静岡県道215号線(伊久美藤枝線)
 島田市の伊久美地区は、道路地図などを見ると県道220号が1本通っているだけだが、当該県道と217号の2本の県道の起点となっている地区である。地図では見えない県道だが、島田土木事務所管内図を見るとルートが見えてくる。それを元に県道を辿ってみよう。
※デジカメのバッテリーがなくなってしまったため、ケータイカメラでピンボケ写真を撮ることとなったのが残念。

島田土木事務所管内図H15年度あたり)を参考とした


現在地はこの辺?

2010/05/部分走破(起点→終点)


藤枝市内、主要地方道81号から分かれて山中を進む。

 


かなり登ってきたが、茶畑は続く。しかしまぁどんだけきつい坂やねん。

 


しんどい坂を登り続け、ようやく頂上っぽいか?向こうの山と同じぐらいの高さだし。
この県道の周りが茶畑となってるので、見晴らしがとてもいい。今通ってきた道が見えてる。

 


きつい坂の後は森に入る。
するとすぐに尾根に沿うようにヘアピンカーブ。215号のヘキサが立っている。
道路地図によると、この先が桧峠と書いてある場所で、215号はまだ登るようだ。
この尾根が島田市と藤枝市の境となっていて、当該県道も島田市に入る。
ここで、南に続く尾根から道路が合流してくる。この道があの、
県道217号だ。
写真は逆向いて撮っているので、左がさっき通ってきた215号となる。

この先、またきつい坂を登りきると、なんと人家が見えてくる。随分高い所にあるなぁ。
人家の手前にはヘキサも立っていた。

ここで地図を見てみる。

地図はこちら(電子国土より転載)
1/25000では 伊久美

  島田土木事務所管内図では集落の入口から先が点線区間(不通区間)で描かれており、地形図に転載するとこんな感じ。この地形図に道なしの区間を見つけられるか?道はあるか?通れるか?が今回のポイントだった。

 


↑カーソルオンでいろいろ表示
電子国土より転載
1/25000では 伊久美

 yahoo地図を見たら、黒線の箇所は道があるし、航空写真にも写ってる。地形図にないのはミスだろう。次、A〜B〜Cにかけてはyahooには道が描いてあるのだが、A地点はどう見ても人ん家に入るような感じになってて入れなかったし、B地点は道の両側とも歩き用の道はあった。ただし西側はこれまた人ん家に入るような感じ。そしてC地点にも道はあったが、茶畑の急斜面を駆け下る道、およそエンジンの付いてるものが入るような道ではない。このA〜B〜Cの道は結局写真に収めなかった。今は、何で撮ってへんかったんや〜と後悔しとります。
 というわけで深入りすることなく、山の上と下を結ぶ道路(地形図で軽車道表示)を下って、起点へと到着した。

 


県道215号の起点はここ、県道220号小川橋より始まる(管内図上では)。
不通区間ということなんで、県道の証とかは期待してないが、行けるとこまで行ってみよう。
220号は橋を渡って直角カーブだが、215号は真っ直ぐ。集会所か何かの建物の横を通る・・・というか用地の中を通ってる感じだ。

 


早速茶畑。この道は地形図にもある道路だ(但し徒歩道)。上からじゃ分岐が分からなかったから、何処まで行けるか。

 


一旦北向いたが、すぐ南を向く。ここまでは車も入れる。

 

 
4輪は入ってこれない幅だが、それよりも勾配が半端ない。

 


最急勾配箇所を過ぎて、緩くなったがまだまだ登る。
こんなとこ、エンジン付きのもんが走るように造られてない。

 


未舗装になると、さっきも居心地が悪かったが、その感じは一層増す。
人が居たら何か言われるんちゃうかと思うこの道。完全に茶畑の中の通路だろ。

 


茶畑が尽きると森に入る。森の中も地形図通りに道は続いてたが、行っても意味ないので引き返し。

 

 不通区間ということだったが、県管理の証があるんじゃなかろうかという多少の期待はあったが、残念な結果になってしまった。それらしき道はあるので、歩きなら踏破できるんじゃなかろうかと思う。自分としては、不通区間のルートが分かっただけでほぼ満足してたところもある。まぁ桧峠の藤枝側の急坂とか、楽しめるところもあったんで行ってよかったとしよう。

 

終了

return