依田宣夫の

日商簿記3級100%合格目標講座

 

 

 

            全国商業高等学校協会主催・文部科学省後援

 

            簿記実務検定3級試験基本5

 

            

 

「日商簿記3級100%合格目標講座」概要」

全国商業高等学校協会主催・文部科学省後援

「試験問題を解く前に・・複式簿記の仕組み」

  簿記実務検定3級試験練習問題

 「 仕訳問題演習 」

  実務検定3級練習問題1

基本1

「帳簿に関する仕訳問題

   実務検定3級練習問題2

基本2

「試算表作成のための仕訳問題」  

   実務検定3級練習問題3

基本3

伝票に関する仕訳問題

   実務検定3級練習問題4

基本4

「精算表作成のための仕訳問題」     

   実務検定3級練習問題5

基本5

ホップ・ステップ・ジャンプ仕訳法

 

                

                         合格へのステップ                        

 「簿記の仕組み」を理解する

(事実→仕訳→報告書) 

 「仕訳」を早く正確にできるようにする 

↓    

  「計算」を早く正確にできるようにする 

                

簿記3級!仕訳ができれば恐くない  

次回 

全国商業高等学校協会主催

文部科学省後援

第85回簿記実務検定3級試験

平成30年1月28日(日)

 

 

       複式簿記を家庭生活で実践してみましょう! 

複式簿記だから、一生継続していきます 

   16年目を迎えた

  2018年版新・家庭経営ソフト「家庭決算書」

   ベクターでダウンロード・発売を開始

   3か月間試用無料                     

 スタンダード版

 プライベート版

 ファミリー版

1,500円(税抜き)

1,500円(税抜き)

2,000円(税抜き)

ベクター

 

     

    

  

簿記3級スマフォソフト  

HOP!STEP!JUMP!仕訳法

   

     HOME 

     トップ

購入とインストール方法

       

                              

  Home  会社概要  家庭決算

ソフト「家庭決算書」TOP

  コ ラ ム    トピックス   本の紹介 商簿記3級

スマフォ簿記3級

                 家計会計協会 

                        

           全国商業高等学校協会主催・文部科学省後援

             簿記実務検定3級試験練習問題

   実務検定3級練習問題1     

   実務検定3級練習問題1解答  

基本1

   実務検定3級練習問題2

   実務検定3級練習問題2解答

基本2

   実務検定3級練習問題3

   実務検定3級練習問題3解答 

基本3

   実務検定3級練習問題4

   実務検定3級練習問題4解答

基本4

   実務検定3級練習問題5

   実務検定3級練習問題5解答

基本5

 

     簿記実務検定3級試験基本5

 

 

 

 財務諸表の基本

 

 

1貸借対照表と損益計算書の作成問題

 

手順(1) 左右グループ分けをして、残高試算表を作る 

 

    左側(借方)グループ

    右側(貸方)グループ

    (資 産)

    (負 債・純資産)

    (費 用)

    (収 益)

     合 計

合 計

(注)合計金額は必ず一致する

 

(2)事例

 

元帳勘定残高

現金93,000、売掛金18,000、繰越商品15,000、備品500,000、引出金6,000、買掛金10,000

借入金20,000、資本金500,000、売上 696,000、仕入600,000、現金過不足(貸方残高)6,000

 

左右グループ分けをして残高試算表を作成する

   左側(借方)グループ

    右側(貸方)グループ

   (資 産)

    (負債・純資産)

現金      93,000

売掛金     18,000

繰越商品    15,000

備品      500,000

引出金      6,000

買掛金      10,000

借入金      20,000

資本金     500,000

現金過不足        6,000

 

  小 計      632,000

  小 計       536,000

    (費用)

     (収益)

仕 入      600,000

売上      696,000

  小 計      600,000

   小 計    696,000

  合 計    1,232,000

   合 計   1,232,000

  (注)合計金額は必ず一致する

 

 

 

手順2 決算整理事項と決算整理仕訳

 

(1)決算整理事項

 

  1期末商品棚卸高 20,000円

  2貸倒見積高 売掛金の期末残高に対して、2%と見積もり、貸倒引当金を設定する

  3備品については、定額法により減価償却し、直接法により記帳する。

      備品・ 取得価額:1,000,000円 耐用年数:10年 残存価額:0 

      定額法による年間の減価償却費=(取得原価−残存価額)÷耐用年数 

  4引出金勘定の6,000円は整理する

  5現金過不足勘定の6,000円(貸方残)は、雑益とする

 

(2)決算整理仕訳

 

  決算整理事項

 ヾ末商品棚卸高 20,000円 のとき

      1 期首商品

                   左側(借方)

       右側(貸方)

         仕 入 15,000

       繰越商品  15,000      

      2 期末商品

                左側(借方)

      右側(貸方)

    繰越商品 20,000

   仕 入   20,000      

     

        売上原価=期首商品棚卸高+当期商品仕入高−期末商品棚卸高

         595,000=15,000+600,000−20,000

 

  (参考)売上原価勘定を使う場合

      1 期首商品

                   左側(借方)

         右側(貸方)

      売上原価  15,000

       繰越商品  15,000      

      2 仕入

                   左側(借方)

         右側(貸方)

       売上原価 600,000

       仕  入 600,000      

       3 期末商品

                   左側(借方)

         右側(貸方)

      繰越商品 20,000

     売上原価   20,000      

     

  貸倒見積高 売掛金の期末残高に対して、2%と見積もり、貸倒引当金を設定する

    貸倒引当金見積金額 (売掛金18,000円)×2% =360円

          貸倒引当金繰入額   360円

 

           左側(借方)

     右側(貸方)

  貸倒引当金繰入額  360

    貸倒引当金    360     

 

   備品については、定額法により減価償却し直接法により記帳する。

   備品・ 取得価額:1,000,000円 耐用年数:10年 残存価額:0 

   定額法による年間の減価償却費=(取得原価−残存価額)÷耐用年数 

   備品減価償却費 1,000,000円÷10年=100,000円

       左側(借方)

   右側(貸方)

 備品減価償却費  100,000

   備品   100,000    

 

 ぁ^出金勘定の6,000円は整理する

           左側(借方)

     右側(貸方)

   資本金  6,000

    引出金  6,000    

 

 ァ仝酋皺疉埖勘定の6,000円は、雑益とする

          左側(借方)

   右側(貸方)

   現金過不足 6,000

   雑益  6,000    

 

(注)現金過不足勘定の残高が借方の場合は、雑損となる

          左側(借方)

   右側(貸方)

   雑損 6,000

   現金過不足 6,000    

 

  

 

手順3 決算整理事項の仕訳を左右グループ分けし、残高試算表に記入する

                    

    左側(借方)グループ

    右側(貸方)グループ

   (資 産)

    (負債・純資産)

現金         93,000

売掛金       18,000

繰越商品      15,000

備品        500,000

引出金        6,000

繰越商品      20,000

資本金        6,000

現金過不足        6,000

買掛金      10,000

借入金      20,000

資本金     500,000

現金過不足        6,000

 繰越商品     15,000

貸倒引当金       360

備品         100,000

引出金       6,000

  小 計       664,000

  小 計      657,360

    (費用)

     (収益)

仕 入       600,000

仕 入        15,000

貸倒引当金繰入額  360

備品減価償却費 100,000

売上      696,000

仕 入      20,000

雑益            6,000

  小 計       715,360

  小 計     722,000

  合 計     1,379,360

  合 計   1,379,360

  (注)合計金額は必ず一致する

 

 

 

手順4 勘定科目ごとに相殺をして、残高試算表を完成する 

 

   左側(借方)グループ

    右側(貸方)グループ

   (資 産)

    (負債・純資産)

現金           93,000

売掛金          18,000

繰越商品         20,000

備品           400,000

買掛金      10,000

借入金      20,000

資本金     494,000

貸倒引当金        360

  小 計          531,000

  小 計        524,360

    (費用)

     (収益)

仕 入 (売上原価) 595,000

貸倒引当金繰入額     360

備品減価償却費   100,000

売上      696,000

 雑益             6,000

 

  小 計          695,360

   小 計      702,000

  合 計        1,226,360

   合 計    1,226,360

 

 

手順5 残高試算表から財務諸表(貸借対照表と損益計算書)を作成する。

 

両者の当期純損益が一致しているか確認する。

 

                    貸借対照表

        XX年12月31日現在)

左側グループ(資 産)

 右側グループ(負債・純資産)

  借 方

 

 金 額

 貸 方

 金 額

現金

   

 93,000

買掛金

10,000

 売掛金

 18,000 

 

借入金

20,000

貸倒引当金

     360

 17,640

資本金

494,000

商品

  

 20,000

当期純利益

6,640

備品

 

 400,000

 

 

   合 計

 

 530,640

合 計

530,640

 

          損益計算書

   (XX年1月1日からXX年12月31日まで)

左側グループ(費用)

右側グループ(収益)

  借 方

 金 額

  貸 方

 金 額

 売上原価

 595,000

  売上

 696,000

貸倒引当金繰入

   360

  雑益

       6,000

減価償却費

100,000

 

 

当期純利益

  6,640

 

 

  合 計

702,000

 合 計

 702,000

 

 

 

2 精算表作成問題の場合

残高試算表の金額は記入されているので、 決算整理事項の仕訳を 修正記入欄に記入し、勘定科目ごとに増減計算をし、その結果を、損益計算書と貸借対照表に記入します。

損益計算書と貸借対照表のそれぞれの差額が当期純損益で両者の金額は必ず一致します。

 

                        精 算 表

勘定科目

  残高試算表

   修正記入

  損益計算書

  貸借対照表

 

 借 方

貸 方

借 方

貸 方

借 方

貸 方

 借 方

 貸 方

現金

 93,000

 

   

 

 

 

  93,000

 

現金過不足

  

  6,000

 6,000

    

 

 

     0

 

 売掛金

 18,000 

 

 

  

 

 

 18,000 

 

繰越商品

 15,000

 

 20,000

 15,000

 

 

  20,000

 

 備品

 500,000

 

 

  100,000

 

 

 400,000

 

貸倒引当金

 

  

 

     360

 

 

 

   360

引出金

  6,000

  

 

  6,000

 

 

        0

 

買掛金

 

10,000

 

 

 

 

 

10,000

借入金

 

20,000

 

 

 

 

 

20,000

資本金

 

 500,000

6,000

 

 

 

 

494,000

  売上

 

696,000

 

  

 

 696,000

 

 

 仕 入

 600,000

 

 15,000

 20,000

 595,000

 

 

 

 

 1,232,000

1,232,000

 

 

 

 

 

 

貸倒引当金繰入

 

 

   360

 

   360

 

 

 

減価償却費

 

 

 100,000

 

  100,000

 

 

 

雑益

 

 

 

  6,000

 

     6,000

 

 

当期純利益

 

 

  

  

6,640

 

   

 6,640 

 

 

 

147,360

  147,360

702,000

 702,000

530,640

530,640

 

 

 

 

 

勘定記入の問題、

 

 (例1)備品勘定に必要な記入を行い、閉め切りなさい。ただし、勘定記入は、

 

日付・相手科目・金額を示すこと。 

備  品

/1 前期繰越 500,000

 

                

 

                   

                        

 

 解答

                                               備  品

/1 前期繰越 500,000

12/31減価償却費 100,000

                    /

12/31次期繰越  400,000

                    500,000

                     500,000

 

(例2)売上勘定に必要な記入を行い、閉め切りなさい。ただし、勘定記入は

 

日付・相手科目・金額を示すこと。

 

(注)売上勘定の記録は、合計額で示してある

 

                                               売 上

              4,000

             700,000

 

            

                        

                      

 

解答 

                                               売 上

              4,000

             700,000

2/31   損益  696,000

             /

                         700,000

                       700,000

 

 

 

事例」

 12月31日の総勘定元帳残高と決算整理事項等にもとづいて、

 (1)決算整理仕訳を示しなさい

 (2) 備品勘定に必要な記入を行い、閉め切りなさい。ただし、勘定記入は、

     日付・相手科目・金額を示すこと。 

 (3)貸借対照表と損益計算書を作成しなさい。 

 (4)精算表を作成しなさい

    会計期間 1月1日から12月31日までの1年間 

 

1元帳勘定残高       

現金38,000、当座預金85,000、売掛金180,000、貸倒引当金  3,000、繰越商品150,000

前払金 30,000、備品1,000,000、支払手形290,000、買掛金138,500、借入金400,000

資本金 500,000、引出金60,000、売上 1,250,000、受取手数料80,000

仕 入600,000、給料385,000、支払家賃39,000、保険料70,000、消耗品費8,000

雑費17,500、支払利息5,000、現金過不足(貸方残高)6,000

 

決算整理事項

 1 期末商品棚卸高 200,000円

 2 貸倒見積高 売掛金の期末残高に対して、2%と見積もり、貸倒引当金を設定する

 3 備品について定額法により減価償却し、直接法により記帳する。

      備品・ 取得価額:1,000,000円 耐用年数:10年 残存価額:0 

      定額法による年間の減価償却費=(取得原価−残存価額)÷耐用年数 

 4 引出金勘定の60、000円は整理する

 5 現金過不足勘定の6,000は、雑益とする

 

(1)

 

  借   方

   貸  方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2)

                                               備  品

/1 前期繰越 1,000,000

 

              

 

                

                

 

(3)財務諸表作成(貸借対照表と損益計算書)

         

貸借対照表

        XX年12月31日現在)

  資 産

 金 額

負債・純資産

 金 額

現金

   

 

支払手形

 

当座預金

 

 

買掛金

 

 売掛金

  

 

 

 

貸倒引当金

   

 

資本金

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

備品

 

 

 

 

   合 計

 

 

合 計

 

 

            損益計算書

    (XX年1月1日からXX年12月31日まで)

  費 用

 金 額

  収 益

 金 額

 売上原価

 

  売上

 

  給料

 

 受取手数料

     

 

  

 

      

 

 

 

 

 支払家賃

 

 

 

 保険料

  

 

 

消耗品費

  

 

 

雑費

 

 

 

支払利息

   

 

 

 

 

 

 

  合 計

 

 合 計

 

(4) 精算表の作成 

 

                  精 算 表                   

勘定科目

  残高試算表

   修正記入

  損益計算書

  貸借対照表

 

 借 方

貸 方

借 方

貸 方

借 方

貸 方

 借 方

 貸 方

現金

 38,000

 

   

 

 

 

  

 

現金過不足

  

  6,000

 

    

 

 

 

 

当座預金

 85,000

 

 

 

 

 

 

 

 売掛金

 180,000 

 

 

  

 

 

  

 

繰越商品

 150,000

 

 

 

 

 

 

 

前払金

 30,000

 

 

 

 

 

   

 

 備品

 1,000,000

 

 

 

 

 

 

 

貸倒引当金

 

  3,000

 

   

 

 

 

   

引出金

  60,000

  

 

  

 

 

       

  

支払手形

 

290,000

 

 

 

 

 

 

買掛金

 

138,500

 

 

 

 

 

 

借入金

 

400,000

 

 

 

 

 

 

資本金

 

 500,000

 

 

 

 

 

 

  売上

 

1,250,000

 

  

 

 

 

 

受取手数料

 

80,000

 

 

 

    

 

 

 仕 入

 600,000

 

 

 

 

 

 

 

  給料

  385,000

 

  

 

 

 

 

 

 支払家賃

  39,000

 

  

 

  

 

 

 

 保険料

   70,000

 

 

   

   

 

 

 

消耗品費

    8,000

 

 

   

   

 

 

 

雑費

  17,500

 

 

  

  

 

 

 

支払利息

    5,000

 

  

 

  

   

 

 

 

 2,667,500

2,667,500

 

 

  

    

 

 

 

 

 

   

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 解答編

 1 左右グループ分けをして、残高試算表を作る                       

     左側(借方)グループ

      右側(貸方)グループ

   (資 産)

    (負債・純資産)

現金      38,000

当座預金     85,000

売掛金     180,000

繰越商品    150,000

前払金      30,000

備品     1,000,000

引出金     60,000

支払手形       290,000

買掛金         138,500

借入金         400,000

現金過不足(貸方残高) 6,000

貸倒引当金           3,000

資本金          500,000

 

  小 計    1,543,000

  小 計            1,337,500

    (費用)

     (収益)

仕 入      600,000

給料       385,000

支払家賃      39,000

保険料      70,000

消耗品費      8,000

雑費       17,500

支払利息      5,000

売上            1,250,000

受取手数料            80,000

 

 

 

 

 

  小 計    1,124,500

   小 計         1,330,000

  合 計    2,667,500

   合 計         2,667,500

  (注)合計金額は必ず一致する

 

 

 

解答

1決算整理仕訳

  

 1 期末商品棚卸高 200,000円 

  解答

   1 期首商品

                左側(借方)

     右側(貸方)

    仕 入 150,000

   繰越商品  150,000      

   2 期末商品

                左側(借方)

     右側(貸方)

   繰越商品 200,000

   仕 入   200,000      

     

    売上原価=期首商品棚卸高+当期商品仕入高−期末商品棚卸高

    550,000=150,000+600,000−200,000

 

  (参考)売上原価勘定を使う場合

  1 期首商品

                左側(借方)

     右側(貸方)

    売上原価  150,000

    繰越商品  150,000      

  2 仕入

               左側(借方)

     右側(貸方)

   売上原価 600,000

    仕  入 600,000      

  3 期末商品

               左側(借方)

     右側(貸方)

   繰越商品 200,000

   売上原価   200,000      

     

 2 貸倒見積高 売掛金の期末残高に対して、2%と見積もり、貸倒引当金を設定する

    貸倒引当金見積金額 (売掛金180,000円)×2% =3,600円

         貸倒引当金繰入額   3,600円−3,000円=600円

  

           左側(借方)

     右側(貸方)

  貸倒引当金繰入額  600

    貸倒引当金    600     

 

 

3 備品について定額法により減価償却し、直接法により記帳する。

   備品・取得価額:1,000,000円 耐用年数:10年 残存価額:0 

   定額法による年間の減価償却費=(取得原価−残存価額)÷耐用年数 

   備品減価償却費 1,000,000円÷10年=100,000円

   

       左側(借方)

   右側(貸方)

 備品減価償却費  100,000

   備品   100,000    

 

 4 引出金勘定の60、000円は整理する

    

           左側(借方)

     右側(貸方)

   資本金  60,000

    引出金  60,000    

 

 5 現金過不足勘定の6,000円は、雑益とする

   

          左側(借方)

   右側(貸方)

   現金過不足 6,000

   雑益  6,000    

 

 

2 備品勘定の記入

 解答

 備品勘定に必要な記入を行い、閉め切りなさい。ただし、勘定記入は、

日付・相手科目・金額を示すこと。  

                                                備  品

/1 前期繰越 1,000,000

 12/31減価償却費 100,000

                  /

 12/31次期繰越  900,000

                    1,000,000

                      ,000,000

 

 

 

3 財務諸表の作成(貸借対照表と損益計算書)

 

  解答       

貸借対照表

        XX年12月31日現在)

  資産

 

 金 額

負債・純資産

 金 額

現金

   

 38,000

支払手形

290,000

当座預金

 

 85,000

買掛金

138,500

 売掛金

 180,000 

 

借入金

400,000

貸倒引当金

    3,600

 176,400

資本金

440,000

商品

  

 200,000

当期純利益

160,900

前払金

 

  30,000

 

 

備品

 

 900,000

 

 

   合 計

 

 1,429,400

合 計

1,429,400

 

            損益計算書

    (XX年1月1日からXX年12月31日まで)

  費 用

 金 額

  収 益

 金 額

 売上原価

 550,000

  売上

 1,250,000

  給料

 385,000

受取手数料

      80,000

貸倒引当金繰入

    600

  雑益

        6,000

減価償却費

100,000

 

 

 支払家賃

  39,000

 

 

 保険料

  70,000

 

 

消耗品費

   8,000

 

 

雑費

 17,500

 

 

支払利息

    5,000

 

 

当期純利益

 160,900

 

 

  合 計

1,336,000

 合 計

 1,336,000

 

 

 

 

 

4 精算表の作成

       解答

                            精 算 表

勘定科目

  残高試算表

   修正記入

  損益計算書

  貸借対照表

 

 借 方

貸 方

借 方

貸 方

借 方

貸 方

 借 方

 貸 方

現金

 38,000

 

   

 

 

 

  38,000

 

現金過不足

  

  6,000

 6,000

    

 

 

   0

 

当座預金

 85,000

 

 

 

 

 

 85,000

 

 売掛金

 180,000 

 

 

  

 

 

 180,000 

 

繰越商品

 150,000

 

 200,000

 150,000

 

 

  200,000

 

前払金

 30,000

 

 

 

 

 

   30,000

 

 備品

 1,000,000

 

 

 100,000

 

 

 900,000

 

貸倒引当金

 

  3,000

 

    600

 

 

 

   3,600

引出金

  60,000

  

 

  60,000

 

 

         0

  

支払手形

 

290,000

 

 

 

 

 

290,000

買掛金

 

138,500

 

 

 

 

 

138,500

借入金

 

400,000

 

 

 

 

 

400,000

資本金

 

 500,000

60,000

 

 

 

 

440,000

  売上

 

1,250,000

 

  

 

 1,250,000

 

 

受取手数料

 

80,000

 

 

 

     80,000

 

 

 仕 入

 600,000

 

 150,000

 200,000

 550,000

 

 

 

  給料

  385,000

 

  

 

 385,000

 

 

 

 支払家賃

  39,000

 

  

 

  39,000

 

 

 

 保険料

   70,000

 

 

   

   70,000

 

 

 

消耗品費

    8,000

 

 

   

   8,000

 

 

 

雑費

  17,500

 

 

  

   17,500