HOME
NEWS
HISTORY
プロフィール
選手情報
スケジュール
所属選手連絡
試合速報
成績表
募集要項
ルール
戦術
BBS
LINKS

公共施設予約
<<前のページへ|次のページへ>>

▼2007年7月25日
■酒乱2007開催か!

急遽練習予定日消滅・・・・

梅雨の明けた九州北部。やっとビールの旨い季節到来!チームの8割がメタボ軍団&ビリー隊長入隊済みのFC春日浦。この日の為に生きてきた!しかし、スケジュールは満杯。練習に次ぐ練習と、各選手血反吐を吐くような猛スケジュール・・・。

しかし、時は訪れた!8.02某所屋外コート予約が、某所店主の手違いにより、練習日延期。そうとなればと、メタボ軍団集結と緊急に、翌8.03ビアガーデン決起集会が企画された!日頃、練習に姿を現さない選手も、サル以上のヤル気を見せていることから、チーム関係者は、ポスターを緊急作成。町中の至る所に貼り出されている。ただし、今回の飲み会の禁止項目は、「隣のお客のボトルを倒さない」「おねーちゃんのお尻を触らない」「駅前で野営しない」だ!

この3原則を守れる選手は果たしているのか?また、善意の第三者の方々は、某ビアガーデンで、酒乱集団を御覧になっても見て見ぬ振りをして頂きたい。決して110番に通報しチームの歴史に犯罪者が出たなどという事の無い様に御協力を御願いしたい。


▲緊急に配布されたポスター

▲ページ先頭へ
▼2007年7月22日
■大会とヤベッチマッチ結果速報

惜しくも・・・か?スーパービギナーズ大会速報

快晴の中行われた、ホークスタウンスーパービギナーズ大会。何度、同じ事を繰り返しているか分らないビールボーイズ達。今回こそは・・・今回こそは・・・と繰り替えし、いまだ決勝進出はならず。そんな我々が、またもやスーパービギナーズ大会に参戦。

開会式途中の嫌な電話・・・。得点源イトオ選手が財布を忘れた為、1時間の遅刻。そして、オカンポス選手の守護神を虎視眈々と狙う、ヤベッチが、ヤル気の無さを見せる大遅刻。今日も、嫌な予感が・・・という中、初戦を迎えた。

立ち上がりは、★、ノナディーニ、ニットー、酒乱、オカンポスでバランス重視の陣形。前半は1点を獲り、後半へ進む、2点目を獲ったあたりから勝ちを意識したのか、少しずつ守備が乱れ、最後は酒乱選手がボールに乗り、玉ころがし失敗。相手に渡ったボールは1対1のオカンポス選手の脇をすり抜けゴールマウスへ・・・。完全なるカンタバーロ選手の自殺行為で敗戦した・・・。

2戦目は思い通りのゲーム展開で勝利。3戦目は、ここまで首位のチームだったが、ニットーの得点で1点リードの展開ながら、最後の最後で1度の守備的ミスを付かれ失点。1-1のドローとなった。その後、首位チームが敗戦するという想定外の出来事で、最終節を勝てば決勝へいけるという中、相手チームも引き分け以上恋人未満で決勝進出という、明日への希望が見えた両チームの試合。結果は、シュートを打てども点が入らずに0-0のドロー。ここに、春日浦の最初の夏は終わった・・・。

結論から言えば、★の独りよがりドリブル&カンタバーロ選手の曲芸が原因と思われる。次回こそは修正したい!

ヤベッチ試練の日曜日!

そのヤル気の無さがチーム内で問題視されているヤベッチ!翌日は、ゴレイロとして、6試合ほど鍛えられた。やはり、実戦経験が少ない為、失点は10以上とまだまだだが、今後、オカンポス選手に鍛えられ、飛躍を目指して欲しい。ただ、運動神経というものは、ある程度先天的なものもあるので、精神的に自信を付ける事が先決と思われる。


▲2戦目勝利を祝う、カンタバーロとオカンポス選手


▲もう一歩のヒヨコ軍団


▲試合後記者会見のヤベッチ

▲ページ先頭へ
▼2007年6月28日
■渦中のマコトアウベスインタビュー

失踪中のマコトアウベス選手見つかる!

失意の失踪中のマコトアウベス選手を自宅前で張っていた報道陣が、インタビューを行った!内容は下記。

−転勤は、いつ決まりましたか?
「寝耳に水の出来事でした。いきなり呼び出しをされて・・・」

−原因は?
「やはり、この間の飲み会が原因でした。今度の練習では井上選手を削りたい」

−いつまで、ホームに居ますか?
「7月17日に転勤です。とにかく、コンプライアンスを重視した会社側が井上選手との付き合いを辞めるか。辞めないか?の選択を迫られました・・・。カーマは気まぐれですよ」

−今後チームとしての社会的貢献を奥西選手が唱えていますが・・・
「時既に遅しですよ。正直、このチームに加入して人生設計が狂いましたよ・・・」

恨み節のマコトアウベス選手。17日までは転勤前の為、練習参加は可能との事。
また、その後の予定については未定だが、練習参加も出来るだけ行いたいとの事。全ては、チーム加入が原因だった様だ・・・。頑張れマコトアウベス!


▲インタビュに答えるマコトアウベス選手

▲ページ先頭へ
▼2007年6月25日
■チーム危機!マコトアウベス選手転勤!

マコトアウベス選手転勤!

チームに激震が走った!先日の井上選手、乱痴気騒ぎに始まった不祥事から、ほとぼりの冷めないうちに、マコトアウベス選手が転勤という情報!これには、チーム関係者もショックを隠しきれない様子・・・。

しかし、転勤地が大牟田という事で、最悪の結果はまぬかれたのかも知れない。新加入の、外矢選手が小倉からの参加という事で、マコトアウベス選手も福岡県内という事で、物理的には参加可能な位置。今後の、速報が待たれる。

やはり、マコトアウベス選手所属の会社も、先日の井上選手御乱心の一件が上層部の耳に入ったのか、コンプライアンス重視から、マコトアウベスを無菌質な場所へ退避させた感もある。

FC春日浦といえば、「御乱心・セクハラ・開き直り」とフットサル会の3Kチームと巷では噂されており、世間体を考えた周囲が、外野の話を聞かないマコトアウベス選手に物理的に参加出来ない様にしようとの思惑が働いたという事だ。

思えば、ジュビロの菊池選手と言い、最近ではDF出身の不祥事が相次いでいる。井上選手も、投獄及び奥西選手に写真を撮られるのも時間の問題だ!

▲空港を飛び立つマコトアウベス選手


▲先日の井上選手

▲ページ先頭へ
▼2007年6月18日
■リーグ戦結果と悪夢の夜

マコトアウベス大活躍!リーグ戦速報!

マコトアウベスが爆発した。リーグ初戦、対モンキーフットとの試合、2点差を追いつく原動力になった、マコトアウベス選手。先制点は、ニットー澄川選手のシュートの、こぼれダマが何故か、足元に・・・。

これを軽く蹴ったマコトアウベス選手。先制点を奪った。その後、試合は膠着したが、ポストから、外矢選手へパス。同点となる2点目をアシスト。試合は、このまま同点で終了した。

さて、リーグ戦は、1勝1分1敗で勝ち点4をゲットしたが、モンキーフットの独走を許す結果となった。しかし、順位は1位上昇し3位と、好位置をキープ。次節は、7月26日に予定。頑張りたいところだ。

各選手壊れる!

6月15日、チームでの飲み会が行われたが、各選手壊れた!飲み放題コースを予約した事が不味かったのか、全員、元を取ろうと飲み始め、まともな人間は居なかった様だ。

奥西選手は、翌日、記憶が飛び、井上選手は、当日も不敵な笑いを浮かべていた。恐らく、両選手とも記憶を失っている事だろう。翌日、クラブ広報は、不祥事により記者団の前で謝罪した。

次回は、飲む量を制限したい。


▲先制点を決めるマコトアウベス


▲先制点を決めて喜ぶマコトアウベス


▲謝罪するクラブ首脳

▲ページ先頭へ
▼2007年6月1日
■じゃじゃ馬CUPと5月成績

秘密兵器初デビュー!じゃじゃ馬CUP速報

5月度、天気も良い中、FC春日浦は、直方へ遠征に行った。じゃじゃ馬CUP大会参加だが、この大会で、秘密兵器矢部選手が初デビューした。

大会の方は、予選3試合を1勝1分で、得失点で1点不足し2位通過となってしまったが、コンディションなどから考えても、期待出来る大会となりそうな予感であった。

しかし、本選のトーナメント初戦で、リーグでもぶつかるFANTASISTAと対戦。押していながらも、終盤同点に追いつかれ1-1ドローのまま、PK戦で1-2で敗退。そのまま、最下位決定戦へと、まさに天国から地獄へ落ちた格好となった・・・。最終試合は、ストレスを吐き出すかの様に5-0で勝利したが、獲れる時に点を獲らないといけないという事が分ったと思う、悔いの残る大会だった・・・。

しかし、最終戦で朗報が!新加入選手、矢部貴之選手、生まれた頃からギャグですか?と呼びたくなる様な名前の選手だが、後半ハーフをゴレイロで出場!見事、無失点に抑えた!ただ、ゴレイロでは不利な眼鏡・・・。眼鏡率の高いFC春日浦だが、またしてもガリ勉君が1名増員した格好となった!近日中に、矢部選手のプロフィールを紹介する。


5月度成績

この大会により、5月度成績は、3勝1負4分と失点は少ないが決定率が弱いという、ジレンマに陥っている・・・。

しかし、カテナチオともいえる守備力アップは、良い傾向であると共に、継続しながら、チーム力をアップしていきたい。また、チームとしての決め事を守っていかないといけないと痛感している・・・。

山田さん、中谷さん参加しないとやばいぞ!


▲久しぶりのビールカラー


▲守護神・矢部#1


▲試合中に、どこを見てるんだ!

▲ページ先頭へ
▼2007年5月20日
■スーパービギナーズ大会終了!

スーパービギナーズ大会!無敗ながら・・・

5月19日AM9:00より、スーパービギナーズ大会がホークスタウンで行われた。そろそろ暑い季節となる時期なのに、長袖はキツイとメタボ軍団が不満を訴える中、チームはリーグ戦2戦目からの出場。

この試合、参加したメンバーは、10名と、ほぼベストメンバーで臨んだ。中でも、ニットー澄川は、二日酔いで参加とベストのコンディションで試合会場へ足を運んだ。

1戦目は、立ち上がり押していながらも引き分け。あのゴールが決まっていれば・・・と星選手の練習不足を嘆いた。次回は練習に参加して貰いたい所だ。また2戦目は、最終的に決勝へ進んだチームだが、FIXO井上が徹底的に前線をマーク。序盤のニットーの得点、後半の星の得点を守り抜き、2-0で勝利した。

2戦目を終わって、1勝1分、3戦目に勝てば決勝も見えてくるのだが、3戦目は、少しフォーメーションのバランスを崩し0-0で終わり、最終節を勝たなければ決勝進出出来ない状況となった・・・。

最終戦は、ここまで2勝1分のチーム。前半、浮き足立った所で1点を獲られたが、途中出場の星が1点を返す。

しかし、時既に遅し、1-1の引き分けで、負けない試合運びだったが、決勝へは進めなかった。

確実に強くはなっているが、最後の決定的な場面。そして、チームとしての決め事をしっかりして次の試合へ臨みたい。

6月は練習と対外試合を中心に行い、7月からは、怒涛の連戦を行う予定。それまでにスタミナを蓄え、チーム練習を徹底的に行う予定。メタボ軍団と飲酒軍団は、覚悟が必要だ!


▲ゴール前で相手にスルーパスをした村田(#15)


▲不気味に笑う二日酔いのゾンビ(#14)


▲得点後、喜ぶ選手達

▲ページ先頭へ