痴呆症・アルツハイマーはもう怖くない!
「脳を守る漢方薬」 No.
3.



岡山大学 医学博士
大山博行(おおやまひろゆき)著


光文社 カッパブックス
脳を守る漢方薬 / 目次


プロローグ - ボケずに100歳まで生きるために

第1章 ボケがここまでわかってきた

*「正常」なボケと「病的」なボケの違い
*痴呆症には「脳血管性痴呆」と「アルツハイマー病」がある
*アルツハイマー病の症状とは?

第2章 脳細胞は自殺する

*「物忘れ」のメカニズムとは、
*一度死んだ脳細胞は再生しない
*アルツハイマー病の脳と老化した脳の違い

第3章 老化の原因は「活性酸素」だった

*ボケは、脳細胞の酸化から始まる、
*脳は最も活性酸素が発生しやすい場所
*私達の体には「生体防御システム」が備わっている


第4章 漢方薬の驚異のボケ防止作用

*脳を守る漢方薬#1 -強力な活性酸素消去作用を持つ
*脳を守る漢方薬#2 -記憶の中枢(海馬・大脳皮質)を守る作用を持つ
*脳を守る漢方薬#3 -誘導酵素SODの活性を高める作用を持つ
*脳を守る漢方薬#4 -
脳の血管を守り、脳細胞死(DND)のスピードを遅らせる作用を持つ
*脳を守る漢方薬#5 -脳内神経伝達物質の合成を促す作用を持つ
*脳を守る漢方薬#6 -脳内の異常な興奮を鎮め、てんかん発作を抑える作用を持つ
*脳を守る漢方薬#7 -樹状突起(Growth Cone)を伸ばし、神経回路を再生する作用を持つ
*脳を守る漢方薬#8 -アルツハイマー病に特徴的な「空間認知障害」を予防する作用を持つ
*脳を守る漢方薬#9 -脳を守る漢方薬#1から、脳を守る漢方薬#8の全ての作用を併せ持つ

*漢方薬の正体を科学する
*「最新の漢方薬」は、自分で煎じて飲める
*「最新の漢方薬」の入手法

第5章 病気を未然に防ぐ「養生(ようせい)の法」

*漢方薬で肥満が解消した
*「未病を治す」ことの重要性
*「養生(ようせい)」とは何か
*すべての病気は「心の乱れ」から始まる
*アルツハイマー病の完全治癒も夢ではない

第6章 幸せになるための3つの処方箋

(1)緊張をコントロールする
(2)自分の生体防御システムの弱点=体質を知る
(3)ストレスに対する反応パターンを知る

エピローグ -ボケを予防する6ヶ条

(1)目的に合った漢方薬を選ぶ
(2)ボケを予防する食事を摂る
(3)適度な運動を続ける
(4)日記や手紙を書く習慣をつけ、頭を使う
(5)心を開いて積極的に生きる
(6)「老い」を受け入れる

あとがき -謝辞に代えて

*著者「講演会」の案内
*引用文献等

イラストレーション・図版
斎木磯司(さいきいそし)



← Next Page.

Copyright (C)
Hiroyuki Ohyama 1999.
All Rights Reserved.
無断転載厳禁



脳を守る漢方薬 関連リンク集
1)光文社カッパブックス
2)脳を守る漢方薬デジタルショップガイド
3)漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局 0283-22-1574
4)鍼灸を現代病に活かす!不妊症の相談 大山鍼灸院 0283-22-1389
5)ヘルスサイエンス 「心の健康相談室」 臨床心理学・心理療法研究所 0283-22-1607
6)日中健康センター 「太極拳・気功教室」 日中友好会館B1 03-3814-6767
7)サン自然薬研究所 「脳と食を考える会」 03-5256-2018