痴呆症・アルツハイマーはもう怖くない!
「脳を守る漢方薬」 No.
89

 

岡山大学 医学博士 大山博行 著

第4章 漢方薬の驚異のボケ防止作用

脳を守る漢方薬#4 = 脳の血管を守り、脳細胞死DNDのスピードを遅らせる作用を持つ!

脳細胞を過労死させるグルタミン酸(1)

 さて、死に掛けた脳細胞を取り出してよく調べてみると、脳細胞内にはカルシウムが溜まっていました。そして細胞外には「グルタミン酸」という物質がひじょうに多く集まっていました。グルタミン酸はよく知られているアミノ酸ですが、脳内では興奮性の神経伝達物質になっていて、ほぼ脳の全領域で働いています。
 ここで1つ注意しなければいけないのは、この興奮性アミノ酸のグルタミン酸が脳に増えすぎると、脳細胞が興奮しすぎて、過労死を起こすという事実です。そしてじつは、これが例の遅発性脳細胞死の原因になると考えられているのです。
 それでは、私たちの脳の中で、なぜDND(遅発性脳細胞死)が起こるのか、その秘密を探ってみましょう。
 脳細胞の外に興奮性の神経伝達物質であるグルタミン酸がたくさんの集まってくると、これを受ける側の興奮性アミノ酸受容体の1つで「NMDA受容体(N-methyl-D-aspartate receptor)」というものが活性化されます。すると脳細胞の中にカルシウム・イオンが溜まってきます。このカルシウム・イオンが脳細胞内に溜まってくると「NOS(一酸化窒素合成酵素)」と呼ばれる酵素が急速に活性化されてしまうのです。
 NOSは名前のとおり「一酸化窒素(NO)」を合成する酵素ですから、このNOSが活性化されるということは、脳細胞内でどんどんNOが合成され、脳のいたるところにNOがいるという状態になってしまうことを意味します。


以上、岡山大学 医学博士 大山博行著 「脳を守る漢方薬」より引用
詳しくは、光文社カッパブックス「脳を守る漢方薬」を御一読ください。

← Next Page.

Copyright (C)
Hiroyuki Ohyama 1999.
All Rights Reserved.
無断転載厳禁



脳を守る漢方薬 関連リンク集
1)光文社カッパブックス
2)脳を守る漢方薬デジタルショップガイド
3)漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局 0283-22-1574
4)鍼灸を現代病に活かす!不妊症の相談 大山鍼灸院 0283-22-1389
5)ヘルスサイエンス 「心の健康相談室」 臨床心理学・心理療法研究所 0283-22-1607
6)日中健康センター 「太極拳・気功教室」 日中友好会館B1 03-3814-6767
7)サン自然薬研究所 「脳と食を考える会」 03-5256-2018