依田宣夫の   

日商簿記3級検定試験

100%合格目標講座

「日商簿記3級100%合格目標講座」概要」

 「試験問題を解く前に・・複式簿記の仕組み」

        「 仕訳問題演習 」

     「帳簿に関する仕訳問題

     「試算表作成のための仕訳問題」  

              「伝票に関する仕訳問題

     「精算表作成のための仕訳問題」     

 

 合格へのステップ 

  「簿記の仕組み」を理解する

(事実→仕訳→報告書) 

 「仕訳」を早く正確にできるようにする 

↓    

      「計算」を早く正確にできるようにする     

                

簿記3級!仕訳ができれば恐くない   

           

    

  HOP!STEP!JUMP!仕訳法

   

     HOME 

     トップ

  購入とインストール方法

        

                                  

  Home  会社概要  家庭決算

ソフト「家庭決算書」TOP

  コ ラ ム    トピックス   本の紹介 商簿記3級

スマフォ簿記3級

     家計会計協会 

   帳簿に関する仕訳問題

                    

                   「帳簿に関する仕訳問題一覧

         試験用連習問題(1)

   試験用習問題(1)解答 

         試験用練習問題(2) 

   試験用練習問題(2)解答

          第150回予想問題  

  第150回予想問題解答 

                                     

                             第150回帳簿予想問題

 

   

 次の取引を移動平均法と先入先出法を採用した場合の商品有高帳に記入し,

          売上原価と売上総利益を計算しなさい。

     取 引

    6月1日   前月繰越 100個 @200円

    6月3日   仕  入 200個 @215円

 6月5日   売  上 200個 @300円

 6月10日  仕  入 100個 @220円

  (1)移動平均法

                 商品有高帳

平成

30年

摘 要

   受 入

    払 出  

    残 高

数量

単価

金額

数量

単価

 金額

 数量

単価

金額

6

1

前月繰越

100

200

20,000

 

 

 

100

200

20,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

    売上原価 

    売上総利益          

(2)先入先出法

               商品有高帳    

平成  30

摘 要

    受  入

  払  出

  残  高

数量

単価

金額

数量

単価

金額

数量

単価

金額

6

1

前月繰越

100

200

20,000

 

 

 

100

200

20,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    売上原価 

    売上総利益            

 

 

      (参照)アマゾンにて発売中  

    「ホップ・ステップ・ジャンプ仕訳法」による簿記3級100%合格目標講座 (拙著)

             

 

 

 

    「会計主体と簿記の関係」

 

 経済主体

     会計主体

      簿 記

      報告書

     

          

 

       政 府

 

 

 地方公共団体

 

 

   

     法  人

 

 営利法人(株式会社など)

 簿記1級・簿記2級

   財務諸表

 非営利法人(社団など)

 

 

  

   個  人

 

個人事業者(企業又は商店)

  簿記3級

 財務諸表

    給与所得者

  家庭簿記

(家庭用複式簿記)

  家庭決算書

 その他個人(年金など)

  家庭簿記

(家庭用複式簿記)

  家庭決算書

 

 

 

      会計と会計主体

   会計とは、特定の経済主体の構成員が営む経済活動およびこれに関連する経済的事象を、

 

  主として貨幣額で測定しかつ伝達する行為です。会計の目的、内容は、経済主体を構成する

 

  人たちの意思や要求によって決まるものであり、この意思や要求は、時代と環境の変化に

 

  よって常に変わるものとされています。また、経済主体を構成する要素ごとに必要とする

 

  会計情報は異なりますが、この会計情報を必要とする主体を会計主体と言います。

 

  現在、この会計情報を作成する方法として複式簿記が考えられています。

 

                             

 実践練習のすすめ 

     17年目を迎えた

        2019年版新・家庭経営ソフト「家庭決算書」

        ベクターでダウンロード・発売中

         3か月無料  

 スタンダード版

 プライベート版

 ファミリー版

家庭用複式簿記で経営に役立つ会計情報を提供するソフト

家庭用複式簿記で親から独立した社会人の経営に役立つ会計情報を提供するソフト

一つのソフトで、家族4人まで入力できるファミリー版新・家庭経営ソフト

1500円(税抜)

1500円(税抜)

2000円(税抜)

 

 

ソフト「家庭決算書」マニュアル

 

  Q&A」と「解説」

     マニュアル一覧 

       Q&A

       導入編

     家計簿との違い 

       入力編

      家庭決算書  

    報告書と分析編

    家庭決算書の事例