梁川の吊橋と未成道路

  東京から山梨の移動には国道20号線をよく使う。わき道に入ることもあんまりなかったが、たまたま吊橋が見えたので行ってみたら、道路予定地みたいなのも見つけた。


場所はこちら


国道20号からわき道に入る。川の手前で直角カーブで橋を渡る。
すぐ横に吊橋が見えるが、渡れるのか?古ぼけた重さ制限と徐行の標識が。
名前は「彩倉橋」というようだ。

 


で、橋を渡った後はすぐ対岸の道路(市道)に出る。ここを西に進む。
奥のガードレールは吊橋の道。

 


市道から吊橋を見る。まだ立派で渡るのに問題はない。

 


短い旧道を過ぎると、道は逆S字カーブするのだが・・・。正面に木が無い。
よく見たら、川側のガードレールの向こう側にガードレールがあるぞ。

 


何と、道が隠されていた。
でもすぐ終わってしまっている。
未成道の遺構があるのはここだけ。ここ以外はない。

 


道路用地は木が切り倒されていて、どんな感じになるかは大体分かる。

 


ガードレールが無かったら、ただ単に退避スペースみたいに見えるかな。

 


反対側に来たが、道路の分岐らしき構造は見受けられなかった。

 


用地はばっちり取ってあるのが分かる。
用地はすっかり密藪となっている。

 

最後に地図で示す。
赤:未成道路
青:短い旧道
紫:旧道吊橋

地図はこちら(電子国土より転載)
1/25000では 上野原

 

終了

return