依田宣夫の

日商簿記3級100%合格目標講座

 

 

            全国商業高等学校協会主催・文部科学省後援

 

           簿記実務検定3級試験練習問題基本3

 

   

            

「日商簿記3級100%合格目標講座」概要」

全国商業高等学校協会主催・文部科学省後援

「試験問題を解く前に・・複式簿記の仕組み」

  簿記実務検定3級試験練習問題

  「 仕訳問題演習 」

  実務検定3級練習問題1

 基本1

 「帳簿に関する仕訳問題

   実務検定3級練習問題2

 基本2

 「試算表作成のための仕訳問題」  

   実務検定3級練習問題3

 基本3

 「伝票に関する仕訳問題

   実務検定3級練習問題4

 基本4

 「精算表作成のための仕訳問題」     

   実務検定3級練習問題5

 基本5

 「ホップ・ステップ・ジャンプ仕訳法

 

                

                         合格へのステップ                        

 「簿記の仕組み」を理解する

(事実→仕訳→報告書) 

 「仕訳」を早く正確にできるようにする 

↓    

  「計算」を早く正確にできるようにする      

            

簿記3級!仕訳ができれば恐くない  

 

次回 

全国商業高等学校協会主催

文部科学省後援

第85回簿記実務検定3級試験

平成30年1月28日(日)

 

 

       複式簿記を家庭生活で実践してみましょう! 

複式簿記だから、一生継続していきます 

   16年目を迎えた

  2018年版新・家庭経営ソフト「家庭決算書」

   ベクターでダウンロード・発売を開始

   3か月間試用無料                     

 スタンダード版

 プライベート版

 ファミリー版

1,500円(税抜き)

1,500円(税抜き)

2,000円(税抜き)

ベクター

 

     

  

  簿記3級スマフォソフト  

  HOP!STEP!JUMP!仕訳法

   

     HOME 

     トップ

  購入とインストール方法

   

                                   

  Home  会社概要  家庭決算

ソフト「家庭決算書」TOP

  コ ラ ム    トピックス   本の紹介 商簿記3級

スマフォ簿記3級

                 家計会計協会 

                     

           全国商業高等学校協会主催・文部科学省後援

             簿記実務検定3級試験練習問題

  実務検定3級練習問題1   

   実務検定3級練習問題1解答  

 基本1

  実務検定3級練習問題2

   実務検定3級練習問題2解答

 基本2

  実務検定3級練習問題3

   実務検定3級練習問題3解答 

 基本3

  実務検定3級練習問題4

   実務検定3級練習問題4解答

 基本4

  実務検定3級練習問題5

   実務検定3級練習問題5解答

 基本5

 

          簿記実務検定3級試験基本3

  

 

        帳簿の基本

         1簿記の流れと必要不可欠の帳簿

               取引 → (仕訳) → (転記)

               帳簿   仕訳帳   総勘定元帳

 

             2帳簿の種類

 

              主要簿・・・必要不可欠の帳簿 

 

      (1)仕訳帳  ・・発生した取引の仕訳を日付順に記入する帳簿

                  

           (2)総勘定元帳・・仕訳帳に基づいて勘定口座別に転記によって

                         発生額が記録される帳簿

 

      補助簿・・・主要簿以外の帳簿で、経営管理の必要上、取引の明細などを

記録しておくために備える帳簿

 

                      (1)補助記入帳・・特定の取引の明細を発生順に記録

 

       (2)補助元帳・・・総勘定元帳の特定の勘定の明細を取引先などの

  口座別に記録

                                                 

主要簿   

補助簿

 補助記入帳

 補助元帳

 仕訳帳

現金出納帳

商品有高帳

 総勘定元帳

小口現金出納帳

売掛金(得意先)元帳

 

当座預金出納帳 

買掛金(仕入先)元帳

 

仕入帳

固定資産台帳

 

売上帳

営業費内訳帳

 

受取手形記入帳

 

 

支払手形記入帳

 

 

 

 

           3出題形式

 

            (1)仕訳→仕訳帳→総勘定元帳

 

             (2)補助簿→補助記入帳・補助元帳

 

 

 

                      事例1

 

 1、仕訳帳に記入して、総勘定元帳の当座預金勘定と買掛金勘定に転記しなさい

             2、仕入帳と買掛金元帳に記入して締め切りなさい。

 

             ただし、(1)商品に関する勘定記入は3分法によること

                 (2)仕訳帳の小書きは省略する

                 (3)元帳欄には、当座預金勘定と買掛金勘定に転記するときだけ記入すればよい。

 

             (注)商品に関する勘定記入は3分法とは

 

    商品売買の処理について、勘定科目を仕入勘定(費用)、売上勘定(収益)、

    繰越商品勘定(資産)の3つの勘定を用いること。

 

                取 引

3月6日 A商店から次の商品を仕入れ、代金は掛けとした。

          X 品   500個  @200円 100,000円

           Y 品   200個  @250円 50,000円

 

     仕訳

  左側(借方)

  右側(貸方)

勘定科目

金額(円)

勘定科目

金額(円)

仕入

100,000円

買掛金

100,000円

             

  左側(借方)

  右側(貸方)

勘定科目

金額(円)

勘定科目

金額(円)

仕入

50,000円

買掛金

50,000円

 

10日 A商店に対する買掛金の一部 86,000円を、小切手#12を

振り出して支払った。

 

     仕訳

  左側(借方)

  右側(貸方)

勘定科目

金額(円)

勘定科目

金額(円)

買掛金

86,000円

当座預金

86,000円

 

 

 

 

 

 

                  仕 訳 帳          1

平成29      年

   摘           要

元丁

   借 方

  貸 方

  3

 

 前月繰越高

 980,000

980,000

 

 

 (仕 入)

 

 150,000

   

 

 

             (買掛金)

 

150,000

 

10

(買掛金)

86,000

 

 

 

            (当座預金)

 

86,000

 

 

 

 

 

 

 

   総勘定元帳

               

   当座預金              2

平成29年

 摘  要

仕丁

   借  方

平成

29年

    摘要

仕丁

 貸 方  

 

  1

  前月繰越

 

  250,000

 

10

  買掛金

 

 86,000

 

 

  

 

  

 

 

   

 

  

                  

   買掛金               7

平成29年

 摘  要

仕丁

   借  方

平成

29年

 摘要

仕丁

 貸 方  

 

 10

 当座預金

 

 86,000

 

 

   前月繰越

 80,000

 

 

 

 

 

 

 

    仕 入

 

 150,000

 

 

 

 

    

 

 

   

 

 

      

 

 

 

          仕 入 帳           1

平成29年

     摘   要

   内  訳

  金  額

 3

 6

A  商店        掛け

 

 

 

 

X 品  500個  @200円 

100,000

 

 

 

 Y 品  200個  @250円 

 50,000

150,000

 

 

            総仕入高

 

 150,000

 

 

            仕入返品高

 

  0

 

 

            純仕入高

 

150,000

 

  買掛金元帳(仕入先元帳)

             A 商店               1

平成29年

 摘     要

  借 方(減少)

 貸 方(増加)

/

   残  高

  3

  1

  前月繰越

 

 100,000

 

 100,000

 

 

  仕 入

 

 150,000

 

 250,000

 

 10

 支払い

 86,000

 

 

164,000

 

 31

 次月繰越

 164,000

 

 

 134,000  

 

 

 

 250,000

 250,000

 

 

                

 

 

            事例2

 

 1、仕訳帳に記入して、総勘定元帳の現金勘定と売掛金勘定に転記しなさい

 

              2、売上帳と売掛金元帳に記入して締め切りなさい。

 

               ただし、(1)商品に関する勘定記入は3分法によること

                   (2)仕訳帳の小書きは省略する

                   (3)元帳欄には、現金勘定と売掛金勘定に転記するときだけ記入すればよい。

                 

                取引

3月6日 A商店に次の商品を売り渡し、代金は掛けとした。

        X 品  500個  @200円 100,000円

  Y 品   200個  @250円  50,000円

 

     仕訳

  左側(借方)

  右側(貸方)

勘定科目

金額(円)

勘定科目

金額(円)

売掛金

100,000円

売上

100,000円

             

  左側(借方)

  右側(貸方)

勘定科目

金額(円)

勘定科目

金額(円)

売掛金

50,000円

売上

50,000円

 

 

        10日 A商店に対する売掛金の一部86,000円を、小切手#12で受け取った。 

  左側(借方)

  右側(貸方)

勘定科目

金額(円)

勘定科目

金額(円)

現金

86,000円

売掛金

86,000円

 

 

 

   

           仕 訳 帳          1

平成29      年

   摘           要

元丁

 借 方

  貸 方

  3

 

 前月繰越高

 980,000

980,000

 

 

(売掛金)

 150,000

   

 

 

             (売上)

 

 

150,000

 

10

(現金)

86,000

 

 

 

            (売掛金)

 

86,000

 

  総勘定元帳

                   

               現金              1

平成29年

 摘  要

仕丁

   借  方

平成

29年

 摘 要

仕丁

 貸 方  

 

  1

  前月繰越

 

  250,000

 

 

  

 

 

 

 10

  売掛金

 

   86,000

 

 

   

 

  

                   

          売掛金            4

平成29年

 摘  要

仕丁

   借  方

平成

29年

 摘 要

仕丁

 貸 方  

 

 

 前月繰越

 レ

 80,000

 

10

現金

86,000

 

 

 売掛金

 

 150,000

 

 

 

 

 

 

 

          

    

      売上帳         1

平成29年

     摘   要

   内  訳

  金  額

 3

 6

A  商店        掛け

 

 

 

 

X 品  500個  @200円 

100,000

 

 

 

 Y 品  200個  @250円 

 50,000

150,000

 

 

            総売上高

 

 150,000

 

 

            売上値引高

 

      0

 

 

            純売上高

 

150,000

 

       売掛金元帳(得意先元帳)

                   A 商店               1

平成29年

 摘     要

  借 方(増加)

 貸 方(減少)

/

   残  高

  3

  1

  前月繰越

 100,000

 

 

100,000

 

  

  売上

 150,000

 

 

250,000

 

 10

 小切手入金

 

  86,000

 

164,000

 

 31

 次月繰越

 

 164,000

 

   

 

 

 

 250,000

 250,000

 

 

                

 

 

 

 

 

  

 

  
                 第1  ステップ 精算表作成問題のアドバイス
 第2 ステップ イメージ仕訳の基本練習       第2 ステップ イメージ仕訳の解答

                       未処理仕訳練習問題

 第3ステップ 未処理の仕訳練習問題(その1)

 第3ステップ未処理の仕訳練習問題の解答(その1)

 第4ステップ 未処理の仕訳練習問題(その2)

  第4ステップ未処理の仕訳練習問題の解答(その2)

                       決算整理仕訳の練習問題

 第5ステップ決算整理仕訳練習問題(その1)

  第5ステップ決算整理仕訳練習問題の解答(その1

    第6ステップ 決算整理仕訳練習問題(その2)

  第6ステップ決算整理仕訳練習問題の解答(その2)

 第7ステップ 決算整理仕訳練習問題(その3)

 第7ステップ決算整理仕訳練習問題の解答(その3)

                          試験用練習問題

 第8 ステップ 試験用練習問題(1)

 第8ステップ 試験用練習問題(1)の解答

 第9ステップ 試験用練習問(2)

   第9ステップ 試験用練習問題(2)の解答

第10ステップ試験用練習問題(3)

 第10ステップ試験用練習問題(3)の解答

第11ステップ 試験用練習問題(4) 

 第11ステップ 試験用練習問題(4)の解答 

第12ステップ試験用練習問題(5)

 第12ステップ試験用練習問題(5)の解答

                        (参考)   出題形式