検索エンジンからの場合お手 数ですが、F3キーでページ内検索をお願いします。

[最終更新日:]

トップページ

アニメレイコムのトップページ


日記、随筆。
書き捨てとも言いますが…

文章の練習みたいなものでもあります。
私見オンリー。全く的を射ていないもんだと思って、閲覧してください。

【2004 4月〜】

※ こちらは上が最新です。


8月
4月

11/24

【パスタ】

欧州産のものは、ゆで時間が短くても火が通りやすい気がする。
アジアなどの製品はよく加熱しないと火が通らない。

どっちもいい点悪い点がある。
魚の缶詰やミートソース缶でしか食べない私が言うのもなんだけど。

思うにアルデンテはやはり欧州産のほうが得意なのだろう。

11/18

【野菜】

野菜が天災の大打撃で収穫が減り、手が出しにくくなっている。
北関東はたぶん、東京近辺ほどひどくはないのだろうが。

何せ、スーパーの道路を挟んで向かいでは野菜を作っている。
最近は地物コーナーなんてのもあるし。

しかし、もっと安上がりな手段がある。それは、畑でもらってくることだ。

今の野菜は、裂けた虫食いだ端っこが腐ったといっては、よけてしまう。
もっともったいないのが、切り離すのに失敗して切れ込みが深かったもの。傷みは全くない。
それをもらってくる。傷がなければ結構な上物と言う品質が、ただ。
無論、傷みがある場合は全部は食べられないが、それでもただで上品が食べられる。

これは、片田舎のしけた畑地だから、せいぜいひとつの畑で数個とかになってしまうが、
一台生産地では、ものすごい量になる。
学校の敷地全部くらいの畑に、100単位の廃棄作物。何せ万単位の収穫量だから。

どこでもドアがあったら、畑に行ってもらってくると有効利用になるだろう。
商売が危うくなる恐れはあるが。

飲食店などの利用には向かない。なにせ一個からどれくらい利用できるかが不安定で、ゴミの量が増えるから。
個人利用に限られるから、自分が暇な時に出向いてもらってくるくらいが関の山か。
しかしこんなご時世、人によってはやってみる価値はあるかも。別にお勧めはしないけど。

11/15

【革命を望む者は多い 1】

これは別に、早急に政府を倒せとかそういう大げさなものではなくて。

小泉政権が行う構造改革とやらをもっと理にかなった形で迅速に、とか
Winnyを初めとするネット最前線の概念にいい加減政府は追いつけ、とか
要するに各業界、方面のジレンマの集合体と言うことになるだろうか。

現代は、それを教育の段階から押さえ込む。徹底的におとなしく従順に、
社会に適合するような定型にはめていく。不正や犯罪ですら暗黙に、定型を作っている。
司法や行政によるプレッシャーも大きい。何々をするとひどいぞ、というパターンが実に多い。
これは社会維持には貢献したが、案の定根本的なリフォームにはことごとく裏目に出ている。

私はそういう意味で2chのような流れには期待し、積極的だった。
2chと提携した、ガルエージェンシーという探偵会社のビラが入った直後に、アパートで念力や機械によって
遠隔攻撃の嵐に見舞われるまでは。

これは置いておくとしても、Winnyの敗因はルールを作れなかったことではないだろうか。
2chオーナーの西村博之もなまじ頭は切れるから、日本も古来は共有財産という概念が、などと言うが
限りなく無法に近い、既存企業や利権を無視しすぎ、対決姿勢であるかのような影響を与えてしまった。

暴力的な革新は軋轢を生み、体制というのはえてして古い側だから、新しい側が狩られてしまうのは
これは定番といっていい。
先進を読む才能は確かにすばらしいが、現体制とうまくやっていくプラグインを常に用意するような才能も
あったらもっとよかったんだろう。

とはいえ、日本はなまじ戦後にうまくやってしまったがために、改革が苦手だ。
利権構造というものに頭を下げずには居られず、それだけのために小泉改革もうまく行っていないようなものだ。
日本はもはや、ゴルバチョフUSSRに近いのだと思う。
小泉が切れ物でも、どうにもならない部分が多すぎるのだ。
政治家という形態にも制約が多い。選挙や支持基盤を無視できないからだ。


2chに関しては、なんであそこまで人間狩りが横行するようになったのだろうと。
個性が強い、角が立つ、そういう人間はみんな組織的ストーカー部隊に引き渡され、
掲示板に来るどころではなくなっているようだ。

半無法の場が、自由を生み出して様々ないいアイデアが生まれている。
ジャンルを超えての交流も然り。
ここまではよかった。

粛清、人間狩り、そういう流れは悪意ある存在(神悪魔的)が人類に仕掛けた罠である、
数々の痕跡をもとに、私はそう結論付けている。

人間が良かれと思い始めた行動が、大変な状況を呼んでいる。
大変な状況なのに、人間は組織と言う盲目さ、催眠状態という異常 さでそれを認識できていない。
自浄作用が皆無となり、流れを止められないでいる。

2chをはじめとする組織的ストーキング暗殺行為
追い回してくる暴力団系や自衛隊や警察などの組織の数々
彼らが残す成果とは、一体なんであるのか。

私は死するに何を遺し、生きるに何を見るのか。


私も時には、人間にもガンダムのニュータイプみたいな革新が
全人類にあってもいいのではないか、でも現実的には無理だよなあ、なんて夢想もしていた。
法に基づく検挙を超えた、神がかりな仕置きがあってもいいのではないかなんてことも然り。

きっとこれは、昔からの付き合いである脳内監視者が、未来予知に近いことをさせていたのだろうが、
まさかこんな絶望的な形でやってこようとは。自分が心身を痛めつけられ、事実上葬られる状況にまでなっている。


【革命を望む者は多い 2】

人間狩りが、新しい存在を潰して回るような行為だとすれば、それは新種つぶしであっていずれは限界が来る。
いずれは新種がメジャーになって古いものは駆逐されるだろう。

単に機械で言うところの欠陥、機能不十分を処分というのであれば、きっと優良種が残るのだろう。
ただし、これは農業生産システムとなんら変わりがない。
農業は劣等種というひよわで美味な品種を手厚い保護で育成するのであるから
自活的側面はどんどん萎えていくだろう。社会システムがなくては何もできない、暖房やごちそうがなくては死んでしまうくらいの。
結局それにより、最後にやってくるのは行き詰まりだ。みんな弱くて同じなのだから。

目に見える改革程度なら、様々なビジョンが予測できる。
しかし優劣によって人間を始末しようなどということになると、それがもたらす意味が今ひとつ見えてこない。
難しいからか、意味がないからなのか。

ただ、見方を変えれば人間をみんなIBMの2004年春モデルのR40にしてしまえ、という流れにも見える。
つまり、みな同じ性能を発揮するPCになれということなのだ。なれないなら死ねと。
機械にどんどん近くされていく人間が幸せとは思わないが、不幸だとも断定しきれない。
ただ、私がそこに連想するのは洋画「ターミネーター」の世界。もしくは「マトリックス」か。

私のような存在は、個性を発揮できる突然変異、殺虫剤が効かないゴキブリなのかもしれない。
古来から人間は全世界的に催眠状態で支配されていて、それへの抗力をもったのが新種。

想像はいくらでも膨らんでいく。
だから類似のストーリーが多数、テレビに流されるのだろう。情報かく乱のために。

【革命を望む者は多い 3】

結局の締めとしては、2chのような流れはやはり、これだけおとなしくもやしになった人間たちでも
革命的なことに積極的な面はあることを示しているんだなあと。
右寄り、従順、批判姿勢皆無、そんなしつけられた表面とは裏腹に。

まあ、唐突に暴力的に蹂躙され、半死状態の私にはあまり関係ないことだが。
加害者が政府筋か、次世代の勢力かすらも不明確。
そして次世代だと思っていた2chのような存在は、政府筋に人間を売り渡して始末させているのだもの。


11/12

【インターネットサーバーレンタルの限界】

以前も同じようなことを書いた気もするが。

インターネットは実に膨大な規模で贅沢なものだ。
精密機械は電気で動き、データ記憶量はお金で買わなくてはならない。

しかしこれは出版に対抗する際のデメリットだ。
紙は1枚や10枚増やしたって大したことではない。コストも手間も。
しかしデータ記憶量が1MBと10MBとでは、小冊子と短編小説くらいの差があいてしまい、
これをコストに直すと、かなりの経費がかかる。

これは、そんなの媒体の違いとしか見ない私のようなユーザーからすれば「みみっちい」と言う話になる。

現状、容量無制限などと謳うレンタルサーバースペースは、ひどいものだ。
たくさんの無関係なサービスに加入させられ、アマゾンアフィリエイトに加入できないとダメとか。得々じゃなくて損損だ。
1ヶ月更新しなかったら削除されるとか。つかえるネットなどと言うが、使えないネットだ。

本の執筆に1ヶ月空いたら、消費者の手元にある単行本が全て捨てられてしまう?なんじゃそりゃ、と。
原稿が残っていればいいというものではない。誰も見られないじゃないか。
そんなインチキがあるかよ。

インターネットは表現の場である。もっと恒久的に容量など気にせず「無条件で公開できる」ようでなくては、
まだまだ「原始的」の域を出ない。現時点は、と言ういいわけは無意味。
抱き合わせ販売のファミコンカセットに、誰もいい印象は持たなかっただろう。

時間がある程度経過すれば、容量あたりのコストは下がるので解決していくのだろう。
それを享受できる人間たちは、その点においては幸せである。

しかし、その時代には用途別の厳粛な取り決めと取締りがしっかりしている必要がある。
いま業者が嫌がるのは無駄に画像映像の類が倉庫みたいに置かれる事。
容量あたりの参照回数が減って広告を見てもらえない、回線使用時間が伸びてコストがかさむ、
ハードディスクがいつまでも回って消耗が早まる。

用途とコンテンツの性質、これに応じてのサービス提供が要となるだろう。
あんまり道徳だのモラルだのに走ってほしくはないが。だってそれはインターネットの意味がなくなるから。


【日米】

最近の自分の考えに似ているテキストを転載。

日本としてはどこらへんがアメリカの捨て時か考える時期が来ていると も言える
アメリカと最後まで命運を共にすれば、恐らく日本はアメリカの新通貨ドレン(ドル+円)圏構想に飲み込まれ、対米債権は紙くずとなるだろう

今は嘘でもアメリカに執心する以外にない。
しかしいずれはそれをやめなくてはならない。

ただそうすると中朝などが動き出す。米に遠慮していた枷がなくなるから遠慮なく来るだろう。
日本は何に庇護を求めるのか、はてまた独立的に国を守れるのか。


【いまどきの企業家の条件】

これははっきりいって、ヤクザと同等かそれ以上になること、これに尽きるようだ。
(今は下手な極道よりプロ市民なんてギャングのほうが怖い、とか言うのはさておき)
人を蹴落とそうがそれで死人が出ようが、自分のビジネスで多くの人や国が傾こうが、
あくまでビジネスとして有効ならばそれに徹する。

2ちゃんねる発足者、西村博之がその顕著な例だろう。
彼は掲示板の場の提供と称して、いかなる暴力組織やその他が違法行為や殺人すれすれの行動に出ようが
黙認という方向で場の提供を辞めようとはしない。

逮捕されると何度も言われながら、そうなったためしがない。
つまり、国家権力や暴力組織とすら、何らかの密約があるくらいの根回しができる、
そういう人物とその取り巻きであろうということが伺える。

2ちゃんねるバッシング、これを団体や個人でやっているのはほとんどがデコイだ。
あてずっぽうな逮捕予想などをして盛り上がっては、一度も実現されたためしがない。
大体、マスコミ板は右翼の巣窟。それくらいの恩恵を受けていてどうして、右翼が2ちゃんを本気で叩くのか。

ある意味、国の表裏ひっくるめたコネクションマフィアの頭くらいの位置に、奴は居るんじゃないかとすら思わせる。
情報操作の最先端を掌握した人間とは、そうなれる時代なのかもしれない。

私が昨年のようなことになったのも、この2ちゃんねるは無縁ではない。
つまり、無能だの気に食わないなどといっては個人を追い回して社会から蹴落とすような行為まで
内包されたのが「2ちゃんねるシステム」であるとしても、それだけ悪どいものでも、金になれば運営し続ける。
右翼やヤクザや宗教や朝鮮系とつるもうが、国家機関の情報操作に絡もうが、そんなことはお構いなしに。
日本の情報の最先端でも、韓国の企業から接待を受ければ韓国のサーバーに移行してしまう。
至って軽薄。

私はそういう意味では、至って凡人だ。そういう方向への才能がないのは無論だが、
そこまでして金や権力を得ようとは到底思えない。
逆に、あそこまでするのが現代のビジネスの最先端ならば、社会そのものへの興味も失せようというものだ。
そんなマンガみたいに汚染されきった状態の、自分や親族の身がこうも簡単に危険になってしまう世の中に、
興味を持てるほうがおかしい。

ライブドアの堀江社長はあんなに有名になったが、この西村とかなりつるんでいる。
そういう時代になった。

11/9

【BBSは欠陥あり】

上下にひたすら伸びていく掲示板システム、BBS。
これは、情報操作つまり場の武力的掌握にばかり有利なように見えて仕方がない。

まず、特定の投稿に価値をつけられない。
偶然のレス、作為的な大量レスなどによって、あっという間に埋もれてしまう。

特定のレスに価値と位置特定の容易さを付加すること、これはBBSでは無理だろう。
そして、これを実現しなくては真の意味でのネット討論など不可能。
簡単に場が荒らされてしまうからだ。

ブログVSブログのような形態のほうがまだ望ましいだろうか。
これは特定のレスへのレスはコメントとなり、ページ中には表記されず別ページとなるからだ。
ただブログのシステムそのものではくどいので、もっと改良は必要になるだろう。

立体的な要素において、BBSは1次元的であり粗末であるということになるのだろう。
横方向、前後方向、その他の多面的活用と、
それを取りまとめて閲覧検索しやすくなるようなシステム。
そんなところで、討論そのものに有意義で荒らしにくいものが誕生しないだろうか。

まあ、BBSが重用されるのは利益がらみの大規模な情報操作のためだから、
中々廃れることはないだろうけど。ただ、野蛮、粗野、稚拙といった要素があることは間違いない。


サクラ、情報操作要員の常套手段は、相手にデータ提出をいちいち求めて困らせること。
どこで書いてあった、公式なソースはあるのか、今すぐここに書け、など。
そんなことをするのにどれだけの労力が要るか(URL参照や検索など)。しかもその割にはレスはかさんでいくし良いことは少ない。


ただ、個人の細々とした運用にはBBSでいいのだ。
数人のコミュニケーション程度には閲覧も容易で、さほど問題はない。



11/7

【炊飯なべ】

今年の日記で、鍋で米を炊くと実に美味、しかも速いという日記をつけた。
秋ごろからか、炊飯鍋が方々で売られるようになった。
こういうタイミングの一致は、TOTOの魔法瓶浴槽などといい、よくあることになってしまった。


【】

昨年から、自衛隊については派遣も経験積むにはいいだろうとか言ってきた記憶がある。
私が遭遇しているような異常事態が国内に蔓延する以上は、軍備や警察力も適切にしておくべきだとも。

今はどうなんだろうか。比較的演習は増えているようだし、拡大傾向なのだろうか。
でも、まるで私を追い回しているような状況が散発しているのを考えると、
そういう意味では行き過ぎているんじゃないかとは思う。

何で私ごときを追い回すのか。
なぜ弟が先に(心臓衰弱を仕組まれて)殺され、次に私が同様のやり方で殺されかかっているのか。
数年前までの比較的穏やかだった日本はどこへ行った???

周囲の人間たちは時として、このサイトを見ているとか言い出す。
だったら何で声をかけてこない、心配そうなそぶりも見せない?
なんで不安そうな感じがない?国や世界の一大事なのに。
なんで平然と自分たちの生活をエンジョイしている?
何でどんなに寒い深夜でも、私を監視するように玄関先に出てくる?

やっぱり変だ。一般人も均一的に変だ。


胸が苦しい。状況によっては無意識で倒れそうにもなる。
本当にいつ死ぬかわからなくなってきたからこそ、言うべきことはきっちり言っておく。

このままでは、この国や世界を恨んだまま、すべてを祟る存在となるだろう。
そういうのは嫌だから、改善される望みを繋ぐべく文章化するというのでもある。

11/2

【玩具業界】

段々とバンダイ一人勝ちになってきている。
タカラが先日、ベイブレード以降の流行を作れず赤字を出した。

バンダイ商法はキャラ商法、版権商法。売らんかな商法でもある。
ガンダムやウルトラやライダー、セーラームーンやどれみやプリキュア。
とにかく玩具やゲームやグッズを出して売りまくる。

流行を切らさない。その辺のケアが絶妙だ。
売れると思えば何度でも続編を出す。ゲームに多いパターン。
バンダイ発のゲームは出来にあまり評判がよろしくないが、好きな作品やキャラだからと買う人が多い。

タカラはいずれもさほどではない。というか私のような人間には印象が薄い。
低年齢層に特化している傾向があるから無理もないか。

最近はビー玉やベーゴマなどのレトロ玩具をリニューアルして高評だったようだが、
その売上げを維持できなかったようだ。これは好調な頃から言われていたが、
まさにそのドツボにはまったらしい。
トランスフォーマーが人気低迷したとの情報もある。

しかし。
バンダイのやり方に嫌気を感じているユーザーも多いのも確かだ。
利益に貪欲な姿勢にどうしてもうんざり感が出てしまうのだろう。
だから、そういうバンダイだけが好調という現状は、なんだか寂しい。

かつて、クローバーというアニメのロボット玩具を作っていたメーカーが、
ザブングル、ダンバインという人を選ぶ作品によって倒産してしまった。
玩具業界は浮き沈みが激しいことを示すものだが、やはりそんなものなのだろうか。

アイデア商品だけでは安定しないのはわかる。
しかし売らんかなではバンダイだ。
タカラは、どうすれば持ち直し、堅調さを保てるだろうか。

アニメに関すれば、トランスフォーマーの場合、メカデザインやストーリーが単調すぎて毎年続いていた感がある。
毎年同じボス、似たような部下、惑星ロボが出てきて…
メカデザインも近未来的、ゴテゴテとモールドが入ったロボっぽいロボ。
次回作は趣向を変えるらしい。GONZOという3Dプロダクションが制作するようだ。

ぴちぴちピッチで売り出したイーカラ(カセット式カラオケマイク)は、流行が終わってきたのか、
これも番組終了だという。インターネット配信式の新型も出るのに、あまりいいタイミングではないような気もする。

新しさ、古き良き、流行持続、新流行の仕掛け、
この辺を頭脳的戦略的に運ぶ、ということなのだろうが、実際に行うのは並大抵ではない難しさがあることだろう。

ちなみに、タカラの親会社のコナミはバンダイ路線のコピーに近い戦略だ。
グランセイザー、アムドライバーなど、視聴したことがある人ならわかるだろう。
若干、商品開発に隙があるというか劣化的なのだけど、それでもある程度売上げが出ているのだろう。


【牛丼業界】

吉野家が足踏み状態で大幅減収。予想通りだ。
アメリカ農畜産とパイプがあるゆえか、他国の牛肉その他に中々移行できず、
また元々が牛丼専門だったために、松屋などメニュー開発が得意なライバルに水をあけられてしまった。

すき家はとうにオーストラリア牛で牛丼を再開。
たとえ利益にならなくても、客は戻ってくる。むしろ吉野家離れした客も来るだろう。

何事も単一的ならば比較的楽に低コスト経営が出来る。
大量仕入れ売上げならばなおさらだろう。
しかし、その単一の種がなくなればお仕舞い。

これは災害に弱い現代人、現代都市にも当てはまる。
ハイテク、便利に依存して、ローテク、不便な代替手段を持たなかったからだ。
他国はどうか知らないが、日本の都市文明は吉野家経営的なのかもしれない。

吉野家に関しては、外部の一品料理開発のプロを呼ばないとダメだろう。
社内開発にいいものが見受けられない。
他社の模倣も大事だと思うが、あまりそういうのにも積極的ではないようだ。


【ファンタシースター】

(1)
ファンタシースター4、主人公。
ルディ・アシュレ。

その女師匠。
ライラ・ブラングウェン。

「AVENGER」レイラ・アシュレイと名前がよく似ている。
というより、現地語表記すれば同じだろう。
カタカナは、外来同義語を別であるかのように見せる。

(2)
それにしてもフレナはやっぱりマルチだ。
これはデザイナー水無月氏が認めているというから、無理からぬことではあるが。(ネット情報、信用度は不明)
何せ小さい。角が生えている。メカフェチ、どこか抜けているボケ役。
プレイして動画を見るとわかるが、一人だけちょこちょこ早足で歩いている。
大人についていこうとする幼児にしか見えない。

(3)
終盤の試練、一番最後。
幻の親近者と戦わされる。
そして、問い。
「怒りや憎しみの心を、破壊の力に変える、禁断の技を知りたいか?」

答えで流れは大きく変わる。
というより、片方はやられコース。

(4)
コンビネーション。
素早さが低いキャラを先に技を出すようにマクロを組むと、成功しやすいようだ。
素早いキャラと遅いキャラの間に敵の攻撃が入る場合、キャンセルされてしまうらしい。

しかし結局は、レベルを上げて敵より素早くなるのが一番。

(5)
ファンタシースター3。
フィールドの曲。初めは物寂しげで、仲間が増えるごとに伴奏が加わってにぎやかになる。
戦闘中の曲。こちらの状況に応じて3段階に変化する。やばい、なんとか、楽勝、で曲が違うのだ。

2と4は似通って作ってあるが、3はオリジナリティが高い。
グラフィックは完全新作、シックでリアリティ指向。

生まれて初めて自分で買ったメガドラソフト。
感動した当時を思い出した。


11/1

【ファンタシースター】

ファンタシースター4をプレイ、ラスト近くなってきた。

闇の手の者、という表現がある。
ダークファルスや、その他雑魚敵たちのことだ。

こいつらはテレパシーで繋がっており、誰か一人が見聞きしたものが全員に知れ渡るらしい。

まるで、日々私が見ている、人形化されて中途半端なESPを身につけた人々のようだ。
彼らもまた、他の人間が見たことを得意げにほのめかしてくるという行動を取る。
(全くの他人同士、どんなに距離が離れていても)

このパート4作品、意図的にこういう内容に作ってあるんじゃないだろうか。
現実に起きている怪事件や事実を織り交ぜるために。

1000年に一度の魔物との対決というストーリーは、映画「エンドオブデイズ」と同じだ。

10/31

【MOTO GP】

カワサキZX-RRについて。
どうか来年までにはエンジンに、卓越した信頼性と最速の出力かつ扱いやすさを
中野に与えてやってほしいもの。彼ならトップグループ常連も不可能ではないだろうから。

ヤマハYZR-M1も似ている。
エンジン出力、車体両面からもう少しだけ、ロッシに楽をさせてやってほしいもの。
バーシェスがいるから大丈夫だとは思うが。

スズキGSV-Rはちょっと特殊。
出来れば他メーカー所属ののMOTOGPライダーを入れて、GSVの悪い癖を探して改善する方向で。
そういうところの試行錯誤が昔から、裏目に出たり成果に結びつかない傾向がスズキにはある。

ホンダ。
キャラの立ったエースを確立すること。
平均的なライダーだけで開発を進めても、いずれ勝ったり勝たなかったりのマシンになってしまう。

再来年からは900ccになってホンダ不利、その他のメーカー有利になるかもしれない。
その意味でもホンダはうかうかしていられない。
4気筒勢は逆にそれを見越して虎視眈々としていられる。


【日本人も例外ではなく】

少し前まで、日本人が外国へ行ったり外国人と接した際に
狙われる要素があるとすればそれは、金品目的がせいぜいだった。

しかし今日、イラクでテロリストの人質になっていた幸田さんの遺体が発見された報道を見ていると、
日本も無差別テロに巻き込まれる国になったんだと実感した。これはその幕開けだろう。

つまり、今までのように能天気に海外旅行などしようものなら、何らかの犠牲者が出る可能性が高いわけだ。
ただでさえ日本人にはそういう警戒心が薄い、日本人であることに胡坐をかいているところがある。

少なくとも数年前まで、日本は諸外国とは適度なバリアを張って距離を保ち、独自性を保持してきた感があった。
しかし自衛隊海外派遣など、大きく世界統一的風潮に飲まれ始めて今日に至る。
ならばむしろ、欧州や米国その他のように、軍事的理由で起こる紛争、事件にロールイントウされていくのもまた当然、
という突き放した見方も極論ではないだろう。

このまま欧米帝国の極東となるか、中露あたりのアジア圏に寄るか、孤立主義へ傾くか、
そしていずれが無難なのか。なんとも難しい局面に来たと思う。


10/29

【野外での生活】

新潟震災の避難者の人たちは、まさにこれに該当して大変な日々を暮らしている。

エコノミークラス症候群について、多少の効果がある食物がある。
要は、血行不良で血栓になるのがまずい。これを防止するのは酸味、辛味だ。

辛味は刺激物で、人体への作用が厳しいので万人向きではないものの、血行促進で体を温めることが期待できる。
酸味は、梅干や柑橘類、クエン酸などを含む食品の摂取で、体を柔軟に保ったり、血の塊を防ぐ作用、
何よりリラックス効果がある。

寝るときも、なるべく暖かく寝るほどいい。
羽毛シュラフは寝る環境が天と地の差になるほど効果的なのだが、普及していないのが惜しまれる。


【柿】

昨年は画像の通り、たくさん実ったが小さくていじけていた。

前栽をこれでもかと行うと、今年は3つしか実らなかった。
しかし、今年は昨年よりでっぷり太った実になった。
ある意味、狙い通りだ。

10/28

【野菜】

野菜は、大量生産を一括集荷。
売り物にならない形状、傷物はどんどんはねていく。
今年は台風で水につかったり、火山噴火の灰がかかって、そのはね物が増えた。

なんとかもっと、はね物をランク下の売り物に出来ないものか。(実際、被害地域近県のスーパーがそれを実行して好評だったが)
群馬山中の広大なキャベツ生産地を見てきたために、余計にそう思う。

しかし報道を見るに、台風の場合は水に漬かり、腐ってしまって食べ物にもならないケースが多いという。
これは生産業者の保険適用を拡大したり、
消費者のためには緊急輸入などで対応するしかないのだろう。
こればっかりは、物がないのだからいたし方がない。

なまじ人口が膨大で、食物も大量生産だけに、災害の影響は甚大になる。
回避、代替なども容易ではない。

個人の対応能力の拡大も欠かせないだろう。
保存食料常備、家庭菜園や、郊外の農家とパイプを作って分けてもらえるようにしておくなど。
そうすれば、売り物にならないものを分けてもらうことも出来る。

いつまでも文明に用意されるものだけをあてにしていてはいけない。


【イラク】

以前、拉致監禁された3人。
インターネットでは自作自演だと断定して罵倒する論調が、あらゆる場を制圧していた。
典型的な情報操作の流れだった。

ただ、今井氏は在日朝鮮人の家系で、イギリスへ事実上避難したとの事。

だらに、先日イラクで活動するNGO団体の関係者が逮捕された。
インチキ薬をイラクで売りさばいていたからだ。
拉致された3人のうち2人も、こうした活動家の人たちだった。

確かに彼らNGOの人間たちもきれいではない。

だからといって、あの自作自演説をすっかり真実と断定して、日々投稿を重ねる
ネット情報操作工作員も、どうかと思う。(これは確信犯だからどうにもならないが)

10/27

【新潟震災】

寒さでやられる人が多いという報道。
つまり、それだけ暖かさに慣れた生活になってしまっているともいえる。

隙間風吹く家で、せんべい布団で震えながら過ごしていた日本人。(の一部)
こういう人間は、寒さに適応しているからなんてことはない。
しかし、暖かいのが日常なのに急に冷える生活をすると、消耗が激しくショックに近い症状が出るのだろう。
北海道の人々は、風呂に入った後は凍りつく部屋で眠るのが日課だったという話もある。

寒さに慣れておけ。
何でもおいしいものが用意される生活を見直せ。
どこかのガンダムの監督が、大宮に公演に来た時に言っていたっけ。


【ファンタシースター2】

ちょうどダークファルスを攻略したところ。

これがまた時々、悪の波動に染める攻撃をしてく る。これにやられると、

「恐怖に打ちひしがれて動けなくなる」
「人を信じられなくなって疑い深くなる」
「自分勝手になって逃げ出そうとする」

などの異常を引き起こす。
まるで、今現在私が遭遇している、不可視の強大な加害者集団の 姿そっくりではないか。
(そいつらの詳細は、体験記ページでじっくり解説)

やっぱりこのゲーム、予言的要素が強すぎる。

私の家は体験記にもあるとおり、近辺に常駐工作員が生活している。
24時間、上の言葉で言うなら「悪の波動」をこの家に照射し続けており、これは機械的なものでまかなっていると思われる。

これに影響される時間が長ければ長いほど、
相手がその強さを強めれば強めるほど、

「疑い深くなり、手当たり次第に当り散らしたくなるような精神の変調」
「心臓や血管系の緊縮などによる体調不良」
「特定の臓器や筋肉を自在に動かされてしまう」

身も心も操られ、遠隔で攻撃されてしまう世界。
ファンタシースターの描く世界となんら変わりがない。



今回は主人公以外すべて女性(ユーシス、アンヌ隊員、アーミア、風のシルカ)で進めている。
発売当時は無難な構成(ユールドアミアン構成)だったので、いかなもんかと思い実践してみた。

結構辛い。
大概のRPGと同様、HPが多い男性キャラが二人、という構成が楽だ。
ダンジョン攻略と、レベル上げは分けないと進まないくらいに辛い。

アーミアはエドガーの中途半端版だし
シルカはカインズかヒューイのようなスペシャリストと違ってやはり中途半端。
アンヌは回復担当の医者だから、元から弱い。

とりえが薄いという意味でも辛いのだ。


10/26


【新潟震災の現場リポをみて】

(1)
とりあえず、車中泊について。
皆さん、やはり車の寒さに閉口しているようだ。
毛布は重ねても寒いという。当然か。

野外泊や車泊用に、普段から備えておくといいものがある。
「マミーシュラフ」のウインター用、羽毛タイプ。
キャンプで使われるシュラフの、丸まっている形状の奴だ。(布団タイプもあるが、かさばる)
畳むと筒状でコンパクト、軽い。

羽毛のタイプだと、真冬に使わない限り暑いくらいだ。
とりあえず使用者の証言としては、最近の寒さの中でも多少暑い。
毛布をいくら用意するより、はるかに効果的だ。まさにマミー(エジプトミイラ)のように密閉できるからなおさらである。
真冬の冬山でも使うのだから、当然といえば当然。

(2)
見ていると、最近の人はやはりというか、文明に慣れすぎているんだなあと思う。
避難後も車の中で過ごせる。私みたいにテント張って寝る必要がない。

食事も、自前で何かを用意する前提がない。配給が頼り。
電気ガス水道がないとお手上げ。

これはこれで典型的な一般人ということなのだろう。
しかし一昔前なら、練炭ストーブとか七輪、薪ストーブで食事くらいは作っていただろう。
水も井戸水だったから何とかなっていただろう。

何もかも誰かが用意してくれる社会。
全てを人間が用意する社会。
機能しなくなったら、終わりだ。

有事に備えて、ダウングレードの生活手段を手元に用意しておき、
その手段を年一回利用するなどして慣れておくべきではないか。
サーバーアンドクライアントだけでなく、状況に応じてスタンドアロンにということだ。

井戸水や雨つゆをろ過して飲料水にするフィルターとか、
練炭や薪のコンロとか、
多少の保存食料、地元で栽培した野菜や家畜など。

手元に常に、こうしたものを常備することも重要だ。

(3)
車に慣れすぎている、とも思う。
バイク、それもオフロードバイクがあれば、多少完熟していれば悪路も走行できる。
私もこれを所有していたら、迷わず現地へ飛んだだろう。
オンオフともに多少の心得がある。

車は戦車でもない限り、路面がうねったら走れなくなる。
なんらかの手段でバイクを常備をしておけないものか。



何にせよ、2004年の現代生活も、有事があれば廃墟の中の原始生活になる。
それを明日のこととして心構えをするべきだという、いい教訓になってくれると幸いだ。

世界中で大小の異変が続いていることは、誰もが感じているはずだ。
私は国内に限定すれば、これは侵略行為を含んでいると感じている。
そういう、いつ有事が起きるかわからない状況だからこそ、危機感と備えは欠かしたくないものだ。


10/23

【バイオロジカル(生物的)Winny】

ここ2年ほどの異常な体験から、表題のようなテクノロジーの存在を仮定している。
どこかに世界の運命を動かすサーバー、生物の中でも人間を統括するサーバー、
そういったものがあるのではないか。
Winnyのように、人間の知識などが共有されてしまっているのではないか、と。

私が何か、くだらないひらめきをしたとする。
数日後に、そのアイデアと同じ概念の新製品、TVアニメやマンガ、偉い先生のコメントなどが飛び出してくる。
あるいはそれは、何年も前の作品だったりする。
世界を動かすサーバーは、時間の一定方向を超越した4次元以上の存在なのかという仮定。

それは置いておいて。

私はどうも、ゼロから何かのアイデアを生み出すのが得意なようだ。
アイデア倒れで金や名誉には出来ない。

しかしそれが、脳内情報流出という形で世間のプロジェクトにかかると、
すばらしい製品や作品に仕上がってくる。
つくづく、提供された素材を料理する人の腕前次第で、素材とはいかようにも変貌するものだと思う。

しかし。
そういう人々はえてして、ゼロからアイデアを生むことには柔軟でない場合が多い。
踏襲とか、派生に偏りがち。

脳内情報の共有、データとしての資産管理と計画的再分配は、このような限界を解決するものでもある。
しかしどうも、ゴロツキの脅迫や嫌がらせ手段に使われている事例も多々見受けられるのが、
非常に残念でならない。

どこの世界にも、どんな道具を使う人間にも、仕様もない使い方をする人、悪用する人はいる。
カッターで傑作を生み出す人、物を壊したり人を殺してしまう人。


【佐川とハナマサ】

佐川が、注文していたDVDの入った段ボール箱を配達してきた。
いくらこちらが大きなメールボックス(衣装ケースIt’s)を用意してあるからと言っても、留守中にそこへしまっていくあたりが佐川らしい。
ヤマトなら持ち帰りだろうに。メール便じゃないんだぞー…

合言葉は 佐川と運送
佐川運送 佐川運送はサ・ガ・ワ
乱暴に投げるな 気安く足で扱うな

…ある番組の歌から連想してしまった。


ハナマサ。
都内でわざわざ閑散とした駅間地区に出店を繰り返し、
全然客が入ってなくてもとりあえず店は潰れないという特殊さ。

精肉卸、業販店経営、焼肉バイキング店経営がメイン。
業販というのはつまり、大きなサイズ(業務用)でしか商品を売らないと言うことだ。
これを問屋ではなくスーパー形式にすることで、中小零細飲食店の在庫調整に役立っているというわけだ。
実際、店舗によっては深夜の駆け込み客で賑わうらしい。

池袋のカルネステーションは、私も何度かお世話になった。
駅から遠かったが、知人の希望がそこだったし、安かった。

しかし、である。
茨城県結城市に出店したケースはいかがなものかと思った。

国道50号バイパスが開通し、旧道はすっかり移転と閉店のラッシュ。
全くといっていいほど小売がいなくなってしまった。
その、まさに閉店した店舗にすぐさま出店してきたのだ。

田舎はバイパスに人が集まったら、中々旧道までは来ない。
しかも、業販スーパーだから家族連れは来ない。
焼肉バイキングが併設されているが、これも現状は閑散としているようだ。

都内は、中小飲食店が多いから需要があるかもしれない。
しかし、国道がスイッチして閑散としてしまったために商業が振るわなくなった場所へ、
わざわざ出店するのはもしや、単に閑散とした場所の出店が癖になっているだけではないかと感じてしまう。
人口5万の街に、中小飲食店はそれほどは存在しない。

西には、すぐにJR東北線小山駅の小山市があり、国道50号沿いから少し入った場所にはすでにハナマサがある。
つまり、小山からの集客はさほど見込めない。東寄りの、駅方向には遠い人は来るかもしれないが。
他の方角の田舎から、果たしてどれだけ業販目当ての客が来るのか。
大家族には量が多いほど安いので便利かもしれないが。

10/22

【台風被害に関して】

楽天市場出店舗から、以下のようなメールが来た。

読後に思ったのは、
まず、楽天はこう言われたからには何かアクションすべきだなあと。

食品流通も、災害の期間だけはこの地域に集中して振り向けてやるとか、(たとえ在庫が不足したり欠品になっても 賞味期限切れでも大丈夫なものを無料で 持っていったっていい)
トラックで運べないなら、阪神淡路震災の時のようにバイク便を募るとか(というかバイクと経費があれば私がやりたいくらい)
自衛隊なんかも動くだろうが、公的機関だけでは限度があるだろう。

豊かであるのに、災害が起きて臨時に地域経済格差が出来ても知らぬふりというお粗末さでは
一部の飢餓国と先進国の対比となんら変わらない。
むしろ、同族にすら目をむけてやれないのかという話にもなる。

車に慣れたからといって、災害時の流通にバイクや自転車も活用できないのでは、
世界一のバイクや自転車を作っている国である意味がない。


というかね、もっと本音を言うと。
普段裏金がっぽり溜め込んで、ゴロツキ雇って暗に人を殺したり虐待しまくってる組織のやつら。
そんな下らないことに金をかけるなら、こういうときこそ正体不明のネズミ小僧でもやれよ、と。

創価学会はじめ新興宗教、お前ら人を救うとか何とかほざいてるんだろうに。
まずは豊富な経済的人的資産を、そういうことに生かせと。
偽善でも何でもいい。そういうことで感謝されて信者が増えるんなら、それは誠の徳というものだ。

私だって財産が普通にあれば、出先で変なことが起こらなければ、被災地へ向かったかもしれない。
そういう人間の行動や人生を封じているんだぞ、お前たちは。


###############################
今回の台風23号の通過から、実店舗が浸水する被害が発生しております。

兵庫県豊岡市、京都府舞鶴市、宮津市、福知山市などでは、河川が
氾濫し一部の店舗で浸水状態となり、現在復旧作業を行っております。

また食料品売場のある店舗では、できる限りの生鮮食品を販売して
おりますが、国道、県道、府道などにて通行不可の場所が多く
弊社商品供給のためのトラック輸送が停滞し、満足のいく状態で
納品できていないことから、加工食品(パン・おにぎり・惣菜な ど)や
飲料(缶ジュース・ペットボトル)が欠品状態となっております。

また、店舗従業員におきましても 被災者、道路事情の問題から
出勤できない従業員もあり、通常店舗運営を下回る人員体制で
営業している状況でございます。

お買物の際、大変ご不便をおかけしておりますこと どうかご了承くださいませ。

=======================================================
 被災者のみなさんを 助けてあげてください!
=======================================================

マスコミ報道などで、今年の台風による被害がいかに大きいかが伺えます。

全国各地の避難場所で不安な夜を過ごされている被災者がたくさん
おられます。被災地では、停電・断水・浸水・道路封鎖などから
普段のような生活ができない状況となっています。

特に、主要幹線道路で土砂災害が発生していると、必要物資や
食料を運ぶこともままならず、深刻な食糧不足となっております。

いくら技術が進歩しても、天災に立ちむかうことができるのはやっぱり人間なんだと痛感しました。


今日の出来事です。

兵庫県豊岡市では、20日避難勧告が発令され、近くの避難場所に多くの住民が集まりました。
しかし、集まったのはいいもの食料が全くなく、子供達や年配者の疲労がピークになりそうでした。

そんななか、京阪神からやってきてくれた見ず知らずの方々が
約100個の菓子パンを持ち込んでくれたのです。
空腹だった子供達は 笑顔いっぱいで 1個のパンを頬張っています。
それを見ている大人たちも 元気がよみがえりました。

阪神大震災の時、豊岡市のボランティアグループが 被災地に食料を
持ち寄ってくれたから、そのお返しがしたかったとおしゃっていました。
各方面で国道・県道が寸断されているにもかかわらず・・・

「 車の輸送ができなくたって 歩いていけるはず! 」

その言葉は 被災者に元気をプレゼントしたように見えたんです。


このとき・・・

私達の仕事である インターネットでの商品販売は・・・

普段は非常に便利と思うのですが
災害時には 本当に力になれないことを 思い知らされました。

「 インターネット販売とは 平和な生活環境の上に成り立っている。 」

いくら被災地から注文がきても、道路が寸断されていると 運送会社は
目的地まで運んでくれません。 運賃を支払ってもですよ!

なのにボランティアのみなさんは 自分の足で歩いて運んでくれたんです。
それも自己負担で!

正直 悔しかったです。


IT関連企業が プロ野球に参入する。 地域密着型球団を目指したい。
本当にうれしい話題なのですが、本当の意味で地域貢献することと は
どういうことなのか・・・ 考えなければいけないと思いました。

こうして復旧活動をしているなかでも、いろいろな企業から 商品販売の
メールマガジンが送信されてきます。

堤防決壊からご自宅が流され、自動車も浸水して配車状態、ましてや
パソコンも水につかり、停電などからインターネット接続もできない
被災者の方々のメールボックスには 今でも電子メールが到着していることと思います。

商品を買いたくても買えないこと 買う手段がないのです。

このメールマガジンを見ることができる方々へ お願いがあります。

あなたのお住まいの地域が 台風で被害を受けているのであれば・・・
あなたのご家族・親族・友人・知人が被災されているのであれば・・・
あなたが非常に困っていたとき 誰かがあなたのことを助けてくれて
非常にうれしかった経験の持ち主の方へ・・・

あなたのできる範囲で結構ですので 被災されている方々を何らかの方法で助けてあげてください。

それは、直接的行為でも間接的行為もいいです。
困っている人達を助けてあげる やさしさを プレゼントしてください。

楽天市場のメールマガジンとは 商品を販売するためだけのものではないと思います。
ご覧いただいているお客様に対して メッセージを贈ることも大切なサービスのひとつだと思います。

お願いします。
被災者のみなさんを 助けてあげてください。



【ただの日記 でもファンタシースター】

ファンタシースターのシリーズは発売当時、都合上パート2から始めた。
セガマークVを所有している人など、知っている限り一人しかいなかったくらいの時代、
無理もなかった。(彼は典型的な信者で、いかにファミコンがチャチでセガがすごいか生き生きと話していた)

そんなこんなで2,3,4、とプレイ。
4は発売日に買った。おかげで駆け足でクリアしてしまい、印象がほとんど残らなかった。
ただでさえ、サクサク進めすぎて物足りないなんていわれていた本作、
2があまりにスローペースでちっとも進まないと批判され、その反動が過ぎてしまったらしい。

4は、最近になって1からプレイして後にリプレイしてみると、実に1,2,3の懐かし要素をちりばめ
かつゲームバランスを重視している、秀逸な出来だと思う。
当時はフレエリだのマジックだの言われてもわからなかった。1の曲やモンスターが使われていたことも同様。

しかも、かなりアニメ挿入やドラマティックな台詞回しに気を配っている。
現時点でも、かなりトータルバランスは良いと言って良いのではないだろうか。

かのToheartの一番人気メイドロボの、ネタ元のひとつであろうキャラが登場したり、(アンドロイド・フレナ ちなみにああっ女神さまっのスクルドの パクリっぽい)
ゼータガンダムのライラに性格がそっくりな姉御が出てきて、同じように早死にしてしまったり、
自分たちが乗っているシャトルが墜落しているのを面白がってはしゃぐエルフ娘に、(ネイサード・ファル)
とにかく、アニメゲームへの造詣が深い人間が遺憾なくその才能を発揮して作ったような、そういう出来。

ドラクエ4の合体モンスターシステムをパクっているが、
その後に発売されたドラクエ5が、今度はファンタシースター3の結婚システムをパクっている。
ほほえましいパクリ合戦だ。
ドラクエの番外編的なトルネコの大冒険も、セガのドラゴンクリスタルを真似たものだし。

現在は、3のストーリーと絡めたネットゲーム、ファンタシースターオンラインが稼動している。
数年前にドリームキャストで出て以来、今でも様々なハードに移植されながら続いているらしい。
さすがにやってる余裕はかけらもないが、今時のセガがどんな作品に仕上げているのか、興味深い。


【ファンタ2,4リプレイの続き】

メガドライブを動作させるたびに、なぜゲームギアアドバンスSPは出ないんだと惜しくなる。
微妙に売れないのはわかるんだけどね。

主人公ユーシスは政府筋のエージェントだったのに、環境破壊を起こす原因となるシステムを止めたことで
お尋ね者にされて追われる様になってしまった。
なんだか同情を禁じえない。同族意識とも言うだろうか。

しかしいつ見ても、シルカとアンヌは姉妹にしか見えない。何せただの色違い。
シルカは財閥の令嬢という設定で、アンヌは新米の医者。
きっと、ふたりは血の繋がった姉妹だということを知らされておらず、今日まで生きてきたに違いない。
無論、風来坊で気の強そうな姉さんがシルカだ。

そして驚愕の、ギャラクシーエンジェルとの接点。
まず、ドイツ語発音の表記であること。(ポリツァイなど)
次に、ファンタ2のお医者さんはウォルコット・ヒューイ中佐にそっくり。
で、ヒューイというキャラが登場する。



10/21

【自然は大いなるもの。しかし人間は…】

私は、自然現象や運命まで操って味方とし、無差別殺傷行為、虐待行為を展開する犯罪集団が
日本全土、あるいは世界各地で密かに暗躍しているのを、日々身をもって経験している。

今回はそういうことは、ひとまず置いておいて。

最近の人間は、自然などとうに文明が凌駕し、完全管理の範疇にあると鷹をくくっている節がある。
それは、市街という人工物に囲まれた広大な土地に暮らしているから、視界には人工物しか映らず、
余計に思い上がりが妄想的に増大して行ったのかもしれない。

ここ最近の台風22,23号の与えた影響、全国の様子を見ていて余計に、そんな気がした。
自然を畏れず、文明都市機能を信じすぎている故に、洪水や高波に巻き込まれたりした。
そういう側面は否めないだろう。
台風が通過するまでは安全な建造物でじっとしている限り、そういうことにはならないのだから。

いくら、ここの所穏やかだった自然を文明が部分的に凌駕したからって、ちょっと本気を出せばこんなもんなんだよ。
そう、自然とそれを統べる存在に皮肉交じりに窘められているような。

漂流、座礁した海王丸の船長は謝罪の言葉を出していたが、ある意味それは「二の次」の要素だ。
欧米だったらbutをつけて、いい経験になったとも述べるのではないか。
実際、実習生はいい経験を積んだ。船底に穴が開いて発電機停止、漂流座礁など、今までなかったことだろう。



だからこそ、無差別殺傷、虐待を組織的に行う人間たちがやっていることが信じられないし、整合性がないと感じる。
選民思想に基づく選別、ふるい落とし。特定の集団の思想信条を、全世界に押し付けて強制しようとする傲慢、無茶さ。
自然がやっていることにはさしたる違和感がないが、こうした人間たちの行動や発想には、違和感しか感じないといっても良い。

ともすると、「因果応報」などという。
弟が突然死し、相次いで家族が重病や伝染病になったのも、
組織的ストーカー集団に追い回され、隣近所にまで念力的攻撃を受けるのも、
私が悪いといった論調である。(これは同様の被害者の体験談の多くに共通した事例がある)

因果応報ならば、なぜ加害者側は家族が死んだり病気に倒れたりしないのか。
相手を一人殺したら、いかなる理由があろうとも自分かその近しい人間が死ぬ。
そうした復讐法的な適用が、運命によってもたらされる概念こそが「因果応報」なのに。

欺瞞の塊。
新興宗教や、それに便乗する悪党どもの、言い逃れのための口実的な位置づけ。
そういう風にしか分析できない。

運命が人間の手で操られているような兆候。
超能力が軍事利用されて、一般人がラジコンのように操られている兆候。
一般人も部分的に超能力を開花させられて、念力攻撃などに利用されている兆候。(実際、一部の人間は優越感たっぷりに予知や遠隔透視、念力攻撃を誇示す る)
この技術の応用か、記憶や思考を本人の気づかぬまま都合の良いように書き換えている兆候。

色々と信じられないような現象や事件を見てきた。
人間とは、なぜこうまで「不自然」なのか。

人間を作ったのは何者なのか。
今、人間をこのように暴走させているのは同一人物か否か。
何をさせるために、人間は生み出されたのか。(開発目的)

わかるようで、わからない。
それは、幼少から吹き込まれた事前知識が、邪魔をしているのか。
神とは悪魔とは何か。
そんな根源的なことからも、疑ってかからねばならない状況。


【カワサキ、ヤマハに続いてスズキが】

ここで3月はじめに日記にリンクした自作イラストどおりに、カワサキのレースマシンZXRRが登場して驚いた。
4月のことだった。(車体下部収納型排気管)

昨年から、私の指摘どおりにヤマハのレースマシンYZR-M1がエンジンを中心に改良を重ねて、
実際に驚異的な成果を残し、今年はチャンピョンシップを制して終わった。
最強のライダーとメカニックのコンビが移籍したとはいえ、昨年の中堅止まりマシンが、である。

夏になり今度はスズキが、上記とは別のイラストのアイデアを盛り込んだ。
市販車GSXR1000の05年モデル、カウル一体型リアウインカーがそれだ。
あまりの個性的なデザインとスパルタンなスペックに、つい所有欲が出たくらい良かった。
これまではずっとヤマハYZF-R1贔屓だったのに。

とか言っていたら、上記のカワサキレースマシンのアイデアをヤマハもテストした。
カワサキは一本出しだったが、ヤマハはイラストと同じに2本出しにしていた。
たぶんこれは、来年に実用化してくるかもしれない。


そしてこれ。バーディ50の完全新 型。

常々、ビジネスバイクもそろそろ新技術を盛り込み、老人世代だけでなく若手にも配慮すべきだと主張してきた。
具体的には、テレスコピックフォーク(沈むフロントフォーク)、
場合によりキャストホイール、チューブレスタイヤ(これはスズキは90ccで導入済み)
ディスクブレーキなど、他のバイクには当たり前となっている技術だ。

後の3つは、経済性を実現するのが難しいのだろう、導入されていない。
でも、かなりブランニュー、まったくの新発想で設計変更された点が目白押し。
整備する、乗る、いずれの点においてもワクワクする出来。

小さなタイヤは、きびきびと走るのに適している。
全体の部品の集中化で、一個の塊と同じようになって安定感や、運転しやすさが実現される。
乗り降りしやすいように各所を低くする工夫も良い。
どうやら、郵政仕様をベースにしているのか。

この仕様なら、販売後にリサーチしながら細かな改良を重ねれば、かなりの高評価でシェアを伸ばせると思う。
理にかなった合理的設計にしつつ、1万円も安くなっているのも頼もしい。

余談ながら、カブレースやったら耐久でもスプリントでも勝つんじゃないだろうか。
そういうポテンシャルも期待できるような気がする。
もともとバーディのエンジンは高回転型、そこへ軽量の車体と来れば。
(とはいっても低回転重視にエンジン仕様変えちゃったんだね)

10/20

【ファンタシースターシリーズは予言??】

これはアルゴル太陽系のお話。

ファンタシースターは、実は王族の末裔だった少女アリサが、悪魔に取り付かれた大統領を倒すお話。
冒頭では裏事情をかぎまわっていた兄ネロが、リンチを受けて死んでしまう。
秘密主義の横行に、街の人から「逆らわないほうがいい」などと諭される始末。
この頃は、そこそこの科学文明、近未来程度。

 #なんだか最近、似た様な雰囲気になってきた。

ファンタシースターUはその1000年後、アリサの子孫ユーシスが、
科学文明で栄えながらも異常現象が多発し始めた世界を調査し、ついには
地球というところからやってきた異星人が、地球を滅亡させた文明をアルゴルにもたらして
人々が堕落したところを星ごと乗っ取ろうとしていた事実を突き止める。

 #体験記のほう、03年9月の37あたりが肝。

ファンタシースターVは、3世代をかけて、自分たちが住んでいるのが実は星ではなく宇宙船で、
アリサの母星パルマがファンタシースターUのときに爆発した際に脱出をはかった際の末裔だと知る。

 #これすら事実ということになるともはや、メガゾーン23だね。

ファンタシースター第4部は、Uの時代から1000年後。
崩壊した文明、斜陽の時代。人々は砂漠化した星でかろうじて生きていた。
しかしこれすら、科学文明が残した「環境維持システム」が、なんとか住めるようにしていただけだった。
維持しきれなくなった星、異常現象多発、その真相は…(プレイ中なので書かない というか発売当時クリアしたのに覚えてない)

狂信的邪教が流行している。
地震が多発している。
まるで、私の最近の体験を反映したかのようだ。

 #環境維持システムの一部は「シード(SEED)」
 #ガンダムシード、アルジュナに出てくる組織シード、このところSEEDは幅を利かせて登場する。

 #体験記でもこのところ、私たちの世界も何らかのシステムで運営されているような感じがしている事を
 #よく書くようになっている。
 #先史文明が遺した環境維持、運命調律などの神的システム。
 #どうもこれが乗っ取られたか暴走を始めたか、それで急激に世界全体が悪くなっているのではないか、と。

【PSプレイ日記】

下のほうにパート1のは書いた。
古さなりのやりにくさ、でもあっけなくクリアできる手軽さ。

パート2はやってみても、発売当時のプレイ記憶が鮮明なので、
やらなくても最後までストーリーはわかる。
ただ、インターフェースはパート1とは比較にならない優秀さ。

パート4も同時プレイ中だが、これはパート2から5年もたっているので、かなり凝ったインターフェース。
発売当時はパート1のネタがわからなかったが、パート1のモンスターやマジック、音楽がてんこ盛り。

思うに、ゲームはこの辺で十分だと思う。
3Dポリゴンは結構進化して主流だけど、昔のゲーマーはそっぽ向いて、今の子供はあまり熱中しない。
そもそもかつてマニアックだったゲームというものが一般化しすぎている。
凝りとかニンマリするギャグ、仕掛けなどが少ないように思う。
結果、惰性的に人気が下がり始め、低迷しているのが現状だろう。

たとえばパート4だと、ライラという和田アキコみたいな姉御キャラがいる。
長老が彼女に気づかずにスリーサイズを話そうとして、助走付きストレートパンチで吹っ飛ばされる。
ライラの頭からは湯気が出るし、目は三角に膨張する。
こういう演出を、せいぜい身長縦30ドットのキャラで表現して、むしろコミカルな笑いが催されている。

ドラクエやファイナルファンタジーだって、ファミコン、スーパーファミコンと、セリフと些細なジャンプなどの動きで
十分にギャグやコミカルさを演出していた。
ファミコンで4方向しかなかったキャラが、頭をかいたりチッチッとやる姿にはニンマリさせられたものだ。

最新版のドラクエ8はそれを、8頭身のポリゴンキャラがTVアニメや人形劇みたいに全部こなしてしまう。
これはもはや、コンピューターゲーム性は薄い。
先に言ったように、TVアニメや人形劇と変わらないからだ。
少ないドットで展開される、独特の2Dアニメ表現、もしくはアニメすらなくて言葉だけの笑い。
これが独自の魅力あるジャンルであることを、ゲーム業界はとうに忘れてしまっているようだ。

一説には2Dだと、人的コストが必要だという。確かにポリゴンキャラは一体作ればそれが最初から最後まで同じ。
しかし2Dはアニメだから時として書き換えが必要になり、これは新規作画になる。
不況下ではなかなかコストはかけられないので、無難な出来のゲームばかりになるのも仕方ないのはわかる。

ドラクエやFFは、ゲームボーイアドバンスなどで昔ながらの2Dを残してほしい。
そのほうが想像力をかきたてられて面白い。
そして、せいぜいドラクエ3くらいの少ないボリュームで、年に1、2回リリースしてほしい。
レトロゲームを踏襲したビジネススタイルというのも、少し見直してほしい。
ただ昔のゲームを再販するだけでは、能がないし目新しいゲームは出てこないだろう。
ファッションだって一定のサイクルがあるというのに。

いまのポリゴンゲームは面倒くさい。
店頭でちょっとやってみようとは思うが、ハードをそろえてソフトを買ってやりこもうとは思わない。
ドラクエもFFもプレステになってからそのデモムービーで見限った。
作業量が多すぎる。そして想像力が入り込めない。


【上の続き】

この頃、常に思っていることがある。
それは、拡大と進化を求めるだけではいずれ、行き詰ってしまうということと、
それらを達成していっても、維持管理する人間は幸せにはならない、場合によってはむしろ苦しくなるだけ、ということ。

10年前より文明は進化した。しかし人々の暮らしはむしろ苦しくなったり、殺伐としてはいないか。
飯は食える。その辺の供給はいざ知らず、世の中の雰囲気、また平均性(大多数の人間が人生をかけられる職に就けているか)など
むしろ差別化や転落リスクの増加ばかりが目立ち、その結果の外注化派遣化だろう。
そこにあるのはリスクばかりが横行するが故の、責任逃れのシステムの発達。

つまり、旧態社会システムが無理になってきているのに、無理やりそれを存続しようとしている。
拡大、進化ばかり求め、当然増大してくるリスクは弱い人間がどんどん背負うように仕向けられる。

小さい政府という概念がある。
予算や世情などに応じて、コストのかからない政府にする場合のことだ。(日本では未実施だが)
かつて日本は欧米からいろいろなことを学び、柔軟に取り入れて発展した。
今は世界中が縮小、アイドリング傾向である。
日本はやはり欧米からそれらのノウハウを学ばなくては、硬直化で無理が祟るばかりではないのか。
イギリス、イタリア、スペイン、などなど。斜陽を経験してきた国々の歴史を学ぶべき時期ではないか。

政治的に難しい位置にいるのはわかる。
日本が縮めば、中韓ほかがちょっかいを出すだろう。
どこが何をしてくるか、何に巻き込まれるか、様々な面倒が予想される。
じゃあ、このままで行くしかないのだろうか。どことなく殺伐とした雰囲気を抱え、滅びるまでラッシュをかけていくしか。
それもあまりに惨めな話だ。

おまけに、日々体験記に書いているように、国民を常時監視、完全管理しようという動き。
マークされれば自由な発想、発言は封じられる。
体に憑依され、常に監視され、脳の活動まで制御されるからだ。
なぜこの時期に、そこまでやなねばならないのか。
外国からの強制か、自国の暴走か、これも空しい現実である。


10/19

【それだけかよ】

ファンタシースターU。
言わずと知れた、SEGAメガドライブの傑作RPG。

どうしても納得いかないのがこのシーン。
さらわれた娘を、それと気づかずに斬ってしまった父親が、
ショックのあまり爆弾で後追い自殺した直後。

だというのにこの一文の後、何事も無かったかのように移動できる。
あんまりなのでトラウマになったのか、15年も前からここだけは記憶していた。

10/16


【日記】

香腸(シャンチャン)。中国でも台湾の腸詰の一種。

すり身にした欧州ソーセージと違い、肉片と脂片を詰めてある、大変ワイルドな食感。
味付けのメインは甘味、ついで五香と呼ばれるスパイス。
たいていの人はこれを食べて、大好物になるか食べられないかのどちらかだ。
スパイスが独特なのと、脂身が多くてコテコテだからだ。
何せ、丸ごとゆでたりなどしてかじろうものなら、脂が噴き出して飛び散るくらいだから。

で、人生最後と思って楽天市場の通販で仕入れた。
数々の香腸を食したが、これは中々の上品、おすすめの品。
台南市場という日高ラーメン系の飲食店と違って現地製造だし、美味。


10/15

【かんづめ】

魚好きの貧乏人に、コスト面で欠かせないのが缶詰。
特に、鯖に関しては鶏胸肉と同等かそれ以下の低コストだ。

マルゼンのチーかま並に、少なくとも関東でメジャーなのが、ちょうした。
実際、マルハやニッスイ、はごろもなどといった大手に比べて、
ちゃんと魚の風味がする製品作りであることが多い。

鯖の味噌煮に限定すると、これは顕著だ。
味噌と鯖の味がする。

こんなちょうした(田原缶詰)にも、商品の差別化が存在した。
まあ、仕入れ(水揚げ、千葉銚子港なので)はどうしてもランクが分かれるから有効利用ということなのだろうか。

ひとつは普及品。
缶切りが必要で、一昔前のパッケージデザイン、100円セールに並ぶのがこちら。
身は若干ぱさ付いていて、おそらく外国から運んできて解凍した物だろう。
味噌は若干、油が多い。
とはいえ、他社の同価格品やそれより高い製品よりも素朴で美味だと思う。

もうひとつは缶切り不要の、パッケージデザインもおしゃれなタイプ。
量が若干少ないが、銚子港水揚げのものを使っているらしく、身も脂もぷりぷり活きがいい。
みそはみそらしいごってりしたものだし、しょうがもしょうがの存在感がある。
市販価格も、10円程度高い。


10/13

【関西人の鼻つまみ】

納豆。
特に老人に食わず嫌いが多いと聞く。

普及品は、これに拍車をかけるような製品であることが多い。
スチロールパックにビニールをかぶせるため、アンモニアが逃げなくて臭くなる。

小粒だと、大豆の量に対して納豆菌の皮膜が多いから、余計に臭い部分が多くなる。
又聞きながら、現在は液状に菌が噴霧されているというから、余計だろう。
(ワラに密着させて菌を繁殖させるのが元々の手法)

最近、それに対するパッケージを良く見かける。
三角形状の包装だ。
納豆は紙に近いものでくるまれており、さらにビニールにしまいこまれている。
これだと臭気はきちんと逃げる。

さらに、大粒のものが多い。
大粒だとゆでた大豆の味わいが主になり、臭気はさほどではなくなる。

食わず嫌いのうち、粘っこいものは大丈夫という人には、ぜひ「大粒、三角ビニール包装」の製品を試してほしいもの。
買ったら冷蔵庫に入れずにさっさと食べれば、硬くなることもない。
一晩くらいなら、室温でも問題ない。

10/12


【パクリ】

これは人間や生物の基本ではないだろうか。

全く未経験の事象を、振って沸いたように思いつくことは、まれ。
見聞したことをテーマにしたり、その見聞内容が他の作品だったりする。
いずれも概念としてはパクリというものに類似している。

要するにパクル、真似するという事が問題ではなくて、それが「安易安直であるか」が問題なのだろうか。
オリジナルを吸収した後のアレンジ、活かすという事が、大衆のレベルで迎合、高評価されるかどうか。
ここに要点が集約される気がする。

文化は進歩蓄積すればするほど、完全なオリジナルは難しくなる。
高度になればなるほど、飽和し閉塞してくるからだ。
ゼロに等しい全くのオリジナルジャンルが派生しない限り、これは仕方がないことだ。

慣例(時に過去の資産、利権)を続けるのか、
何かを生み出そうとするのか。
同じ2択であっても、その各々の難易度は時代やジャンルによって大きく異なる。

昭和50年前後世代の私から言えば、恵まれてうらやましいと思うのは親やそれ以前の世代だ。
逆に、自分たちより下の世代に羨む事はあまりないのではないだろうか。
彼らは何もないところから色々な製品を生み出す、という世代的チャンスをモノにしてきた。
本田や松下になれる人間は、現代にはその当時とは比べ物にならないほど少ない。

工業立国による資本主義は、もう日本であっても斜陽。
発展途上とはいえ、その成長期から絶頂期を先代が享受してきた。
私の世代は就職の頃にはバブルが崩壊していた。敗戦の国に暮らすような閉塞感が、
年毎に強くなっていった。

この発想はきっと、もう数十年先の世代はもっと強く感じられるのではないか。
ウランや産業廃棄物の維持を任されて、傾いて質素になってしまった国で生きていく子孫たちには。

もっとも、その頃には物質的豊かさ以外の幸せが見直され、普及している時代かもしれない。
人口が減れば過競争はゆるくなり、工業が廃れていけば多少原始的というか、ある意味のどかさも戻るだろう。
ただしその分、個人がしっかりサバイブすることが求められる時代である可能性もある。

カルビーポテトチップスしか知らないより、
自分で包丁を振るい、薄切りポテトを低温の油にくぐらせてみることを知るほうが、応用性において豊かである。
ここから、市販品を自分で似せて作ってみようという意欲が生まれる。

しかし、製品を買わせる事が大事な現代では、これはむしろありがたくない。
メジャーな風潮にになられては困るとさえ思うだろうか。(誰がとはあえて言わないが)
実際、こういうことに意欲的な人はあまりいない。そういう教育と風潮であるからだ。
流されるように育てられた現代人は、教育の通りに大半が育ってしまう。

ここに、物質文明の「貧困さ」を感じるのだ。発想の貧困さとでも言おうか。
大抵のものは自分で用意しようとする「豊かさ」とは対極にあるものだ。

「ゼロから」を知ることは、現代でも決して無駄ではない。
現代の秀才は、先代のすばらしい遺産を継承して改良することや、
誰でも扱ったり組み上げることができる安易な製品を作ることには慣れているが、
その根源的な部分を知らない人があまりに多すぎるために、根本が欠けている製品が多く生み出されている。

テレビや映画、アニメにしてもそう。
「面白い」という根本、「ここは泣かせる所」「ここは驚く所」「しゃがむ所」「気絶する時の表情」などの根本…
絵がきれいでも、そんな根本が欠けていたりする。
車バイク、電化製品も、設備関係もほとんどが、同様の事例を見ることがある。

無駄、陳腐と思ってもゼロに触れてみようとする、モノの理解の仕方を癖にすると、
典型的な人よりも難しいものが好きになる。
扱いづらい車やバイク、とっつきにくい電化製品など。

ローテクで何かを生み出してみること。
先代がやったように、事前知識なしで試行錯誤してみること。
これ自体は有効な成果物とはならなくても、未知のハイテクを当然のように享受、継承しようとするだけであるよりは、
現代的に新鮮と映る、優れた成果物を生み出すきっかけになるのではないだろうか。


【近況まとめ】

昨年は色々と不可思議なストーキングや、遠隔的不可視的な有害攻撃を食らった。
でも、心身はもっとバイタリティに富んでいた。日記などの記述ひとつでもそれがわかる。

今は敵の作戦にはまっている。
篭城させて、定点で常に有害攻撃を受けさせ、弱らせようというものだろう。
今年に入ってから外人が引っ越してきて、その前後から常時攻撃の内容が著しく悪化した。

血流阻害で生命力低下。思考低下も併発している。
特定の内臓に特化した攻撃を受けることもある。
思考にテレパス的にアクセスして、余計な癖を人為的に多数植えつける。
普通の思考に余計な茶々入れが入ったり、無意味な単語が出てきて邪魔したりするようになる。
神経を刺激し、精神疲労を誘発。

いずれも蓄積疲労が伴う。
外にいるときしかリカバリーできないため、蓄積は進む傾向にある。

周辺はこの2年、進展していない。
被害者とその徒党に有力な勢力がなく、スパイも紛れており、
下手に打って出ることが得策と思えない状況にある。
インターネットですら、情報戦に長けた工作員が闊歩しているからだ。

何より、一般市民や巨大組織に加害活動の利益を認め、工作に加担する連中が多いことが
状況悪化に拍車をかけている。

外から攻められ、内部から分裂、崩壊しようとしている。
多くが人間的でない、操られたロボットのような動き、思考で均一的に動き始めている。

10/5

【レトロゲーム日記】

ファンタシースターをメガドラ限定版で挫折した反省から再プレイ。
これが、よく出来ている。ちょっと中だるみがあるけど、これは後の2で改善された。

FM音源をオンにすると、メガドライブとほぼ同じ雰囲気。
ファンタシースター2そのままとまで感じた。意外とグラフィックも同じだからだ。
何より、あの頃のパソコンを思い出す。98、FM、X68…

FM音源を切ってPSGにすると、ファミコンやゲームギアと一緒。
なるほど、当時のファンがべた褒めしたり優等意識を顕示してきたわけだ。
「ファミコンなんて低性能、ドラクエなんてコピー商品」

なんせ、女の子が主人公で、ピカチュウが仲間で、
シャトルで他の星へ行くし、そもそも未来都市なのだ。警邏の兵士はどう見てもスターウォーズの帝国兵。
永野護なんかにまで影響したというのもうなづける。

グラフィックも、モンスターがアニメする。
ドラクエはスーパーファミコンの5にならないとできなかったことを、
せいぜいドラクエUの同時期発売でやってのけた。

3Dアニメするダンジョン。
このアイデアはメガドライブに受け継がれ、ヴァーミリオンやシャイニングシリーズに採用されるも
むしろ進歩はほとんどなかった。グラフィックが凝って、ダンジョンが複雑になったくらいだ。

セガマークV・・・
普及していたら、恐ろしいハードだったかもしれない。

さてとりあえず、ルツを誘いに行かねば。


9/28


三菱自動車の欠陥説には、色々語弊もあるようで。
これは又聞き。

たとえば炎上した車には、まず中古車が多く、自己整備の不手際が原因であることも多い。
(バルブ装着の不手際での接点不良での加熱、ウエス置忘れなど)
調査していくとそうなるんだそうで。
リコール対象の部品も、それが問題で事故になることはほとんどないとのこと。

むしろ、設計上許容量の数倍の積載重量、走行距離数を当然の様に行う
使用者側の責任がほとんど、だそうで。

たとえばホンダのカブ。
頑丈で壊れない。
で、3000キロでオイル交換なのに、10万キロ交換しないで走ってしまった。
分解すると、ヤニみたいなのがかすかに残って、それで潤滑していた、と。
無論パワーはどんどん落ちてるんだけど、おじいちゃんだから気にしなかった。
積載も30キロまでとか言ってるが、新聞屋は平気で100キロとか積む。

そういう連中が、たまたま大型トラックで被害甚大だから騒ぎ立てた。
そういう側面があるらしい、とかなんとか。
無論、運送業のこなしている無茶さはカブの比ではないんだけど。
その辺は過去の日記でも記述している。

三菱のトラックは、国内最大のシェア。
そんな製品が、こんな短期間にけちょんけちょんに騒がれたのにはむしろ、
政治的な意図があると見ないほうがおかしい。

ヨン様だの韓国ブームがいつまでも不自然に続くことといい、
もうこの国とて陰謀が蔓延しているといえる。
そこに垣間見えるのは、「お前も三菱にされる」という脅迫である。
私の元へもヤクザやら宗教信者やら探偵やら朝鮮人やらが飛んでくるのは、そういう理由だと思っている。

9/16

【日記】

10歳の時の重病。
20歳の時の急転落。
いずれも瀕死になって、九死に一生を得た。

その後は淡々と上向かず、冴えない人生だったが、
まあこんなもんかという程度だった。

30歳の前である昨年に、まさかの都心での襲撃。
以後、毎日のように人間や彼らの念力などの不可視攻撃が絶えず続いている。
今回はさすがに十死だろう。

というか、他人の意思で、健康体から心臓患いにさせられるような世の中である。
社会に溶け込めないように妨害工作される世の中である。
手始めに、弟を突然死に追い込まれ、家族が次々に病気に見舞われる世の中である。
九死に一生では辛いだけだ。

前の二つは、自分だけにひとつの災難だった。
今は、世界全体が狂気と邪気に満ち、その只中で私が大変な思いをしているに過ぎない。
拷問ばかりが続くような希望のない魔界で生きるのは、辛いだけだ。

この世界。
善良の神が豹変したか、
邪神に乗っ取られたのか。
私が異次元にでも来てしまったのか。

いずれにせよ、早く止めを刺してくれ。
言いがかりも見せしめも、苦痛の連続も植えつけるような病魔も、もうたくさんだ。

9/15

【加害者も人間】

時と場合というのはあるけれども。

よく報道にあがった殺人犯などを
死んでもいい、などと人扱いしない発言が見られ る。
インターネットが主だが、テレビのインタビューでも見られるようになった。

どうしてこんなに人間は歪んでしまったのか。
加害者にだって、複雑に個別の事情と言うものがある。
報道のわずかな語句だけで、どうして100%悪と決め付けてしまうのか。
死ね、鬼、などと断定して非難できるほうが、
実はよっぽど鬼悪魔じゃないのか。

何の事件だったか、傍観者よりも被害者の遺族のほうがよほど、
まともな真人間だったという例があった。

加害者とコンタクトしていて、罪を許すことは出来ないけれど、
人間を憎む気持ちは消えていったというのだ。

それを前提にしてこそ、一歩ステージの高い人間といえるのではないか。
それが出来ない人間だらけになってしまったから、
妖気の満ちた社会、世相になってしまったのではないか。

マスコミに載せられるだけ、情報操作、世論操作に踊らされるだけの
今の人間たちは、どこか空ろで、どこか空しい醜さがある。
こういう人間はえてして、ごみの投げ捨てなどの怒られない罪なら犯すものだ。

周囲に合わせるだけの暗黙の全体主義が進行すると、こういう世の中になるのではないか。
どんどん公害や空き地のごみが増えていくばかりの。

9/12

【白黒】

ここ数年、白黒をモチーフにしたテレビ番組、玩具などが増えている。
陰陽道をモチーフにしたものも然り。

だからなんだというわけではないが、物事には必ず(頻発ならなおさら)何か意味があったりする。
ちなみに、陰陽は道教、朝鮮半島や中国で盛んなもの。


【させられている予言】

あくまで霊的ストーカーにさせられているという自覚がある前提で。

北朝鮮は数年で瓦解し、南北統一韓国になる。
日本と韓国は様々な事情で国内重視で手一杯となり、
多少距離を置くことになる。

なんてことを書いてみても、ケリーが大統領になるというのすら
かなり不確定なので、どんなもんだか。

9/11

【全てが一流の国】

アメリカ。
これは何も、ポジティブだけではなく、ネガティブにも当てはまるだろう。
陰謀、砕けて言えば嘘のつき方であっても。

テレビ朝日の、貿易センタービル事件の検証番組を見ていると、
あの内容もさることながら、あの番組自体もそうした陰謀の一端である事が
感じ取れてくる。

日本は一見平和であるという風に思われている。
マスコミや世間話の情報操作の恩恵が大きいだろうか。

これに拍車をかけるのが、ああした番組だ。
「アメリカは、アメリカでさえこんなに物騒なんだ。日本は平和だねえ」と国民に言わせたいのだ。

現に、日本国内のああしたドロドロの陰謀の検証は、何一つされないではないか。
放映されても、せいぜい当たり障りのないものばかり。
この国だって、私のような目に遭う人が出るくらいだから、叩けばいくらでも
ひどいほこりが出てくるはずなのに。

さて、その番組の内容について突っ込むと、大体あってるんだろう。
たいていのことはアメリカが自分でお膳立てしたのだ。
石油がほしくて、戦争で儲けることが続けたくて。

あの番組の定番言い回しも、そうするように政府あたりから指示されたものだろうか。
かならず話題の締めに「真相は闇の中」を持ってくる。

これは陰謀を起こした際の事態誘導術の一端だろう。
世間を惑わすためにあえて、かなりまずい内容の「真相」をばらしてしまう。
しかし、「真相は不明」と結べば、決して政府は訴えられないし、
悪党の烙印を押されることもない。
こういうやり方は定型として、かなり以前から使われているのだろう。

私が日々攻撃を受けている、この現実もアメリカと無縁とは言い切れない節がある。
親父は大学で火炎瓶もって闘争した。
そういう経緯がある一族で、その後ろくな目に遭っていない家庭が多いという話もある。

そもそもなんで日本はアメリカの後を追うように学園闘争が起きたのか。
日米ともに、共産予備軍の国民をいぶりだし、その後暗に付けねらって
潰してしまうためではないのか。

私は人生上、上り調子になると、何らかの事件や不具合でそれを潰されるということが
ずっと続いていた。成長期にそれが止まるような難病にかかったことも含めて。

こことは別のWEB日記で、アメリカ主導のコンピュータシステムではなく日本仕様を開発して導入すべきという主張をし、
そのすぐ後に「エネミーオブアメリカ」などという映画がテレビ朝日で放映されて、
昨年3月の襲撃、毎日続く攻撃の幕開けはその数日後。
このとき、隣室の住人はアメリカン。塾の英語の先生だったと思う。

日本中を、世界中を集団催眠状態にしている、森羅万象すら完全管理下においてしまった
本当の首謀者、頂点は何者なのか。
他のサイトの主張を見ても、宗教団体だったり、朝鮮だったり、ロシアだったり、アメリカだったり。

わかりかねる。
ただ、上記のような事実は確かにあったことだ。
もっと色々挙げたい事実はあるが、それらは別の体験記にて探してほしい。

9/08   OS時計見たら9:08


【日記】

9/6の多事争論を見てい て。

日本という国が、上から見下す国家運営であることを象徴するような
ナベツネなどといった球団運営者たち。

そして、日本が危なくなっている時に、その娯楽を支えてきた野球もまた存続の危機。
あるべき因果というべきか。

たかが選手、たかが一般庶民、自由な物言いをするなら死刑、放逐…
こんな高飛車のまま沈没しかかっているところを
朝鮮ともカルト宗教ともマフィアとも政治団体とも付かぬ怪しい連中に
クーデターよろしく乗っ取られようとしている。

なぜ巨大企業にまでヤクザや宗教団体が入り込み、韓国企業がこぞって国内に入り込んでいるのか。
テレビは韓国一色。まるでテレビ局が命の脅迫でもされているかのように。

彼らが使う集団催眠は、たとえば東京丸の内のど真ん中、ビジネスマンが歩き回る中で
白昼堂々と拉致や銃撃などがあっても、
「ああ、あれはいいんだ。あってもかまわない、当然」
などと、
その場にいる多数の人間に致命的な錯覚を呼ぶような、マクロな瞬間洗脳、催眠術である。
(実際そこまで極端な使われ方があるかは別として)

そんな連中に既に意識を掌握され、人形にされ、手玉に取られているのが
現状なのに、誰も気づかずにいる。
平和ボケ、脳天気。

このクーデター勢力の超力の源は、神悪魔の類としか思えないような節がある。
さらに、加害者でさえ、既に洗脳されて飲まれている節がある。
実行部隊という人形に過ぎない可能性がある。
これが事実ならば、地球上の生物を全部催眠状態にして
支配しようとしているのは何者なのか。
ハリウッド映画のような非常事態が、既に始まっているかもしれない。


【因果的な】

釈迦ことゴータマ・シダルタの生年は一説にBC565
先頭末尾が一致、中の数字が全て同一という「山本山」パターンだ。
AD2002年現在、釈迦暦2567年。

56というのを嫌というほど目に付かされている。
因果を感じないわけにもいかない。
(示されるだけで意味不明なのがこの手の厄介なところ)


野口英世、彼は野口精作というのが本名で、
当時の小説に「野々口精作」という人物が、現在の自分の姿そのままに描かれているのを見て驚愕し、
ついには第三者越しに作家に直接打診するまで至ったという。このプロセスは当時としては大変なものだったろう。
しかし、実際は執筆そのものが十数年前で英世が子供か生まれる前、人物の一致は単なる偶然であることがわかった。

野口英世でさえ、私の日ごろの超常体験をひきおこしたのと同じ設計思想のシステム上で(因果に干渉できるシステム)
同様の体験をしていたのだ。
仕掛け人は歴史を飛び越えて、常にこのようないたずらを仕掛けている。

過去から紛らわしいメッセージが届く…こうした体験は、体験記側のページを見てもらえば多 数紹介している。

8/31

【植草事件に見る、警察の成果至上主義のゆがみ】

早大教授があえて、記者会見をしてまでの訴え。
これにはやはり、言い訳だけでは説明が付かない雰囲気と言うものが感じられる。

ここ7年間ほど、一時は他人事でない環境だったのもあって
(駅停車時に怒号とともに警官に引きずり出される人を見たりして)
この手の報道には目を通していたので、大体の傾向はわかる。
それは、日本の警察が成果にこだわりすぎているという事情。
そして近年、痴漢検挙の強化とともに、半端でなく冤罪が発生しているということ。

植草氏の告発を見ればわかるとおり、誘導尋問や利益提供など、
罪を認めさせることにばかり主眼が置かれた取調べが、日常として行われていると言う。

成績になりそうな内容で調書を書いたら、あとは機械的に認めさせるだけ。
真偽とか、正義とか、半ばどうでもよさげな姿勢が伺える。
交通の違反切符もその延長。定期イベントとして街頭に隠れ、切符を切るために切っているではないか。

これに加えて、痴漢検挙の場合、ほぼ被害女性や捜査員の主張しか認められず
男性側は泣き寝入りの要素が強いと、報道でも批判があがることが多い。
時にはこれを知って悪用する女性もいると言われている。

行き過ぎは改めるべきである。
もっと双方の証言を重視すべきであり、金にならない正義感を大いに活用すべきである。
こんなことはマスコミなどでも散々使い古された主張だが。

ある意味、日本政府機関の中で一番ゆがみが激しいのが警察と言われている。
警察を取り締まる警察がないからというのも頷ける。
どうしたら一新できるのか。どうしたら正常化、適正化できるのか。

企業は係長などの中間ポストを捨て、官公庁は正義感や使命感を捨てることで
何を失ってしまったのか。

8/22

【デスクトップ人間にとってのノートPCと、近年のPCハードウェア事情】

ノートと言うのは、デスクトップばかり触ってきた人間にとっては
別の機械に等しい部分が多い。

まず、UPS付属であること。
バッテリーはまさにUPSだ。電源コネクターが外れようがかまわず動作する。
雷がひどかったら、電源ケーブルをはずして作業を続けられる。

場所を選ばないのも体感するとありがたい。
家のあちこち、外へ持っていける。
(ただこれは、長時間担いだり手に持つ場合は、B5モバイルでないと厳しい)

静か。
省電力で、ハードウェアのすべてが小規模だから、静粛だし、電磁波的な影響も少ない。

デフォルトで液晶画面と言うのもありがたい。
ブラウン管のX線放射のような、毒々しい有害さがない。

スピーカー付属。
今はメーカー製デスクトップもスピーカー付属が増えたが、数年前はないものも多かった。
現在のノートにもないものがあるが、特に個人向けでは少数。
安いノートも最近はステレオスピーカー付属が増えてきたようだ。

今の最新性能事情では、私にはノートのほうが適している。
昔は、たとえオフィス向けソフトでも描画ソフトでも、ハードスペックや拡張性がものを言ったが、
今は最高性能を求めるのはゲーム、特にネットゲームくらい
あとは動画編集くらいのものだろう。
私は両方やらないから、2002年頃の性能があれば充足してしまう。

大体、いまやメーカー製でもノートのほうが色々装備してかつ安い。
(ただしメーカーに依存する)

PCに関しては、ペンティアム3はおろかペンティアム4の初期からしても
今は完全に時代が変わったのだ。
ハードの性能が上がりすぎて、ソフトは追いつく必要がないものが増えてしまった。

ストレージ容量も安くなりすぎた。
ノートですら最小で40ギガとかでは、使いきるパーティション構成を考えるほうが難儀。
欲を言えば、本当は容量が小さいほうがハードの信頼性が上がるし
そういうのを複数連装するにしたほうが、信頼性も処理速度も、セキュリティすら向上するシーンが多くなるのだが・・・
まあ、ノートでそこまで要求するには時代が追いついていないというか、
そういう仕様は流行しないで終わりそうな気がする。

どうだろう。
2.5インチHDDを薄さと重量、容量のすべて半分にして、
ノートでもデフォルトで2連装できるようにすると言うのは。(東芝が得意そう)
使い方次第でいかに有用性を発揮するかは、メーカーの人間ならすぐ感づくだろう。


キャ ベツ特集

8/13
農家は昔から似たようなものかもしれないが、(特産物大量生産は特に)
嬬恋キャベツもまた、薄利多売でしかも赤字傾向らしい。
(どれだけの世帯に当てはまるかは謎)

一箱(6〜10入り)でも、相場によっては2円だとか。
夏場の集中出荷だから、市場も欲しがらない事があるようだ。
また、あまりに畑地が広大で、夏季集中収穫であるために、
部分的に収穫しきれずにあきらめることもあるらしい。

キャベツには、目だった高級品種がない。
流行の、プレミア品種であるとか、農家直販と言った手も取りにくいことになる。

米ほど放置もできず、収穫の自動化もされておらず、人力中心の手間のかかる品種。
近年の品種改良は虫付きや傷みの改善がメインで、食感的にはむしろ硬くなっているとも。

標高1300mと言う嬬恋高原の特性上、何か利益になるような作物を植えることも難しいと言う。

こういった条件で利益を出すには、などと足りない頭で考えてしまった。
私はもともと、国内農産の見直しとか食料自給率の大幅増加に強い関心があるからか。

私がいた農家は、比較的自動化が導入されていたので(現地製箱機械とか)
多少は楽だったらしい。
食事もかなり奮発されていて、おそらく一日千円では足りなかったと思う。
作業そのものについていければ、涼しい大自然の中に住めて体調も良くなって温泉も近くて
好条件かもしれない。

8/12
軽井沢に近い、標高1000m近い集落では、昼間でも気温30度いくか行かないか。
窓を開けながら気持ちよく昼寝ができる。
網戸なくても、蚊がいない。もっとも一度だけ、ブヨに刺されて大きく膨らんだが。

21時過ぎに帰ってきた家は、室内気温が32度以上。
涼しいところから暑いところへ来てしまって、面食らっている。

それにしても、さすがに日本中へキャベツをばら撒く産地だけあって、
非常にパワーワークの要素が強かった。
一日に8000個のキャベツを刈って、箱に詰めて、出荷するのだ。
しかも自動化なんてほとんどされてない。
キャベツ一個当たり、3秒程度で切らなくてはならない。

馬がトラクターになって、木箱がダンボールになっただけ。
現場は山の中腹、なだらかとはいえ斜面ばかり。
畑はひとつ当たり、正方形に換算して一辺が700mはある。

おかげでたった1週間で体中が黒くムキっとなってしまった。
アブトロニックなんて目じゃない。アムドライバーのCM並である。

ふたりはプリ キュア」で、女子中学生がキャベツ集荷のお手伝いなんてやっていたが、
彼女たちでは群馬のキャベツの仕事は務まらないか、
ふたりとも部活をボディービルに変更しなくてはいけないだろう。
あのストーリーは、田舎の老夫婦の個人農家のお手伝いだからこそ
中学生でも大丈夫だったのだと体感できた。

8/11
頭をスズメバチに刺された。
頭髪のおかげか、先端が刺さっただけだったらしく、
ほとんど腫れなかったし、ほとんど痛くなかった。

8/8
畑で取った野菜は、文句なしに美味い。
冷蔵も、輸送もしていないからだろうか。

8/4
群馬嬬恋。ほぼ軽井沢。
プリキュアでもキャベツ畑の話があったが、まんまあの感じ。
山の中には、ふもとから中腹にかけて、キャベツ色一色に染まっているところもある。

ただ、作中では鎌を使っていたが、ここでは特殊な包丁を使っている。
日本刀が短くなったような、先にも刃が付いているもので、刺しができる。
根元をいちいち横運動で切るのは、確かに面倒だから便利だ。

7/31

【インターネットは情報操作が氾濫しており、その産業も暗に隆盛している】

以下は典型的な匿名掲示板での投稿群。


###################################
無題 Name 名無し 04/07/31(土)10:41 No.1263984  [返信]
    1091238118389.gif-(473327 B) [サムネイル表示]

    最近「何でこんなもんが・・・」なものばかりが世間で大受けしてるような気がしてならない・・・
    世の中が駄目になったのか
    それとも俺の感性がズレズレのダメダメのグダグダになってしまったのか

無題 Name 名無し 04/07/31(土)10:49 No.1264009 

    SEED
    冬のソナタ


 無題 Name 名無し 04/07/31(土)10:52 No.1264019 

    実はここにもきっと何人か居るさ、

    冬のソナタに結構はまって全話見てしまい、
    オレンジレンジのCDが全部揃ってて、
    世界の中心で愛を叫ぶを読破の後映画をみて号泣し、
    ガンダムSEEDはファーストより面白いと思っている奴が!

    俺 の こ と だ が な

無題 Name 名無し 04/07/31(土)11:01 No.1264055 

    >1264019
    いかにも企業フォローの工作書き込みっぽくて
    ネットの情報操作の氾濫にため息が出る

無題 Name 名無し 04/07/31(土)11:06 No.1264067 

    今、一般人(特に若者)が一番恐れているのが
    世の中のメインストリームから自分が外れてしまうこと
    マスコミの操作だろうが企業戦略だろうが
    そこに乗っていけない者はたちまち端っこに追いやられるんよ

#############################

この手の、やけに事情通な投稿をさらりとしていく人物は
8割がた、プロの投稿屋だろう。
国家機関か、政治宗教などの各種団体か、一般企業か、
とにかく、金を落としてくれる顧客の思惑に沿った投稿や情報操作をしていく。

特に最後のやつは、この国や世界に蔓延する病んだ現状をよくあらわしている。
民衆を催眠にかけてでも、単色のみの全体主義を達成せんとするおろかさが。

7/30

【パソコンハードウェア環境の変化】

昔、といってもペンティアムが2から3にスイッチし始めたころ。
上級PCといえば、自作機だった印象がある。

メーカー製はハードウェアのオプションが少なく、拡張端子や拡張性そこそこ、
高機能なものは組み上げるしかなかった、というような。

そのころに組み上げてそのまま今まで使っていて、
最近になってメーカーPCに眼を向けてみると、つくづくメーカー優位になりつつあるのだと思えた。

オンラインゲームの認定機種になるのはもちろん、
自作で組むのとメーカーで買うのと、価格が変わらず、機能も遜色ない。
むしろ、サポートや無償修理など、メーカーに頼ったほうがお得といえる。
PCまるごと買っているから、場合によっては家まで出張で来てくれ、修理に出す間の困りごとも無用だ。

今は、メーカーも自作と肩を並べるほど、その機能性にこだわっている。
自作の意味はもはや、自分の好きな特定の高級基盤を導入するとか、(特定メーカーの高級ビデオボードとか)
ハードウェアオタクが、ごてごてと機器拡張したり、レイドやらなんやら入れたりするような環境に
限定されつつあるのではないか。
少なくとも、昔ほど素人が手を出す理由付けはなくなってきていると思う。

【流用?】

TFT液晶。新品なのに、なぜか液晶の引きが悪く、一部分だけ残像が残る。
「スタート」なんてのがいつまでも見えているのだ。
パネル交換してもらったら、いかにも新品、という感じになって改善された。

つまり。
メーカーが新品に、クリーニングしただけの中古を組み込んだ可能性、
もしくは、これは一度個人を経由しているので、その人が部品を流用するために付け替えた可能性、

どっちにせよ、詐欺。

7/28

【アルプスの地元ベテランが漏らした言葉】

国の山の管理は、まず道路や施設を作り、
山の斜面を切り崩したために漏れてくる水を、地盤を固める加工をしたりなどして
地盤沈下や崩落をしのいでいる。

しかし山という質量からの絶えず漏れる水というのは、人の手には余る。
道路は沈んだり部分崩落し、コーキングしたところからもいずれは、水が出てきてしまう。

樹木の地上部は布地であり、地下部はスポンジである。
葉や幹は水をくっつけてあるいは蒸発させ、
根は地盤に強力に根付いて、地盤そのものにスポンジ、貯水の役目を持たせている。

本当はこれを維持するにこしたことはないんだけどね、というようなため息交じりの言葉だった。
実際に山を車で上がっている最中だったので、非常に実地的な説得力があった。


【雑記】

http://www.tbs.co.jp/news23/old/
http://www.tbs.co.jp/news23/old/onair/taji/s40726.html
「今は沖縄より東京のほうが暑い」

なるほどなあと。

確かに、ずっと東京都心で働いたり生活していた身からしても、
自然の中にいれば、砂漠でもない限りほとんど暑くはない。(ちょっと木陰に入るとか)
逆に、暑い場所は砂漠になるしかないのだろう。

整備維持をしなければ砂漠になってしまうような過酷なところで
働く人間はある意味すごい。外商や外回りなどの人は特に。

体感50度に近い世界。

7/27

  【日本アルプス】

白馬乗鞍岳では(でなくてもきっと山頂付近ならどこでも)、晴れれば天の川がよく見える。
オーストラリアのパース空港付近と同じくらい、よく見える。
(つまり、オーストラリアがいかに、空気が澄んでいて暗いかがよくわかるともいえる。)

いつ死ぬか、重大な障害者になるかもしれない中で、思い出深い体験をした。

7/20

【TFT液晶】

パソコンに関していえば、2年前と現行機種では、かなりの性能向上が見られる。
2002年ごろだと、真正面から少しでも離れると、色が変わって見えたり
明るさが大きく変わったりしてしまったものだった。
色も全体的に薄かった。

しかし、最新の高輝度ファイン液晶になると、一見してブラウン管よりくっきり見えたりする。
角度が変わってもなかなか違う色に見えず、懐が深い。
これは、最近流行の光沢フィルターも貢献しているのだろう。

液晶テレビについては、液晶だとまだMPEGっぽいざらつきが見える。
大型画面だと余計に目立ってしまう。何より特性上、スピーディーな動画にも弱い。
まだまだ過渡期の製品ということだろうか。

7/18

【トラック運送 1】

主に業務運送。

現在はスピードは出さず、短時間で到着しろ、が推進されている。
時間指定配送が増えているのは、家庭内や職場でも雰囲気が伝わっていることだろう。
この影響が大きいようだ。

仕事がないから、余計に無理な注文も請けるのだろう。
事実、業者は生き残りが前提の厳しい状況だ。

日本社会の見たままの姿のとおり、この煽りを受けているのは末端の業者、何よりドライバーだ。
単価は安い、期間は短期か不安定、それでも仕事があればいいというような現状。

もっと道路インフラや法整備、業者支援策、
業者のシステムの改善などで、ドライバーに負荷が一極集中することは避けつつ
利益を維持することはできるんじゃないかとも思える。

一番効果的な方策を取れる上の連中が、なんら根本的打開策に手をつけない。
自分の成果として評価されないとか、イエスマンや旧態に習えを維持しなくてはならないとか、
そんな自己閉塞的な、ネガティブな理由で。

日本全体にいえることだが、末端に押し付けているだけではいずれ、
その末端から焦げ付いてくる。国が前向きに反映し続けることはまずないだろう。


【トラック運送 2】

トラックは100キロ以上はリミッターがかかるような自動化が進んでいる。

ボルボなどは、アクセルすら踏まないで自動で走るトラックを販売しており、
私も試乗したが、距離と時間を入力すると、後は勝手に走るし、シフトもブレーキもする。
車間距離センサーもついている。燃費も最適化される。
これはもう、車をコンベアーにしたがっているとしか言いようがない。

しかし、こんな便利で効率的なハードウェアも、会社の業務や経営、国家のインフラ整備、法規制といった
法整備がうまくかみ合ってこそ、相乗効果が発揮される。
今の日本では、こんなリミッターでは、現着が遅れることが多発するくらいがオチだろう。

結局、ドライバーは不規則と過負荷で疲れている。
事故がこれのおかげで劇的に減るとは思えない。


7/17

【売ってる水】

ボトル水。
これが販売形態としては多い。

しかしごみのかさが張る。
これは巷の投げ捨てごみや、収集所を見れば明らか。

たまたま天気予報サイトで見つけた水のお試し販売。
これが、容器の問題に取り組んでいて好感触だった。

袋入り。
専用のプラ容器に詰めて、空になったら袋を入れ替える。
これは実に効率がいい。ごみとして出るのは水が入っていたビニール袋だけだ。

これはぜひとも、もっと大手が真似してほしい。
炭酸入りでなければ、どの飲料でも可能だろうから。


【自転車のライト】

逆転現象がおきている。
キャンプ用のライトを装着したほうが、電池長持ちで明るい。

LEDのライトは、同じ乾電池4本でも原付バイクのライト並みに明るくて
最後まで明るさが落ちず、4倍は電池が持つ。
ということは、ダイナモ仕様でも回転抵抗を軽くできる。
しかし自転車にはなかなか採用されない。だから、キャンプ用のライトをつけることになる。

とりあえず、BSとかサンヨーあたりに打診してみるか。


【ウインドウズあれこれ】

メモリが潤沢な2000に慣れているところに
128Mなどと、信じられない環境のXPに触れてみると、
まるでインテル266、DIMM64で2000を動かすような気分だ。
紙芝居、ヴィデオのコマ送り、云々・・・

XPもHOMEだと、だいぶセキュリティの詰めが甘い。
ログオンユーザ名を非表示にできなかったり、細かいところでオミットがある。
Professionalは触れたことがないが、2000の後継ということだからほぼ同じような
セキュリティポリシーを維持できるのだろう。

でも、XPはだいぶ細かいところまで手が届いている。
最初から万全に備えやすいという点では、最高かもしれない。


7/16

【家電あれこれ】

デジカメを使うと、一緒に持ち運べるHDDのようなものが欲しくなる。
コンパクトメディアには、データがろくに入らないからだ。

1週間ほど前に、改めてそんなのが出ないかと製品イメージを膨らませていた。
おととい、東芝がパソコンに繋がなくても、HDDだけでデータをやり取りできる製品を
ついこの間、出していたことを知った。
まあ、魔法瓶お風呂ほどあからさまな衝撃はなかったけど。

VHSテープにも、プレミアがついてる製品があるらしい。
210分テープというのがそれで、180分や200分から一気に価格が跳ね上がる。

高いということはやはり、まだ技術革新直後の域なのだろうか。

7/15

【落雷で、電子機器は壊れるのです】

誰もが「まさか私は」などとたかをくくっていることのひとつ。
それが、落雷による電子機器故障。
一生で初めて、これに遭遇してしまった。

VTRが変な動きをした挙句、電源が落ちてしまう。
同様の事例がWEB上で文句たらたらにささやかれているのは多分、
みんな気づかないうちに落雷やノイズで壊れたのだろう。

電話しているときに落雷して、通話が何秒か途切れたり、
地域送電が停まったりと、かなり物騒ではあった。
さすがにPCはコンセント引っこ抜いたけども、家電は大丈夫だろうと思ったのがまずかった。

7/13

【豪雨と空梅雨】

関東は、避けられていると思えるほどに降雨少なく、晴れ間ばかりの梅雨だった。

米とか、大丈夫かなと思っていたところへ、米どころ新潟で集中豪雨。
地元民が「こんなの初めて」ともらすほどの被害。

「人為的に仕組まれた因果」は、日本への悪意も多分に含むことがある。
昨年は、嫌なタイミングで世界のレーサー加藤大治郎が事故死、
異常現象も長梅雨、停電続き、火事続き、など、およそ国内に利益のない不審事が多かった。

私は日ごろから近隣住民や国家機関などから威嚇、間接攻撃を受け続けているから
つい、そちらに目の敵が向いてしまう。
しかし、現象被害に関してはむしろ、国外、ヘタすると人外の仕業という方が矛盾がないことも多い。

敵とすべきは、何者なのか。


【民主党】

民主党は、早く政権を取り(岡田首相?)、改革を言ったとおりに実行すべきである。
そして、単独与党でなくてはならない。たとえ少数与党になっても。

二大政党政治にならなくてはならない。
自民政権、民主政権。交互に改革や執政を行い、評価されなくてはならない。
自民の方が既存を捨てて変わらなくてはならないから、大変かもしれない。

日本は近代国家になってから、自民党でしかなかった自民国家である。
(時期尚早とはいえ、細川羽田政権が不甲斐なかった)
これが崩壊しつつあるのだから、政治システムが根本から新しくならねば沈没していくままである。

外から、内からの侵略、乗っ取りに備えなくてはならない。
政教分離を根本から見直さなくてはならない。

7/5

【VHSテープ】

TDKが一番低フリクションを維持できるようだ。
Victorなど使っても、耐久性が今ひとつでデッキに負荷をかけてしまうようになるのが早い。
今までデッキが長持ちしたのも、TDKオンリーだったからなのかもしれない。

オーディオテープでは、AXIAが良くなかった。
手で回しても、回転が重いのがわかったくらいに。

7/4

【ジャーナリストは職業ですね】

私は何度も、少なくともこの国全体が、
極めて全体主義的な統一性と、国民皆兵の異分子抹殺活動を強制し つつ
その違和感を感じさせないという「催眠、洗脳」が 猛威を振るっている危機を、
マスコミに訴えてきた。

しかし各社、なしのつぶて。
テレビなどの放送系は、被害者の個人情報を元に番組を作らされるという、
かなりディープな加担者になっているのに、だ。

筑紫哲也など見ていると、世界中飛び回って、何か説教めいた コラムを語って
さも有意義な仕事をしているように見える。
しかし、私のような被害については一切触れない。


【その2】

マスコミの本当の役割というのは情報操作に加担することで あり、
さも事実を報道していると見せかけるための「パフォーマー」な んだろう。
ちょっと圧力、身の上の危険があれば手を引いてしまう。

その意味では、WBSの取材で世界中のおいしいものを食べ歩くキャスターより、
筑紫はじめTBS系の方がずっと悪党に近い。

サラリーマンの延長でしかない。
命や社会的身分を賭けるほどの使命感など、ほとんどのジャーナリストにはありはしないのだ。

戦場カメラマンほどの気概のある、国内裏事情の取材者が現れてほ しいものだが、
たぶんマスコミ社が臆病だから、取材しても取り上げてもらえないのだろうか。
(戦場リポはアメリカなどとの連携で、むしろ流さねばならない。)

今日も、韓国系企業が徐々に浸透率を深めていく様を見ながら
韓国ドラマやら食品やらの異常な人為的フィーバーを冷めた目で見ながら
芸能やアニメーションすら、最近はあっち系が幅を利かせている不審に首をかしげながら
(最近は監督やPDなどにまで進出が見られる)

誰も口を開かない、大人しい日本人に呆れる毎日を過ごしている。
戦後こつこつと積み上げてきた、堅実な豊かさを食い物にされようとしているのに、呑気なことだ。

7/3

【新旧対決】

郵便局が、「エクスパック」という、
厚みのあるごつい専用封筒で、500円定額発送というサービスを開始。
なんと30kgまでOKだそうだ。鉄板でも大丈夫。

局員は、扱いなれない洗練された形式にオタオタしている。
でも、そんなに時間はかからなかった。

クロネコヤマトや佐川が、メール便を開始。
郵便局の定形外よりも安めで、荷物追跡サービスがセットになっている。

集荷ドライバーは、面倒だからと大抵80円で持っていってしまう。
取次店のコンビニでは、手続き作業の複雑さと経験皆無の受付により
80円封筒をひとつ受け付けるのに20分以上かかっている。

なんだかどっちもどっちだなあとか。

こういう初期トラブルを早く収集した方がまず勝ちで、
その次の戦略が迅速で的確ならば、あるいは大きくリードするのだろう。
ぜひ、これを運送系が勝ち取ってほしい。

郵便局は、都市部で大型局であるほど、受付局員の生気がない。
彼らのやる気アップ、何が必要なのだろうと、本当は客も含めて誰もがわかっているはずだ。

トヨタは効率経営を持ち込んだけれど、あの会社も末端が愚痴をこぼさない会社ではないから
こうなってしまうのか。

まあ、新生銀行くらいガラリと転換されても、それはそれで戸惑いそうだけど。

6/26

【マホービン浴槽】

我が家の浴槽は冷めやすい。
縦長の大きいタイプだからなおさらだ。

寒い寒い昨年末辺りから考えた。
マホービン構造の浴槽が出ればいいのにと。
で、どうせこのところのパターンからして、(私が考えたことは実現される)
少ししたらどこかのメーカーが出すだろうと。

昨晩のTVCMで、TOTOが正にこの商品を出したことを知った。
やっぱりな、と思った。

6/21

【F1アメリカGP】

昨晩は横浜ベイスターズが勝つことが予感でわかっていた。
そんなだから、佐藤琢磨が3位に入る気がしてしまったら、
ああきっとそうなるんだろうと納得していた。

波乱の連続。
クラッシュ、コースアウト、セーフティカー。
見る見るうちに佐藤が3位になる因果が組まれて行ったように見えた。
これはモントーヤの失格で確信になった。

ピットストップの作戦さえ緻密ならば、もしかするとトップでサイドバイサイドを
展開していたかもしれない。
しかし、今回は安定して3位に入れたのだから、トップで何かが起きる条件よりも
ラッキーだったとも取れる。

とにかく、私にとっての奇跡と、F1における奇跡が合致したエキサイティングを
この期に及んで体験できて良かったと思う。
タクマは今までの日本人と違い、F1の場もモノにして一流の攻め込みができている。
マシンさえ(琢磨のドライビングでも)フェラーリに匹敵する信頼性が確保できれば、
いずれきっと1位をとるだろう。


【因果】

F1話の延長で。
モータースポーツでヨーロッパ勢が強かったりするのは、きっと作為的な因果が組まれているからだ。
でも、今日は日本人の因果が強力に押し通された。
何か以前とは違い、因果の戦争と言うか駆け引きができる状況にあるということだろうか。

いずれにせよ、あまり文章だけで後日談を書いてもウソと判別がつかないので、
今度、たとえば試合中の19時ごろに横浜が勝つといった映像か画像を展示しようと思う。
ちなみにいまの所、予感に対して強い確信があるときはほとんど的中している。

ただこれは、私が考えたことに即した事件事故が起こると言う概念とも一致する。
それに基づくと、運命そのものがどこかで人為的に作られているという、ある種のインチキ感を感じなくもない。

6/18

【砒素カレー事件】

林被告が初めて口を開いたという。
どうもこの事件も、ずさんなスピード捜査が生んだ冤罪事件という気がしなくもない。
警察は、捜査内容にとりあえず科学的に矛盾がなければ通してしまうからだ。

かなり巧妙、組織的にこうした事件を仕組み、素人を犯人に仕立てている恐れがあるこうした事件は
他にも、神戸須磨首切り事件などがある。

6/17

公益通報者保護法は嘘っぱち】

これは、内容を見ていてわかること。
雪印を告発した倉庫会社社長も、これにはあからさまに怒っていた。

要は「通報者保護法ですよ」と言って成立させておいて
実は通報封じ込め法案だということは、気づいた人やそれを教えられた人にしかわからない。
巧妙で悪質なトリックである。

今の政府は特に、労働者よりも企業保護の体質だ。
これは、派遣や請負などの法律で、企業有利になっているのでも明らか。
人を安い賃金で使い捨てさせたいし、適度なズルはしてもらって稼いで欲しいのだ。

政府は通報者が増えて、企業が困ると困るから、こんな姑息な手段を用いてまで
企業を事実上保護した。

自衛隊海外派兵といい、年金法案といい、竹島問題といい、
なんか最近の政府はかっこ悪いし、ずるいし、おかしい。

6/14

【記号の怖さ】

あるサイトで取り上げていたこの記事で思ったこと。

長崎の小学生による同級生刺殺事件について
マスコミ活字側とネットの常連反論側とで、いつもと同じ水掛け論戦があるけど無意味だね、と。

本当は、加害者候補が何度も無制限に中傷のテキストを見て
怒りを増幅できる、「記号の特性」が危険なんだと。
口述なら、音だからその場だけが印象となって後は霧散していったはずだと。

これは、マンガや映像にも言えることではないかと。
作者が全く意図していなくても、特定の惨殺シーンなどを何度も見返しては
自ら刷り込むように、加害者候補というのはなるものではないか。

記号化は悪魔の技術だなんて極論も存在するくらいだが、
鳥の雛と大差ない我々にとっては、馬鹿には出来ない理論かもしれない。


【MOTOGP】

スペインカタルニアGP。

もはやヤマハは優勝争いのマシンとなりつつあり、
カワサキはホンダと肩を並べるようになってきた。
あとはスズキやホンダ(玉田のみ)にみられるような、
ブリジストンタイヤの耐久性と信頼性の悪さが解決すれば、ひとまずは万全か。

ヤマハはホンダRCVと最高速争いもしていくのだろうか。
これに関するエンジン改良は、前例で見ればかえって仇となっていたこともある。
パワーアップがエンジンの性格を変えて、むしろライダーの足を引っ張ったりするのだ。
でも、きっとやるんだろう。ぜひ解決して欲しいところ。

ちなみに現在のヤマハYZRはロッシのみ、元々のコーナリングの安定性を武器に、
車体設計を変更して(スイングアームを短くして)
ブレーキングからバンクの際に滑りやすくしてまで、RCVのズリズリコーナーリングに対処しているとか。

6/9

【出張版?】

最上部の「トップページ」の
被害告発サイトの「体験記 分析」ベース、ということで。

6/7の日記で頭脳データ共有がどうとかこうとか書いた。
本日、日本テレビ放送の「攻殻機 動隊 SAC」最終話では(スカパーでは数ヶ月前に放送)
ちょうどそんな話が中心だった。

「笑い男」である青年は、オートメーション化された大きな図書館で
働いている?施設を所有しているのか?

いずれにせよ、私にとって2番目くらいの郷土であり
今も住む結城市には最近、最先端のオートメーション設備を備えた
ハイテク図書館を含む情報施設がオープ ンしたばかり。

トグサは、成り行き上無職状態になった挙句に自宅に缶詰でストレス最高潮。
今の私とほとんど変わらない。

これも、因果を自在に仕組める者達のいたずらなのか。
頻繁にこうした体験を重ねている身としては、確信に近いものがある。

これに即した事例といえば
課 長王子
登場人物に「結城レイラ」というのがいる。
結城もレイラもこの所、あらゆる作品に頻発している。
(その具体例は、本家告発記に多数紹介済み)


【流されないすばらしさ】

イラク拘束の被害者が、日本政府を提訴。

きちんと、請求された航空運賃まで賠償額に含めている。
マスコミやインターネット匿名系の紹介する世論や
政府のコメントに流されていたら、こんなことはできない。

一般人は世界情勢に疎すぎるし、周囲の風潮に流されやすい。
ある意味、一番あてにならなず、しっかりしていない。

だからといって、
「これからは個人がしっかりして独立的に構えておくべきだ」というような
無責任な風潮作りもどうかと思う。

個人も所属する集団もしっかりしているのがベストなのだ。
個人だけが防衛する集団はもはや、末期的な腐敗様相と言えなくもない。
西部劇の無法者が闊歩する状況と同じだ。

こんな情勢だから、国内だけでも宗教政治等団体だのの複合集団が
企業や政府機関の掌握、公然殺人を含めて好き勝手やる時代になってしまったのだろう。

このままではどんどん
独善的で矛盾だらけの選民思想主義が根底にある
人間狩りが横行するようになっていくだろう。
政治も経済も流行などの風潮でさえも、この手の集団に操られていくだろう。
世界中の人間を初めとした生物は、すでに彼らの手中にあってリモートで操られている。

こんなときだからこそ、冒頭のような人物は貴重であり、価値がある。
私の一連の被害のようなマイノリティケースも理解される時勢になったら
こういう人々と手を組んでいきたい。
したたかで横暴な専制集団に対抗していくためにも。

完全平等社会など要らない。
でも、完全管理社会はもっと要らない。


【ネット匿名系とマスコミは者別れするように仕組まれている】

これは、利害関係がはっきりしているからだ。
ネット側は、なるべくマスコミの利益を奪いたいのだ。
賛同する民衆も含めて。

マスコミと違ってネットは、情報操作が簡単にできる。
簡単には投稿者の人物特定が出来ないから、発信者の信頼性は低いのだ。
これはともすると、マスコミを嫌う政府筋にすら有利な材料となる。

ネット側では、どう調査してきたのか不思議なくらいのコアな情報も流れてくる。
(興信所やら裏ルートやらが絡んでいそうだが)
これで信用して、ちょっとだけ紛れ込ませたウソや大げさな表現も一緒に信用してしまう可能性がある。

ネット掲示板では、記事と投稿がミックスされているから
「かわらばん」を読みに河原端へ来ている民衆と同 じ格好になる。
同じ場に大衆が集まってきているわけだ。

ここへ紛れ込んだサクラが、ウソや感情を逆なでするような発言を紛れ込ませる。
個人がプライベートの場(家など)で情報収集できるマスコミ(TV、新聞)とは違い、
ウソに流されやすい、誘導されやすい、こうした具体的な危険性がネットにはある。

現に、明らかな情報工作投稿には、右翼や民族団体と断定できるものも多い。
さらに、マスコミをひたすら攻撃するような投稿も多い。
かなり利害がはっきりした工作投稿が多いのだ。

そして、たとえばWINNY(ウィニー)関連にしても、
故意にマスコミとネット側とで話がかみ合わないように話の流れを誘導している。

ネット側は上記のように政治民族、そして暴力団系から一般企業などが関与しているせいか、
一般的な正論を巧妙に捻じ曲げていく傾向がある。
何より、特定の利益があからさまに絡んだような議論誘導が目立つ。

Winnyは現実世界の有料著作物を
ネット側の一般人のみならず、利益をもくろむ勢力が無料で利益とできる。
ネット対現実間における、利益の真っ向衝突のような構図があるから、
あのような話の物別れが作為的に仕掛けられているのだろう。

6/7

【MOTOGP】

F1におけるホンダと、
MOTO GPにおけるカワサキは、似たような状況にある。

・エンジンの信頼性。(パワー追求は当然のこととして)

バイクは転倒する。
今日は最高速300キロオーバーでの転倒。
いくら限界性能が上がっても致命的トラブルが続くようでは、ライダーがもたない。

この辺は市販モデル同様、カワサキ製品に共通する弱点だ。
逆にいえば、ホンダやヤマハ並みの信頼性と高性能の両立を達成すれば、
市販製品にもそれを反映して高品質に出来るはず。


ロッシ+YZRはまたも勝利。
ヤマハはそうした意味で、バランスよく仕上がってきているのだろう。
特に、ロッシが満足できる範疇で。

※中野のカワサキZXRRの転倒原因は、タイヤ破裂という情報もある。

6/3

【共有≒共産 1】

共産主義は、成果を構成員で分かち合うというものだ。
そこには役割と配当しかない。

しかし、20世紀の共産は、人間という生き物の欠点を払拭できず、
結局は地位、利権とか意地、思惑とか、人間的な部分で矛盾が増大して
崩壊を招いたように思う。、

さて、ネット上で見かける共有も、これは共産に通じる。
著作権とは共産に反する、というのが結果として、アーキテクチャに含まれている。

どちらもまず問題となってしまうのはなぜか。
それは結局、利権構造以外に構成員の大半が納得する社会システムを
構築できた例が皆無なためだろう。
これはイコール、社会崩壊に繋がるから悪、というのはさほど矛盾ではない。


【共有≒共産 2】

いま、私が体験している「思考盗聴」は、いわば「思考などの脳内情報【共有】」
という技術の悪用だ。

つまり、世界中の人間や生物の脳内情報を
強制的に公開状態にして、管理権限をもつ存在が運用できる。

だから、悪用すれば特定の個人の個人情報を使って
テレビ番組を作らせたり、昨日のお前は何をやっていただのという会話を
通行人にさせて嫌がらせをすることが出来る。

これは、この技術が本来持つ大きな可能性を摘み取ってしまう。
これを体験した人々は恐怖し、避けるようになるからだ。


【共有≒共産 3】

コンピュータはそれぞれがもつ情報を切り貼りして
全てのマシンの情報資産を最適に出来る。
しかし、人間は個人の制限を撤廃できない(できなかった)
コンピュータほどの公開的な通信技術や、機能面を持たないからだ。

どんなダメ人間に、どんなすばらしい概念や技術が隠されているかもわからない。
仮にこれをコンピュータのように、情報、つまりデータをやり取りして
最適化したらどうなるか。
個人も社会も、飛躍的な進化と最適化を遂げるだろう。
大半の人間がその肉体的限界の範囲内で、世界同時進行の最適化を受ける。

これは、共産主義と呼ばれた概念の最上の状態を具現化する可能性である。

利権主義を過去とできれば、後は可能な限りの情報共有を計るだけである。
隅々まで、システマティックで先進的な社会システム、人間が存在できる。
反面、教育産業は衰退するかもしれないが…


【共有≒共産 4】

文章力が稚拙なのでややこしく書いてしまったが、

要は、儲けや地位をを追いかけなくても、
むしろ共同体への思いやりや甲斐甲斐しさだけで優れた物を生み出し、
それが社会システムの活性化や反映に繋がる。
そして、システムの管理運用面は人情を廃した、機械的な運用が徹底される。


(まとめ)
繰り返すが、現状はこのシステムが
悪魔的な悪党集団によって悪用されている。

脅迫、ストーキング、殺人、発病、洗脳…
ろくなことに使われていない。

結局は、悪党からこれを奪回して、彼らを壊滅へ導き、
上記のような新システムに組み入れていくしかないだろう。


ちなみに、
悪党集団の根本的思想は「選民思想」
優れた人間以外は抹殺してもいいという概念で、すでに広く実践されている。
管理階級が、横暴な我侭を発現している実績がある。

私が述べたようなシステムは「平均化理念」
個体の可能範囲で最適化した後、全て有効利用しようという概念だ。
基本的に、暴力統治を必要とするはずがないシステムといえる。
特定の利益に固執して奪い合う必要がないからだ。
利益がないところに悪党は育たない。


【回線は速くなっても】

日本国内のインターネット回線は、
安価で高速になって久しい。(都市部だけという話もあるが)

しかし個人向けサーバーはどうかというと、変わり映えがしない状況にある。
容量は増えないし、むしろ会員募集に制限を加えたり、
まったく経年に伴う変化がない。せいぜい、オプションサービスが増えて
ややこしくなったくらいのもの。

つまり、インフラは薄利多売で儲かっても
個人向けサーバースペースは儲かってないということなのだろうか。
高速回線を使い切っていたのは主に、ストリーミングコンテンツ業者のサーバーや
ファイル共有ツールなのだろう。

HTTPサーバーが容量を増やしても、
1ファイルあたりの容量が大きい画像や映像などがダウンロードされても
サーバー業者にはうまみがない。
ダウンロード中は広告も見てもらえない(クリックがないから)
しかしサーバーの負荷だけは増える。
(ダウンロード量に比例して、処理が増えるため)

なんとか、無条件で500MBとか1G、無制限があたりまえの
少しは前進を感じさせる時代にならないだろうか。

容量無制限や大容量を売り文句にしながら、更新が一定期間なかったら削除対象だとか、
どうも個人向けの中でも無料スペース提供業者は特に貧乏くさい。

WEBはライブラリの性質がある。
コンテンツは無条件存続を前提にしないと、
その長期的価値は上がらないままなのではないか。

また、ファイル共有やBBコンテンツなどのトレンドともむしろ渡り合う姿勢がなくては、
HTTPサーバーはこのまま緩やかに寂れていくだけなのではないか。

サーバー、インフラ、クライアント
いずれかがしょぼいアンバランスでは、いずれかが優秀でもいいものは生まれない。
きっとね。


【原油】

イラクの原油を目当てにした戦争が泥沼化、長期化して
ついに日本のガソリンが値上げになった。

長崎の小学生殺傷事件。
同級生が切りつけたのに、集団下校とはこれいかに。
犯人は名前すら明かされず、被害者は実名に写真まで公開、
親父がテレビでインタビュー。

なんだかねえ。

5/31

【日記】

今日も、上空のほぼ真上に気圧の谷が来ていた。
真上を境に、雨雲と晴天が縄張り争いの小競り合いをしている。

次に金がなくなったら何日飢えるのか。
なんとか繋いで行けたとして、ただ生きるだけの暮らしに何の意味があるのか。
生計は立てられぬ、正体不特定の集団には追われ続ける、では。

個人を追いまわすことが金になって、多くの人間や組織が動いてしまう世の中。
因果から森羅万象まで、人類が思うように出来てしまうう薄っぺらな世界。
おかげで、世界中の人や生物がラジコンのようにコントロールされている状態。
これ、末法、魔界也。

何とかならないかなあ。


5/25

【いまどきの首相】

小泉さんは、誰も本気で着手しなかった改革などを
実践しているには違いないのだが、いかんせん自民党政権という
旧態政権のままだから、やれ手ぬるいとか叩かれっぱなし。

ゴルバチョフの立場に少し近いんじゃないかとも思わせる、哀れな印象も受ける。
要は、日本にたまった膿も相当な量であり、重症なのだ。

次代以降の首相も、必ず同じような批判攻めの毎日を送るのだろう。
現在の国会議員が預かる政権では、民間が思い描くような短期間で効率的な改革などは無理だろうから。

ただ私個人は、冷ややかな態度も崩せない。

政府機関が各種団体や裏社会と結託して、
国民殺し、脅迫、集団洗脳など、並の犯罪者以上の陰謀を大々的に展開していると言う
暴走を止められないでいるのだから。
(詳細は告発サイト参照)

誰だって、人殺し集団の頭領に、いい感情はもてない。
たとえ、現代社会は全て「お役目システム」であり、肩書き以上の権限も身分もないにしても。


【日記】

米糠を炒る。
そのままでは消化されないから。
炒っても甘味がある。胚芽米はこのおかげで旨い。

片栗水で固めて、ごま豆腐風にする。
手製の加糖練乳をかけ食す。
麦でも落花生でも胡麻でもない風味が良。

ちなみに加糖練乳は、鍋では火にかけても湯煎してもダメらしい。
鍋表面だけが熱くなって固形分(ミルキーとほぼ同じ)がくっついてしまう。
ボールなど、かき混ぜやすいものがいいようだ。

5/21

【ファイル共有ソフト 今日の一考】

方々を見ていると、新しい概念を模索創造する有意義性が説かれている。
これも一理あり、以前は大きくそれに賛同していた。

違法すれすれで開発や実験的運用しなくてはならないのは、
そうした実験的運用を許可するなどの柔軟な体制作りが
欧米とは違って日本政府にはないからだと言う、現場の意見もあった。


【その2】

今や、かつてのような
AV(音響、映像)、パーソナルコンピュータ、
TV、ビデオデッキ、ステレオセット、といった区分けがなくなってしまいつつある。

TVが見られて録画が出来て、CDが聞けて録音が出来て
収録物をファイル化が出来るから、あっちこっちへ移動させて持ち歩いたり
配布したり出来る。
パソコンはそうなりつつある。

また逆に、ビデオ機能、オーディオ機能、ファイル保存機能などが
統合された家電品も登場している。

ハードウェアの進化が、余裕で複合的機能を持たせる事を可能にして
製品作りの際、どういう機能を持たせるかの常識が、揺らいでいるのだ。

こうした中、ただ過去の遺物的な常識だけを保護しては、
世界的な先進技術の流れをリードするどころか、追従すらできない
危機を招く恐れが大いにある、ということらしい。
なるほど、と思う。


【その3】

日本は、固くて難解な規制や認可が足かせになって
柔軟な欧米やアジアなどの工業立国に置いていかれるのだろうか。

クルマが古くなり、パソコンが来た、次はインターネットかと思ったら
これももう古くなっていて、デジタル家電だという話になっている。
先進産業は恐ろしい速度で推移(交代?)している。

別に、何でも一番先がいいというわけはない。
むしろ日本だって、先に出たものを研究し尽くして
「メイドインジャポン」という、超高品質製品に仕上げるのが
多く見られた姿ではないのか。

他のアジア製品を見るといい。
中国韓国製品の多くは、日本の下町工場の凄腕職人の技が
感じられないようなものが多いし、
図面の引き方から製品設計のポリシーに至るまで、どこか
模倣ではあっても、職人的一級品とは言いがたい「隙」がある。


【その4】

特に、パソコン由来のデジタル家電の技術は
日本以外のアジア系がリードしやすいようだ。
製品精度や使い勝手は日本に多少劣っても、コストが安いから
向こうのほうがノウハウも実績も持っているからだ。

コンピュータ発祥の地のアメリカも脅威だ。
マッキントッシュのアイポッド(携帯音楽プレイヤー)
バカにならないシェアになった。

Winnyに端を発した規制云々に限らず
日本はこうした流れをどうやりくりするのか。

パソコン系ハードにはどうしても弱い。
ソフトウェアの開発も柔軟には行かない。
しかし比較的得意なデジタル家電に、これらは密接に関連してくるだろう。

Winny開発者逮捕は、このことについての論議を拡大させたと言う
功績があるのかもしれない。

私は様様なハードを知っていて使い方もわかるが、
買えないし買わない。
ブラウン管TVにVHSにミニコン、ペンティアム3のパソコンで大きな不自由がないからだ。
しかし、国としては今後、世界をリードする先進の製品を作っては売り
利益にし続けなくてはいけないのだろう。

たぶん、官公庁のトップにも、企業の幹部にも、私のような
必要十分に留まっているのんき者が多いのだ。
自宅の製品を全て最先端にして、こんなものを売らないといけないのか
さらにこれを覆す製品を考えなきゃいけないのかと
強く自覚して欲しいものだ。


【その5】

ただ、何度も言うようにWinnyはやりすぎた。
ユーザーも開発者も、良心的、自制的なリミッターが働かなかったために
違法ファイルの出回りが拡大しすぎた。

先進的な実装機能に溺れたといえる。
SFのような、過去の人間に未来の文明品を渡したシチュエーションに近かったのかもしれない。

日本は、ことインターネットではエンドユーザが先端を行くと言う風潮にあるようだ。
ユーザ側の自治や自制もさることながら、政府も技術革新に対して
前向きな支援や譲歩があってもいいような。



【日記】

パスタを日常の食材とするべく、研究する。
つまり、ありふれた和洋中の食材とのコンビで、どのような成果が出るか。

まず、前日の晩に作った、親子丼の具。
これは味噌汁用だしに醤油砂糖みりんというシンプルなのが幸いしたのか、
非常にマッチングが良かった。
市販のめんつゆだと、少し風味がはっきりしていて違和感が出たかもしれない。

次に、缶詰のさば味噌煮。
まず玉ねぎをいためてから、キャベツを加え、
最後にさば味噌を味噌たっぷりに加えて、軽く炒め馴染ませる。
こいつもマッチング良好。
手製のさば味噌煮の場合、臭みを抜くのと、味を中まで染ませることに
苦心すれば大丈夫だろう。
しょうがを利かせていると、いいかもしれない。

ソース焼きそばをパスタでやってみた。
ゆでる時に完全に火を通し、すこし柔らかすぎるくらいでちょうど良い。
オイスターやXOのソースが加わるとベター。
具は焼きそばと同じで良い。

ラーメンスープでもOK。
これも焼きそばと同じようなゆで方が良い。
パスタは液体に浸してものびないからだ。

なるほど巷で言うように、パスタは万能だ。
ただ、使い倒すほど馴染んでいないだけだった。

麺の中では米に等しい安価なのも魅力。
(高級品や付加価値品もあるけど)


5/19

【こういうのが日本を本当の意味でよくしていきます】

毎日から。
(地域密着取材型の情報誌。草の根活動で地域を盛り上げている人などを紹介)


【ファイル共有ソフトで学ぶべきこと】

結局、Winnyみたいに、悪事がばれにくい高機能を実装した
ソフトは、メディアコンテンツ販売業者のあり方に変化を求める
事にも繋がったんじゃないかと。
「ファイル共有ソフトに負けるな」という新戦略と言うことだ。

むろん、Winnyの衰退で潤いは戻ってくるだろうけども、
有料ファイル配信にビジネスを見出して積極攻勢のNTTCのように、
ソフト制作販売業界もそうした流れに乗り、また独創的に
ビジネススタイルを模索していくべきだと思う。

アニメなどの第1話配信は、だいぶメジャーになってきた。
これをもっとあっちこっちで宣伝すると、効果はまだ上がるだろう。

私も、どの作品が試聴サービスを受けられるかわからず、掲示板などの投稿情報で
知ると言うことがある。
これは、BB配信業者のサイトへ行かないと、どんな作品が公開中かが不明という
情報源の偏りに起因する。

テレビ番組については、放映週だけ配信すると言う ことをやれば
確実にファイル共有の利用者を減らせる。(ガンダムSEEDなどが好例)

ただし、地域制限を徹底しないと、未放映地域からアクセスされてしまう。
(無論、なんらかの理由でネット限定全国配信と言う手もあるが)
これは、会員制にしたり、回数制限などをすることで対策するしかない。
これについてはWMP9で、すでに実用になっている機能がある。

海外には、ビットトレントというツールがある。
これはファイル共有というより、ファイル配信がメインだ。
しかし、ダウンロード中は、同じファイルのダウンロードユーザ間で
相互に断片ファイルを補完し合えるという、ファイル共有ソフト的な
機能を併せ持つ。

これのユーザとソフト権利者双方の利点は、
ユーザが共有用ファイルを用意する必要がないと言う点だ。
落とすときは無条件で、配信サーバーと、同じ物をダウンロード中のユーザーから落とすからだ。
欲しいものが一致しているユーザだけが助け合う、狭い互助なのだ。

WinMXやWinnyは、たくさんファイルを集めて他人にダウンロードさせないと、
自分がダウンロードすることが出来ない。(等価交換やトレードの性質)
こうして、違法ファイルコレクターが溢れ出すことになる。
これは、同時にたくさんのファイルの流通速度を、飛躍的に向上させてしまう。

しかしビットトレントのような機能だと、そういうことはない。
一時の、ワレモノに近いかもしれない。
検索も、WEB上で自分で行う必要があるし。
(トレントユーザのポータルサイトというのがいくつかあるが)

これは、警察組織がどんなものにはお目こぼしを多くして、また厳しく取り締まるか
ということでもある。
各ソフトのことをよく理解して、有効にそうした住み分けを形成していかないと
効率的に違法ファイル流通を減速させることが出来ない。
ただめくらめっぽうに、全ての壊滅を狙うならこの限りではないが。


【音声はがき】

ついに出た、音声の20秒間録音再生機能がついたハガキ。
しかも、手でぐっちゃり丸めても大丈夫。
薄さは厚紙並で、プリンター印刷でも使える。
(以上、テレ東京WBSより)

ということは、もう昨年の日記で書いたような
「音声と映像機能つきの商品パッケージ」は
実現可能と言うことだ。

有機EL液晶は、下敷き程度の折り曲げには十分対応している。
薄さも、上のハガキに収まるくらいだ。

あとは、コストの問題。
液晶に加えて、映像分、電池を増やす必要もある。
メモリー装置も映像だから大きくなくてはいけない。

音声ハガキが録音機能付きで売価700円、
ということは同じような大きさで、再生機能だけの映像音声機能つきの
ハガキや商品パッケージは倍ぐらい、1400円くらいになるだろうか。

録音録画となれば、もう少し値段は上がりそう。
特に録画は、映像圧縮技術の処理機能搭載や
カメラユニット搭載、(別売りの外付けがいい?)
などを考慮すると、相当高コストになりそうだ。
現状だと、実現しても売価3000〜5000円にはなるだろうか。

ただ、ハガキや観音開きの封筒などでビデオメールが出来るようになったり
商品告知のDM、売り場でのインタラクティブチラシ、ポスターなど
うまく使えば、高コストが消し飛ぶくらいの販売増に繋がるかもしれない。

とりあえず
ロックマンから年賀状が!
いや、むしろ年賀状の中にロックマンが!
というのを想像してしまった。(ロックマンはカプコンのゲームとTVアニメ)

ちなみにこの商品、電池は埋め込みで交換できない。
この辺は商品によっては充電や電池交換に対応したいところ。

紙が動画し、音を鳴らす。
そういう時代になってしまったようだ。


【因果な体験】

昔、近所のパン屋で出たみみをもらってきて、
揚げたものを「揚げパン」として数十円で売る駄菓子屋があった。
小遣いが貧弱な私のような人間には量も手伝って好評だったが、
そうでない者たちは「サギだろう」と冷ややかだった。

後日、その揚げパンの調理中にボヤを出して騒ぎになった。
因果支配者も、サギだと思ったのだろうか。

最近のこと。
カレールーが少ないので、チキンスープとミックスして
適当にカレースープにして食べた。
翌日、スープカレーの専門店がテレビで紹介されていた。

少し前。
鳥をフライパンで焼いていて、染み出てくる大量のチキンオイルを
かけながらまんべんなく火を通す、という手法をとっさに思いつき、実践した。
出来上がりはまるで、レストランのシェフの手によるもの。
後日、スマスマか何かで、西欧料理の技術としてそういうのがあると
実演で紹介していた。

このように私には、
自分自身の考案した手法の実践が先で、
直後にテレビなどでその手法などが紹介されると言う体験が多い。


【Winny開発者逮捕におけるネット投稿内容の欺瞞】

ネット上の匿名投稿の多くは、
説得力があるもの、牽引力があるものなどは特に
なんらかの団体や組織が囲っているプロの書き込み屋だ。

製品レビューの掲示板など、サクラが情報操作をするのは
もうビジネスモデルとして確立して久しい。
つまり書き込みが金になるからこそ、情報操作が多くなるわけだ。

Winnyでも、こうした匿名投稿情報操作はあふれている。
無関係な所での出張書き込みが相次ぎ、返信をつけるのも書き込み屋の仲間が行う。
いつまでも記事が消えないでトップに表示されるわけだ。

慣れてくると、定型パターンや、文章内容の特定の冴え方によって
見分けがつくようになる。

こうしたセンスを、特にマスコミや官公庁の方々には
しっかりと身につけていただきたい。
現状の様子では
まだまだ工作の投稿ごときに、マスコミのみならず警察関係までもが
騙されたり影響されている事例が多く見受けられる。

実際、イラク人質の件で警視庁公安部が被害者の所へ聞き込みに来た時
「自作自演じゃないのか」と言う点だけ、しつこく押し付けるように聞いてきたと言う。

また、「包丁は人殺しに使われるから、包丁職人を逮捕」といった
パロディの書き込みも見られた。
これは、危険な「論点のすり替え」だ。

包丁で人殺しが行われる度合いと、
Winnyで企業利益を無効にする犯罪行為が行われる度合い、
どちらが頻繁であり、犯罪者が多い(悪用率が高い)のはどちらか。

銃刀法で、殺傷目的でしか使わないような刀剣は規制されている。
わざわざ作って殺人者にも売るような職人が居れば、逮捕されるかもしれない。
Winnyのようなソフトを作る人がいなかったのは、それが犯罪の飛躍的増加を
生むことを理解した人が多かったからだろう。
自分にも責任追及があると言う恐怖心もあったかもしれない。

ソフト開発にも、刀剣製作にも、何らかの深い意義はあるだろう。
しかし、その辺は論点の正常さを良く見極めながら、議論していくべきものだ。
議論をひっかきまわしたり、情報操作することで利益を得ようとする連中が
いるくらいなのだから。


【日記】

自転車2台を整備。
通学用に乗り潰された後に放置されて久しく、
ほとんどリストアだった。

1代目は1万円自転車。
2年しか乗ってないのに消耗が激しい。

チェーンペダルなど擦動部のクリーニングとグリスアップ。
バスケットの整形、ステーのゆがみの修正、ねじの増し締め。
ハンドルは、組み付け時に無知な人間が組んだらしく、角度がおかしくて
乗っていて体重をかけられない。よって角度を大手メーカーと同じに調整。
シートも低すぎてペダルに力が入らないので調整。
本当、つまらないところに手間がかかる。

2台目は石橋製。
3年乗ってても、各部品が元気いっぱい。

まず、前輪のパンク2箇所をふさぐ。
空気が抜けてから乗ってきたような穴の開き方(とゴムかすの山)だった。
ホイール発電型のライトのレンズが外れて紛失。リフレクターごと電球が飛び出してしまう。
輪ゴムとラッピングフィルムでリペア。
ペダルの片方だけ、かなり油切れ。たぶん、ラインの組付けで注油が甘かったのだろう。
分解してみると、なんと高品質のボールベアリングをし使用。
メタルが普通だと思っていた私は、どうやら大手メーカーの最新情報に疎いのか。
注油してやると、まるでフリクションゼロのように、いつまでも回り続ける。
ベルがなかったので、数年前のアフターパーツを組み付け。
FRホイール軸、チェーンに注油すると、もう新車のごとく静かに進む。
乗り心地もふわふわと楽。1台目は雲泥の差。

以上、洗浄にはCRC、注油にはチェーングリスを使用。

悪いことは言わないから
皆さん通勤通学自転車は大手のものを買いましょう。
3万程度だと、上記のいい部品がてんこもりです。
バスケットがABSだったり、リムホイールがステンレスだったりします。


【公然たる言論自由の侵害】

日本テレビ系列が、訪朝団動向から除外。
米の寄付を、交渉のカードに使って受け入れられたことを報道したからだと言う。

確かに、記事にするタイミングや内容には
時期が時期だけに慎重さには欠いたかもしれない。

しかし、それに怒るのはわかるが、
なんで除外なんて嫌がらせを、報道と言う重大な使命を持つ
マスコミに対してするのか。
これは今度は、政府に慎重さが無さ過ぎるとも言える。

また、情報元が悪いかのように、情報提供者の開示を求めているが、
情報を入手された、政府のセキュリティの甘さの問題はどうなるのだ。

それでなくても小泉内閣は、乗りと勢いで無茶を実行した経緯がある。
「自衛隊イラク派遣」「自己責任論」もその一例だろうか。

私のように、公安も混じった人殺し集団に追われる者が多発している
現状と言い、どうも政府のやることだけを見ても危険なものが多すぎる。
傲慢さを、暴力や威圧で押し通す姿勢だ。

あらゆる分野の、あらゆる地位の人が
それぞれが見聞きして体験したことだけでももっと声高に、
世間に訴えていくべきだ。

さもなくば、大きな権力や勢力を誇っている者たちだけが
どんどん好き放題に暴力的に独裁化していく時代に、もうなっているのだから。


5/17

【諫早干拓の愚】

なぜ、干拓をしてしまったのか。
もとは、地元の農民に干拓地を農地として与えることが意義だった。
しかし、工事の時点ではすでに、その意義は大分薄れていた。

しかも、諫早湾と有明海の資源、自然などの重要性がかなりクローズアップされ、
反対派がかなりの勢力となっていた。

工事決行そのものは、公共事業にありがちな意地だけで行われたと言ってもいい。
利権は、過去に興された物は完成させないと維持できないからだ。
当時のニュースでは、ムツゴロウなどが苦しそうにパクパクしている映像が流された。

官公庁側は、水産資源は維持できると言う研究成果を告知したが、
実際には壊滅的打撃を受けた品種が出始めている。
しかも諫早湾だけでなく、有明海にも飛び火して。

現在、ここを水門解放によって海洋調査しようと言う動きがあって、
ついに政府はこれを見送ってしまった。
事実上、最低数年は延びる。

地元の漁業連合はl困窮している。
自然も破壊が進み、激減した品種(タイラギなど)はこの付近では全滅するかもしれない。

自然との共生が、ことに海との共生がうまかったはずの日本。
今の日本は日本と言えるのだろうか。
八百万の神の多くをないがしろにしている
日本を踏み台にした、別の国家なのではないか。


【愚かな】

イラクのバグダッドで、またも自爆テロ。
しかも、暫定政府の議長を狙ったもの。
身内同士で、わざわざ治安を悪化させている。

もう、イラク人同士で国中を引っ掻き回したいなら好きにさせればいいのではないか。
外国部隊は全て撤退。内部抗争が収まるまで無視。

なんてわけにはいかないのはわかるが、
私のように、暗黙に進む不可視の攻撃と、国の乗っ取りの陰謀を
生で体験している身としては、これって日本もそっくりだとしか思えないのが
悲しいところだ。

政府や一般国民なんかのまじめ派を
ヤクザや宗教なんかの陰謀大好きクーデター大好き達が
政治から経済から乗っ取ろうとしている。
これもまた、身内同士の潰し合いだ。

こんなのを、加害者の一端である右翼は「天皇国家、神の国」などと
ほざくのだから、その白々しさに呆れて物も言えない。
極道や右翼の先祖も、さぞや嘆いているだろう。

5/16

【横浜中華街】

のうち、2店舗の取材番組を見た。
おかゆ専門店の「謝甜記」
中国東北料理店「」←失念。調査中

繁盛店の「謝甜記」は、おかみと主人、その家庭のいずれにも惚れてしまった。
典型的な、商売やりながら活気を保って、なんか家族も円満になっているパターン。
力強い。実績が貫禄も備えさせている。

おかみは外から嫁入りの日本人だけあって
女性向ミニメニューや、オリジナル中華饅頭など、普通の飲食店の発想でメニューを考えていく。
これが中華街で育った主人や、中華街の寄り合いには
若干、馴染まないらしい。

東北料理店は、その地味さも手伝い、特色や売りを出せないで苦戦している様子。
新規店舗なせいか、中華街の公式サイトに も載ってない。

セロリ餃子で売り込もうとしていたが、もっと「ここでしか食べられない逸品」や、
マスコミやインターネットでの売り込みで知名度アップを
狙ったほうがいいんじゃないかと思った。
港南台には、同様の東北料理店を謳いながら、「ここだけ餃子」で行列が出来ていると言う
店もあるようだし。

いっそ、勝手にファンサイトでも作ってやろうかなんて思った。


これ、誘拐じゃないんでは?

堅物が、法律的解釈だけで動こうとするとか
利権がらみ、成績至上で動く検察や警察はいざ知らず

普通の人である私から見れば、こんなのは事件性、融解の実態があるとはとても言えない。
良くて起訴の無効か取り下げ、悪くても無罪だろう。

これの実態は、
「家庭内虐待に耐えかねた子供が知り合いに懇願したのを、なんとか救ってやろうとしたのが騒ぎになった」
ということになる。
つまり、家族側が加害者の容疑を追及されるのが筋と言うことにもなってくる。

と、手ひどい虐待の中で育ってきた個人は分析しましたが。


5/13

【個人的日記】

CGIオンリーのWeblogツールを設置してみた。
CGIディレクトリ内のHTMLにはアクセスできない仕様のサーバだったため
静的仕様とするため生成された、HTMLにアクセスできなかった。

他のツールなども色々試してみたいが、
今は生活が極限状態だ。

もし普通に食事が出来て、光熱費が捻出できて、
住居が確保できるようになったら、
(あとできれば、身辺の平和が完全に確保できるようになったら)
じっくり試したい。

とりあえず作業に集中するほどに目が回る。


【ケン木さんの すごい 冒険】

ケンウッドが、NTTの新型電話機(昨日の日記参照)みたいなのを出した。

WEBブラウザとメール機能つきの液晶テレビ・HDD・CDステレオセット。
インターネットにアクセスして音楽配信サービスを受けられる機能もついている。

見た目は、ただの小さなテレビ付きマイクロコンポ。
しかし、機能的に見渡せば「パソコンなんて、触ってもWEBでメールとブラウズだけよ」
な人には、パソコン一体型コンポだ。

日本企業はこういう製品作りをして然り。
何でも取り入れ、最適化していくような。

パソコンなんて、古い古い。おっさんくさい。堅苦しい(ビジネスライクで)。
大体、高いじゃん。不安定だし。ウイルス怖いし。
そんな時代はもうすぐかも。

WEBインターフェースとして電話機やステレオなど。
容量や機能的な補助に、DVDレコーダーやゲーム機などに組み込まれたホームサーバーを用意。
回線は今まで通り。

AUの携帯電話がいい例で、あれは今存在する全機能を機種ごとに切り貼りして
コストダウンや個性化に役立てて成功している。
これがなんと、ドコモの優位を食ってしまった。


【全部民営化、公社化】

じゃんがららあめん全部入りの発想。
もしくは総・郵政と同等の公社化の発想。

まず日本政府を公社化。日本公社。
すべての官公庁や地方自治体にトヨタや日産の役員や指導員を派遣。
徹底指導、システムリストラを敢行。

そして、こういう下地作りが完了した後に、
しなの鉄道や新生銀行の社長みたいに有能な人を代表取締役総理に就任させて
好きなようにやってもらう。

たぶん、国家が民(間企業)に近くなると、いわゆるサービスがすごくなるんだろう。
でも、利益にならなくても必要な事業も多いので、これを残してもらうように注意しなくてはならない。
そもそも、国民は国民であることをリストラできないのだ。
全員円満を前提にするのは、企業にはない特質だから。

こういうとんでもない効率化や健全化が、日本に何をもたらし
世界にどんな影響を与えるのか、すごく興味がある。


【国会議事堂って必要あるのかな】

これは極論だけど。

どんな巨大企業の経営会議だって、せいぜい一番いい会議室で非公開で行われる。
別に毎日のように国会中継して、居眠りや雑談を映すこともないような。

こういうのって、さも政治家は仕事してますよパフォーマンスを見せ付けて
国民に誤解を与える要素でもあるわけだし。

企業は経営の成果で判断してもらい、それでうまくやっている。
そういうスタイルからも、学べることは多いのではないかと。

もっとも、威圧的とか暴力的ばかりが目立つような政府じゃ
私みたいな発言者に弓や鞭を飛ばしてくるだけかもしれないが。


【民主党についての直感】

小沢一郎は、リーダーにしてはいけない。
なぜだか、そんな直感がある。なぜだろう。


【アマチュア政党】

宗教だの啓発だのの信者を当てにして与党クラスにまで膨れ上がった政党は、
党員処分ひとつとっても甘甘で、これはプロではない。
支持者は甘やかすに決まっているという、最悪のアマチュア政党だ。

こういうのは早いうちに、スタンダードから遠ざけなくては世界の将来のためにならない。
ただでさえ世界的に混迷、日本だけだと低迷と迷走の時代なのに。


【政治家というものが固定化されてきているけど】

思うに、既存の「政治家」というものがもうダメなんだね。
これを完全に覆していける、効率性と透明性を併せ持った
新たな政治執行業者たちが、主権を勝ち取るべきフェイズに差し掛かっているのかな。


【アメリカは帰れ】

それしかないだろう。一刻も早く帰ることを最優先にするしか。

イスラムとキリストの対立、欧米と中東の対立である。
根が深すぎる。
そして、双方が偏見や先入観も混じった憎悪で、虐待や殺戮をエスカレートさせている。

私の直感も同意している。
総選挙をさせたらすぐにでも、即時撤退するべきだ。

仮にケリー大統領ということになったとき、
彼が極めて賢明な対応をさせることを望みたい。
無論、再選を果たしたブッシュ大統領が同じことをしたっていいのだけど。


【HODOステーション】

本人がまだ慣れてなくて勉強中だからといってるうちから
ネット上の情報操作掲示板系(匿名何たらとか言うやつ)では、ダメだ発言が演出されまくっていたが、
なんのことはない、最近はずいぶん板についてきた。

当初、相槌や突っ込みに素人っぽい違和感があって、見ていてつらい面があったが、
今はそうでもない。
たぶん、丸一年もすればニュースキャスター初段くらいにはなっているんだろう。

久米時代は、ニュースというよりはカッコイイ演出、ハイセンスバラエティというか
情報番組みたいな雰囲気を故意に出していたが、今後のHODOSTはどうなっていくのか。

まあ、カッコだけじゃ私みたいに、貴重な日々を犯罪者に食われている者は救われないんだけど。
その意味で口火を切るのはどの局か、死ぬまで楽しみにしていようと思う。

案外テレビ朝日みたいなのが一番臆病なんじゃないかと勘ぐってみる。


【発想の対価】

私の個人生活が番組にされてしまったり
私の思いついた概念が新製品として登場する。

私の告発サイトで説いている概念からすれば、過去未来、自分他人が無効だから
誰が本当のオリジンかはわからない。
しかし仮に、ほとんどが私の発想に基づいているならば
国内的にも世界的にも、かなりの富の根源を生み出しているという話になる。

そんな人間でも、社会生活を不可能にされ、日々虐待を受けて、
いつ死ぬかもしれない毎日を強制されている。

なんなんだこの世界は。なんなんだこの国は。
つくづくそんな風に思う。


【携帯ゲーム機】

ソニーがPSP
ニンテンドーがDS

どっちも手堅いつくり。
個人的には、メディアにスマートメモリーを採用したニンテンドーが
面白いメリットを獲得していると思う。
物理的に回転するメディアは、今後は安価媒体以上の用途としては廃れていきそうだから。

通信機能や独自機能など、総合的にどこが優位を獲得するのだろうか。
とはいえ、XBOXでさえそこそこの地位を獲得しているくらいだから、
住み分け程度で共存していくのだろう。

5/12

【NTT 次世代テレフォン】

ついに、電話機がPC市場に挑戦状?

フレッツ網のIP電話の使用を前提にしたこの電話、
(契約はADSL、Bフレッツなど)
WEBブラウザにメールソフト、メモ帳などの
ビギナーからライトユーザーには十分な機能が満載。

IP電話に関するハードはフル装備の、簡易PCと言った感じ。

外観、デスクトップPCに似ている。
テレビ電話用カメラ装備。
基本はハンズフリーで、受話器はオプション設定。

USBや映像出力、無線LANなどの外部端子も多く、拡張性が高い。
これもポイント高し。

何より、安い。せいぜい\70,000という。

以前の日記で、家電側からPCを食う戦略を提唱したが
コンセプト的にはまさにこれに当たる。

ライトユーザーの使用範囲では、PCは高機能すぎるし、
維持するにあたっての苦労も多い。
それの仲立ちをするツールがやっと登場し始めたというわけだ。

何より、製品が日本発である。
外国由来のPCより、うまみもあるだろう。
やはり日本製品はこうでなくてはダメだ。
「何々もできる○○」が基本でなくては。


【NTT 次世代テレフォン 2】

とりあえず、私的に要チェック。

家族が同じ端末にかじりつくわけには行かず、個別の端末か複数台が必要になる。
これ、子機親機の概念でいくと、各部屋に同じものがあるということになるんだろうか。
簡易機能版の子機があってもいいのでは。
(ディスプレイレス、小型、普通の子機電話)
(携帯電話と同等、Lモード付き)

無線LANで親機子機として使ったり、
内線機能で家族がテレビ通話、または離れた部屋の様子がわかったりとか?
ホワイトボード機能は、家庭の伝言で重宝しそう。
家庭内メールは、メールサーバーの設置やソフトの起動など面倒が多い。

LAN接続の端末群の中にPCも混じった場合のことも考慮しないといけないんだろうな。
でも、重複する機能自体が少ないか。

家庭LANだと、用途にもよるけどホームサーバーが欲しくなるかも。
外部ででもHDDは必須でしょう。
この辺、今後次第では、NTTはリリースしていくのだろうか。

何にせよ、今まではフレッツ接続のPCの隣で脇役だった電話機が、
今後は似たもの同士になっていくわけだ。

起動は速いんだろうな。
PCなんかと違い、数秒って所か。

でもネットに出られる以上、ユーザーログオンの概念とか
チャイルドアクセス制限とか、あったほうがいいような。
店舗においといてネット利用されちゃうとか、訪問者に触られちゃう
PCと同様のトラブルに備えて。

新しく回線を引けば、同じNTTで端末を購入できるというシンプルさも売りか。
一人暮らしの若者や老人なんかもターゲットか。

お年寄りにはいいかも。
パソコンだの周辺機器だのと面倒なことを言わなくても、
1台だけで遠く離れた子供家族とテレビ電話やメールとか。

設置や出張のサポートも、すべてNTTで済むからやりやすいだろうな。
ひとつの製品の知識だけについて習熟して説明すればいいから。

日本製品だから、老人や障害者向けのインターフェースや使い勝手も
比較的容易に改善対応できそう。

そして、展開実績次第では民間会社も参入しそう。
もっとユニークで使いやすい「家電ネット&電話端末」が
好調なデジタル家電販売の仲間入りをするのか。

まだまだ生まれたばかり。
どう改善され、どう洗練されていくのか
想像するだけでも、発想が尽きない。


【できたてドーナツ】

テレビ東京「WBS とれたま」で紹介していた、
アメリカの本格できたてドーナツ店「ドーナツプラント」日本上陸。
白金台と大手町ビルで開店するという。

店で作って売る、ビアードパパシュークリームと同じ手法。
280円と高いが、大きく、材料もいい物を使っている。
何より、画面からその職人気質の手による完成度の高さがにじみ出てくる。

東京にいた頃ならば、絶対に帰りがけに買って帰っただろう。
それくらいに、強く魅惑を感じる逸品に感じた。


【カネミ油症での国の対応に唖然】

鮫油にPCBなどの猛毒が混入していた。
それを食した地元住民が次々とかかった「カネミ油症」
全身がただれる重病だ。

高裁での判決が全面勝訴。
仮払金が支給され、被害者は治療などに活用できた。

しかし、最高裁に控訴。
弁護側は敗訴による仮払金返還要求を恐れ、控訴を受けなかった。

にもかかわらず、国は原告の発病者たちに仮払金の請求を再三繰り返し、
これは今でも続いている。
治療や病気苦でも大変なのに、膨大な借金(一人当たり250万)までかかえた
住民には、自殺者が急増しているにもかかわらず。

被告の農水省の広報は「税金でまかなったものを法律に基づき取り立て…」
とかほざいている。

バカヤロウ、と思った。
激しく怒りが湧いた。

やはり、今の政府は一度倒れたほうがいい。
現行制度が続く限り、こんな法や決まりを実行するだけの
ロボット政府はなくならない。絶対に。
根幹のシステムを一新しなくてはダメだ。

一般人なら、こういうことが税金の無駄遣いに当たるとしても、
誰も咎めず、むしろ奨励する人も多いだろう。

イラク人質の件で、解放された人に飛行機代を請求したことといい、
もはや政治家や役所の金銭を含む感覚は、一般人とはかけ離れすぎて
もはや、使い物になっていない。、

5/9


【日本は領土問題すら臆病なだけで…】

こんな報道が流れてしまうとね。
(日本の領土の島に、韓国の通信会社が勝手にインターネット網を敷設)
(勝手に上陸した韓国人に、無料でPCなどを寄贈)

やる気あるのかよ日本政府。
いいようにやられている鬱憤を、私のような弱者いじめて晴らしてるだけじゃないのか。

私にはこう言う資格がある。
日々それだけの攻撃を受けているのだから。


【MOTOGP】

ロッシ自身が、YZRの雨天走行の性能が良くないことを認めた。
車体かエンジンか両方か。
いずれにせよ、ロッシの満足行く雨天走行性能が出れば
無敵のマシンにまた一歩近づくのだろう。


【どん底】

飢えが続き、生命の危機が現実味を帯びてきた。
なんと言っても、本当に二度と食事らしい食事は出来ないまま
生涯を閉じるかもしれないという状況にある。

これは私に何かを与えるだろうか。

しかし、現況の直接の発端である昨年を振り返れば
得るどころか、ただ潰れ行くのみという印象が強くなる。

周囲に、このひどい現実が世界に広く浸透しつつあることを理解させるのには
無理を感じている。
この手の災難は、被害に遭わない大多数の人間には理解できない特性があるし、
常人には理解させないような根回しも(世界中の人間を洗脳していることも含めて)充実しているからだ。

理解できない常人を笑えばいいのだろうか、哀れめばいいのだろうか。
しかし常人は馬鹿なまま普通に生涯を送れる確率も残っている。
真実を知らされたゆえに、生きる道を閉ざされるよりはましなのかもしれない。

5/5


【グラディウスV】

アーケード版をやりこみ、9面キューブ地帯の完全クリアーを3パターン+α見つけた。

(1)
一番上からキューブが出現するタイプ。これは、慣れるとすごく簡単。
(最後まで左上でやり過ごす。)
最初のを真横へ誘導し、後から来るやつも同じ所へ横一列に誘導して壁を作る。
あとは一番左上に収まってればOK。一番左に入っても壁には当たり判定がない。

これは、最初は一番下で待っていて、最初のキューブを下に誘導してしまっても大丈夫。
次から来る上方のキューブを真横に誘導していれば同じように壁が出来る。
ただしホーミングが厳しい(自機めがけて突っ込んでくる)キューブの誘導に馴れが必要で、
成功率はやや落ちる。

(2)
真中と最下の中間からキューブが出現するタイプ。
最初のをレーザーゲージの位置へ誘導し(斜めに固定される)、下から来たやつを水平にくっつかせる(2個体)。
(自機は一番下より、微妙に浮き気味)
それより上から来たやつも、やはり水平にくっつかせる(3個体)

こうなったら大急ぎで、一番下の斜めキューブに自機をめり込ませる。
(上下座標は一番下、キャノピーのオレンジが1ドット真四角に見えるようにする。)
すると後は、勝手に壁が形成される。
このパターンだと、ノーミス時にオプションハンターが出現しても、後ろがガラ空きだから対応しやすい。

一番左下で固めるパターンもある。
最初のを、自機を一番左下に置いて誘導し(スピードアップの位置で水平にくっつく)、
そのまましばらくじっとしている。

途中で、真中から自機に突っ込んでくるホーミングキューブが出るので、
(上に、くっついたキューブ2個体が出来る直後)
こいつを誘導するために上に移動しキューブ2個体にめり込み、飛んできたら下へ交わす。
するとどんなに悪くても寸止めで、あとは壁が完成してしまう。

(総論)
左下から遠いパターンの欠点は、固めるのは簡単だが、キューブ出現と同時に瞬時に移動するには遠いということ。
先読みするくらいじゃないと、2速では特に厳しいだろう。

(3)
真中より少しだけ下から来るパターン。
最初のは、ミサイルゲージの少し前に誘導する。
そのキューブの真上に自機を置きながらいくつかくっつける。
そしたら、あとはその塊にめり込む。キャノピーが見えないくらいに。

ただし、2回だけ避けないとぶつかるホーミングがある。
最初のは上の方から、後のは下寄りから。
このふたつを左へ避けられるようになれば、このパターンは習得したも同然。
あとは勝手に壁が出来る。

(4 060120追記)
真ん中より少し上から来るパターン。
最初をスピードアップの辺りに落とし、真横へゆっくり飛んできてそのままくっつくキューブのちょっと上に行く。
次の一個をそのキューブにくっつけて出っ張らせ、すかさず上へ逃げる。こうして次の一個を上のほうへ逃がさないとアウト。
逃がしたら急いで最初のキューブに隠れる(最左下)一番下から一個そこへくっつき、次に上から跳んでくるキューブを微妙に上へよける。じゃないと壁には なってくれるがぶつかる。
また最左下に戻り上に二個くっつくまで待つ。くっついたら急いでその上の壁に密着、じゃないと飛んでくるキューブがうまく上につながらず突っ込んでくる。
ここで成功すればバリケード完成。せまいが微妙にとんがった隙間なのでリザードコアまでいける。






【バネ】

東京は靖国通り、清澄のあたりにバネ職人がいる。
典型的な頑固親父で、でもどんなバネでも成型してくれる。
壊れた家庭用器具のバネだっていとわない。
こんな人のやさしさや柔軟性が通る企業は、現代には中々ない。


【プロ野球】

広島カープって、一番時代にそぐわなくなってきてるのかとも思う。
昔から、特訓だ練習だという厳しさが基本だったから、
いまは訓練する野球から伸ばす野球になってる中で、成績が伸びないのではないかと。


MOTOGP へレス走 行テストまで】

ロッシがインタビューで、ヤマハYZRの雨天走行時の弱さを認めた。
ホンダRCVは、後輪挙動の振動から来る恐怖感をライダーに伝えない「ユニットプロリンク」や
V型エンジンのスムーズなエンジン特性などで、まだ分があるということだろう。

以前からカワサキの中野はクラッチミートの特性が好きではないと言っていたが、
これも新型のパーツをテストして気に入ったようだ。さらに、フレームも新型を入れて好感触だという。
すっかり、今一番勢いを感じるメーカーとなった。

しかし何より興味がわいたのは、メーカーが組織する団体MSMAが、MOTOGPマシンの排気量の
900ccへの縮小を提唱し、実際に導入に向けて動いていることだ。
確かに、いきなり990ccは大きすぎたのだろう。

2ストロークエンジンの500ccは、おおむね4ストロークエンジンの750ccのパワーを発揮する。
(同じ気筒数で、同じ耐久性に落ち着かせた場合)
要は、同じ排気量で約1.5倍のパワーを発揮するわけだ。

しかし4ストロークは部品数が多く重量もかさむため、性能を搾り出したらべらぼうな予算がかかる。
そもそも出力特性などからもおそらく、この排気量同士では2ストロークには勝てないだろう。

そういったことなども考慮して、発足当時はあの990CCが算出されたのだろう。
何より、市販車は1000ccがポピュラーだし。

しかし実際にレースをしてみると、人間には扱いきれない部分というのが
いたましいアクシデントとなって表面化してしまった。
だから、安全面やマージンの確保などの点で、排気量を下げようということらしい。

同時に、車体の最低重量も引き上げるようだ。
重さが増せば、車体の安定度は増し、不安定な挙動が出にくく、また出ても対処しやすくなるだろう。


4/30

【ファイル共有とファイル公開】

ファイル共有とは、誰もがあるファイルをダウンロードでき、同時に自分もそれを公開しなくてはならない技術だ。
これが、主に著作権絡み等で致命的状況を生み出しているのではないかと思える。

少し前だと、ファイルは特定の個人が主催するサイトで公開される形式だった。
これは、出回るスピードが遅く(メンバーが相互にファイル公開しないため)、
その範囲も限られていた(サイトを知っている人だけの利益であったため)。

テレビ番組などは、海外で期間限定配布をしている場合がある。
これもグレーまたは違法だが、配布形態からしてファイル共有ほどの被害拡大はないはずだ。

ファイル共有だと、自分がダウンロード中の未完成パーツでも違う相手先がダウンロード可能で、
(パズルのように未完成パーツを合体させる技術)
これも完成ファイルの配布速度の加速に貢献している。

結局、ファイル共有の根絶とともに、業者によるファイル公開を推進するしかないのではないかと思う。
特に、番組などのメディアファイルは、話数限定ででも無料配布を増やす。

京都府警がこの手の操作でノウハウを持っていることは、マスメディアが報じたとおりだ。
この種の犯罪は今後、交通の反則切符のように軽犯罪扱いにして(内容は重くてもいい?)
大量に取り締まったほうがいいのではないかという気もする。

そうしてファイル共有技術使用の適正化を進めた上で、
コンテンツ事業者が、ファイルの安価公開や無料公開を推進していく。

要は、警察や法律も、業者も対応が追いついていない。
でも、犯罪はどんなに加速しても、待ってくれることはない。


【MOTO GP におけるスズキ】

一番見込みが薄いのかと思っていたスズキ。
しかし、なんとあのアーブ・カネモトが参入していたらしい。

かつてマックス・ビアッジ(現:MOTOGP、ホンダ)を250クラスで優勝させ、
500でも2位まで押し上げた。
個人チームでも体制(予算)次第でそれだけの成果を上げてしまう、メカニックスペシャリスト。

先日の南アフリカGPも、電気系のメカニカルトラブルを克服しきれていないのが
リタイヤの原因らしい。(よくある、振動対策の問題?)
となると、予選の結果など見ても、今後はカワサキと同じ程度のポテンシャルを持ち、
両者ともセカンドグループからトップグループになだれ込んでくる可能性が高い。

ただ、ケニーはじめスズキのライダーは、ホンダなどに比べて
ズリズリしない、伝統的な走りという印象がある。
(この辺が、ガンマと大差ない設計という印象をもってしまう一因か)
この辺になるとライダー次第だが、うまく適応できるだろうか。

モトジーピー戦国時代。
なんだか現実味を帯びてきた。


4/28

【年金制度ひとつとっても】

既得権益保守以上の動きには感じられず、結局はお決まりの与党強行採決。
野党も詳細データを政府から出してもらえず、いいように叩かれて終わった感触がある。

やはり、民主党が5年くらい、政府になってみるしかないのか。
ただし、公明党はじめ他党抜きの単独与党で。
いや、社民党と共産党は大丈夫か。

とりあえず、政府や犯罪集団の工作員によって命を毎日のように削られる毎日にはうんざりだし、
せめて国内政治くらいはワクワクする方向になってほしい。
「民主党政権!」

これが実現しても、まだ命を狙われ続ける毎日ならば、
そのときは現実を呪うしかないが。


【見る眼を麻痺させられた、日本人】

こういう考えが(朝日:「自己責任」問う声に反論 イラクで拘束の2人が会見)出来なければ、
ただマスコミや周囲が言っていることを鵜呑みにするだけの、
(本当の意味で)空気を読んで物事を考えることが出来ない人だ。

諸侯を見るがいい。地方にいるだけあって、まだ目が腐っていない。

政府の情報操作への積極性や巧妙さは、ちょっと常軌を逸し始 めている。
世間にまく噂や風評、マスメディアへの圧力的情報操作、インターネットでの風評操作…

別に全て政府が仕組んでいるとは言わない。
でも、一見悪党が独自でやっているようでも、結局はどこかでつながりがあって
お目こぼしや賄賂、情報交換や持ちつ持たれつなどが存在している。

多くの国民が持つ印象ほど、この国はキレイでも平和でもない。
戦前の特高警察のように、公安や裏社会が連携して社会を盛んに操作している。


【TV報道に2ちゃんねるが映った日】

しかも、犯罪関与で強制捜査との報道。
これは、事態が少し前進したと見ていいのだろうか。

これまで、こうしたネット掲示板が犯罪などのネガティブ要素で名前が挙がったり、
映像で報じられることは少なかった。

これは、直接的関与が明らかな犯罪が起きているとは言い難いか、
(ネットも掲示板も)匿名性が高く、画面の向こう側の様子が見えないために
犯罪に関与していることを立証しにくかったりしたのだろう。

要は、見えないのをいいことにやり放題の側面があったということだ。
「いや、書き込んだ人は他人だし、自己責任ですから」
これを悪用して人を雇い、嫌がらせや犯罪を命じることだって出来てしまう。

少しあの世界に漬かっていた私の、現時点までの分析では、
右翼左翼(特に右翼)など思想系の、街宣広報活動や
宗教系や諜報系の、個人団体やその他の情報収集など、
ああした掲示板はかなり汚くてディープな事に広く悪用されている。

つまり、匿名は嘘っぱち、素性から個人情報から取得され収集されているし、
それらを悪用して、個人を追い込んだり企業をゆするような材料にも使われている。

だから、あそこには怪しい連中が常駐したり、関与している。
金の流れや人脈も、おそらく怪しいものがごろごろあるのだろう。

現在のインターネットは、非合法活動や悪用に有利。
極道などの経営企業が率先して手をつけているのを見ても、それは明らかだ。

行き過ぎた管理は、統制とか弾圧といった息苦しい印象となってしまう。
しかし、この現状には何らかの適正な統制管理が必要だといえる。

ただ、ネットの組織運営された掲示板というのは、マスメディアの役割も果たしている。
慈善的なボランティアや人助けにも有効であり、私もそんな場面に出くわしたことが何回かあった。
警察など行政機関の介入が過ぎれば、これも言論と思想の弾圧に繋がりかねない。
ここは、注意しておくべきことなのだ。

同時に、ネットの世界も調子に乗るのはそろそろやめて、
自重と自浄を心がけてもいいのではないかと思う。
一般の利用者も、運営管理する側も、自堕落に汚染が進んでしまっているのは
自覚しているはずだ。

21世紀は、人がどれだけ自己抑制と自浄作用を発揮できるかを試される
時代ではないかと思っている。
世界を、そして母国をカオスで満たして、荒廃を進めるべきではない。


【インターネットが魔界化を促進しているのか】

何より、私が昨年からの激しい攻撃に見舞われたのはその
「2ちゃんねる」
が発端として関与しているのだ。
「2ちゃんねるの個人追い込み攻撃の実行部隊は、金土日というハンドルネームの朝鮮総連と繋がりが深い愛知県在住の中年男性」
という匂わせ記事を見て、その直後に都内で襲撃があったのだ。

(激しくなるずっと前から、それこそネットをしていない時期から兆候はあった)
(そうした以前の時期の攻撃は、創価学会や公安当局くらいしか思い当たらない)

そこに常駐する他の団体などが、思惑の一致などで動いたかもしれない。
しかしその辺の真の事情は、実際に加害者側の当人たちが明かさなければ私にはわからない。

思考盗聴、不可視の攻撃、波動照射による生物のラジコン化。
因果律を操って、任意の数列から人の死まで自在に操る。
あるいは天候などの森羅万象に至るまで。

これらはすべて、あそこから始まった。
私の体験や分析のうち、はっきりしているのはそこだけだ。

本当にこんなものまで内包している異常さが、ああした掲示板の実態ならば、
潰れろとは言わないが、浄化弱体化されてほしい。
否、されて然り。

家族がバタバタと病気や逝去に繋がっていくのも
自分の上空を中心に天気が悪くなるのも
不審な尾行が車や航空機などで行われるのも
人々が遠い目をしながら嫌がらせに走るのも

もうたくさんだ。


4/26

【あきる野インターチェンジ】

圏央道工事がらみでの裁判における、被告の住民勝訴。
これは、因果を組んで示す者たちの仕業のうち、
良心的な警告の現われではないかと思える。

民家に威圧的に迫る、工事中のインターチェンジ。
その写真を見て、なんだか日本そのものといった印象を持つ人は多いのではないか。

もともと日本は、戦前までの威圧的な「お上」がごり押して
国家運営をしてきたネガティブがある。
これは成長期は大半の国民の満足や黙認を受けてきた。
何より、「お上が絶対」から部分解放されて、まだ数十年の国だ。
そう簡単に、癖が抜けるものではない。

しかし今は、国家経営が安定期に入り、ネガティブに因る害が大きくなり始めている。
しかも、景気が良かった頃のツケまでがのしかかってくる始末で、
今回の件もそうしたひとつだった。

政府や官僚が二段の上段にいて、下段にいる国民へ押し付けるだけ
ある種共産主義的な国家運営は、早急にリストラしていかないと、
未来へのしわ寄せは増える一方ではないか。

これは、民が成熟してきたことも示している。
官が動くことでしか国家運営が出来なかった時代とは違い
もっと国民を信用して、相互干渉や互助を深めていいのではないか。

私は今、国民を信用どころか疑ってかかるような虐待攻撃の只中にいる。
不可視の波動攻撃。人海戦術の見える攻撃。
これらの複合によるハラスメント。

調査すればするほど、ヤクザ系の上に政府機関の関与が浮かび上がってくる。
戦前の特高警察のような実態が、現在も暗躍していた事実。

このような不可視攻撃による虐待は世界中で起きているが、
日本に限って言えば、まだ軌道修正は可能だ。

バカな過去の歴史は引きずってはならない。
通常の国家運営も、そして国民を直接、謀略にかける行為も。

少なくとも私は、上記のような現状は許しがたい。
実のある改善を強く望むものだ。


【受け皿がないまま】

以前も日記にしたが、日本はリストラが進むばかりでその受け皿が ない。
また、受け皿の開発も進んでいない。

これは、大いに由々しき事態だ。
これもまた、国家運営さえ潤滑ならば良しとする、ある種の古い考えに基づくものだからだ。

鉱工業はまだしも、農林水産業にはまだまだ雇用創出や規模拡大の余地がある。
何より食料自給率が低い。そして、地方は人余りや産業の冷え込みが厳しい。

そういう、手を着ければ伸びる所を目先の利益優先で放っておいてはならない。
むしろ、放り出されるリストラ対象者のためにも、最優先にしていいくらいだと思う。

派遣業や請負業などのアウトソーシングを拡大する動きがあるが、
当然ながら多くの労働者は、これを歓迎していない。
月単位や年単位で雇用が打ち切られてしまうからだ。
派遣に入ることは、将来を不安にさらすようなものだ。

派遣は社員制だからまだいいが、請負や委託などというともっと悲惨だ。
労働者に適用される保護がない。業者同士の契約でしかないからだ。
何ヶ月の約束でも何日でクビ、何十万の契約でも何千円、といった詐欺行為が横行する。
しかも、企業体個人ではそうした理不尽に中々対抗できない。

労基署も、いまはこうした相談を追い返すような動きだ。
正式な職員ではなく、定年になってから外部雇用した老人に受け付けさせて、
適当に追い返してしまうのだ。
この辺は、生活保護の申請を追い返すことが常態化しているのと似ている。

つまり、派遣などのアウトソーシング業界と、国家のやることは裏で
口裏合わせがあり、繋がっているのだ。
国民をどんどん弱い立場へ追い込むような、腹立たしき実態である。

無論、派遣や請負にもいい点はある。
才能ある者が外部から企業に入って認められ、大きな仕事を任されたり
正式雇用してもらえる可能性がある。
しかしこれは、シンデレラスト−リーに過ぎない。
多くのものにとっては、無縁でしかない。

言うなれば、「庶民のための天下り先」とでもいうような、
一線でダメだったら、こちらでもう少しゆるく働ける、という職場や業界が
もっとたくさん必要ではないのか。

アウトソーシングやアルバイトにしか受け皿が出来ないというのは、
いずれ限界や疲弊が押しよせてくる。

私はアルバイト採用担当者の傲慢な態度が嫌いだ。
「代わりはいくらでもいますから」
こんなバカな状況を維持してはならない。
大半の労働者の居場所を、もっときちんとした居場所にせねばならない。

モノだけが生まれればいい時代はそろそろやめないか?
一般国民の大半が、見入りは安くても満足度が高い生活を送れるようにしなくては。
それにはまず大半の人間の、収入条件や、業界(職場)の環境の改善だろう。

これがうまくいけば、今よりはずっと全国に均一に(特に地方)雇用が生まれるはずだ。
ある意味上を目指すことをしなくても、生活が出来る環境になるが、
いつの時代も、努力するやつはする。上を目指すやつは目指す。
かならずそうしたバランスは取れてくる。

欧州などが眼を見張るような、こうした国づくりを進めるというのも悪くはないと思うのだけど。

4/25

【ただの日記】

鶏の唐揚げを作ってみた。

長年料理を手がけながら、揚げ物には手をつけなかった。
だから作るのはまだ、生涯3度目くらいだろう。

面倒だし、一人分だから特別、油は張らなかった。
(普段の炒め物よりも若干大目なくらい)
欧州のカトレットみたいに、油をかけて火を通すような手法でトライ。

肉はトンカツくらいの均等厚に切る。
軽くしょうゆを揉んで、片栗をつけたらなべに放り込む。
音や、衣の具合、肉の硬さなどを見ながらひっくり返したり
なべを火から遠ざけたりして、調節する。

上出来だった。
揚げ物だから成分が染み出さず、ふわりとしている。
こんな簡単なら、材料が手に入る限りはたまに作ろうと思う。


【イラクでの出来事で日本は学んでいる】

(以前も似たようなことを書いたけども、)
生々しい海外絡みの経験が、日本に貴重な経験をもたらしている。

ついに人質として拉致されてしまったのも
首相が高遠さんに行き過ぎた非難をしたのも
起きる出来事が常に、ある種の不慣れな感触を伴う。

いわば習熟の段階か。

欧米は最初からイスラムとは対立関係であることが多く、
紛争が国家運営に密接に関わっていることが多い。

しかし東アジアの日本は、まったく無縁だった。
そうした紛争に関して、未経験のままでも差し支えがなかったわけだ。

古株の人間ほど「余計なことに首を突っ込んでしまった」論調。
(今までの歴史の流れがそうだったから無理もないが)

しかし、国際社会でいつまでもその姿勢でいいのかという見地からすれば、
今のような経験を積んで、慣れておくことや事例を作っておくのも
意味があるのではないかと思える。

やらないで不要と決め付けるより、
やってみて不要だと判断するべきではないか。


4/23

【日本 その2】

食糧自給が出来ない国に、
鉱物資源が皆無な国に、
世界のリーダーは無理。

あっちこっちの顔色伺いで政治が成り立っている国に、
世界のリーダーは無理。

ソフトウェアを売ることで経済が成り立っている
自活性の乏しい経済基盤だから
売れないだけでも国が倒産してしまう。

つくづく、世界すら牛耳るというのは、
物量がものを言うのだと再確認。

もっとも、世界を牛耳るパフォーマンスを発揮する
独自規格のコンピュータとそのOSを開発すれば(MSやSUNの地位を奪えれば)
かなりの経済的優位は確保できるかも。

あれだな。
ガンダムを開発して各国を占拠。
100年は他国は開発すらできまい、てなことにでもならない限りは・・・


【日本】

誰かが「これからの時代は、日本が世界のリーダーになるのではないか」
といった発言を書き込んでいた。
思い上がりか、勘違いだと思える。
(何かの思想に取り付かれたような人だったのだろうか)

模倣や適応は、日本は得意かもしれない。
しかし、国外をまとめるなんて器ではないのは
イラクでの自衛隊の運用一つを見ても一目瞭然。

イラクで一番活躍しているのはアメリカだ。
クリスチャン的な暴走傾向もあるが、なんと言ってもやるべきことはやっている。

どうも、最近の日本は戦前の全体主義や秘密警察暗躍などといった
動きを復活させんとしているようだし、ならばなおさら、世界のリーダーなんて無理だ。
過去の日本に、世界を牛耳るような要素など微塵もなかったからだ。
(超短期的にはどうか知らないが)

枢軸国の世界制覇の論理は、軍事力などの暴力や恐怖での支配にあった。
現代では日本がそれを用意できるはずもなく、
用意しても、世界的に孤立する過去の歴史を繰り返すだけ。

広大な国土と資源、人材がある中国やロシアのほうがまだ、世界支配には現実的だろう。

むしろ、これからの日本は欧州化して行くはずだ。
成長期が終焉してしまった以上、安定期、つまり現状が多少の上下を繰り返しながら続くのだ。

現状は、地方が悲惨だ。
仕事もないし、荒むから犯罪や非合法行為も増えている。

私は常々、これの対策が急務だと説いている。
特定の地方をスラム化、雰囲気の良くない地域にするべきではないと。
(具体例については、過去の日記でも散々書いているので割愛)

何でこんな時期に、国民をはなから信用せず、個人情報を悪用し放題の
秘密警察主義なんてものを活発化させたのだろうか。
国益というよりは、マフィアや政治団体の利益を国益と信じ込まされているような、
そんな危うさを感じる。

現に、毎日毎日私の周囲を車や歩行者として、
怪しい連中が通り過ぎたり追尾したり。
こんな風潮「まったく不要」だと、少なくとも私の本能は見抜いているのだが。


【くもっちょとカトキチ】

くもっちょとは、明治製菓の綿菓子のチョコ味。
「チョコが綿菓子!」という興味の元に無理して買ってみた。

いや、これは綿菓子だ。甘い甘い。
水あめ砂糖乳糖麦芽糖…(多い順)
乳糖と練乳でミルキーにしてあり、カカオでチョコっぽくしてある。

何より、90円で板チョコが買えるのに、ちょびっとの量で100円する。
よほど好きか、「ミルモでポン」ファンでないと、買う気にはならないだろうな。

次に、カトキチ。
以前もべた褒めしたが、
安めの袋入りラーメンなのに、サッポロ一番にもひけを取らない高品質。
さすがは四国うどんのメーカー。

しょうゆとみそが入荷していたので購入。
やはり、うまい。

知名度だけで買い叩かれていないだろうか。
実に惜しい。


【解だけがわかる】

一生を通して兆候はあったが、
私はどうも、方程式はさっぱりだけど
解だけが浮かぶことが多々ある。

最近はそれがパワーアップした感じだ。
昨日だと、同点の時点で横浜ベイスターズが勝つことがわかっていた。
イラクの人質が全員無事に帰国することも理解できていた。

これは基本的に、第三者から情報が送られてくるものだと認識している。
いまはそれが、テクノロジーとして存在していることをも体験しているから、
余計にそう思える。

で、今の日本はどう感じるかというと、かなり不穏で、良くない。
もはや人形として振り回されているだけ。

やるべきことだと思ってやっていることが、どんどん魔界化を推進しているのだが、
政府の関係者には、それが理解できるような正気が残っていない。

こういっては何だが、政府は私と手を組むべきだ。
嫌がらせなどしている場合ではない。
一人でも多く、その気がある私のような人間を引っ張り込むべきだと思う。

今は、オカルトが現実化しつつある。だからこそ。


【自衛隊派遣にみられ始めている、硬さ】

以前から、その場その場を十分に分析して
慎重に臨機応変に認知判断できるならば、
日本はイラクででも経験を積むのは良いことだと思った。

しかし、懸念していた悪いところが目立ち始めている。
それは認知判断の硬さだ。

まるで、誰かに強制されたか、操られたかのような頑なな態度で
日々「イラクは非戦闘地域で安全」「駐留続行」と発言し続ける
首相ほか政府の面々。

こんなのが指令側で大丈夫かな、と不安がよぎり始めている。

何せ、命知らずでイラクの実益に大きく貢献しているNGO活動家の
拉致からの救出に関する出費があったくらいで、
「お金とろうか」だの
「自己責任だから、イラクに行ったやつが悪い」だの
信じられないことを言い出す始末では・・・

しかも、日本政府の働きかけは、解放にほとんど貢献していなかった。
(むしろ、見捨てる態度を取った)
ほとんどが国民の反戦ムードとイラク聖職者協会の功績だ。
つまり、成果主義で言えば、ゼロ。発言権があるの?というステータスだ。

そこへ持ってきて、
被害者の身辺や精神を追い詰めるような世論を煽ってしまうとは。
(抗議の電話などをするやつには間違いなく、工作員も含まれているだろう。)

大丈夫か?日本政府(とその下の自衛隊)。

私を諜報的謀略で追い込むような国だしなあ・・・
やっぱアメリカとかのどこかに操られて、言いなりなのかな。


4/19

【検閲される時代になったの?】

札幌市交通局。
市営地下鉄の経営母体。

ここがなんと、「週刊誌の記事の見出しがプライバシーに関わるから」と
広告代理店にクレームをつけて、中吊り広告の一部をテープで隠す処置を取らせた。

決定的におかしいのは
なんでいち鉄道会社が、発行許可が出ている雑誌の広告を
検閲するようなまねをしてけちをつけた挙句に、目 隠しまでさせたのかということ。
いくらなんでも越権行為が過ぎるのではないか。

こういう事案が既成事実として蔓延して、
いつのまにか、検閲権限をもたないいかなる存在がクレームをつけても
ある雑誌(情報)が公表できなくできてしまうようになったら。
ある意味恐ろしい時代の逆行である。

検閲権限をもつ監督官庁に情報非公開命令の権限を一任してあり、
あとは公開されたものに対して文句をつけたり、争うようにしないと
なんのための表現や報道の自由なのか。(建前ではあっても)


【検閲に限らず】

どうもそういう、「思想統制」「表現統制」といった流れに持っていきたがっていて、
そういう風に世相を誘導しようとしている見えない流れを感じる。

少なくとも私は脳内をすべて見張られた上で、
都合の悪い考えをしただけで思考停止の攻撃を受けるなどの妨害まで受けている。
そこまでする組織的活動が、現にこの社会で横行している。

そして昨今のエログロナンセンスの流れ。
タブーばかりが横行し、やれ「おバカ」「何々が不自由」だのと。

何もかもが自由でいいとは思わない。
しかし、個人の良識をはじめから信用せず、鞭だの威圧だの暴力で
抑圧、統制して風紀を守ろうなどと、なぜそんな前時代的風潮に
逆行させようとするのか。

なんかこう、宗教的潔癖症や、軍国主義的固さ、
そういったぎこちないものの考え方がそれを動かしているような。

電磁波などによる催眠的洗脳が世界中を覆い尽くしている。
念力で人を攻撃する工作員が多数いて、一般人も洗脳によりその術者となる。

この辺まで視野に入れると、余計に、ひとつの大きな流れが形になって見えてくる。

キーワードは
・軍国 ・思想 ・宗教 ・カルト 
・統制 ・制限 ・潔癖 ・強制
・洗脳、操る ・因果、幸不幸の操作
・オカルト ・神業 ・オーバーテクノロジー

こんなところか。


【MOTOGP第1戦 南アフリカ】

予想通り、ガラリと一新されてロッシスペシャルとなったヤマハYZR-M1が勝利。
ただ、エンジンパワーでホンダの有利があるようなので、これは今後の
開発課題となるのだろう。
どの道、今年に移籍してからの開発でここまで引き上げたのだから、
十分な驚異だ。

むしろ、もっと驚くべきはカワサキZX-RRだ。
明らかにスズキを追い越し、ドゥカティに迫る勢いだ。
開発がほぼ一新されたのが、こうまで功を奏すとは。

ホンダ=ヤマハ≒ドゥカティ≒カワサキ
くらいの力関係になると、群雄割拠の時代となるだろう。
スズキも、なんらかのアプローチひとつで速くなりそうなものだけど。

ヤマハはあと少しパワーアップとシャーシマッチングをかければ
安定したウィニングマシンになるだろう。
現状はまだ少し、ロッシがホンダ時代よりもライディングに労力を多く割いている感触がある。

カワサキは、ヤマハよりもっと大きなパワーアップが急務であり、
大きなパワーアップに対するシャーシマッチングが大きな課題となるだろう。

現状のMOTOGPはまだ、エンジンパワーは拡大の一途であり、
急加速でトップスピードが早く乗るマシンほど優位だ。

とはいえ実際には、スロットルも開けられない暴れ馬では
不安定になるだけで結果に結びつかない。
バイクは、コーナーリング出口の傾いた不安定姿勢から加速しなくてはならないのだ。

この辺を出力特性の改善や、シャーシとのバランスをうまく纏め上げる中で
もっとも優位にいるのが、現在勝利しているホンダRC-Vということになり、
ヤマハYZR-M1が急速に追いついたということになる。


【高遠さんと小泉さん】

人質としての拘束から解放された直後の情緒不安定な人が
かすかに残る意識の中の強い義務感から「イラクにとどまりたい」と口走ったということを
真に受けて攻撃的な発言「まだ言うんですかねえ」をした小泉総理ほか。

きっと小泉総理も同様に情緒不安定だったんだね。
慣れない状況から解放された直後なのは同じだったから。

でも、ネットで面白半分に、人質家族が情緒不安定な中で
ギスギスしていくさまなんかを非国民だの無礼だの貶めた奴らは
小泉総理どころじゃなく、罪があると言っていいと思う。

そもそも、日本は外野が無礼すぎる嫌いがあるように思う。
こと、インターネットは。

あんな前代未聞の当事者になった方の身になって(しかもきちんと把握して)
考えられる人が果たしてどれだけいるんだろうか。
多数いるなら、あんなネットの中傷は盛んにならなかっただろうし、
それを真に受けたようなマスコミの報道にもならなかっただろう。


4/17

【イラク人質残る二人も解放】

やっぱり、という感じ。

本当に日本人の印象が悪くないというだけなのか、
現地に相当なブレインがいて、拉致しては解放するという筋書きで動いているのか。

いずれにせよ、自衛隊がアメリカを結び付けられて嫌われているのは間違いないようだ。

これに関しては、給水業務や道路敷設など、復興支援活動に「しか」携わらないですよ、と
政府が世界に向けて、いち早く明言するしかないのではないかと思う。

軍隊が出向いただけでは「軍事行動をしている」と誤解されても仕方がない。
サマワ市民に誤解されただけでなく、現地ゲリラ勢力にも誤解された結果が、
一連の人質事件だろう。

また、もともと国外での活動に経験少なである分、
機を見て現状にマッチした判断することに不器用な感触もある。(民間人も政府も。)

政情が安定するまでは、復興支援を一時打ち切って撤退することも含めて
常に柔軟にナーバスに判断を変えていいのではないかと、
他国の動きなども見るとなお、そう思える。

それにしても、自分が母国の機関に殺されるべく工作されているかもしれない時に
ずいぶんとお人よしな意見をするものだと、つくづく自分に感心する。
しかし、これはもともと私が、国を恨んだり
過激左翼のように破壊活動までするような人間ではないことを示しているのだから、
まあいいや、と納得している。

逆に、こんな懸命な私をも殺すような国こそが悪だ。
言うなれば、私ごときよりもさらに、格下。


4/16

【人質関連の経費を請求するんだって?】

おかしな話だ。
この論法が世間にまかり通るのは、そういう洗脳波を世間に向けて 流しているからではないか
疑いたくもなる。

人質になった人たちの行動や性格が甘い「から」
請求を「する」
すごく強引なこじ付けじゃないだろうか。

政府は政府の内部だけでも、相当な(ウン千億、兆単位)浪費や無駄遣いがあると方々で指摘されている。
なのに、もともと金がかかることがわかっている人質関連の経費(ウン十億)は請求するのか。

日本は今までそういう経験が少ないから、余計に高い高いと騒ぐのだろうが
これをある程度日常的だと仮定すれば、請求を当然と言えるものかどうか。
(他の先進国に見る事例はどうなのだろうか。)

戒めとして請求することを今後のやり方にしていくならば、それはそれで
(外国の人々から見て「非常識」と指摘されないならば)
いいのかもしれない。
渡航する人は事前によく考えるようになるだろうし、
渡航した人はシビアに退避を検討するようになる。

ただ、今回は雰囲気や感情論だけで請求するのしないのと政治家が言っている。
(特に公明党)
この軽率な経緯だけは、どうにも容認できない。

インターネットの掲示板各所も、この論調を広めようと書き込み工作が展開しているようだ。
工作員は金やパワーバランスで動く。
ますます権力側の思惑が絡んでいそうで怪しい。

そもそも、自衛隊は危険なところへ行くのではないという話だった。
場所が違うとはいえ、自衛隊のせいで人質が取られたのだ。
自衛隊は(現時点で)あまり危険じゃなくても、結果としてこの危険を招いてしまった
側面はあるだろう。

そういう点についての論点のすり替えや、ごまかしを狙っていなければいいなあと
(人質とその家族に非難を集中させる)
そんな風にも思った。

この事件の発端から収束までからして胡散臭い。

因果を操れて、人を洗脳する国際的集団の存在がわ かっている以上は、
すごく大掛かりで、誰かの思い通りな一連の因果と大衆の洗脳だったんじゃないかと
いう気もする。

ともすると地球は、ゲーム「ポピュラス」「メガロマニア」みたいなものかもしれない。


4/15

【イラク人質解放】

とりあえず10日に私が感じていたとおりになった。
そういう意味では、私に取り付いている存在は少しは信用できるらしい。

ただ「彼ら」は同時に、横山光輝氏をあのような不幸に見舞わせた。
こういうちぐはぐさがどうにも理解できない。
やはり、人間ではないのか。

残る二人もおそらく、どうにか生きて帰ってはくるだろう。
それよりもまず、あの混沌(カオス)化したイラクにとどまる、民間人を無くすことが肝要ではないか。
あの政情では、飛んで火にいるなんとやら、と言えなくもない。


4/12

【フシギダネ(ダーネダネ:CV林原)】

「マーメイド」という製菓会社が出していたおまけシール付チョコ菓子
「バトル騎士」

オリジナルキャラデザインの募集があり、私は早速応募した。
かぐや姫をベースにした、
当時のビックリマン系シールのデザインとしては一風変わったものを送った。

シールアルバムが贈られてきた記憶がある。
ただ、そのかぐや姫のデザインが採用されたかは不明なのだ。

不思議なのはその後のことで、
私がデザインしたのとそっくりのキャラが、なんと「ロッテ ビックリマン」で登場した。

当時買っていた人は知ってるだろう、「愛然かぐや」がそれだ。
持ってる杖など、私のデザインとほとんど違わない。

なんで「マーメイド バトル騎士」に送ったデザインが
「ロッテ ビックリマン」で登場したのか、
いまだに不明のまま。

「バトル騎士」で商品化されて、模倣されたのだろうか。
しかし、ネット上でも現存の現物は少ない上、当時のリリースに登場した記憶がない。


【親】
母親を失い、
取り戻したいがために挑んだ呪術に失敗して
体を失ったエルリック兄弟。「鋼の錬金術師」

幼少にして親なんて(役目をしてくれる人は)いないんだと悟らねばならず、
ついにはその親と呼んでいいか微妙な人達に、犯罪集団に命を売られてしまった私。
私自身も、親兄弟に世間並みの思い入れなどほとんどありはしない。

普通の親子が親を失った不幸と
親子とは呼べないような歪んだ家庭と、
どっちが悲劇なのだろうか。

きっと、どっちもアナザーの悲劇なんだろう。

4/10


【イラクの人質事件について、政府の態度】

小泉政権(日本政府)が、イラクの人質事件に関して示した意向は、
私に対するものと似ていると思う。
いずれも、大義のために被害者が見捨てられている。

ただ、イラクで人質になった人たちの家族は、至って普通に
心配して涙しているのが印象的だった。

私の家族は、加害者の脅しに屈して、加害者側に回ってしまった。
彼らは私を殺そうとまでした。
バレなきゃいいという論理に従ってしまった。

君が代を歌わないからクビにするのとはわけが違う。
人命がかかっているのだ。
それを政府の人間は、わが身のことくらいに突き詰めて考えたのか。
ブレインに徹しすぎてはいないか。


【政府はどうするべきと思うか】

私は自衛隊派兵には賛成だった。
日本政府と自衛隊は、外での実務経験に疎いと感じていたからだ。

しかし同時に、柔軟な対応を動的にとるべきだとも言った。
えてして日本政府は、一旦こうと決めると後が硬すぎる。
しかしこれはこと軍事行動には命取りとなりかねない。

では今はどうすべきか。

いつでも自衛隊が国外に撤退できるようにスタンバイするべきだと思う。
同時に、犯行グループと交渉できるよう、コンタクトに全力を注ぐべきだと思う。
連絡が取れなければ国外退避、
取れれば交渉で譲歩を引き出す。

きちんと対応すれば、全員ちゃんと無事に帰ってこれると感じている。
これは、日本政府が変なもの(催眠洗脳含む)に惑わされず
状況打開するかの試練だと思える。


4/9

【イラクで日本人拉致、人質に】

換わってやれるものならそうしたい。
どうせ私はいつ死ぬかもしれない。
働くことも出来ず、追われるばかりだ。

なぜ、よりによって日本なのか。
あんな風に誘拐された上で無茶な要求をされたのは、日本だけだ。

とは言え、事件は勃発したばかり。
日本政府には人命尊重のベストエフォートで対応して欲しいところ。

この事件は非難の対象ばかりにするべきではないと思う。
海外派兵、そこで起こる事件…
今まで避けてきたことの生体験として、貴重でもある。

今後また消極姿勢が目立ってもいい。
今はとにかく経験して、乗り切るべきフェーズだ。


【アラブ】

イラクなど見ていると再認識するが、
アラブ人はアラブ人の国を作りたくて仕方がないようだ。
しかも、その行動が先に出てしまう。
口より先に手が動く。

今のところ、中東アラブのイスラムの民が一番、
人間同士を争わせる、悪魔のワナにはまってしまっているようだ。
あの地のテロ活動、混乱助長工作などを見る限りはそう思える。

アメリカ系列の活動の妨害のために、いちいちテロを起こす民族。
見放してしまうのが一番楽は楽だろうが…

アメリカは旧西側のボスだから、引くに引けない立場だろう。
日本はこの点、どうなのか。
欧州各国は?


4/6

【対岸の火事ではないのに…】

TBS「ニュース23」で、アウシュビッツと北朝鮮の捕虜収容所について
被害者による現地リポートを放送していた。
これは、微妙な報道だと思えた。

これを見た視聴者は
「ああ、北朝鮮ではまだこんなことが… 日本はじめ旧西側先進国は平和でよかった」
と思うことだろう。

しかし現実はそうではない。

国内に限っても、政府も裏社会のヤクザやら政治団体やらも宗教系も、
大抵の組織が加担しているであろう

「念力や超能力系?、不可視の殺傷技術により」
「刑務所不要。公然の拷問、虐待、殺人が可能になっている」

これらが蔓延し、一般市民に襲い掛かって被害が拡大している。
テロが蔓延し、局所的無法状態となり、戦場となっている。

海外旅行や報道からも、この流れが世界的に共通して広まっていることが
伺い知れて来る。

もはや、マスコミや政府機関の良心(モラリスト勢力)の使命とも言えるのは、
「対岸ではなく、国内で同様の事例が発生している」
と、はっきり市民に知らしめることだ。

未知の概念が目白押しだから、報道として起こすには
かなりの取材とそのまとめが必要だろう。
でも、やって欲しいし、「やらなくてはいけないでしょう」とはっきり言わせて頂く。

被害者のサイトといわれるものだけでも、かなりの情報や体験談が存在するから、
それも生かせる。

知らせるとパニックを起こすとか、きちんと伝わらないんじゃないかとかいった
ネガティブはこの際置いといて、私のような犠牲者が拡大していくこと、
その脅威を行使する者たちが好き放題できる世界が維持されることへの
危惧を、正面から受け止めていただきたい。


【年金問題】

TVタックルで、いかに預託金をもらったものと勘違いしたがごとく
無駄遣いを重ねているかのリポートを見ていると…

フリーター時代。
アウトソーシング時代。

いっそ年金も、100%外注スタッフで運用業務を行ったらどうかと。
内部人件費コストを限りなくゼロにする。
ブレインやトップの物理的人数が少なくなれば、
悪いことやズルをしようにも、目立って仕方が無くなる。

外注だから、民間の雇用に貢献する。
1人当たりの人件費コストも適正に近くなり、抑えられる。





4/5

【雑記】

今日は何やかんやかこつけて、予算の範囲でご馳走攻めにしてみた。

たぶん、最期の馳走だろうと覚悟は決めている。
だから比較的遠慮しなかった。

あと何日、生きられるか。
あと何日、健常に生活できるか。

限られていると体感しているからこそ、なるべく有効に時間を過ごそうとしている。


【マキコさん側、抗告しない】

高裁で文芸春秋の記事差し止めが覆ったことを、
最高裁に抗告しないことにしたと。

当然だな、と思った。
民事訴訟で争って然りだから。

あの角栄の一族が、国家による言論封殺に繋がる怪しい流れに
加担していいはずが無かった。

今現在は、自分の意思だと思って行動したことが、
誰の手によって仕掛けられているかわかったものではない。
(生物を自在に操る存在がいるため)

決断の前に、一歩引いて考えてみる冷静さが肝要であるといえる。


4/1

【愛国 国粋】

ニュース23他事総論で、そんなことを挙げていたので、
私はこの場合どういう風に当てはまるのかと考えてみた。

政府や右翼、もしくは宗教団体などが決めた物差しによる
愛国者には当てはまらないから、追われる身となって命を脅かされている、
といったところか。

それくらいに、(君が代強制ではないけれど)一方的な押し付けだけで
今回の件は推移している気がするので。


【テコンドー統括団体の分裂】

たとえばバイクのサーキットでのレースにも
・MFJ
・MCFAJ
といった2団体がある。

この場合、オリンピックは無いけども
国際大会「MOTO GP」に選手を送れるのはMFJだけである。

ただ、テコンドーと違って2団体とも所属することは出来る。
そして、オリンピック級の大会を目指すならば、MFJに所属するしかない。

テコンドーの場合、状況が状況とはいえ、なんで分裂後すぐに
オリンピックへ推薦できる団体を一方に決めなかったのだろうか。

とにもかくにも、こうなってはウルトラC、両団体解散で
個人参加という形にするしかないではないか。

オリンピックは頂点だ。
その頂点行きを、競技の統括団体が足を引っ張って阻んでどうするのか。
本末転倒としか言いようが無い。