依田宣夫の   

日商簿記3級100%合格目標講座

 

   「日商簿記3級100%合格目標講座」概要」
   「試験問題を解く前に・・複式簿記の仕組み」
       「 仕訳問題演習 」 

     「帳簿に関する仕訳問題

     「試算表作成のための仕訳問題」  

              「伝票に関する仕訳問題

     「精算表作成のための仕訳問題」      

 

                         合格へのステップ                        

 「簿記の仕組み」を理解する

(事実→仕訳→報告書) 

 「仕訳」を早く正確にできるようにする 

↓    

      「計算」を早く正確にできるようにする         

             

簿記3級!仕訳ができれば恐くない   

 

    

  HOP!STEP!JUMP!仕訳法

   

     HOME 

     トップ

  購入とインストール方法

        

                   

  Home  会社概要  家庭決算

ソフト「家庭決算書」TOP

  コ ラ ム    トピックス   本の紹介 商簿記3級

スマフォ簿記3級

                                                        計会計協会     
 

  

                     伝票に関する仕訳問題

    

           ここでは、主に、第4問の伝票に関する仕訳問題が中心です。

           取引を仕訳し伝票に記入する方法について解説しています。

   

       

                             伝票に関する仕訳問題

        試験用練習 問題(1)

      試験用練 習 問 題 (1)解答

      試験用練習問題(2)

     試験用練習問題(2)解答

      試験用練習問題問題(3)

     試験用練習問題(3)解答 

        第146回予想問題

      第146回予想問題解答

  

               伝票に関する仕訳問題

 

 

 1、伝票記入の流れ 

 

   取引  (仕 訳)   伝票記入     総勘定元帳・補助元帳

 

 

 23伝票会計制度

 

(1)入金伝票・・・現金の受入れ(入金取引)

(2)出金伝票・・・現金の支払い(出金取引)

(3)振替伝票・・・上記以外の取引

                                         

 3、伝票記入

 

 (1)入 金 伝 票・・・現金の入金取引を記入する伝票

      ( 取 引 )

        2月10日  XYZ商店に、商品5本 @10円 50円を売り上げ、代金は

                                  現金で受け取った。

      ( 仕 訳 )

       仕 訳・・・現金入金 → 資産の増加 → 左側

   2月10日 

                   左側(借方)

        右側(貸方)

       現  金   50円

     売  上    50円      

  (伝票記入)

    入 金 伝 票

   平成27年2月10日            入 金 先  XYZ商店 様 

   勘 定 科 目

     摘    要

    金    額

    売   上

   商品5本 @10円

      50円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  (注)勘定科目欄には相手科目を記入する

  

 

 

  (事例)

 

 1、平成22年2月10日 XYZ商店に、商品5本 @10円 を売り上げ、

 代金50円は現金で受け取った。

(仕訳)

 

借  方

貸  方

現 金

50,000円 

売 上

50,000円

 

 

 

 

   入金伝票          

      入金伝票

 

  平成22年2月10日

(売 上) 50,000円

 

  XYZ商店

 

2、平成27年7月20日 A商店の売掛金20,000円を、現金で

回収した。

 

(仕訳)

 

借  方

貸  方

現 金

20,000円 

売掛金

20,000円

 

 

 

 

  入金伝票

      入金伝票

  平成27年7月20日

(売掛金) 20,000円

  A商店

 

 

 

 (2)出 金 伝 票・・・現金の出金取引を記入する伝票

  ( 取 引 )

      2月16日 PO商店から、鉛筆5本 @20円 100円を仕入れ、代金は現金で支払った。

 ( 仕 訳 )

     仕 訳 ・・・現金出金 → 資産の減少 → 右側

 2月16日

                   左側(借方)

     右側(貸方)

     事務用品費    100円

    現 金   100円 

 

  (伝票記入)

 出 金 伝 票

   平成27年2月16日            支 払 先  PO商店 様

   勘 定 科 目

     摘     要

    金    額

    事務用品費

   鉛筆5本 @20円

      100円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  (注)勘定科目欄には相手科目を記入する

  

 

 

(事例)

 

 1 平成27年2月16日 PO商店から、鉛筆5本 @20円 を購入し、

代金100円は現金で支払った。

 

(仕訳)

借  方

貸  方

事務用品費 

100円 

現金 

100円

 

 

 

 

   出金伝票

      出金伝票

 

  平成27年2月16日

(事務用品費)  100円

  PO商店

 

2 商店から商品100,000円を仕入れ、代金100,000円は

現金で支払った。

 

(仕訳)

借  方

貸  方

仕入 

100,000円

現金 

100,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   出金伝票

      出金伝票

 

  科目   金 額

(仕入) 100,000円

 

 

(3)振替伝票・・・現金の収支を伴わない取引を記入する伝票

  ( 取 引 )

   平成27年2月20日  JK商店 ケース5個@1000円 を仕入れ、代金5000円は小切手で

               支払った。

 ( 仕 訳 ) 

 2月20日 

                   左側(借方)

         右側(貸方)

         仕 入   5,000円

  当座預金   5,000円     

 

  (伝票記入)

       振替伝票

  金   額

  借方科目

  摘   要

   貸方科目

  金  額

     5000

   仕 入

  JK商店

   当座預金

   5000

 

 

 ケース5個

 

 

 

 

 @1000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(事例)

 

1、平成27年2月20日JK商店 ケース5個@1,000円を仕入れ、

代金5,000円は小切手で支払った。

(仕訳)

借  方

貸  方

仕入

,000円 

当座預金 

,000円

 

 

 

 

   振替伝票

        振替伝票

     平成27年2月20日

仕入,000円     当座預金,000円

  JK商店

 

2、A商店から掛けで商品30,000円を仕入れた。

(仕訳)

借  方

貸  方

仕入

30,000円 

買掛金 

30,000円

 

 

 

 

 

  振替伝票

         振替伝票

      平成27年2月20日

仕入30,000円    買掛金30,000円

  A商店

 

 4、一つの取引が入出金取引と入出金取引以外の取引の二つからなる場合の伝票処理

  

 

 (1)取引を適切に分解して起票する方法・・・

 

現金で支払った分は出金伝票、現金で受け取った分は入金伝票、残金は

     振替伝票に記入する方法

 

  (機暴亢發両豺隋

     (例) 仕入代金の一部を現金で支払い、残金を掛けにした場合

        現金で支払った分は出金伝票、掛けにした残金は振替伝票に記入する

    ( 取 引 例 )   

    6月10日 商品300,000円を仕入れ、代金のうち100,000円は現金で支払い、残金は

           掛けとした。

  ( 仕 訳 )

                   左側(借方)

         右側(貸方)

         仕 入   300,000円

     現 金  100,000円     

      買掛金  200,000円  

                             

  取引の分解

                   左側(借方)

      右側(貸方)

         仕 入  200,000円

    買掛金 200,000円     

         仕  入  100,000円

   現  金 100,000円

                             

  出金伝票へ記入

                   左側(借方)

     右側(貸方)

          仕 入 100,000円

    現 金  100,000円      

  振替伝票へ記入 

                   左側(借方)

    右側(貸方)

         仕 入   200,000円

   買掛金  200,000円     

                             

  (伝票記入)

  出金伝票

 

                      出 金 伝 票

                       6月10日

         仕   入                    100,000円

 

 

    振替伝票

 

                     振 替 伝 票

                      6月10日

     仕  入  200,000円          買掛金  200,000円

 

 

(供貌金の場合

     (例) 売上代金の一部を現金で入金し、残金を掛けにした場合

       現金で受け取った分は入金伝票、掛けにした残金は振替伝票に記入する

   ( 取 引 例 )   

    ( 取 引 )   

    7月20日 商品200,000円を売り上げ、代金のうち50,000円は現金で入金し、

           残金150000円は、掛けとした。

      ( 仕 訳 ) 

                   左側(借方)

         右側(貸方)

      現   金    50,000円  

     売  上  200,000円

   

      売掛金        150,000円

                             

  取引の分解

                   左側(借方)

         右側(貸方)

         売掛金    150,000円

      売  上    150,000円     

        現  金     50,000円

     売  上      50,000円

                             

   7月20日 

  入金伝票

                   左側(借方)

         右側(貸方)

          現 金   50,000円

       売 上   50,000円     

  振替伝票

                   左側(借方)

         右側(貸方)

          売掛金   150,000円

       売 上   150,000円     

                             

  (伝票記入)

  入金伝票          

 

                       入 金 伝 票

                        7月20日

          売 上                          50,000円          

 

 

 振替伝票          

 

                       振 替 伝 票

                        7月20日

      売掛金   150,000円       売 上  150,000円          

 

  (事例)

 

  1、A商店から商品300,000円を仕入れ、代金のうち100,000円は現金で支払い、

      残金は掛けとした。

    (仕訳)

         (    )                                (   )

       仕 入 100,000円     /    現 金  100,000円 ・・・出金伝票

      仕 入 200,000円       /   買掛金  200,000円 ・・・振替伝票

    

出金伝票

 

      出金伝票

  科目   金 額

(仕入) 100,000円

 

振替伝票

 

         振替伝票

      平成27年2月20日

仕入200,000円    買掛金200,000円

  A商店

 

 

  2、B商店から商品500,000円を仕入れ、代金のうち200,000円は注文時に支払った

    手付金と相殺し、残金は現金で支払った。

   (仕訳)

         (    )                                (   )

      仕 入 300,000円   /   現  金  300,000円 ・・・出金伝票

     仕 入 200,000円   /   前払金   200,000円 ・・・振替伝票

   

出金伝票

 

      出金伝票

  科目   金 額

(仕入) 300,000円

 

振替伝票

 

         振替伝票

      平成27年3月5日

仕入200,000円    前払金200,000円

  B商店

 

 3、C商店に商品700,000円を売り上げ、代金のうち350,000円はY商店振出し、

    C商店あての約束手形を同店より裏書譲渡され、残額は同店振出しの小切手で

     受け取った。

   (仕訳)

         (    )                                (   )

       現  金  350,000円   /  売  上  350,000円 ・・・入金伝票

    受取手形 350,000円      /  売  上  350,000円 ・・・振替伝票

  

入金伝票

 

      入金伝票

  科目   金 額

(売上) 350,000円

 

振替伝票

 

         振替伝票

      平成27年2月20日

受取手形350,000円    売上350,000円

  C商店

 

 4、 D商店から商品200,000円を仕入れ、代金のうち50,000円は現金で支払い、

     残金は当店振り出しの手形で支払った。

    (仕訳)

         (    )                                (   )

        仕  入  50,000円      /   現 金   50,000円 ・・・出金伝票

       仕  入 150,000円       /  支払手形  150,000円・・・振替伝票

   

 

 

出金伝票

 

      出金伝票

  科目   金 額

(仕入) 50,000円

 

振替伝票

 

         振替伝票

      平成27年2月23日

仕入150,000円   支払手形150,000円

  D商店

 

5、     5、E商店に商品500,000円を売り上げ、代金のうち300,000円は注文時に受け取った

         手付金と相殺し、残金は現金で受け取った。

     (仕訳)

         (    )                                (   )

       現  金 200,000円   /  売  上  200,000円 ・・・入金伝票

    前受金  300,000円       /  売  上  300,000円 ・・・振替伝票

 

 

入金伝票

 

      入金伝票

 

  科目   金 額

(売上) 200,000円

 

振替伝票

 

         振替伝票

 

      平成27年2月20日

前受金300,000円   売上300,000円

  E商店

 

 

 

  6、B商店から商品300,000円を仕入れ、代金のうち100,000円は注文時に支払った

 

      手付金と相殺し、残金は仕入れ運賃3,000円とともに現金で支払った。

 

 (仕訳)

         (    )                   (   )

     仕 入 100,000円      /   前払金  100,000円 

    仕 入 203,000円       /  現  金   203,000円 

 

 

出金伝票

 

      出金伝票

 

  科目   金 額

(仕入) 203,000円

 

振替伝票

 

         振替伝票

 

      平成27年2月28日

仕入100,000円    前払金100,000円

  B商店

 

   7、 C商店に商品100,000円を売り上げ、代金のうち70,000円はY商店振出し、

     C商店あての約束手形を同店より裏書譲渡され、残額は現金で受け取った。

     なお入金伝票の科目欄には「売上」と記入されている。

    次の振替伝票に起票しなさい。  

 

振替伝票

 

         振替伝票

 

      平成27年2月10日

受取手形70,000円  売上70,000円

  C商店

 

 

 

 (参考)

  (仕訳)

         (    )                                (   )

      受取手形 70,000円   /  売  上  70,000円 ・・・振替伝票

     現 金   30,000円    /  売  上  30,000円 ・・・入金伝票

 

入金伝票

 

      入金伝票

 

  科目   金 額

(売上) 30,000円

 

 

  (2)取引を擬制する方法・・・

 

 取引の全部を振替取引として、振替伝票に記入し、直ちに出金取引が行われたもの

    として出金伝票に記入する、また、直ちに入金取引が行われたものとして、入金伝票に

    記入する方法

 

 

 

  (機暴亢發両豺隋

     (例) 仕入代金の一部を現金で支払い、残金を掛けにした場合  

        取引の全部を振替取引として、振替伝票に記入し、直ちに出金取引が行われた

        ものとして、出金伝票に記入する

   ( 取 引 例 )   

    6月10日 商品300,000円を仕入れ、代金のうち100,000円は現金で支払い、残金は

           掛けとした。

     ( 仕 訳 )

                   左側(借方)

         右側(貸方)

         仕 入   300,000円

      現   金    100,000円     

            買掛金        200,000円  

                             

  取引の擬制

                   左側(借方)

         右側(貸方)

         仕 入   300,000円

       買掛金   300,000円     

        買掛金   100,000円

      現  金   100,000円

                             

   振替伝票へ記入

                   左側(借方)

         右側(貸方)

         仕 入   300,000円

       買掛金   300,000円     

   出金伝票へ記入

                   左側(借方)

         右側(貸方)

         買掛金   100,000円

      現   金    100,000円      

                              

  (伝票記入)

    振替伝票          

 

                       振 替 伝 票

                        6月10日

  仕  入   300,000                      買掛金   300,000

 

 

    出金伝票

 

                                           

                       出 金 伝 票

                        6月10日

      買掛金                                 100,000

 

  

(供貌金の場合

     (例) 売上代金の一部を現金で入金し、残金を掛けにした場合

      取引の全部を振替取引として、振替伝票に記入し、直ちに入金取引が行われた

      ものとして、入金伝票に記入する

   ( 取 引 )   

    7月20日 商品200,000円を売り上げ、代金のうち50,000円は現金で入金し、

           残金150000円は、掛けとした。

       ( 仕 訳 ) 

                   左側(借方)

         右側(貸方)

      現   金    50,000円  

     売  上  200,000円

   

      売掛金        150,000円

                             

  取引の擬制

                   左側(借方)

         右側(貸方)

         売掛金    200,000円

      売  上    200,000円     

        現  金     50,000円

      売掛金     50,000円

                             

   7月20日 

   振替伝票へ記入

                   左側(借方)

         右側(貸方)

          売掛金   200,000円

       売 上   200,000円     

   入金伝票へ記入    

                   左側(借方)

         右側(貸方)

         現 金   50,000円

       売掛金   50,000円     

                             

  (伝票記入)

    振替伝票          

 

                       振 替 伝 票

                        7月20日

      売掛金   200,000円       売 上   200,000円          

 

 

      入金伝票          

 

                       入金伝票

                        7月20日

       売掛金                             50,000円

 

        

 (事例)

   1、6月10日 A商店より商品300,000円を仕入れ、代金のうち100,000円は

           現金で支払い、残金は掛けとした。

 

 (仕訳)

         (    )                                (   )

 

      仕 入   300,000円   /  買掛金  300,000円 ・・・振替伝票

 

     買掛金  100,000円     / 現金    100,000円 ・・・出金伝票

 

振替伝票

 

         振替伝票

      平成27年6月10日

仕入300,000円    買掛金300,000円

  A商店

 

出金伝票

 

      出金伝票

  科目   金 額

(買掛金) 100,000円

 

 

   2、 C商店に商品100,000円を売り上げ、代金のうち50,000円はY商店振出し、

     C商店あての約束手形を同店より裏書譲渡され、残額は現金で受け取った。

      

     (仕訳)

         (    )                                (   )

      受取手形 100,000円   /  売  上  100,000円 ・・・振替伝票

 

     現金  50,000円       /   受取手形  50,000円 ・・・入金伝票

 

振替伝票

 

         振替伝票

      平成27年6月15日

受取手形100,000円   売上100,000円

  C商店

 

入金伝票

 

      入金伝票

  科目   金 額

(受取手形) 50,000円

 

   3、 C商店に商品100,000円を売り上げ、代金のうち50,000円は現金で受け取り

     残額は掛けとした。

 

   (仕訳)

         (    )                                (   )

      売掛金 100,000円   /  売  上  100,000円 ・・・振替伝票

 

     現 金  50,000円    /   売掛金  50,000円 ・・・入金伝票

 

振替伝票

 

         振替伝票

      平成27年6月10日

売掛金100,000円    売上100,000円

  C商店

 

 

 

入金伝票

 

      入金伝票

  科目   金 額

(売掛金) 50,000円

 

  4、C商店に商品100,000円を売り上げ、代金のうち30,000円は、手付金で相殺し

     残額は現金で受取った。

    

 (仕訳)

         (    )                                (   )

       前受金 100,000円   /  売  上  100,000円 ・・・売上伝票

 

      現金  70,000円       /  前受金   70,000円 ・・・入金伝票

 

振替伝票

 

         振替伝票

      平成27年6月10日

前受金100,000円    売上100,000円

  C商店

 

入金伝票

 

      入金伝票

  科目   金 額

(前受金) 70,000円

 

  5、C商店に商品700,000円を売り上げ、代金のうち350,000円はY商店振出し、

    C商店あての約束手形を同店より裏書譲渡され、残額は同店振出しの小切手で受け取った。

 

     振替伝票

 

          振替伝票

 

借方科目 金 額    貸方科目  金 額

 

受取手形700,000円 売上700,000円

 

   入金伝票

      入金伝票

 

  科目   金 額

(受取手形) 350,000円

 

  6、D商店から商品200,000円を仕入れ、代金のうち50,000円は現金で支払い、

    残金は当店振り出しの手形で支払った。

 

   振替伝票

 

        振替伝票

 

借方科目 金 額   貸方科目  金 額

 

仕入200,000円 支払手形200,000円

 

   出金伝票

      出金伝票

 

   科目   金 額

(支払手形) 50,000円

 

  7、E商店に商品500,000円を売り上げ、代金のうち300,000円は注文時に

    受け取った手付金と相殺し、残金は現金で受け取った。

 

  振替伝票

 

        振替伝票

 

借方科目 金 額   貸方科目  金 額

前受金500,000円 売上500,000円

 

  入金伝票

      入金伝票

 

  科目   金 額

(前受金) 200,000円

 

 

  

 

   5、 伝票から総勘定元帳への転記

 

   平成X735日に作成された伝票にもとづいて、総勘定元帳を作成する。

 

 

 

             101

     入金伝票

 

  科目   金 額

(売上) 50,000円

 

 

         

             201

 

      出金伝票

 

      科目   金 額

     (仕入) 20,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

             301

        振替伝票

 

借方科目 金 額   貸方科目  金 額

 

受取手形50,000円  売上50,000円

 

 

             302

       振替伝票

 

借方科目 金 額   貸方科目  金 額

 

仕入150,000円 支払手形150,000円

 

 

 

     総勘定元帳

 

                 現 金                   1

平成X7年

摘 要

仕丁

借 方

貸 方

/借

残 高

前月繰越

 

30,000円

 

30,000円

 

売 上   

101 

50,000円

 

80,000円

 

仕入

201

 

20,000円

60,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                受取手形                  2

平成X7年

摘 要

仕丁

借 方

貸 方

/借

残 高

売 上

301

50,000円

 

50,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                支払手形                   3

平成X7年

摘 要

仕丁

借 方

貸 方

/借

残 高

仕 入

302

 

150,000円

150,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 売 上                  4

平成X7年

摘 要

仕丁

借 方

貸 方

/借

残 高

現 金

101

 

100,000円

100,000円

 

受取手形

301

 

50,000円

150,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               仕 入                   5

平成X7年

摘 要

仕丁

借 方

貸 方

/借

残 高

現金

201

20,000円

 

20,000円

 

支払手形

302

150,000円

 

170,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

  6、伝票から仕訳日計表(または集計表)の作成と総勘定元帳への転記

 

   平成X735日に作成された伝票にもとづいて、仕訳日計表と総勘定元帳を作成する。

 

 
 

      入金伝票

 

  科目   金 額

(売上) 50,000円

 
 

      出金伝票

 

  科目   金 額

(仕入) 20,000円

 

 

 

 

 

        振替伝票

 

借方科目 金 額   貸方科目 金 額

 

受取手形50,000円  売上50,000円

 

        振替伝票

 

借方科目 金 額   貸方科目 金 額

 

仕入150,000円 支払手形150,000円

 

               仕訳日計表

平成X7年35

 

借 方

元丁

勘定科目

元丁

貸方

50,000円

現 金

20,000円

50,000円

受取手形

 

 

 

 

支払手形

150,000円

 

 

売 上

100,000円

170,000円

仕 入

 

 

270,000円

 

 

 

270,000円

 

   総勘定元帳

                 現 金                   1

平成X7年

摘 要

仕丁

借 方

貸 方

/借

残 高

仕訳日計表

50,000円

 

50,000円

 

 

  〃

 

20,000円

30,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                受取手形                  2

平成X7年

摘 要

仕丁

借 方

貸 方

/借

残 高

仕訳日計表

50,000円

 

50,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                支払手形                   3

平成X7年

摘 要

仕丁

借 方

貸 方

/借

残 高

仕訳日計表

 

150,000円

150,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 売 上                  4

平成X7年

摘 要

仕丁

借 方

貸 方

/借

残 高

仕訳日計表

 

100,000円

100,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 仕 入                   5

平成X7年

摘 要

仕丁

借 方

貸 方

/借

残 高

仕訳日計表

170,000円

 

170,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  7、 伝票から仕訳日計表(または集計表)の作成と総勘定元帳・補助元帳への転記

 

    平成X735日に作成された伝票にもとづいて、仕訳日計表と総勘定元帳を作成する。

 

           101

  入金伝票

 

  科目   金 額

売掛金  50,000円

AB商店)        

 

           102

  入金伝票

 

  科目   金 額

売 上 15,000円

 

          201

   出金伝票

 

  科目   金 額

仕 入  10,000円

 

 

 

 

          202

   出金伝票

  科目   金 額

買掛金 20,000円

 (XY商店)

 

 

 

 

 

 

 

             301

       振替伝票 

 

借方科目 金 額   貸方科目  金 額

売掛金70,000円  売上70,000円

AB商店)

 

             302

       振替伝票

 

借方科目 金 額   貸方科目  金 額

仕入150,000円  買掛金150,000円

           (XY商店)

 

 

(1)仕訳日計表の作成

               仕訳日計表

平成X7年35

 

借 方

元丁

勘定科目

元丁

貸方

65,000円

現 金

30,000円

70,000円

売掛金

50,000円

20,000円

買掛金

150,000円

 

 

売 上

85,000円

160,000円

仕 入

 

 

315,000円

 

 

 

315,000円

 

(2)総勘定元帳の作成

総勘定元帳

 

                  現 金                   1

平成X7年

摘 要

仕丁

借 方

貸 方

/借

残 高

前月繰越

 

50,000円

 

50,000円 

 

仕訳日計表

65,000円

 

115,000円

 

 

  〃

 

30,000円

85,000円 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                売掛金                 2

平成X7年

摘 要

仕丁

借 方

貸 方

/借

残 高

前月繰越

30,000円

 

30,000円 

仕訳日計表

70,000円

 

100,000円

 

 〃

 

50,000円

50,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                買掛金                  3

平成X7年

摘 要

仕丁

借 方

貸 方

/借

残 高

前月繰越

 

50,000円

50,000円 

仕訳日計表

 

150,000円

200,000円

 

 〃

20,000円

 

180,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                売 上                  4

平成X7年

摘 要

仕丁

借 方

貸 方

/借

残 高

仕訳日計表

 

85,000円

85,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 仕 入                   5

平成X7年

摘 要

仕丁

借 方

貸 方

/借

残 高

仕訳日計表

160,000円

 

160,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(1)   補助元帳を作成する

 

                補助元帳

 

  得意先元帳

                 AB商店                 1

平成X7年

摘 要

仕丁

借 方

貸 方

/借

残 高

1

前月繰越

 

30,000円

 

30,000円

 

振替伝票

301

70,000円

 

100,000円

 

入金伝票

102

 

50,000円

50,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  仕入先元帳

                 XY商店                 1

平成X7年

摘 要

仕丁

借 方

貸 方

/借

残  高

前月繰越

 

 

50,000円 

50,000円 

 

振替伝票

302

 

150,000円

200,000円

 

出金伝票

202

20,000円

 

180,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    「会計主体と簿記の関係」

 経済主体

     会計主体

      簿 記

      報告書

     

          

 

       政 府

 

 

 地方公共団体

 

 

   

     法  人

 

 営利法人(株式会社など)

 簿記1級・簿記2級

   財務諸表

 非営利法人(社団など)

 

 

  

   個  人

 

個人事業者(企業又は商店)

  簿記3級

  財務諸表

    給与所得者

  家庭簿記

(家庭用複式簿記)

  家庭決算書

 その他個人(年金など)

  家庭簿記

(家庭用複式簿記)

  家庭決算書

 

 

  

 

     * 実践練習のすすめ 

      複式簿記の考え方で作られた「家庭決算書」を使って、実際に複式簿記を体験してみてください。

      自分で使うことによって、複式簿記の理解が容易になります。

       一ヶ月間は、無料で利用できます。

                    ソフト「家庭決算書」TOP

 

                        

       新・家庭経営ソフト「家庭決算書」マニュアルTOP               

 2015年版のご案内

 

ソフト「家庭決算書」マニュアル

 

  Q&A」と「解説」

 スタンダード版

     マニュアル一覧 

       Q&A

 プライベート版

        導入編

    家計簿との違い 

 ファミリー版

         入力編

      家庭決算書   

 

     報告書と分析編

    家庭決算書の事例