(食料費) 1,000円  /   現金 1,000円

のように、表します。

 

また、昨日のあなたの全財産が、現金だけで5,000円だったとします。

きょう、あなたは、お肉と野菜に1,000円使ってしまったので、全財産は、

4000円になってしまいました。

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

これを家計簿では、次のように表示します。

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

       現 金(昨日の残高) 5,000円

       現 金支出(食料費) 1,000円

       現 金(今日の残高) 4,000円

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

一方、これを次のように表示することができます。

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

           昨日の財産対照表

左方(ひだりかた)

 

右方(みぎかた)

資産(現 金)

,000円

負 債 

 0円

正味財産

  5,000円

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

             今日の財産対照表

左方(ひだりかた)

 

右方(みぎかた)

資産(現 金)

,000円

負債  

  0円   

正味財産

,000円

    

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

           今日の消費損益計算書

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

           収 入       0円

          消費(食料費) 1,000円

          当期消費損益 ―1,000円

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

これは、収入が無いのに、食料費に1,000円消費したので、財産が

1,000円減少したことを表しています。

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

また、お肉と野菜の代金を、現金ではなくカードで支払った場合には、

次のように表されます。

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

             昨日の財産対照表

左方(ひだりかた)

 

右方(みぎかた)

資産(現 金)

5000円

負 債  

    0円

正味財産

  5000円

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

             今日の財産対照表

左方(ひだりかた)         

右方(みぎかた)

資産(現 金)

,000円

負債(カード未払金)

  1,000円

正味財産

 4,000円

    

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

今日の消費損益計算書

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

           収 入       0円

          消 費(食料費)1,000円

          当期消費損益 ―1,000円

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

家庭生活におけるお金やものの出入りを記録して、家庭の財産の状況や

消費損益を明らかにするための報告書を作れば、財産が増えたのか減った

のか良く分かり、もっと財産を増やすためには、そして、将来の夢を

実現するためには、どこをどうやって工夫すればよいのかという、計画を

立てることができます。

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

  このお金やものの出入りを記録するための方法として、従来、お小遣い帳

  や家計簿が利用されてきました。しかし、現在のように経済が発達し、カード

  による取引とかインターネットによる取引など取引が複雑になって、従来のような

 、お小遣い帳や家計簿だけでは対応が難しくなってしまいました。そこで、この

   変化に対応したお金やものの出入りを記録するための方法として「家庭簿記」

(家庭用複式簿記)を考えました。

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

     この本を読めば、家庭の財産と損益の状況を表す報告書(家庭決算書)が

  どのようにして作られるか、その方法を容易に理解できることと思います。

そして、家庭経営にこの家庭決算書を有効に利用することが出来るようになります。

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

家庭経営の目的は、健全な家庭を築くことであり、この健全な家庭を維持、

向上、発展させていくことです。この目的を達成させるための有効な方法が、

家庭経営に家庭決算書を活用することだと確信しております。

また、ファイナンシャルプランナーの方などが、コンサルテーションをする場合に、

この複式簿記のツール(技術)を常識として身に付け、利用されることをぜひ

お勧めします。

<!--[if !supportEmptyParas]--> 

本書は、筆者自身による考え方にしたがって、左方(ひだりかた)、右方(みぎかた)

と言う簿記用語を用いた「家庭簿記」(家庭用複式簿記)について記述したものです。

したがって、本書の内容についての責任は、一切、著者が負うものです。

また、この本に関する、読者の方々のご指導、ご鞭撻をいただけましたなら、

著者の喜びとするところであります。

                                           2009年5月1日

 

「家庭簿記」入門 

  はじめに

目 次

第1章       家庭簿記(家庭用複式簿記)とは

 1.財務諸表と家庭決算書の関係

.家庭簿記(家庭用複式簿記)を利用した家庭決算書の作成手順

.家庭簿記(家庭用複式簿記)とは

第2章 勘定科目と仕訳

.家庭簿記(家庭用複式簿記)の5つのキーワード

.勘定科目と仕訳

.勘定科目の2つのルール

(1)勘定科目「左右グループ分け」のルール

(2)勘定科目「増加」・「減少」の仕訳のルール

.財産対照表の勘定と勘定科目

(1)   資産勘定と勘定科目

(2)   負債勘定と勘定科目

(3)   正味財産勘定と勘定科目

.消費損益計算書の勘定と勘定科目

(1)   収入勘定と勘定科目

(2)   消費勘定と勘定科目

 第3章 家庭の個別の会計取引を「仕訳」する

.資産勘定の個別の会計取引を仕訳する

.負債勘定の個別の会計取引を仕訳する

.正味財産勘定の個別の会計取引を仕訳する

.収入勘定の個別の会計取引を仕訳す

.消費勘定の個別の会計取引を仕訳する

第4章 仕訳をまとめる

.家庭簿記の帳簿と形式

.総勘定元帳で仕訳をまとめる

.試算表を作る

第5章 決 算

.決算整理

.精算表を作る

.家庭決算書(決算報告書)を作る

 

 

 

  * 新・家庭経営のすすめ  

                                

 (2) 2014年版

 

新・家庭経営ソフト「家庭決算書」プライベート版

 

         Windows8・Windows7・XP対応 

                  

 一ヶ月間、無料で、ご使用になることができます。

 

家庭用複式簿記で親から独立した社会人の経営に役立つ会計情報を提供するソフト

2014年版新・家庭経営ソフト「家庭決算書」プライベート版 

商品番号

SR346780
  new
商品名

2014年版新・家庭経営ソフト「家庭決算書」プライベート版

商品区分
ダウンロードソフト
販売価格
5,040円(税込)
メーカー
有限会社 家計会計協会

 
お支払手続き完了後ライセンスキーをお送りします

  ※下記の商品情報を必ずご確認の上、ご注文ください。
  2014年版新・家庭経営ソフト「家庭決算書」プライベート版をカートで購入する 
[カートで購入する]
 

 

 

 

 

(注)ダウンロード後に、ご購入下さい。

                       

 

  (1) 2014年版 

 

新・家庭経営ソフト「家庭決算書」

 

   Windows8・Windows7・XP対応 

 

家庭用複式簿記で経営に役立つ会計情報を提供するソフト
2014年版新・家庭経営ソフト「家庭決算書」 

商品番号

SR343680
 new
商品名

2014年版新・家庭経営ソフト「家庭決算書」

商品区分
ダウンロードソフト
販売価格
5,040円(税込)
メーカー
有限会社 家計会計協会

 
お支払手続き完了後ライセンスキーをお送りします

  ※下記の商品情報を必ずご確認の上、ご注文ください。
2014年版新・家庭経営ソフト「家庭決算書」をカートで購入する
[カートで購入する]

 

 (注)ダウンロード後に、ご購入下さい。

 

    1ヶ月の無料試用期間があります

                                           

   2014年版新・家庭経営ソフト「家庭決算書」のダウンロードページへ